ディエゴ・ミリート単語

ディエゴミリート
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ディエゴ・ミリートDiego Alberto Milito, 1979年6月12日 - )とは、アルゼンチンサッカー選手である。アルゼンチンプリメーラ・ディビシオンのラシンクラブ所属。ポジションはFW。

称はエルプリンシペ。PKが非常にうまい選手として知られる。

概要

1999年にラシンクラブプロデビュー

2003年イタリア・セリエBのジェノアへ移籍。はシーズン途中の加入であったが、20試合12得点を記録。
2004-05シーズンにはリーグ39試合21得点を記録しジェノアセリエA昇格に大貢献。しかしカルチョスキャンダルの影クラブはセリエC1へ降格した。

2005年スペインリーガ・エスパニョーラレアルサラゴサへ移籍。欧州1部リーグデビューである2005-06シーズンに15得点マークする上々の滑り出しを見せると、翌2006-07シーズンには37試合23得点を記録。クラブの6位進出の立役者となった。2007-08シーズンリーグ戦でゴールを量産したものの、クラブは低迷しセグンダ・ディビシオンへ降格した。

2008年に古巣であるイタリアセリエAジェノアへ移籍。ジェノア復帰後は1年しか在籍しなかったが、2008-09シーズンリーグ戦で24得点を記録し、得点ランキング2位タイとなった。リーグ戦を5位で終えたチームを前線から牽引した。

2009年イタリアセリエAインテルへ移籍。移籍1年から当時の監督であるジョゼ・モウリーニョの信頼を掴み取りエースストライカーとして君臨し、インテル三冠達成(UEFAチャンピオンズリーグセリエAコッパ・イタリア)に大きく貢献をした。とくにUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦では、バイエルン・ミュンヘンを相手に2得点を奪いクラブUEFAチャンピオンズリーグ優勝へ導いた。2011-12シーズンにもクラブが不調であるにもかかわらず、リーグ戦24得点を挙げる奮闘を見せた。

2014年に古巣のラシンクラブへ復帰。加入直後にキャプテンに就任し、2014シーズンにはクラブリーグ優勝に導いた。

代表

2003年アルゼンチン代表デビュー2011年の代表引退までに25試合4得点を記録。
コパ・アメリカ20072010 FIFAワールドカップコパ・アメリカ2011などの際大会に出場。

招集こそされるものの出場機会が訪れないことが多く、絶頂期に迎えた2010 FIFAワールドカップでもディエゴ・マラドーナの采配によりベンチに座ることが多かった。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
1999-00



シンクラブ




プリメーラ・ディビシオン
11 1
2000-01 35 2
2001-02 38 9
2002-03 35 14
2003-04 18 8
2003-04
ジェノア

セリエA
20 12
2004-05 39 21
2005-06

レアルサラゴサ


リーガ・エスパニョーラ
36 15
2006-07 37 23
2007-08 35 15
2008-09 ジェノア




セリエA

31 24
2009-10


インテル

35 22
2010-11 23 5
2011-12 33 24
2012-13 20 9
2013-14 17 2
2014

シンクラブ


プリメーラ・ディビシオン
17 6
2015 17 6
2016 - -

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ディエゴ・ミリート

1 ななしのよっしん
2014/10/26(日) 16:57:16 ID: YNxC2Ojq8o
いつもダービーで決めてくれる大好きな選手だった
2 ななしのよっしん
2016/05/08(日) 00:33:27 ID: 5KCXqe0dHT
不出世の天才だろ
トップレベルで結果も出してきたのにビッククラブインテルくらいと・・・
まあそのインテルで最高のきを放ったけどそれでもエトースナイデルの影に隠れてるんだよなぁ・・・