デスクリムゾン単語

デスクリムゾン
  • 51
  • 0pt
掲示板へ

それは24年前の事であった

デスクリムゾンとは、エコールソフトウェア1996年8月9日セガサターンで発売したガンシューティングゲームである。サードパーティーセガサターンで発売した、最初のガンシューティングゲーム
ファンからはデス様称で呼ばれる事もある。

なんだこの概要わぁ?

ターンクソゲー四天王の筆頭。ほとんどのユーザーが見ても理不尽で意味不明な内容の為、クソゲーとして知られている。コンバット越前台詞のほとんどは、ファンの間で有名であり暗誦できて当然とされる。

ゲーム雑誌のレビューをして「本当に発売するのか」と言わしめ、セガサターン販売終了までのランキング読者評価最下位の座をほしいままにし、セガファンから『デス様』(ですさま)の称号を贈られた。面において毎号『今週のデス様』の記事があり、最下位の座を守り通せるかが注された。

今では、あまりに有名になったことから中古屋においては定価前後のプレミア価格が付けられている所もある。

せっかくだからゲームの不可解な点の列挙をするぜ!

有名なセリフの例

上から来るぞ!気をつけろ!
「なんだこの階段は!?
せっかくだからはこのを選ぶぜ!」

クソゲーとしてのレベル

はっきりいって、「帝王レベルである。

クソゲーといえばニコニコ動画では「チーターマン2」が有名であるが、これは1992年アメリカNES(海外ファミコン)用ソフトとして開発されたものである。そして、あまりに完成レベルが低かったため発売に至らなかった。(のちにチーターマンを開発した会社が倒産した後、同社の倉庫跡からチーターマン2ROMカセット1500本が発掘され非公式に発売に至るのであるが・・・)つまり、本来世に出てくるはずのないゲームであったのである。これは当然、売り物にできないレベル(伝説のクソゲーレベル)であったから発売中止になったのであり、それを知ってしまうとあまり衝撃はない。

それに対して、このデス様はどうだろう。

そして最大の問題点は、上の不可解な点からも読み取れるとおり、が見ても明らかにおかしいのに公式にこれを世に送り出してしまったことである。チーターマンでさえ公式では世に出なかったものが、これは出てしまっている。ここまでくると、某ゲーム雑誌のレビューが「本当に発売するのか」と言った心情も深々と理解できる。

しかし、勘違いしてはいけないのは、決して手を抜いて作られたゲームではなく、その当時のエコールソフトウェアが本気で作り上げたゲームである点である。ただのクソゲーではなく、製作者の熱意の塊とも言える作品だったからこそ、今でも伝説のクソゲーとしてされている理由なのかもしれない。

その後を書くぞ!気をつけろよぉ!

ゲームが有名になった事により、聖地巡礼として開発元のエコールソフトウェアには多くのファンが訪れる事になる。最初はそれに応じていなかった会社側も、徐々に態度を軟化しファンとの交流が始まった。2001年には、入手困難となっていた本ソフトを再販、社長自ら新幹線に乗り全を横断、直接手渡しで発売する、デストレインというイベントが開催された。その後、続編であるデスクリムゾン2、不思議なガンシューと名を打たれACでも稼働されたデスクリムゾンOXが輩出されている。

なお、本作は1999年国立国会図書館に新品が有志によって寄贈されているので、の管理下において温度22℃、湿度55程度相当の環境下で恒久的に厳重な体制で保管される事となっている。これは、この年からゲームCD国会図書館の納本及び収蔵対となったためで、後にNHKにおいてもこの寄贈品が放送されている。(寄贈の時期を勘案すると、最初期のゲーム寄贈品となると思われる)

また2008年には、オープニングのロケ地を真鍋社長せいじろうと共に巡るデスクルーズを開催
真鍋社長による当時のデスクリムゾンの開発の舞台裏をつづった書き下ろし小説フリーズ! ~デスクリムゾン・レゾナンス~』が参加者に手渡された。

さらに2010年ごろには、デスクリムゾンをWindows移植して配信する企画が進行していたという。[1]

発売から22年経った2018年には、アニメポプテピピック』においてエコール認の下でパロディが行われた。

また、作曲を担当した渡辺邦孝による新録サウンドトラックDeath Crimson Soundtracks」も同年に発売された(2001年に発売されたサントラDeath Crimson -History-」の収録曲は正しい音色で鳴っておらず、このアルバムの曲が本来の「正しい音」になっているという)。[2]

(関連動画は)こっちだ!越前!

とにかく推奨書籍読んでみようぜ

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

本名・越前康介、コードネーム・コンバット越前。…え?あの、それって一体何の意味があるんですか?

脚注

  1. *エコールスタッフブログ 2010.10.17exit
  2. *「デスクリムゾン」発売から22年を経て新録サウンドトラック発売――そのワケは? せっかくだから俺は作曲家の渡辺邦孝氏にインタビューするぜ!exit 2018.12.5

【スポンサーリンク】

  • 51
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%BE%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

デスクリムゾン

344 ななしのよっしん
2020/07/22(水) 18:55:46 ID: JHdYiIMyM4
昔の映画右手左手忍者映画あったな、そういえば
345 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 18:59:02 ID: mZgJY7VU9X
今新作出たら転売屋が狙いそう
346 ななしのよっしん
2020/08/11(火) 23:40:18 ID: IpNOn3xka0
>>338
本当に作りたかったものというコンセプトでできたのが2だね
今の技術で1のリメイクは見てみたい気もするけど
347 ななしのよっしん
2020/09/10(木) 12:01:00 ID: lkNY1yEvXY
悲報。デスクリムゾンバンナムポプテピピックキングレコードの物だった
348 ななしのよっしん
2020/09/16(水) 21:27:16 ID: If4xtlEBs3
Stuff Roll好き
349 ななしのよっしん
2020/09/18(金) 00:12:23 ID: rsuWXIK+mB
>>347
アレyoutube仕様上なるべくして起こった事ではあるんだよな。
画面小さくしたりアニメキャラワイプいれてあれやこれやと収益的の違法アップロードクソほど投稿されるから、それをAI判定で「これ違法アップロードだから消せ!」って著作者が申請できるようになってるんだが、
違法アップロードしてるなんとかかいくぐろうとあれやこれや工夫するせいでそれを全部潰すよう精度も高くなっちゃてて、しかもポプテがアニメ本編でほぼ原作のOPをコピしちゃってるから、
結果として原作のモノホンOPをただ流しただけなのにAIが違法アップロードと勘違いしてキングレコードの名義で消せって言ってしまったっていうのが実際の末。
まぁ、違法アップロード対策のメカニズムとして仕方ない出来事ではあるんだが、まぁ結果として原作やってただけでキングレコードに消せ言われるのは納得はできないよな
かといってエコール著作者として取り締まったら多分デスクリムゾンを楽しんで周知してもらう機会が消える弊の方がデカイし難しいところ
350 ななしのよっしん
2020/10/04(日) 23:26:20 ID: EOOxBd9NV6
>>330
に管理されてるクソゲーは何もデスクリムゾンだけではない
ゴミ捨て場のE.T.ゲームはスミソニア博物館に収蔵されてるから
上には上があるものよ
351 ななしのよっしん
2020/10/06(火) 03:12:20 ID: IpNOn3xka0
チビル君のデザインが本当にキモいし怖い
バイザーみたいなのも何だか分からんし
352 ななしのよっしん
2020/10/12(月) 15:25:36 ID: lkNY1yEvXY
>>349
何かポプテピピック原作者(名前は知らん)が動いて取り繕ってくれたけど本当の責任問題的にはYouTubeの方のなんだよな
353 ななしのよっしん
2020/10/13(火) 01:26:05 ID: IpNOn3xka0
大川ぶくぶ先生
パロは本家公認なのに本家が違法扱いされる辺りは何というか流石

おすすめトレンド