ディートリッヒ・ザウケン単語

ディートリッヒザウケン

ディートリッヒ・ザウケンDietrich Saucken)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.長克巳

概要

銀河帝国軍人、ラインハルト・フォン・ローエングラム直属の提督の一人で、艦隊旗艦は<グングニル>。
OVAでは黒髪割れアゴの壮年軍人として描かれている。

作画のぶれもあり正直カルナップアルトリンゲンと区別がつかないが、あえて言うと「顔がゴツイのがカルナップザウケン、ゴツくないのがアルトリンゲン」「黒髪なのがザウケンアルトリンゲン、色なのがカルナップ」といったところ。卿らもOVAノーテロップで見返してザウケンアルトリンゲンとカルナップを見分けてみよう。

戦歴

もとはジークフリード・キルヒアイス麾下の将帥(少将)。キルヒアイスが捕虜交換でイゼルローン要塞に赴いた際、ベルゲングリューン、ジンツァーとともに随行している(OVAではザウケンの代わりにビューローが随行)。

その後キルヒアイスの麾下からローエンラム元帥直属艦隊の艦隊官の一人に転任し、中将に昇進。ガイエスブルク要塞のワープ実験の際、見学している諸提督のうちに名前が出ている。

OVAでは

OVAではやや出番が増量され、帝国489年の「神々の黄昏作戦に参加。
翌年のバーミリオン星域会戦ではヤンのにはまった指揮官の一人となった。

新王成立後、大将に昇進。「大親征」に参加。
戦闘シーンでは登場しないが、第67話で軍議の場で発言している。

余談

原作第2巻「野望篇」の捕虜交換のシーンで登場するのは帝国側ではキルヒアイスのみで、ザウケンの記述はない。ベルゲングリューン、ジンツァーザウケンの随行が明かされるのは外伝2巻「ユリアンのイゼルローン日記」第六章「捕虜交換式」でのこととなる。

また、原作ではそもそもバーミリオン星域会戦に参加したという記述はない。OVAバーミリオン会戦の際登場するのは、第3巻雌伏篇に「ラインハルトの麾下に転じた」と記述があるためと思われる。そのせいか、OVAでもバーミリオン会戦直前以外の軍議の場などにはブラウヒッチトゥルナイゼンアルトリンゲン、カルナップグリューネマンが並ぶだけで、ザウケンは登場しない。

というか、原作では「大親征」に参加したという記述も(ry

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%82%A6%E3%82%B1%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ディートリッヒ・ザウケン

1 ななしのよっしん
2015/03/03(火) 19:54:19 ID: 3DGUjazsfS
こ、この男がくるとは思わなかった…
次は幾度も話題に上がったメジャーキャラアルトリンゲンかカルナップだろうか…
変化球でゾンバルト
2 ななしのよっしん
2016/12/23(金) 02:16:33 ID: tPjdd4U8hi
この人ラインハルト直属艦隊の中で何か扱い悪いよね

ラグナロック作戦に呼ばれてないし
バーミリオンでヤンに包囲された時もザウケンだけ写らないし
旗艦グングニルテロップが何故かない
3 ななしのよっしん
2017/11/03(金) 10:39:59 ID: 3flI4Yz+Pg
本来直属艦隊の補充・錬成部隊の指揮官だったんじゃないかなぁ?と適当に考えてみる。