デイル・アーンハート単語

デイルアーンハート
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

デイル・アーンハートとは…

  1. Ralph Dale Earnhardt Sr.(1951~2001)
    NASCARにおいて7回のチャンピオンいた伝説ドライバー
  2. Ralph Dale Earnhardt Jr.(1974~)
    1.の息子1999年よりNASCARレーサーと活躍するレーサー

ここではにシニアの事を取り上げる。

概要

NASCARにおける生涯記録7回のチャンピオンを誇り、この記録は彼の他はリチャード・ペテイしかいない。その攻撃的なレーススタイルから「脅迫者(The intimidator)」というあだ名があった。なお、生前はシニアと呼ばれずに、ジュニアが参戦してからも単に「デイル・アーンハート」と呼ばれていた。

1951年ノースカロライナ州で生まれる。彼のラルフ・アーンハートNASCARドライバーチャンピオンを経験した事もある名レーサーである。

彼のレースキャリア1975年に開始、1979年に本格的にウィントンカップ(当時)に出場を始めた。この時は新人賞を獲得するなど、その頭がすでにあらわれていた。その翌年にはシリーズチャンピオンき、その後は1986年1987年1990年1991年1993年1994年チャンピオンを経験、1980年代から90年代にかけてはまさに彼の黄金期であった。

彼の所属は一時期を除いて一貫して名門リチャードチルドレス・レーシングで活躍していた。彼のアイデンティティでもある#3は1988年からであり、その時には「メン・インブラックとかダースベイダーというあだ名も付けられた。

1999年息子ジュニアレースデビューするとファンボルテージは最高潮に達し、親子二代でのレースファンは歓喜した。

私生活では3度の結婚経験があり、17歳の時に一度結婚息子のケリーをもうけるも離婚。彼自身も後にNASCARドライバーとなる。2回結婚で1男1女を設けるも離婚、この時の男の子が後のジュニアである。3度結婚1988年で1女を設ける。

2001年・デイトナ

その日のデイトナ500ポールポジションはビル・エリオットで決勝は200周で行われた。途中、1度のビッグワンを挟んでファイナルラップ時点で1位マイケルウォルトリップ、2位ジュニア、そして3位にシニアリチャードチルドレス勢で占められていた。そしてターン4でスターリングマーリンと接触、体勢を崩した所にケン・シュレーダーマシンが右側面に衝突、シニアマシンはシュレーダーマシンと共に斜めにウォールに突、グリーン上で停止した。

周囲はここまでの末をよくある事故としてとらえてた様で、ウィナーのマイケルウォルトリップはで元NASCARレーサーのダレル・ウォルトリップらの祝福を受けていた。

しかし、2時間後のNASCAR社長会見で死亡が報じられた。頭蓋折で即死であった。その死の影は大きく、数多くのファンが彼の死を悼んだ。

彼の死を乗り越えて

彼の死の影は大きく、#3は永久欠番となった。そして、彼の死を契機にさらなる安全向上策をNASCAR、および各チームは打ちだした。

まず、事故調の結果、直接的な原因でないが不適切な取り付けがあったとされるシートベルトについて多くのチームが5点式から6点式へと変更になった。

次にHANSデバイスを義務付けた。シニアの死以前から1年少々で同様の事故で4人のドライバーが命を落としている事もあり、またシニアの死から半年後に他ジャンルレースで同様の死亡事故が発生したため、取り付けを義務化した。なお、ほとんどのチームで義務付けされるより前にHANSを取り付けた。

そしてトラック上のウォールも衝撃を吸収できるやわらかいバリアー(SAFERバリアー)に切り替えた。

マシン側も彼の死の調において得られたデータをもとに新設計したカーオブトゥモローが完成した。

アーンハート家の系譜

アーンハートはシニアであるラルフ・アーンハートから続くレーサー一家であり、彼自身も1956年NASCARチャンピオンになった名ドライバーである。現在NASCARIRLなどのオーバトラックでは当たり前であるスタッガー(オーバルを走りやすくする為に右のタイヤを太くしたり、予め左に切ってあるセッティング)を最初に採用したのは彼である。彼は45歳の若さ心臓発作のため、なくなった。

ニアには2人の息子がおり、長のケリー・アーンハートNASCARドライバーであったが、セミリタイアし現在はシニアの商標等々を管理するアーンハートInc.の役員をしている。論、セミリタイアなのでたまに走ってるようだ。そして異のデイル・アーンハートJr.である。彼は1999年よりデビューをし2000年にはと3人で走った事もあった。の死後、彼のファンジュニアの時の様に熱いまなざしを送っている。NASCARにおいても人気ナンバー1であり、年齢的にも円熟してきており、今後が期待される。

そして、四世代となるレーサーも登場している。長ケリーの息子で、シニアから見れば孫に当たるジェフリー・アーンハートである。現在、彼はトラックシリーズであるキャンピングワールドシリーズに参戦している。彼がネクステルカップに出場すれば、4世代にわたってトップカテゴリーを経験し、また叔父と甥の対決を見られる事になる。

逸話

関連動画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デイル・アーンハート

1 ななしのよっしん
2012/03/26(月) 21:44:54 ID: MdqKwHkpUl
HANSバカにしてたらHANSいせいで死んだでござる
2 ななしのよっしん
2015/02/23(月) 03:06:04 ID: BDrk8OLGn5
2014年からついに#3が復活したな