ディクタス単語

ディクタス

ディクタス(Dictus)とは1967年まれのフランス競走馬

距離血統ながら欧州の名マイラーとして鳴らし、種として日本名大関級の活躍を見せた。
なんで長距離血統なのにマイラーだって? 気性がしくて欧州距離べが苦手だった。
名前はラテン語で「お告げ」という意味、らしい。

ステイヤー作ろうとした結果

Sanctus、Doronic、Wordenという血統。 詳しく見ていこう。
ダービーパリ大賞典(当時3100m)を優勝したフランスの名ステイヤー、種として本の他フランスを中心に活躍を出している。ローマ賞(2800m)などを制したが惜敗の多いステイヤーであり、こちらもフランスを中心に種として活躍した。
母親も重賞で、系子孫にはタイテエムやカラジがいる。

見れば判るように明らかステイヤー血統である。
フランスデビューし、当然のようにクラシック路線に行く、2000ギニーを回避して芝の長距離ステップを中心に使うが、勝ったと思えば惨敗。一応2400mのレースには勝ったが、大一番として見据えたはずのパリ大賞典を14頭立て12着に惨敗。はっきり言ってこの距離には向いてなかったのだ。

それでも血統が血統だし長距離行けるはずと思ったかは不確かだが、結論から言えば10ハロンえると途端に成績が落ちている。原因はどうやら気性難にあったらしい。

実は4歳4月マイル重賞を勝利しており、マイルなら行けんじゃね? ということでマイル転向。
それが功を奏し、GIIIを2着に入った次戦にフランスマイル王者決定戦ジャックマロワ賞を選択。
ここで勝利し高らかにGI勝利の凱歌を挙げる、なお次走のクイーンエリザベス2世Sは3頭立て2着に敗れ、このレースを最後に引退

通算成績は17戦6勝。くからマイルに行けば変わったかもしれないが、日本で言うダンスインザダーク×トニービンみたいな血統のなので長距離使いたいのは分かる。

種牡馬入り後

引退後そのままフランスで種入り。
い時期から活躍を出し、米国の芝でGIを勝つを輩出していた所、社台ファームが購入。

1981年から日本で種生活を始めたところ、日本の芝が合ったのか次々と活躍を輩出。
特に社台ファームが多数繋養していたノーザンテーストと問題なく配合でき、そのノーザンテーストとの相性もバッチリだったので社台ファームは大喜び。一時明確なニックス配合だと話題になった。

産駒の特徴として、気性がしいはキレキレの末脚を持ち、距離適性はマイル~中距離に偏る。
代表産駒であるサッカーボーイイクノディクタスムービースタースクラムダイナなどは大体直線を鋭い脚で駆け上がってくる。あと自身が毛だったせいか毛の産駒が多い。

1989年9月死亡23歳であり、彼の代表産駒であるサッカーボーイの種入りと入れ替わるようにして亡くなった。社台ファーム総帥の吉田善哉は「横綱ではないが名大関」と評し、しく感傷的な態度を見せたと言われている。

日本競馬の割と深い層に眠るディクタス

彼の後継種であるサッカーボーイが種として成功を収めたが、彼の代表産駒であるナリタトップロードヒシミラクルアイポッパーとかキョウトシチーなど、孫世代になると途端に先祖返りを起こし、気性がさほど問題ない割とズブいステイヤーが多数輩出されている。なお先祖返りを起こさなかった例が暴走野郎ブルーイレヴンである。

サッカーボーイの後継補であったナリタトップロード世し、ヒシミラクル明らかステイヤーっぽさが嫌われ々に引退を余儀なくされるなど、現在ではディクタスの系は残ってない。

しかし、サッカーボーイの甥っ子にあたるステイゴールドが種として大活躍したことや、社台ファームに根付いた系の中にはディクタスをもれなく含んでいるため、系を介してディクタスの影日本競馬が終焉を迎えるまで続いていく事だろう。オルフェーヴルも種処が立った事だし。

なお、ディクタスの子供達はほぼ例外なく、機嫌を損ねるとを寝かせて、白目を剥いて睨みつけるという独特の感情表現をしたとのこと。詳しくは「ディクタスアイ」で調べてみると良いよ。大体ステイゴールド産駒だけど

関連動画

レキレの末脚をとくとご覧あれ

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ディクタス

1 ななしのよっしん
2018/08/19(日) 03:09:04 ID: egn9tWUvia
記事作成お疲れ様です。ディクタス日本競馬界に残したものは大きなものだと思います。残念ながら系は途絶えてしまいましたがステゴオルフェディクタスの血を継いでいってくれるでしょう。

急上昇ワード