デーモン・コア単語

デーモンコア
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

デーモン・コア(demon core)とは、1940年代にアメリカのロスアラモス研究所で研究に使用されていたプルトニウム塊の通称である。

概要

プルトニウムを扱っていた初期の現場では、不十分な知識と設備、および扱い方によって、未臨界のプルトニウム塊が条件が重なって臨界状態となり、大量の中性子線を浴びた被曝事故による死者は数名いる。

中でも有名なのがロスアラモス研究所にあり、後に「デーモン・コア」とあだ名された約6.2kgのプルトニウム塊である。

このコアを用いた実験において人命が失われたケースが複数回生じたため「デーモン・コア」と呼ばれるようになった。

最初の事故 - ハリー・ダウアン

画像ツイート引用:ハリー・ダウアンの顔写真exit

1945年8月21日、24歳の青年科学ハリーダウアンHarry Daghlian)は、プルトニウム塊を用いた中性子反射体の試験を行っていた。中性子反射体である炭化タングステンブロックプルトニウムの周りに置き徐々に臨界に近づけるという試験であるが、ブロックプルトニウムに近づきすぎると即臨界状態となり危険である。

こういった実験は彼だけではなく以前から他の科学者も行っており、しばらく前にはオットー・フリッシュ(Otto Frisch)という研究者が似たような実験のさなかに誤って放射線を浴びたりしていた。やはりロスアラモス研究所に勤めていた著名な物理学リチャード・P・ファインマンはこういった危険な実験について、「ドラゴン尻尾をくすぐるようなものだ」と批判していた。

そしてダウアンはこの日の11時頃、うっかり手を滑らせてブロックを落下させてしまう。その間、が放たれた。プルトニウム塊が臨界状態となって放出された強い放射線によって電離した空気から放たれるである。ダウアンはすぐに臨界状態になったことに気付いたが、すぐにそこから退避しようとはせずに臨界を止めるために努してしまった。

その結果臨界を止めることはできたが……ダウアンは恐らく100秒以上もの間、プルトニウム塊から発せられる放射線を浴び続けたと推定されるという。このときダウアンがすぐに退避していれば、死に至ることはなかったかもしれないともいう。[1]

「落下したブロックを取り除いたが臨界状態を示すアラームが鳴りやまず、実験装置が乗ったテーブル自体をひっくり返そうとしたがその重さのために失敗し、周囲に積んでいたブロックを取り除いていくことでやっと臨界状態が停止した」と詳しくる書籍もある[2]が、この描写が正確かは不明である。この書籍によれば、ダウアンは当初は自分が経験したこの事故が致命的なものだと考えていなかったという。上記のオットー・フリッシュが幸い大事に至らなかったのを知っていたからかもしれない。だが、ダウアンはフリッシュほど幸運ではなかった。数時間後にダウアンは吐き気を感じ始め、病院を受診した。

この事故の時、ダウアンは線量測定バッジを付けていなかった。そのため彼が浴びた放射線の正確な量は不明である。しかし彼の所持品や治療中の彼から採取された血液の精などを元にして様々な推計値は出されており、一説によれば推定5.1シーベルトともいう。

病院では治療が開始されたものの、これほど多量の放射線被曝に対しては当時の医学であった。ハリーダウアンの容体は悪化していき、家族)が彼の元に呼び寄せられた。彼の1943年にすでに亡くなっていた。

ハリー言によれば、当時その病院人手不足であったために彼の家族たちは間の付き添いを依頼され、言われた通り一晩中彼のそばに控えていたという。そのため、家族たちはハリーが負った「火傷」についてもにしていたようだ。[3]

事故から約25日後の1945年9月15日ハリーダウアン死亡した。

痛みを止める麻酔は控えめに使用されたこともあり、ハリーは死の当日まで意識を保っていたという。彼の元にはロスアラモス研究所での同僚たちが一人一人訪れ、彼と話した。ハリーの記憶によれば、その中には著名な物理学者エンリコフェルミもおり「事故の時に何をしたのか」について質問していたという。

高校クラスメートたちはハリーダウアンについて物静かで勉強熱心な少年だったと記憶しており「とても明晰だった」「物静かだけど、好かれていた」などと話す。科学者となってからもその人物像は変わらなかったようで、ロスアラモス研究所でのダウアン導員の一人であったレーマー・シュラバー(Raemer Schreiber)も彼について「A quiet chap, very likeable.」(とても好感が持てる、静かなやつだった)と回顧している。

ちなみに、ダウアンは後述する「ルイス・スローティン」(Louis Slotin)の友人でもあったとのことである。年齢がやや離れていることもあってダウアンスローティンの助手という関係ではあったらしいが、単なる上司と部下というわけでもなかったようで、ダウアンは「友人のルイス・スローティンと二人で、ニューメキシコの山でスキーをする写真」を所持していた。[4]

しかしダウアン事故の時は、スローティはたまたま数週間のバカンスに行っていてロスアラモスに不在だった。スローティンがバカンスから帰ってみると、友人あり助手でもある男が研究中の事故によって余命幾許もない状態になってしまっていたのである。[5]

スローティンはダウアンが死に至るまでのその一かの間、ダウアンベッドサイドで多くの時間を過ごしていたという。[6]

2回目の事故 - ルイス・スローティン

画像ツイート引用:ルイス・スローティンの顔写真exit

1946年5月21日35歳の科学者ルイス・スローティンは別の中性子反射体であるベリリウムを使って、どのような条件で臨界状態となるかと言う実験を行っていた。

これは半球で割った球殻状のベリリウムプルトニウムを覆い、マイナスドライバーを間に挟んで上下の隙間を開け、マイナスドライバーをぐらつかせ上半球の距離を変える事で放射能の値を測るという実験であった。もしマイナスドライバーが外れ球体がくっつけば即臨界状態となり危険である。

がどう見ても危険な実験を行うスローティンに、上記のエンリコフェルミも「そんな調子では年内に死ぬぞ」と忠告したと言われているが、大多数の同僚が実験への参加自体を拒否する中、スローティンは率先して実験を行っていた。ダウアン死亡事故が起きた後にも関わらずスローティンがこのような危険な実験を続けていた動機については不明である。

スローティンの元々の性格に理由をめる人も居る。彼はイギリス留学中に志願して王立空軍戦闘機乗りとなりスペイン内戦に参加したという経歴があったり、稼働中の原子炉の近くでの機器修理に携わって多量の放射線を浴びたりと、危険を顧みない(あるいは、あえて危険に飛び込む)かのような行動をとりがちな節があったようだ。

あるいは、上記のようにスローティンとダウアン友人関係でもあったらしいことに理由を見出す人こともできよう。例えば「友人の死で精的に不安定になり、どこか自暴自棄になっていた」とか、「友人の死を駄にしないためにと、研究を進めることに焦りを感じていた」とか。

そしてこの日、とうとうマイナスドライバーが外れベリリウム球殻がくっつき、臨界反応が発生した。スローティンは慌てて上半球を弾き飛ばして他の研究者の命を守ったが、文字通り皆の先頭に立って実験をしていたスローティンはたった1間で膨大な量の(ある推定によれば21シーベルト)放射線を浴びた。

スローティンは病院に収容され、ダウアンと同じように吐き気を訴え、嘔吐し始めた。また、臨界していたプルトニウム塊の最も近くにかざされていた彼の両手は最初のうちは発し、その後には一転してとなった。数日のうちに彼の血中の血球はほぼ消失した。彼は極意識を保とうし、治医に対して彼が何を経験しているか伝えようとしていた。[7]

事故から9日後の5月30日、ルイス・スローティンは死亡した。

ロスアラモス研究所でのスローティンの親しい友人だった物理学フィリップモリソン(Philip Morrison)は、スローティンの死の過程について記述を残している。またこのモリソンの妻エミリーモリソン(Emily Morrison)は、スローティンの死から間もない時期に友人に送った手紙において、2つの事故の奇妙な偶然の一致について以下のように記した。

Both Louis' and Harry Daghlian's accidents occurred on Tuesday the 21st; both used the same piece of material; and both died in the same room in the hospital.」(ルイスハリーダウアン事故はどちらも21火曜に起き、どちらも同じ実験材料を用い、そして病院の同じ部屋で亡くなったのです。)[8]

彼の死の数日前に、アメリカ陸軍飛行機DC-3が彼の故郷であるカナダのウィニペグに派遣され、彼の両親が呼び寄せられていた。両親らは彼らの息子ルイス遺体とともにウィニペグに帰郷した。[9]

アルバン・グレイブス

この2回事故間、スローティンに次いでデーモン・コアに近い場所にいたのは、彼の肩越しに実験を見ていた36歳の科学アルバン・グレイブス(Alvin Graves)だった。スローティンは事故の直後、グレイブスに対してこう話したと伝えられている。

I'm sorry I got you into this. I'm afraid I have less than a 50 per cent chance of living. I hope you have better than that.」(君を巻き込んでしまってすまない。 が生き残れる確率50%もないだろう。 君の方はもっと良い確率ならよいのだが。)[10]

事故当時のグレイブス写真では、彼の左側の頭髪が失われている。そのため、おそらく事故間にはスローティンの左肩の後ろに居たのではないかと思われる。

(画像ツイート引用アルバン・グレイブスの写真exit1枚目は事故から一か月、2枚目は事故から二か月、3枚目は事故から10年以上経過した1957年のものであるexitとのこと)

しかしスローティンがとなっていた事で生存し、核実験関連の仕事に従事し続けた。事故から2年後には妻の間に健康な男児を得ている。その後も居住地域の銀行教育委員会の理事となったり、チェロを学んで地域の楽団に所属していたりと、活動的な人物だったようだ。事故から19年後の1965年スキー中に心臓発作を起こして死去した。

その後のデーモン・コア

デーモン・コアは1946年に行われたクロスロード作戦の第3実験チャーリー」に使用される予定だったが、この第3実験キャンセルされた。

最終的には、デーモン・コアは融解されて他の兵器材料となった。[11]

関連動画

原子爆弾の開発について描いた映画シャドー・メーカーズ」の、スローティンの事故モデルとしたシーン

事故直後、科学者のマイケル・メリマン(架の登場人物。スローティンにあたる)が、現場に居合わせた人々が被曝した放射線の量を黒板で計算した後

Everybody should make it, except me.」(皆は問題ないはずだ。 以外はな。)
I’m dead.」(は致死量を浴びてる。)

と動揺しつつシーンが印的である。

関連リンク

以下のリンクには、被曝後のハリーダウアンやルイス・スローティンの手(皮膚に放射線が現れ始めているもの)など、やや刺が強い写真も含まれる。閲覧注意

関連項目

脚注

  1. *RADIATION DOSES IN THE PAJARITO ACCIDENT OF MAY 21, 1946exit(※PDFファイル
  2. *Under the cloud : the decades of nuclear testing : Miller, Richard L. (Richard Lee), 1947- . cn : Free Download, Borrow, and Streaming : Internet Archiveexit
  3. *コネチカット州ニューロンドンの新聞「The Day」1985年8月6日号exitより
  4. *同じく、コネチカット州ニューロンドンの新聞「The Day」1985年8月6日号exitより
  5. *上記の書籍、「Under the cloudexit」より
  6. *ウェブサイト「The Manhattan Project Heritage Preservation Association, Inc.」内、スローティンに関するページ(消滅済みのためインターネットアーカイブ)exitより
  7. *上記の書籍、「Under the cloudexit」より
  8. *前述の、ウェブサイト「The Manhattan Project Heritage Preservation Association, Inc.」内のスローティンに関するページ(消滅済みのためインターネットアーカイブ)exitより
  9. *前述の、ウェブサイト「The Manhattan Project Heritage Preservation Association, Inc.」内のスローティンに関するページ(消滅済みのためインターネットアーカイブ)exitより
  10. *前述の、ウェブサイト「The Manhattan Project Heritage Preservation Association, Inc.」内のスローティンに関するページ(消滅済みのためインターネットアーカイブ)exitより
  11. *Demon Core: The Strange Death of Louis Slotin - The New Yorker | The New Yorkerexit

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デーモン・コア

6 ななしのよっしん
2019/12/24(火) 00:45:19 ID: Scu8m9rplb
>>3
研究者といっても技術者ってわけでもないからな。技術的見地における危険性は考える余地がなかったのかもしれん
今と違って放射線に対する危機意識もその分野における明期でよく判ってない時代でもあったし
もっとも、不明なものだからこそ慎重になるべきであるという批判はかわせるものではないし、当事者たち含めた計画全体の杜撰にも程のある姿勢は非難されるべきでもあるが
7 ななしのよっしん
2019/12/24(火) 01:07:07 ID: ExKQGzYMoh
いや、記事にもある通り当時から危険視されてたよ
それでもやろうとした人たちがあの結果になった訳で
8 ななしのよっしん
2019/12/30(月) 04:42:15 ID: FHo2RGmyRA
これがあった研究所って、マンハッタン計画のために中の天才を集めてゴリゴリ研究してたわけなんだけど、
その中にファインマンっていう宇宙人が混入しちゃってたせいで、「間違いなく天才なんだけどこの研究所では何の成果も出せていない」っていうが出てきちゃって、
そいつが「とにかく何でもいいからが手をつけてない事をやって見返してやろう」って暴走した結果が例のコアチャカチャなんや
9 ななしのよっしん
2020/03/18(水) 13:49:51 ID: nn6Z0fGbNr
ネット民のおもちゃ
10 ななしのよっしん
2020/05/21(木) 00:27:17 ID: 0CFsYLZkbL
なぜかこれが長崎原爆コアの一つである事は伏せられてるのよね。
11 ななしのよっしん
2020/05/28(木) 00:31:38 ID: xV+G9Xc4Kq
>>10
デーモンコアと呼ばれたのは、複数製作された実験プルトニウム塊のうち、ロスアラモス研究所に有った一個、のニックネーム
後にクロスロード作戦で使用される予定だったが、諸事情により中止され、別の実験コア材料にされたことで「デーモンコア」としての経歴は終わっている(この『予定』が長崎だったのかもしれないが)
12 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 05:42:26 ID: 7+Ljuj7Cru
まあキュリー夫妻の教訓から全く学んでないのが当時の研究者たちだからな
素人の政治家や軍人に放射線被害を想像しているがいて、本職の学者が遺伝子のを想像できてなかったという冗談のような話
13 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 06:01:11 ID: frclACLHbi
この時代だと危険な実験行うのはまあ分かる、好奇心を殺すともいうし
もう少しで21世紀に差し掛かり知識もあるはずの1999年
バケツウラン溶液流し込んで臨界状態になった
JOC臨界事故実験じゃなくただの作業で危険極まりないことやって大惨事を引き起こす
14 ななしのよっしん
2020/07/18(土) 13:06:05 ID: KRsxeYzAzX
どの程度の距離で臨界に達するかそのギリギリの距離を調べていただけで臨界させる気はなかった、らしいが
ここがギリギリの距離だ、と分かるのはどうなった時?
…臨界した時。

つまりドライバーを誤って外さなくてもいずれ…。
15 ななしのよっしん
2020/10/15(木) 22:22:44 ID: G3fqi037OY
被害者が自分たちだけならまだしも
文明が進むごとに好奇心での実験ミスがとんでもない周囲に悪をもたらす時代になっていく

急上昇ワード改

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ブルームーン 相川七瀬 白石麻衣 折り紙 AMD ココロオドル 乙女解剖 出雲大社