トウショウボーイ単語

トウショウボーイ

トウショウボーイとは、1973年まれの競走馬。「天馬」と呼ばれた名である。1984年顕彰馬に選出されている。

天馬

 テスコボーイ シアバタフライ  Your Hostという血統。テスコボーイは当時のリーディンサイアー。は既に重賞勝ちを出している名繁殖。当時考え得る限り最高に近い良血として、トウショウボーイは生まれた。生まれた時から素晴らしい体をしており、育つに従って若駒なのに格すら漂わせるその姿に牧場の期待も最高潮。「クラシックの一つや二つは堅い!」と思われていたと言うのだからすごい話である。

しかしながら、同時にトウショウボーイは競走馬になれないかもと噂されてもいた。それはが甘かった(踏んりが利かないという意)からで、あまりに雄大格の割りに筋肉の発達が追いつかず、フラフラしていたのである。

それゆえ、調教ゆっくりにならざるを得ず、2歳時は競馬に出ず、じっくりと調教を積まれた。デビュー戦は3歳の1月。ここを期待通り勝する。ちなみにここには、後にボーイとの間に三冠馬ミスターシービーを生むことになるシービークインと後のライバルグリーングラスが出走しており、伝説の新馬戦の一つに数えられることもある。

つくし賞とれんげ賞を楽勝し、関東大将格として皐月賞へと向かった。ここには関西で圧勝を繰り返し「関西の期待」と呼ばれたテンポイントが出走してきていた。テンポイントが一番人気である。

しかし、トウショウボーイはここで直線楽々抜け出すと、レースレコード勝した。テンポイントは5身離された二着。厩務員のストライキの影で日程が狂い、テンポイント調子落ちが噂されていたとはいえ、レコードで圧勝したのだから文句は言えない。「クラシックの一つや二つ」がくも実現したのであった。

次の狙いは当然ダービーだった。営は絶対の自信を持ってボーイを送り出す。しかしここにダービーの魔が潜んでいた。直線坂下。さぁここからというところで、闘将と言われた加賀武見騎手上のクライムカイザーが反則すれすれの進路カット。怯んだトウショウボーイをにそのまま一気に抜け出すと、立ち直って追い込んだトウショウボーイを振り切ってゴールに飛び込んだのだった。

一敗地にまみれたトウショウボーイは札幌記念に出走。しかしここを出遅れで負けてしまう。このミスで、デビュー以来騎乗していた池上騎手は降ろされることになる。

二ヶ休養の後、トウショウボーイは当時「天才」の名を欲しい侭にしていた福永洋一騎手を上に迎える。そして神戸新聞杯に出走したのだが、このレースが凄かった。直線で福永騎手に促されると、優フォームで一気に加速するトウショウボーイ。クライムカイザー必死に食い付こうとするも差は開く一方。5身差をつけて勝利した。タイムはなんと1分589の2000m日本レコード。当時の馬場では有り得ないようなタイム実況杉本清アナウンサーは「恐ろしい時計です!」と叫んだ。

続く京都新聞杯もクライムカイザーをしのいで優勝。ちなみにクライムカイザーダービー後、一回もトウショウボーイに先着出来ず、それどころか優勝からも見放されて「史上最弱のダービー補とまで言われてしまうようになる。このにとって最大の不幸はトウショウボーイと同時代に生まれたことであろう。

そして菊花賞。トウショウボーイは一番人気に支持されたが、福永騎手はこの時既にトウショウボーイの調子落ちを感じていた。案の定、レースでは直線でテンポイントに置いていかれ、離された3着に終わった(優勝はグリーングラス)。

続けてトウショウボーイは3歳最後のレースとして有馬記念に出走。上はこのレースから武邦彦武豊お父さん)騎手。この時、関東ではなじみが薄かった武騎手(関西の騎手)を、大川慶次郎氏がトウショウボーイ営に勧めたという話がある。

このレース天皇賞が三頭も出るメンバーだったのだが、トウショウボーイは直線一気に抜け出して、テンポイント追い込みを抑えて勝。タイムは当時の2500m日本レコードだった。3歳有馬記念で1・2フィニッシュを決めたのは史上初。この二頭がいかにずば抜けていたかということである。トウショウボーイはこの年、年度代表に選出された。

4歳になったトウショウボーイだったが、前年の疲労が抜けず、結局はほぼ全休。その間に行われた天皇賞ではテンポイントが念願のタイトルを手にしていた。そして宝塚記念。まだまだ本調子ではなかったトウショウボーイと、イケイケなテンポイントの対決となった。一番人気テンポイント

レースはトウショウボーイ先頭で、前半はスローに進んだ。テンポイントはこれをぴったりとマーク。しかし、1000m地点でゴーサインを出されたトウショウボーイは、なんと後半の1000mを576という当時の1000レコードを上回るタイムで駆け抜けたのである。これには流石のテンポイントも付いて行くのがやっと。またもライバル対決はトウショウボーイに軍配が上がったのであった。

高松宮杯も苦手の不良馬場して勝ち、見習い騎手を上に、どんなタイムが出るかという興味だけで出走した1600mのオープン戦では、当時の日本レコード1分336という寒気がするようなタイムで優勝。そして、残していたタイトルである天皇賞(秋)へ向かった。もちろん、当時は東京3200mである。

ところがここではなぜか、グリーングラスと先頭をり合いほとんど暴走気味に吹っ飛ばして、直線では二頭してズブズブ。7着に終わった。武騎手は馬場が悪かったと言ったらしいが、どう考えても乗り方が(ry。まぁ、距離ボーイには長かったのだろう。

トウショウボーイはこの年で引退を決めており、引退レース有馬記念を予定していた。そこには、最後の辱のチャンスに向けて鍛えに鍛え、充実のを迎えてビカビカな体を見せ付けてテンポイントが待ち構えていたのである。対するトウショウボーイは連戦の疲労でボロボロ筋肉注射マッサージをしてレースに向かう有様だった。しかしそれでも挑戦を受けて立つのが王者の持であろう。

その有馬記念ではスタートから二頭でぶっ飛ばし、後続は付いて行くのがやっと。どうしてもここで勝負をつけたいテンポイントと、負けるわけにはいかないトウショウボーイの意地がぶつかり合う物凄いレースとなった。

そして直線。一気に抜け出したテンポイントを驚異的なりで懸命に差し返すトウショウボーイ。しかし、わずかに及ばず二着。最後の最後でテンポイントに先着を許したのだった。しかし、テンポイントマークされながらも、堂々と受けて立った誇り高きレース振りは、テンポイントびいきで知られる実況杉本清アナウンサーをして「しかし、流石にトウショウボーイも強かった!」と言わしめた。

ちなみに、後にTTGと呼ばれるトウショウボーイ、テンポイントグリーングラスは、三頭って出走したレースでは常に上位を独占して他を圧倒した。三頭が三頭とも年度代表に選ばれているのだから、そこらの「三強」とは訳が違うのである。

通算成績15戦10勝。各所に故障を抱え、強ライバルの中で残した成績としては素晴らしいものであろう。特に1600m、2000m、2500mで当時の日本レコードを出しており、調時のスピードは凄まじいの一言だった。競馬関係者が現在でも「サラブレッドの理想」と褒め称える体。首を伸ばして飛ぶように走る優極まりないフォーム。人懐っこく賢い気性。あらゆる面で彼は「天馬」の名に相応しかった。

しかしながら、彼の物語はここで終わりではなかったのである。

お助けボーイ

天馬」らしくということで内では初となる飛行機輸送が行われ、北海道で種入りしたトウショウボーイ。当時は内産種はまだまだ不人気で、ダービー天皇賞も取れなかったトウショウボーイは必ずしも大きな期待をされていたわけではなかった。彼は日高種馬農協で種入りしたのであるが、予定配合数を集めるのも苦労し、集まったも質が悪いものばかりだったという。

ところが二年産駒からあのミスターシービーが出るのである。ちなみにミスターシービーは前述のシービークインであるのだが、実は種付け権がないにも拘らず「こんな良血、トウショウボーイのためにも逃すべきではない」と担当者が断で種付けを許可したのだそうである。そのため、後でばれて散々怒られたらしい。しかしミスターシービーの活躍でトウショウボーイの種としての評価は大きく上がったのだった。

トウショウボーイ産駒はその後も良く走った。毎年のように重賞勝ちを出すだけでなく、非常に高い勝ち上がり率を誇り「くずを出さない」という評判をとった。これは高いを出してを買うにとっても有難いことで、トウショウボーイ産駒は大人気となったのである。

トウショウボーイは組合所有の種馬であったので、種付け料は最高でも350万円と、全盛期サンデーサイレンス2500万円だったことを考えると非常に低く抑えられていた。それでいて奇形でないなら最低3000万円で売れたというのだから、牧場としてはローリスクハイリターンもいいところだったのだ。

神様様、お助けボーイ」と崇められるのも当たり前である。トウショウボーイのおかげで破産を免れた牧場が数多くあったという。それだけではなく、トウショウボーイの活躍は内産種の評価を大きく高めた。最近の競走馬たちが以前にべればはるかに容易に種入り出来、また見切られ難くなったのも、すべてトウショウボーイの活躍のおかげなのである。

1992年、トウショウボーイは蹄葉炎を発症。懸命な治療の甲斐く症状が悪化。日高中の生産者の悲嘆のに見送られながら、安楽死の処置がとられた。19歳だった。

系子孫はミスターシービーの失敗もあり、既に残っていない。しかし日高の牧場中に残されたの子孫は当分残り、これからも大レースを賑わせることであろう。

競走馬としても種としても偉大極まりない足跡を残した名トウショウボーイ。彼こそサラブレッドの中のサラブレッドである。

関連動画

 

関連商品

 

関連コミュニティ

トウショウボーイに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トウショウボーイ

7 ななしのよっしん
2012/07/28(土) 23:06:48 ID: oVTMjxS8CB
が最初に呼んだのか知らないけど、「天馬」の称号永久欠番
してほしいくらいぴったりだと思う
8 ななしのよっしん
2013/08/27(火) 19:18:40 ID: nfz6rMtNFH
日高を救ってくれてありがとう。
そして何よりミスターシービーを残してくれてありがとう。
9 ななしのよっしん
2014/06/14(土) 13:15:39 ID: 6jKZwP8jWh
本質は中距離だったと思うけど、そのスピードが凄まじい。日本競馬界にスピードをもたらした名だと思います。
10 ないちゃん
2014/10/04(土) 15:31:22 ID: AjmzO9PrFm
ほい
タイトル:お助けボーイ
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

11 ななしのよっしん
2015/06/07(日) 18:34:23 ID: uwtCLeIUhm
日本現代競馬の始まりを告げた
12 ななしのよっしん
2016/06/23(木) 18:54:38 ID: O6E/oXXfxH
このスピード海外にも通用したと思うよ
初めて見たG1子供の頃からの憧れ、そんなの初券がミスターシービー菊花賞っていう

競馬人生の全てと言っても過言ではない
13 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 09:12:36 ID: u1HHI4b9vc
テンポイントグリーングラスは、
当時の外にはが立たなかったろうけど、
トウショウボーイなら、
マイル辺りだったら外ともいい勝負ができたと思う。
14 ななしのよっしん
2018/03/09(金) 00:21:22 ID: u1HHI4b9vc
確かにそう思う。
マルゼンスキーにまともに対抗できたとしたら、
あの時代ではトウショウボーイしかいなかっただろうね。
15 ななしのよっしん
2018/07/11(水) 22:37:29 ID: ueEnGR84l8
元祖イケメンホースですなあ。
顔だちもだけど走るフォームもイケメンすぎるぜ
16 ななしのよっしん
2018/07/19(木) 07:55:26 ID: IelSl3Ko9S
宝塚記念などのパフォーマンスを見るに恐らく現代で走ってもトップクラスの実だろうと思う

急上昇ワード