デスゲーム単語

デスゲーム
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

デスゲーム(death game)とは、以下のことを表す。

  1. デスゲーム - 娯楽作品におけるジャンルのひとつ。
  2. デスゲーム(カノッサ機関) - カノッサ機関に配属された者達による遊戯の一種。
  3. デスゲーム(フリーゲーム) - K(ケイ)氏制作フリーホラーゲーム
  4. DEATH GAME デスゲーム - 2006年開のアメリカ映画。原題は『STAY ALIVE』。
  5. amazarashiの楽曲。アルバム「千年幸福論」に収録。
  6. もしかして死にゲー

この項では、1を取り扱う。

概要

に何らかの理由によって集められた登場人物たちが催者から提示されたゲームに挑むというスタイルである。ゲームの裏にある意図や裏をかいた逆転の手を探す、プレイヤー同士の戦い、勝つ・負けることで賞が得られる・失うなどの要素もあることからミステリーバトルギャンブル作品の要素を含む。

ゲームには危険を伴うことが多く、敗北により自由の喪失や大な負債、場合によっては名前の通り死を迎える可性もある。またジャンルジャンルだけに、グロテスクな描写や残酷な表現が売りの作品が多く、また作品によっては性描写も含むものもある(生命の危機に直面した時、人間は本により性的に奮することがあると言われるためと思われる。メタ的にはどうせ残酷描写で年齢制限が掛かるからだろうが)。故に映像作品には年齢制限がつけられるものも多い。倫理が崩壊した状況を描くため、ディストピアものの要素を含む作品も多い。

ゲームは大きく強制参加、自発的参加、偶発的参加で分けられる。基本的に作品の主人公は強制参加の場合が多く、その場合であると基本的に対立する敵やライバルは積極的に参加する人物として描かれる。また、このゲームがデスゲームであると知らない・信じていない人物が安易な行動を取って脱落したり、自覚く参加者を殺して回るのがお約束となっている。
人間の愚かさ、狂気、悲嘆、はたまたや優しさや友情テーマにした作品が多く見られ、その結末もハッピーエンドバッドエンドとさまざまである。

多くの場合、参加者のうちの一人を主人公とした一人称形式、もしくは参加者たちの群像劇としてゲームの様子が描かれる。一方で、主人公が最初からゲームを放棄し別の標のために行動するもの、催者やスタッフ・観客などに視点を置いたもの、デスゲームを止めるために外部から干渉する姿を描いたものなども存在する。

人によって定義が曖昧なジャンルでもあり、敗者へのペナルティが死を伴うものであるか、ゲーム的な要素(単なる暴力だけでは達成できない勝利条件など)があるか、参加者以外の妨者(モンスター催者の私兵など)が存在するか、他人を蹴落とさずに勝利する手段があるか、等の要素でデスゲームと認められたり認められなかったりする。

あくまで娯楽作品の一類であるが、しかし古代ローマの「闘士」など命をかけた戦闘競技が娯楽として見世物となっていた歴史上の実例はあり、これはデスゲームの一種と言えなくもない。また、いわゆる「ロシアンルーレット」を実行して命を落とした人物の記録があるため、ロシアンルーレットもまた実在したデスゲームと言える。

主な作品

小説

漫画

アニメ

ゲーム

映画

その他

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デスゲーム

194 ななしのよっしん
2020/09/12(土) 02:20:28 ID: NrHCEbLVEN
個人的に考えるデスゲームものの御法度として
運営が提示したルールを後出しでひっくり返したり、協調関係を理矢理に崩すとか、都合で参加者を殺すとか強引な介入はほんと勘弁
あくまで運営は場を提供する黒子として、提示したことに関しては実であってほしい美しくない
みんなが心から協しあえば全員生き残れる的なルールで、うまくいってたのに盛り上がらないみたいな感じでそれを反故にしていたシナリオには閉口した

あと純な殺し合いじゃないけどカイジの限定じゃんけんみたいなのはよかったな
195 ななしのよっしん
2020/09/14(月) 00:02:42 ID: emvBLDIskr
>>194
限定じゃんけんはよくできてるよね
パッと見は敗者の扱いが酷すぎるだけの単なるじゃんけんゲーム
しかし実際は、わざと開けたルールがたくさんあって、そこに誘導された参加者たちが勝手に潰し合いを始める

催者は一切手を下さず、参加者たちが勝手に沼にはまっていくという割と理想的な形だ
196 ななしのよっしん
2020/09/27(日) 09:04:57 ID: tiTexjQxc9
本当に手を出さないとが余っちゃうから回収に動くし、そのための調整の一つである「リピーター勝利条件が厳しくなってる」ってのを隠してる(聞かれなかったら答えないの類じゃなくて「勝利条件は現状維持」とついてる)けどな。
197 ななしのよっしん
2020/11/04(水) 08:47:21 ID: ERT1NkwTK9
ゴッパァァァン の天空侵犯がついにアニメ化で記事もできた
遅すぎた感が拭えないが
198 ななしのよっしん
2020/12/16(水) 15:50:30 ID: ahidICAqKN
>>194
わかる
最低ルールの提示やそれに則した進行してもらわないと作中描写にも見てる側としても「理不尽なりの楽しさ」より「不快感」の方が大きくなる
特に現実的ではない魔法とか異が関わってくる系の作品で催者側が極端にイキってたらボーボボ投入して台しにしたくなる
199 ななしのよっしん
2020/12/16(水) 15:56:39 ID: gTKgP3IofM
そうなる理由によくスポンサーからつまらんとお叱りうけたから
とかあるけど生殺与奪も商品のひとつならまだしもお前らその程度のこと想定してないのとか過去の参加者はそんな事も考え付かなかったバカなのとか思ってしまう
200 ななしのよっしん
2021/01/25(月) 11:51:50 ID: wSDSWnK5+y
>>194
カイジの場合、その御法度をやらかしたのが和也編って感じ
あれのせいで彼のが説得皆無という
201 ななしのよっしん
2021/01/30(土) 23:23:48 ID: ZnA5ErWN1y
>>194
「理不尽な権者のの上で転がされる」というのもデスゲーム醍醐味の一つだから私は許容してる。
特に主人公ゲームに乗らず催者と戦う気マンマンの作品なら、催者側をな存在として描く必要性は特にいからね。
202 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 12:52:33 ID: emvBLDIskr
>>201
とは言え、一度取り決めたルールはまず破らない、ぐらいの筋は通さないと
その催者が小物化して、主人公催者の戦いが盛り上がらないってことになりかねないんじゃないか?

小物化した黒幕主人公の死闘すら盛り上げられる凄いライターも一応いると言えばいるけど
逆に言えばそういうやり手でしか盛り上げられない難度の高い展開だと思う
催者のルール破りっていうのは
203 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 12:58:24 ID: wSDSWnK5+y
ルール破りは作者の裁量で物語が決まっちゃうのもマイナスだと思う
与えられた条件の中でどう戦うか期待してる読者を裏切るわけだし

デスゲームものじゃないけど、プリキュア5でそんなズルいゲームを2話引っった回は後の某お仕事五番勝負を彷彿とさせるグダグダ展開になり、個人的にシリーズで5本のに入る微妙回だった(好きな人ごめん)
しかも催した敵の頭キャラも見事に破綻してしまい、この回を>>202が言う小物化を果たすことに