デビッド・ワイズ単語

デビッドワイズ

デビッド・ワイズ(David Wise)は、イギリスの大手ゲーム開発会社「Rare Ltd.(レア)」に籍を置いていた開発スタッフである。2009年独立フリーとなっている。
BGM他、サウンド係を担当している。

概要

レア社明期の80年代からBGM担当をしていた。
そんな氏の名が多くのゲームファンに注されるところとなったのは、任天堂スーパーファミコン末期
1994年リリースしたスーパードンキーコング」のサウンドトラックが機であろう。

CGアニメを自在にコントロールするという、同作の意欲的かつ高い作品性・グラフィックに劣ることのない
レベルサウンドで「ドンキーコング」を「スーパー次元にまで高める大役を果たした。

サウンドメモリ限界を感じさせない贅沢なサンプリング音の使用、任天堂をはじめゲームウンドの
歴史いては挑戦的とさえ言えるポップス志向・リスング志向のサウンドクリエーション。
次世代マシンの産聞こえる1994年において、もはや枯れた存在であるスーパーファミコンが放った
オーラと言っても過言ではない。そう、全てが衝撃だった・・・。

レア社の事情により、活動のフィールドがXBOX360に移った氏ではあるが、
レア社の名物キャラクターBGMを高品質で堪できることは喜ばしい。

因みに、ワイズ氏及びその他のサウンドスタッフマッキントッシュを使っている

バイオグラフィー

デビッド・ワイズ青春時代ピアノトランペットドラム演奏していた。その後、店勤めをしていた
1985年には、デヴィッドヤマハミュージックコンピュータCX5のデモ版で作曲プログラミングをしていた。
そこに、二人の人物が彼の才に深く味を抱いた。

彼等の名はティム・スタンパーとクリス・スタンパー(Tim & Chris Stamper)、レア社の創業者である。
スタンパー兄弟デビッドに彼等の会社のオーディオプログラマー仕事提供し、
それが全ての事の始まりとなった。長きにり、ワイズはレア社ゲーム(※)の一のコンポーザであった。
※その大多数はファミリーコンピュータ向けにリリースされた。

1994年スーパードンキーコング」計画で二人のニューネームレア社オーディオチームに紹介された。
イーヴリン・フィッシャー(Eveline Fischer)とロビンビーンランド(Robin Beanland)である。

それ以後もこの会社に雇われ続けるが、これがデビッドの生産性の逓減し始める転換点であった:
彼はもう、全ての新規ゲーム音楽作曲を手掛ける必要がくなって、
幾人かの紹介された新入りのコンポーザ達とスタッフの一員としてここ何年が経った。

しかしながらワイズは、未だにレア社で現役として活動している。
彼はこの近年にゲームキューブ向けソフトスターフォックスアドベンチャー」のサウンドトラック制作したり、
ゲームボーイアドバンススーパードンキーコング3」の音楽の全面的な訂を行ったりした。

彼はまた、ニンテンドーDS版「ディディーコングレーシング」と
「あつまれ! ピニャータ: Pocket Paradise」のスピンオフをこの最近三年で手掛けている。

彼が参加している現行の計画は未発表のXbox 360向けゲームである。

そして、2009年レア社を退社しフリーとなり、マイクロソフト下のレア社から離れたことからその後の活動に注が集まっていたが、2013年E3にて、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』(WiiU)にコンポーザーとして参加していることが発表され、久しぶりにドンキーコングシリーズに復帰することとなった。

ディスコグラフィー

西暦 ゲームタイトル(2000年までは日本未発表ソフトを含めていない) ラットフォー
1987 伝説の騎士エルロンド(Wizards & Warriors) FC
1991 バトルトード(Battletoads) FC, GB
1993 Battletoads MD, GG
1993 Battletoads & Double Dragon: The Ultimate Team FC, SFC, MD, GB
1993 Battletoads in Battlemaniacs SFC
1993 Battletoads in Ragnarok's World GB
1994 スーパードンキーコング(Donkey Kong Country) SNES
1995 スーパードンキーコング2ディクシー&ディディー
(Donkey Kong Country 2: Diddy's Kong Quest)
SNES
1995 スーパードンキーコングGB(Donkey Kong Land) GB
1996 スーパードンキーコング3のクレミス
(Donkey Kong Country 3: Dixie Kong's Double Trouble!)
SNES
1996 ドンキーコングランド
(Donkey Kong Land 2: Diddy Kong's Quest)
GB
1997 ディディーコングレーシング(Diddy Kong Racing) N64
2002 スターフォックスアドベンチャー(Star Fox Adventures) GC
2005 スーパードンキーコング3のクレミス
(Donkey Kong Country 3)
GBA
2007 Diddy Kong Racing DS DS
2008 Viva Piñata: Pocket Paradise DS
2013 Tengami iOS
2014 ドンキーコング トロピカルフリーズ Wii U

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デビッド・ワイズ

110 ななしのよっしん
2017/10/08(日) 09:05:27 ID: 9r8ll9fFLn
>>107根拠は?統計でも取ったの?
その論理構造だと『顧客とかの要望にあった曲の構成を作ることであったり、場面にあった曲の構成を書くこと
要はコミュとかのほうを必要とする』という条件を満たさなければ、作曲はできないということなんだが?
大言吐いときながら詭弁発言ですか
作曲編曲の部分集合だと言いたいなら、編曲者が「作曲」すればいいんじゃないの?そういうこと言いたんでしょ?w
あなたは自らの意に沿わずとも「作曲者の質を満たした上で編曲が成り立つ」ということを認めているんだよ。
111 ななしのよっしん
2017/11/13(月) 23:08:02 ID: 3sArXdcO7s
ていうか編曲デビッドじゃないっていう妄想の根拠はどこだ
112 ななしのよっしん
2018/01/08(月) 14:52:46 ID: FtVS0YmhRX
Nintendo Switch で売ってたSTAR GHOSTの曲も作ってるみたいで遊んでみたけどずっと聞いて居たい浮遊感が好き
113 ななしのよっしん
2018/01/19(金) 21:54:47 ID: Kz19xOq5Pz
毎回ここに来るとデビッドの新曲知れて好き
114 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 13:48:27 ID: iRp53EB+1D
>>112
すでに書かれてた
プレミアの人STAR GHOSTについて追記してやってくれ
115
2018/03/25(日) 03:09:12 ID: gUP9Lcn2eb
トロピカルジャングルの曲はいくつかかなりシュポンゲルの影受けてるように感じたなぁ
特に暗めの曲の民族系楽曲(サバンナあたりかな)
116 ななしのよっしん
2018/05/30(水) 11:18:26 ID: YKJi1FhxIH
作曲は出来ても編曲は出来ない
トロピカルフリーズロケットバレルのBGMを提示しただけで詰む理論
117 ななしのよっしん
2018/06/07(木) 17:12:38 ID: kDc8MVgOsr
>>116
ロケットバレルのBGM作曲ワイズ氏じゃない。
あれはもともとリターンズの曲でリターンズの作編曲山本さん含む5人の社員。

作曲こそワイズ氏で確定だろうが楽曲制作自体はリターンズの山本さんと「協」して制作していく言されてるため彼も関わってる他、
レトロスタジオのペーターゼン氏もオーディオディレクターに就いてるため関わってる。
つまりトロフリの楽曲制作はこの3人がメンバー
おそらくロケットバレルのBGMリターンズからいる山本さんの編曲だろう。
ワイズ氏が0から100まで全部作ってるわけではない。

跳ねるラングィビーチの音色なんかはなんとなくメトロイド臭があるのでこれも山本さんの編曲だなあと思われる。
水中カンカン!とかはワイズ氏のこだわりがあるきがするね。あとは1の水中bgmがそのまんまのところもワイズ氏の強い要望だと思われる。
118 ななしのよっしん
2018/06/07(木) 18:28:32 ID: kDc8MVgOsr
>>111
編曲ワイズ氏じゃないという拠はないなw
でもワイズ氏が全ての編曲を担当したという根拠はあるのかな?

例えば3-1のサバンナパレードの曲、これは編曲ワイズ氏ではないことが分かってる。
ブラウザ日本語訳だが「私(ワイズ氏)が曲を構成し山本さんがアレンジして素敵な曲の出来上がり」ということがワイズ氏のtweetより明らか
つまり”山本さんもトロフリの楽曲に編曲として関わってる拠”である。

トロフリのロケットバレルの数々の編曲ワイズ氏ではない”という拠もないが、こちらの曲は作曲リターンズの楽曲制作なのは確定しているのでリターンズより続いて楽曲制作している山本さんと考えた方が自然ではないか?

というのも、何のために山本さんと協して楽曲制作をしているのか?を考えたときにトロフリの膨大な数の曲をワイズ氏に任せっぱなしにするのではなく、効率を考えれば”分担”していると考えるのが自然ではないか?
その分担方法はワイズ氏が全曲を”構成”し山本さんが”編曲する”というものだと考えてる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
119 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 14:52:09 ID: 3sArXdcO7s
https://www.youtube.com/watch?v=vMjXRCQzVeQexit
デビッドの新作!