ディノバルド単語

ディノバルド
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ディノバルドとは、『モンスターハンターシリーズに登場するモンスターである。

概要

初登場は『モンスターハンタークロス
同作における4大メインモンスターの内の一頭にして筆頭的存在であり、本作のパッケージヴィジュアルを飾っているのもこのディノバルドである。

古代と呼ばれる鬱蒼とした森林地帯をはじめ、砂漠火山などにも生息する新種の種で、後述の性質から斬竜と呼ばれている。

全身を色の荒々しい甲殻で覆われ、その背中にはフックのように前に向かって伸びる先端部がみがかった巨大な突起がいくつも突き出し、頭部のの上辺りには一対の大きなが生えている。その顔ものように厳つい所を除けば今まで変な口や顎とか派手な頭ばかり持っているのが多かった種の中では較的実際の恐竜のものに近い。
激怒すると普段はかった頭部のおよび背中の突起が燃え盛る炎の如く赤色に染まる。

性格は見たに違わず極めて暴かつ好戦的、狙った獲物は絶対に逃さないと言われるほど執念深いらしい。

このディノバルド最大の武器と言えるのが身体と同じくらい長さを持つ鮮やかな青色をした鋭利な状になっている尻尾であり、この尻尾のように使って狩りおよび戦闘を行うとされ、その危険性は今までのモンスター較しても計り知れないとまで言われている。

尻尾の振るった際の破壊は一撃で大地を穿つほどだが、その甲殻には発火性の強い鉄分が多く含まれていて地面との摩擦で加熱されて熱化するという性質を持ち、これによって尻尾に火属性を乗せてさらにその威を高める事ができる。また、その尻尾は燃やす度に表面に煤がこびり付いて切れ味が鈍ってしまうとされるが、そうなるとディノバルドは尻尾を器用に口で咥えて自分のと牙を使っての部分を研磨するという行動を取る。

間合いの離れた相手に対しては強な脚を用い跳躍しながらりかかってきたり、を地面に擦りつけた際の火炎を飛ばしてきたり、さらに最大の必殺技として尾を口で咥えてを溜め、それを離した際の反動で自分の体をコマのように高速回転させながらものすごい勢いでりつけてくるというド手な攻撃を繰り出す。G級個体は尾を大きく振り上げた後それを思い切り振り下ろしてハンターを吹き飛ばすという新たな攻撃を使用する。
他にも飛び道具として口からナパーム弾のように爆発するゲル状の火球ブレスを吐く。この燃焼ゲルは発射前から喉のに貯めており、その時に頭部に攻撃を受けるとゲルが口の中で爆発してしまい、自分がダメージを受けて転倒してしまう。

この“特異な形状の尻尾武器にして戦う”という点でドボルベルクアビオルグと共通するタイプモンスターだと言え、特に尻尾属性を持たせるという部分はアビオルグ亜種ギアオルグと同じである(ただしギアオルグ尻尾に氷をわせるの対し、ディノバルドは尻尾に高熱を帯びさせるなど性質は正反対となっている)。

製作者いわくモチーフは同じく頭部にを持っていたという恐竜「カルノタウルス」とされ、“陸上リオレウス”というコンセプトで生み出されたとの事。

ちなみに公式インタビューによるとディノバルドの名前の由来は恐竜を意味するダイナソー(Dinosaur)に新を意味するノヴァNova)、そしてを意味するハルベルド(Halberd)の3つを組み合わせたものであるという。
現実ハルベルドとあの大剣のようなディノバルドの尻尾とではイメージが多少異なるように思えるが、ハルベルドは別名ハルバードとも呼び、MHシリーズには分類上「大剣」として登場する武器である。

子供向けアーケードゲームモンスターハンタースピリッツ』にも期間限定モンスターとして先んじて参戦していたが、その後でタマミツネと共に正式登場する事となった。

またモンスターハンター:ワールドでは登場しなかったものの、拡版となるアイスボーンにて復活PV2のラストで存在をめかされていたが、PV3にて本格的に登場し、ディアブロスと縄り争いをする様子が見られる。

亜種

MH:W IB』にて登場したディノバルドの亜種
別名は硫斬竜で、通常種と違って全体的に薄暗い灰色の体、数の薄黄色で覆われた尻尾が特徴になっている。
大陸の瘴気のな縄りである。

普段はその尻尾には硫晶と呼ばれる腐食性の強い性の結晶体がびっしりとわり付いており、相手にりかかった際にはその結晶の性質を利用して地面に相手の防御を下げてしまう強の領域を形作る事ができる。

その硫晶が多くなり過ぎて動きが鈍くなるとによる研磨を行って全ての硫結を剥ぎ取るが、すると光沢のある白銀身が姿を表し、その状態ではさらに動きが機敏なものとなり、より素くかつ通常種以上に巧みな太捌きで相手を追い詰めるようになる。

代わりに通常種が使っていたナパームレスなどの遠距離攻撃などは一切使わない。

二つ名個体

Xにて新たな設定された“二つ名モンスターとして“燼滅(じんめつじん)”の異名を持つ個体も登場。
全身のみが増していると同時に背中の突起は既に怒っているかのようにく染まり、そして眼もまたいているのが特徴で、頭部のの長さも微妙に変わっている。

大きな違いとして火炎属性だけでなく爆破属性も有するようになっており、喉から爆発性の物質を生成しつつそので尾を研ぐモーションを行うと尾の表面が変化した爆熱状態に移行、この状態になると噛み付き攻撃には火傷だけでなく時限爆破状態に追いやられる効果が付く他、尾を用いた攻撃にも凄まじい爆発が付随して範囲と威が大幅に増加し、そして上記の回転斬り攻撃を二回連続で放ってくるようになるなどさらにしい攻撃を繰り出してくる。
G級では通常個体が行う尾振り下ろし攻撃に広範囲爆発が伴うようになり、例え自体を躱せたとしてもその発生した爆発で相手を吹き飛ばそうとして来る。

一方で上記の二連続回転斬り以外にはこれといった大技は追加されておらず、後はせいぜいジャンプでの回り込みからの死からの一撃くらいしか新モーションはいが、サイズが原種よりも巨大化している分攻撃の間合いが拡大しており、上述の爆発効果も相まって多少の距離を取っている程度では攻撃を躱し難くなっている。

また、この燼滅金雷公ジンオウガおよび激昂したラージャンと同じく疲労状態にはならないため、相手が疲れた隙を狙うという戦法は通用しない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8E%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ディノバルド

651 ななしのよっしん
2020/05/20(水) 02:29:20 ID: JbuWo/qQJh
こいつの一番の武器って尻尾より牙だろ
xxの噛みつきかめちゃくちゃ強かったし
652 ななしのよっしん
2020/06/28(日) 20:43:18 ID: JXGg8Op8is
ワールドではクラッチのおかげでかなり倒しやすくなった
653 ななしのよっしん
2020/07/27(月) 19:32:10 ID: 6Xdp3gtAkb
クラッチとかいう要素をここに書き込むな
654 ななしのよっしん
2020/07/28(火) 17:44:37 ID: A+o1V7QLY8
斬竜→跳
655 ななしのよっしん
2020/07/28(火) 22:43:16 ID: oGm5tTJkyv
現在ディノバグド状態にあるらしいな!
なんかオトモに飛び掛かりばっかりするっていう
656 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 22:43:50 ID: twr8wYpI+4
アイスボーンでも戦っててそれなりに面モンスターの1匹だったのにとびかかりバグで全身判定乱射の超絶クソモンスと化してしまった・・・・

しかし順調に劣化していくクソ調整のみならず、今度はバグ調整までやらかしたかぁ
安易な時間稼ぎ調整、ゲーム作りはもちろん下手、お話づくりも論外、マーケティング的にも不正解(劣化wow化)……

マジで一体なんならマトモにできるんだろうねワールドの開発チーム
657 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 16:43:15 ID: s6nVUlSe2Q
ドスマッカォ
658 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 16:45:53 ID: xT9RTDv7x4
バグセミ対策で行動ルーチン変えようとした結果だろうな
背中側に判定出る攻撃が使用頻度の低い飛び掛かりと尻尾大回転だけだったし
659 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 16:46:46 ID: EzVIwrJEPR
アイスボーンはXXとかのチームじゃなかったか
660 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 16:48:24 ID: tsfyL3Ldpi
クラッチという良ギミックのおかげで倒しやすくなったのにバグで台

急上昇ワード

おすすめトレンド