ディミトリ=アレクサンドル=ブレーダッド単語

イノシシ
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

どこかでかが断たねばならない。
強者が弱者を踏みにじる、負の連鎖を。

ディミトリ=アレクサンドル=ブレーダッドとは、ゲームファイアーエムブレム 風花雪月』に登場するキャラクターである。

CV石川界人

プロフィール

性別:
年齢:17歳→23歳
身長180cm188cm
趣味武術の稽古、鍛錬、武具の手入れ
好きなもの:戦い、質の良い武具、体を鍛えること、遠乗り、仕事
嫌いなもの:細かい作業、壊れやすいもの、暑さ、損得勘定
誕生日12月20日

概要

獅子の学級(ルーヴェンクラッセ)」の級長を務める青年
崇高な騎士ファーガスの次期国王で、先王ランベール長男として生まれた。温和でで礼儀正しく騎士を体現したような性格をしている。
同じ学級にいるドゥドゥーは彼の従者で、フェリクス、シルヴァンイングリットとは幼馴染の間柄。

容姿は金髪王子様然とした雰囲気が特徴的。幼少期はも長く、中性的だった。
しかし、事前情報では「5年後の姿」として造作に伸びた隻眼となって残るにはという衝撃的な外見で登場しており……

一見すると主人公主人公の良い所取り的なFE主人公然とした彼だが、物語が始まる4年前に起こった「ダスカーの悲劇」でと継と親友を亡くし、数多の同胞が犠牲となった中で生き残ったことで深い心の傷を負っている。現在もその心は過去に囚われ続けており、憎むべき敵に対しては別人のように言動が苛になるなど、時に陰を覗かせる。フェリクスには侮蔑的に「」呼ばわりされているが、それはこの苛な気性を戦場の当たりにしたことがあるためである。

表沙汰になっていない家族関係として、実はエーデルガルトとは義姉弟にあたる(死んだ継エーデルガルトの実であったため)。また、そうと知らないうちに幼少期に一度出会っており、その時の交流は大切な思い出としてお互いの中に残っている。ディミトリは相手がエーデルガルトだったことを認識しているが、エーデルガルトの側はそこまでは気がついていない。またこの時、別れの際に短という色気も何もない贈り物を贈ってしまい、そのエピソードだけはシルヴァンにも知られている

(第1部終盤バレ)しばしば彼らの元に現れていた炎帝が「ダスカーの悲劇」に関わった敵の1人であり、ディミトリは密かに憎悪の炎を燃やしていた。そして墓へ侵入した炎帝を交え、仮面を剥ぎ取ったことでその正体がエーデルガルトであったことが明らかとなる。しかしディミトリはさほど動揺することもなく(その前に、遭遇した炎帝が見覚えのある「短」を落としており、その時点で勘付いていたと思われる)敵として殺そうとするが取り逃がし、そのまま帝国による宣戦布告を迎えることとなる。

第2部・蒼月の章

※以下、第二部の各種ネタバレが全面的に含まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「大義や家族のために死体を積み上げるのも、死者のために死体を積み上げるのも……
とどのつまり、同じ人殺しだ。化け物同士仲良くしようじゃないか、なあ?」

ガルグ=マクの戦いから1年後、帝国と通じている宰相コルネリアによってクーデターを起こされ、消息を絶つ(的には処刑扱いされていた)。
落ち延びたディミトリは、時にただ一人で帝国軍を襲撃して将兵を惨殺しながら逃亡生活を送る。その「殺人鬼」の噂は広く知られるようになり、その噂を当てにディミトリを探していたギルベルト率いる王軍、長い眠りから覚めた主人公、そしてディミトリが、奇しくも5年前に交わした約束の日に、大修院跡で一堂に会することとなる。

その精は自身を逃がすために失ってしまったドゥドゥーの存在や孤独な逃亡生活から荒み切っており、自軍と最低限の協調は保っているものの、勝算すら二の次にしてひたすらの前の敵を滅ぼすことに全てを費やす狂人と化してしまっている。散策パートでも話しかけても仲間用のコマンドが使えなかったりと、戦場で操作できるだけのNPCのような状態。
前述の通り隻眼で、造作に伸びたも相まって全くの別人のようである。隻眼になったエピソードについては特にられていない

グロンダーズの会戦の後、帝国軍人のを失ったとある少女としてを向けられる。観念したようにその受け入れようとしたが、その場にいたフラルダリウスロドリグがい、命を落とす結果となってしまう。
スカーの悲劇で親友と息子を失い、君にして親友の忘れ形見であるディミトリを正しいへと導かんとしたロドリグの最期の言葉はディミトリの心を動かし、主人公との対話を経て、憑き物が落ちたように正気を取り戻した。

以降は、外見こそがなくなっただけで大差ないものの、精的には物語を通して成長した正統派FE主人公タイプとなる。帝国への進軍を中断して王都奪還の優先を選び、コルネリアを打倒してかつて継ぎ損なった王位を取り戻す。エーデルガルトとも和解できるなら和解したいと考えるようになり、攻略を前に対話の場を設けた結果、お互いにお互いの大義への理解を示すも、結局は相容れない大義を押し通すための戦いを選ぶこととなった。

後に復讐について、自身の命はダスカーで死んだ者達の者であり果たすべき当然の義務だったが、自身の成し遂げたい事はまた別にあるのだとっている。それが後日談である「孤児の保護」「異民族との関係解消」「民を政治に参加させる」など民に寄り添う政治革に繋がっており、救国王と讃えられたともられている。

また、ダスカーの悲劇以来9年間「何を食べてもほとんど味を感じない」味覚障を患っていることが支援会話で発覚する。食事の好き嫌いの設定が一切ないというわけではないのでわかりにくいのだが、嫌いな食べ物がわずか1種類(のシャーベット)だったり、食事時の台詞が「子供の頃これが好きだった」「美味そう」など味について言及されていない事から違和感を覚えさせるような作りになっている。
他にも支援会話から頭痛、幻覚幻聴悪夢にもうなされていることがめかされている。まとめると、戦争編前半のあの殺戮マシーン状態は洗脳とか呪いとかではなく、ダスカーの悲劇のから始まり、主人公の失踪、政変でを追われる、ドゥドゥーの死など並の人間なら発狂してもおかしくないレベルでショッキングな出来事が立て続けに起きたことによって重度の精神疾患になってしまった状態ともとれる。

また、他ルート(敵)で登場した場合、だいたい碌な死に方をしない。
紅花の章ではコルネリアによる政変が起きなかったため、ファーガス王として即位し、隻眼でない状態で登場。セイロス教団と手を組んで帝国に対峙するが、味方の損を減らすためなら同盟相手のセイロス騎士団ですら肉壁捨て駒扱いするなど「正々堂々は彼に相応しくない言葉」とまで言われることをやってのける。
の章ではグロンダーズで三つの戦いになった際、負傷したエーデルガルトを追いかけるも、後少しのところで後詰の兵によって阻止され、名もなき兵に討ち取られてしまう。
の章でもグロンダーズで三つの戦いの末戦死。その後ガルグ=マクで主人公のもとに現れ、仲間を死なせてしまったことを懺悔するかのようにりかけるが、彼は生きていたのか、それとも亡霊だったのか…。

怪力について

幼少時から積み重ねてきたスパルタとも言える鍛錬に、生まれながらに持った紋章のが加わった結果、見たに反してとてつもない怪力の持ち

具体的な描写として、とあるムービーシーンでは兵士の顔面を片手で鷲掴みにし、を込めるだけで(おそらく)絶命させている場面もあり、戦場では非常に頼もしいであるが、ディミトリ本人は日常生活に支障が出てしまう程の怪力に難儀することもしばしばある。

9歳の時任せに振ったをへし折った事件はフラルダリウスとなっている他、ある程度のコントロールを覚えた今でも幼馴染ビンタされたら死ぬと言われ、裁縫をしようとしても針どころか鋏を壊す程。あの筋肉大好きなラファエルも、噂を聞いて筋肉を育てる極意を尋ねてくる始末である。

ユニット性能

個人スキル:王の血統(入手経験値1.2倍)→王の血統+(さらにHP満タンの時回避+20)
紋章:ブレーダッドの小紋章(戦技使用時、まれに攻撃と武器耐久消費が倍)
得意技剣術槍術
苦手技術、理学

成長率60%は全ユニットトップHP・技・速さ・守備・魅の成長率も軒並み高く、紛れもない獅子のエースアタッカー武器を選ぶ必要の乏しい悪な戦闘力から、安さと応用性の両面において暴れるのに最も適した「手」は本作において彼の代名詞めいた存在と化している。まさかの公式テヤリウス
ただし、側近のドゥドゥーと同じく幸運と魔防にがあり、モブ敵から必殺を食らったり魔法の集中火を浴びれば沈むこともよくある。

ブレーダッドの小紋章は、デメリットが混ざっているしい効果。前述の怪力を如実に表している。そもそも発動率が低いため、戦技を多用しないプレイヤーだとまるでおにかからないことも。

的に向いているのは剣士系かソシアルナイト系で、級長専用職のロードになることもできる。とはいえ諸々の事情によりを中心に使うのは得策ではなく、それに対してソシアルナイト系の再行動と槍術ボーナスは魅的であり彼のイメージにも合致しているが、速さマイナスの成長補正がかかってしまうことは注意したい。ロード槍術にも多少は技ボーナスがかかるため、級長の中ではロードと相性のいい存在であり、ソシアルナイトデメリットを嫌うなら選択肢になるだろう。
2部冒頭に専用職のハイロード、ストーリーを進めるとマスターロード資格を得る。どちらも中級職のロードを強化しても得意にしたような兵種。

ブレーダッドに伝わる英雄遺産アラドヴァルの専用戦技「惨」は+15に加えて「すべての敵に有効(=武器2倍)」。他の級長専用武器のように再行動とか絶対回避とかのアドバンテージこそないが、武器が19なので実質+34という単純暴力に特化した戦技となっており、ここに必殺と紋章効果が乗ってしまった日には駄に武器耐久が減るゲームを間違ったようなダメージ叩き出す。

ヒーローズ

通常版(士官学校)と総選挙版(国王)と伝承版(国王)の3種類が登場する。

青獅子の守護者

他の級長やベレスと共に実装。兵種は騎兵

ステータス傾向としては通常版クロムやラズワルド等に近い、群を抜いて高い攻撃とそこそこの物理耐久を持つアタッカー。さらに「の一撃4」、戦闘中敵の攻撃・守備を下げてなおかつバフ効化する「攻撃守備の凪」を持つため、力こそパワーと言わんばかりの大火力で敵を殴り倒す。
専用武器「高潔の戦」は、戦闘開始時に「お互いにHP満タン」か「お互いにHPが99%以下」の時に絶対追撃効果を持つため、やろうと思えばゴリ押しも十分可

なお、奥義は「復讐」とどこか不穏。

ファーガス王

総選挙版。兵種は歩兵眼帯付きで帝国兵殺戮マシーンではないため、蒼月の章終了後の世界ディミトリ

通常版からHPが削れた分、低めだった速さ善、守備も下手なアーマー並になった。
武器アラドヴァルではなく「蒼月グラディウス」で、遠距離反撃に加え、攻撃されたらカウント変動量+1効果を持つ。
さらに義に「夕陽」、周囲2マス以内に味方がいる時、攻撃・守備+5かつ戦闘中攻撃・守備のデバフバフに変換する「攻撃守備の連帯」、敵より守備が高ければ範囲義及び敵から受けるダメージを守備の差×4%(最大40%)カットし、攻撃された時絶対追撃となる「獅子王」、ターン開始時に隣接する味方がいれば自分と相手の攻撃を上げる「攻撃の相互鼓舞」を持つので、対物理においては級の火力耐久で暴れ回ることも可呂布か?

弱点は原作同様魔防がぶっちぎりで低いため、ダイムサンダ等魔法の連続攻撃であっさり落ちることも。

救国の王

伝承版。の伝承英雄。兵種は歩兵総選挙版がマスターロードだったのに対し、こちらはハイロードの姿。

総選挙版とほぼ同等なステータスで、こちらは速さが高め。
武器の「アラドヴァル」は、キラー効果に加え、戦闘開始時の自身のHP25%以上なら、全ステータス+5かつ敵より速さが高ければ範囲義及び敵から受けるダメージ速さの差×4%(最大40%)カットする。
さらに義に「烈風」、「金剛撃」、戦闘開始に敵のHP50%以上ならダメージに攻撃の25%を加算し、戦闘後に敵全ステータス-5&義発動カウント+1させる専用スキル惨」、奇数ターン開始時に移動+1される「奇数」を持つ。

総選挙版同様、魔防が低いのは変わらない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%AA%3D%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%3D%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ディミトリ=アレクサンドル=ブレーダッド

413 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 19:08:39 ID: xACxKk22rq
その辺はエーデルカルトにも同じ事言えちゃうわな
クロード蒼月でこそギリギリ読み当てて面は保てるけど他はあの通りだし
何にせよ「どれかを選べばどれかが立たない」って大団円やら正史がないからこその味わいではある 個人的には大好き
414 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 19:10:11 ID: xACxKk22rq
誤字でカルトになっちまった 他意はねえんだ
415 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 22:58:05 ID: ZSq7SfI6ir
クロードプレイヤー軍が彼の級友に手を下さなかった場合はが一番微妙な評価になってそう

>>409
存在価値がないまでは言い過ぎだけどマルテマン以外のが不遇なのは事実かもな
416
2020/10/31(土) 21:26:25 ID: fsePE1OKuh
紅花ルートだと妨喰らわずに王位につけるから、蒼月以外では一番王としてまともな方というのが凄い皮だと思う。
なんだかんだ5年間兵を率いて防衛してるんだよな。

暴走理由が死者に対しての義務感を拗らせてなので、ロドリグや先生から自分の信念に生きろと諭されて立ち直るんだよな。
417 ななしのよっしん
2020/11/10(火) 12:18:21 ID: RapXGXndUO
>>412

獅子のクラスメイト全員依存してて正面からディミトリを諫められるが居ないのも痛い
強いて言えばフェリクスぐらいだし。
418 ななしのよっしん
2020/11/10(火) 12:29:18 ID: RapXGXndUO
追記

エーデルガルトにはフェルディナン
クロードにはローレンツが居たけど
ディミトリには...

先生鷲の話で言ってたサブリーダーの重要性を悪い意味で明してしまった...
419 ななしのよっしん
2020/11/10(火) 12:41:42 ID: MTE3BnuTBz
政変で皇帝の立場が弱くなった帝国や、隙あらば盟の座を狙うがある同盟とは違って王を中心にまってたってのもあるだろうな。ディミトリに強く出れる人がいないってのもそういう事だろうし、彼の遇を知ってればどうしても同情しちゃうだろうし
420 ななしのよっしん
2020/11/11(水) 13:33:52 ID: ZSq7SfI6ir
向いてる方向がバラバラ故双方が仲を深めようと思えば互いに有益な関係になり全体を高められる(先生帝国に付いてくれないとエガちゃんはB止まりで級友に作ったまま終わる)のが帝国なら
支えあえる関係にある相手は多いけどディミトリ殿下本人の悩みに彼らが上手いこと向き合えなかったり肝心な時の決め手に欠けるのが王という感じ
ある種周りに恵まれない
だから先生という外からの信頼出来る有能が必要だった訳よ
421 ななしのよっしん
2020/11/11(水) 15:23:12 ID: RapXGXndUO
先生サブリーダーとしてディミトリと正面から向き合ったのが蒼月というわけか。
結婚したら対等の立場でフォドラを変える為の議論を交わしてるらしいし。
422 ななしのよっしん
2020/11/11(水) 18:25:38 ID: ZSq7SfI6ir
>>417
フェルディナント-フェリクス-ローレンツが各学級に配置された級長拗らせではあると
ペアエンド較も面白いかも

急上昇ワード改

おすすめトレンド