デイ・オブ・ザ・ロブスター単語

デイオブザロブスター

ドーモ。ロブスターです

デイ・オブ・ザ・ロブスターとは、サイバーパンクニンジャ活劇小説ニンジャスレイヤー」のエピソードのひとつである。
ここではその続編である「デイ・オブ・ザ・ロブスター2」「デイ・オブ・ザ・ロブスター3」についても記述する。

概要

ヤクザクランに捕まってしまったお色気担当バイハッカーナンシー・リー
ヤクザの手によって鎖で束縛され、嬌を上げるナンシー=サン。
しかし、そこにヨロシサン製からの刺客であるロブスター=サンが現れ、さらにらがニンジャスレイヤーがエントリーしたことで、事態は混乱の一途をたどる…

このエピソードは、ツイッター連載を行っているニンジャスレイヤーアカウントの10,000ツイートを記念して訳出された…のだが、「ゴーストライターによる執筆ではないか?という説がある」と紹介されているいわくつきの作品なのである。
実際出来は微妙そのものであり、箸にも棒にも掛からぬ駄作なのだが、それ故にニンジャヘッズネタにされ続け、公式においても人気投票で「ロブスターは効」と言われたり、物理書籍版には収録されないことが明言されているといったの優遇?を受けている。

再放送

オイオイ……紅白を見てたんだぞ!」

まあいいか……ロブスター。よし。マインセットして見ようじゃないか!海老をな!」

(ザ・ヴァーティゴ)

2013年大晦日には特別プログラムとして本エピソード再放送が行われた。その際因果ニンジャであるザ・ヴァーティゴ=サンも彼のツイッターアカウントから実況を行った……のだが……。その狂乱の末は是非当時の実況まとめを各自で確認していただきたい。この再放送によりニンジャスレイヤーという作品、ほんやくチーム、そしてザ・ヴァーティゴ=サンのフリーダムさがめてヘッズに認識されたのであった。よりによって年またぎで

デイ・オブ・ザ・ロブスター2

「デイ・オブ・ザ・ロブスター」から数時間後。
ブスター=サンの製作者であるヨロシサン製のナカタ研究員は、廃墟の中で爆発四散したロブスター=サンのハサミ(しかもまだ生きている!)を発見した。
自身の最高傑作敗北を悟った彼は、の中ニンジャスレイヤーに対する復讐を誓うのだった…。


そして二週間後。再び囚われの身になったナンシー=サン。彼女の救出のため倉庫の熱湯プールへと馳せ参じたニンジャスレイヤー、しかしその眼前に現れたバイオ存在は…!?


まさかの続編。
しかも今度はゴーストライターではなく正正銘原作者による書き下ろしである。やったぜ!
 
収録されているのは書籍版や各種漫画に付属する応募券を集めて送ることで入手できた小冊子「全タノシイ!デイ・オブ・ザ・ロブスター!LOBSTER!」。現在は応募を終了しており、ロブスター1同様書籍版には収録されないことが決まっているため、現在このエピソードを正規の手段で読むことは限りなく難しい。

と言っても所詮はおまけ作品、1とは違い敵役の心情を掘り下げたっ当な短編エピソードに仕上がってはいるが、言い換えれば「いつもの短編」的な内容であり、特段大きな話題になったり重要性を持つようなものではなかった。
というか、一緒に掲載されていたコミカライズ連載の方々による描き下ろしロブスターの方が話題になっていた感があった。

そしてアニメイシヨンへ…

まさかまさかのアニメイシヨン化である。しかも両方。
収録されているのは「コンスピーラシィ・アポン・ザ・ブロークン・ブレイド」と同じ12話。
1話前の「メナスオブダークニンジャ」がシリアス展開で人気を博し、もうじき折り返しで残り話数も少なくなってきたところにこれである。

そして内容もこれ以上ない程の悪ふざけに満ちており、

このとんでもない構成・内容に対し視聴者はあまりにであり、「アイエエエエエ!?」と悲鳴を上げる者、ニューロンを焼かれしばらく再起不能になった者、腹筋がしめやかに爆発四散した者など、放映終了直後はマッポーの世めいたアトモスフィアが漂ったのであった。
おお…ナムアミダブツ!

そして伝説へ…

M:「第3部終盤に向けてテンションはさらにり詰めるが、長編ばかりだと息が詰まってしまう。何事もバランスが大切だ。最終話前に、短編をたくさん書こうと思っている。…ああ、そうだ!日本のクレイジーなニンジャヘッズに向けて、デイ・オブ・ザ・ロブスター3を書き下ろしたからお楽しみにね!」

Ninja Slayer (@NJSLYR) 2015, 7月 24exit

アイエエエエエエエエエエエエエエエエ!?

ということでアニメイシヨンのBD2巻「承」の特典として新作のデイ・オブ・ザ・ロブスター3を含めたロブスター3部作を収録した「デイ・オブ・ザ・ロブスター[トリロジー]」なる冊子が封入されてしまった。

冊子であるので当然わらいなく氏の名鑑もついている。アニメとは別の意味でやる気のないこちらのデザインある意味必見である。

デイ・オブ・ザ・ロブスター3

またまた卓球工場に捕えられスパンキング拷問を受けるナンシー・リー
彼女を救出するため駆けつけたニンジャスレイヤーが見たものはまたしても復活を遂げたロブスターだった。
ラテの差を見せつけロブスターを三度爆発四散せしめたニンジャスレイヤーだったが、彼とナンシーを待ち受けていたのはさらなる悪夢であった!

まさかの3作にして完結編である。多分。今回も原作者書下ろしではあるが、ボンドとモーゼスどちらの手によるものなのか、または両方なのかは定かではない。

前作が較的しんみりしたアトモスフィアであったのと較すると今回は文字通り「担当がラリっていたとしか思えない」出来であり、現行全エピソードの中でもぶっちぎりのジェットコースター展開(とテンドン・ジツ)が方を待っている。

余談

時系列的には基本的に第一部「ネオサイタマ炎上」内、「ベインオブサーペント」から「ワンミニット・ビフォア・ザ・タヌキ」の間の出来事である。

ただしこの作品についてはアメリカでは外伝的短編を集めた「テイルズオブ・ジ・エイトミリオンニンジャソウルズ」に収録されている。

関連動画

関連商品

デイ・オブ・ザ・ロブスターに関するニコニコ市場の商品は効です。そんなのはの餌にしろ

関連コミュニティ

デイ・オブ・ザ・ロブスターに関するニコニコミュニティ効です。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%96%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デイ・オブ・ザ・ロブスター

26 ななしのよっしん
2015/08/07(金) 03:08:28 ID: gea6kjnKtH
ブルーアイズ…コワイ
27 ななしのよっしん
2015/08/30(日) 18:17:52 ID: k/w81xTRrY
アイエエエ課題図書!
28 ななしのよっしん
2015/10/02(金) 18:40:28 ID: 5rtYo0bNFT
ナンシ=サンのスパンキングえ?
フィーヒヒヒ
29 ななしのよっしん
2017/07/23(日) 18:23:52 ID: c3ARGfqNWf
ヘッズの考察を総合すると、起承忍殺「のみ」を踏襲したのが『1』
『1』の敗北念のゴーストライターがナカタ研究員
『1』『2』のストラサンド効果によりウイルスめいて増殖していくロブスターが『3』ってことなのか
30 ななしのよっしん
2017/09/01(金) 20:19:09 ID: EsocVvgtSJ
とうとうプラスにロブスター3部作が投下されてしまった
なんたるアビ・インフェルノ・ジゴクか
31 ななしのよっしん
2017/11/22(水) 07:08:24 ID: kdK0ouXEQM
4643・・・4643・・・4643・・・
(ついにtwitterにもロブスター3が投下されてしまった)
32 ななしのよっしん
2017/11/22(水) 20:00:50 ID: EsocVvgtSJ
ツイートウー差別爆撃によるヘッズ大爆発四散歴史間を撃したのだ
33 ななしのよっしん
2017/11/23(木) 16:35:56 ID: c3ARGfqNWf
これは夢オチ?それとも最後のアレナンシー=サンも西暦4643年を見てきたの?
34 ななしのよっしん
2017/12/11(月) 22:29:06 ID: EsocVvgtSJ
夢オチ説が有(ロブスタートリロジーは普段忍殺でやらないネタが多いため)
だが明言されていない以上4643年を見てロブスターが居ない次元に飛んできたとも言えなくはない
一つ私に言えるのは「備えよう」だ、いいね?
35 ななしのよっしん
2017/12/11(月) 22:31:06 ID: yavHDdzImS
アッハイ、備えます……4643……4643……

急上昇ワード