編集  

デウス・エクス・マキナ単語

デウスエクスマキナ

デウス・エクス・マキナ (Deus Ex Machina)とは、直訳すればラテン語で「機械(仕掛けの装置)から現れた」という意味(ここでのex英語でいうfromの意味で、一般に言われる「機械仕掛けの神」という訳は厳密には誤訳)。元はギリシア語apo mekhanes theos」からラテン語への直訳である。

概要

 古代ギリシャ演劇で、話の収拾が付かなくなったときに、機械仕掛け[1]を用いて(釣られるなどして)が現われ、強引に大団円に持っていってしまう事が多かった。デウス・エクス・マキナはこののことをす。
 正確を期すと「機械仕掛けの舞台装置を用いて登場する(役)」のこと。誤解しやすい点だが、演劇において自体が機械仕掛け(ロボットやからくり人形)だったわけではない。役は他の役と同様に人間の役者が演じており、その役が機械仕掛けの舞台装置を使ってよく登場したことから生まれた言葉である。

 神様が出てきて万事解決、と言うこのご都合主義的な物語手法は、古代ギリシャの時代から批判されていたりする。

 転じて、物語で大風呂敷を広げておきながら、それまでに伏線もない中で絶対的なを持つ存在(いは物語越した事など)を脈絡なしに使用して理やりオチをつける演出方法をす。いわゆる「どんでん返し」の一つ。(例:夢オチなど)
 誤解されやすいが、絶対的なを持つ存在等で終らせたからと言って、それが必ずしもデウス・エクス・マキナになるわけではない。それまでに伏線るなど、その結末に必然性や因果性があればデウス・エクス・マキナにはならない。(例:水戸黄門の印籠など)
 また、デウス・エクス・マキナはあくまでご都合主義的な演出の一形態をす言葉であり、ご都合主義全般をすわけではない点にも注意したい。

 物語の整合性を壊滅させてしまう性質があるため、基本的にはこの手法は好まれない。

 ただし、不条理な展開を演出するため、あえてデウス・エクス・マキナ的手法を用いる場合もある。「不条理オチ」の一部として、不条理文学カフカなど)やショートショートホラー作品、現代演劇落語ギャグ漫画漫才コントなど幅広いジャンルで見られる。(例:突然の死爆発オチ隕石落下オチなど)
 その効果は一様ではないが、コンテンツ消費者に何かしらの強い印(不快感、驚き、恐怖、笑い等)を与えることになる。

 デウス・エクス・マキナを基本形として、これを応用発展させて活用する場合もある。以下にその例をあげる。
 (など)だと思わせておいて実は…、というようにデウス・エクス・マキナ的展開だと読者を誤誘導したうえで、そこからさらに違う展開にシフトさせるケース
 オチのつけかた自体はデウス・エクス・マキナ的であってもそれ以前に物語伏線を回収し終えており「物語の本懐」と言える部分にはすでに決着がついていて、「物語を終わらせるという事後処理」にのみ使用するケース
 物語時系列で並べるとデウス・エクス・マキナとなるが、倒叙手法により先に結末を読者に明かすことで、物語の意味合いを変化させるケース。(倒叙に限らず、時系列を崩して叙述するケースもある)
 群像劇的手法を用いることにより、先に一人の視点物語を最後まで叙述し、これだけではデウス・エクス・マキナにしか見えないが、その後に別の視点(複数の場合もある)も叙述することで読者物語全体のからくりが明示されるケース

 近年のいくつかの作品では、デウス()やマキナマシーン)の原義に引かれたか、大がかりな機械仕掛けの決戦兵器や、あるいはこれまでの物を軽々とひっくり返すような然とした存在そのものに、「デウス・エクス・マキナ」の名を当てているものもあるようだ。(例:機デモンべインからくりサーカス鉄のラインバレルなど)
 しかし、強いとするものが打ち破られるのもまたお約束であり、物語ラスボスとして倒されてしまうことも多い。

 連載漫画テレビアニメなどでは、連載(放映)打ち切りにより物語の途中で理やりオチをつけることを余儀なくされ、結果的にデウス・エクス・マキナになってしまうケースもある。

関連商品

関連項目

もしかして

脚注

  1. *古代ギリシャ都市国家群は、地中に広がったいわゆる大ギリシャの諸都市も含めて、高度に機械文明が発達していた。エネルギーとして蒸気、重力、大気圧、太陽等を活用している。なものとして、ヘロンの噴聖水自販機アルキメデスによるにはりついた敵を払い落とす巨大腕ロボット式防御兵器、同じくアルキメデスによるソーラーシステムなどが知られている。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%8A
ページ番号: 870032 リビジョン番号: 2574252
読み:デウスエクスマキナ
初版作成日: 09/01/10 01:08 ◆ 最終更新日: 18/03/29 20:27
編集内容についての説明/コメント: 蒼井翔太のページをポプテピ版単独記事に変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デウス・エクス・マキナについて語るスレ

392 : ななしのよっしん :2018/03/27(火) 16:28:32 ID: 9oi18OkCOC
今期だと刻刻のラストもまんまこれだった
393 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 23:28:55 ID: 6NjCBAN/vI
かっこいい言葉にだまされそうになるけど
やってること自体は大体
「ポッと出の新キャラぬぐいの為だけに出てくる」
じゃ、むしろカッコつかない気がする
394 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 00:06:56 ID: 6VXx86UFA3
>>389-391
一見そう思えるが実は微妙なセンだったりする

たしかに『蒼井翔太』という存在自体はぱっと出なんだが、ポプテピピックは最速再放送を1話から続けてきたからアレの存在は「何で最速再放送をしていたのか」ということの説明であり立伏線回収、そして作品全体を通して「ポプテピピック世界未来の予測が不可能である」ということを視聴者に散々説明した上で最終回の予測不を繰り出してきた、という意味ではこれも立伏線の回収。

存在が登場する伏線を設定に組み込んでおき最後に視聴者に納得いく形で回収したという意味ではまどかマギカとか未来日記とかのやり口に近い
395 : ななしのよっしん :2018/04/07(土) 13:21:09 ID: BVLbdvm/x6
ポプテピピックにおけるデウスエクスマキナキングレコードやな
396 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 10:06:40 ID: IKn4Pkr1Mr
蒼井翔太ポプテピピック)に吹いた
397 : ななしのよっしん :2018/08/07(火) 10:48:40 ID: ECaQBCPFkt
ピンチの時に唐突に出てきて解決するのはドラえもん映画でいうドラミちゃんポジションだな
パラレル西遊記とかまさにそれ
398 : ななしのよっしん :2018/09/01(土) 11:44:52 ID: ViYKlI30vf
>>377
ダイスレイブ最強にしたがる人はゼットンを倒したペンシル弾が最強と言いたいのか
399 : ななしのよっしん :2018/09/19(水) 16:10:07 ID: Ld5E4pQUTX
はたらく細胞熱中症回だけど的存在が人の医療行為だからしょうがないよね
400 : ななしのよっしん :2018/09/27(木) 08:33:46 ID: kjaqvz27hi
医療行為が細胞達にはどう見えるのか。という視点が面い。
401 : ななしのよっしん :2018/10/02(火) 11:17:28 ID: 5D73QIx9Iu
世界の創造とか圧倒的な登場しても、全てデウス・エクス・マキナとは限らない。
演出のわがままで観客に嫌われて、そう呼ばれるだけ。ある意味、酷評そのもの
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス