トッテナム・ホットスパー単語

142件
トッテナムホットスパー
8.6千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

トッテナム・ホットスパーTottenham Hotspur Football Club)とは、イングランドプレミアリーグに所属するサッカークラブである。

本拠地はロンドンであり、ホームスタジアムはトッテナム・ホットスパースタジアム。称はスパーズ(Spurs)。トットナム・ホットスパーと表記されることもある。

概要

ヨーロッパサッカーリーグ
トッテナム・ホットスパー
基本情報
創設 1886年
所属リーグ プレミアリーグ
ホームタウン ロンドン
ホームスタジアム トッテナム・ホットスパースタジアム
(62,850人)
クラブカラー ,
プロサッカークラブテンプレート

1882年創設。クラブ名の「ホットスパー」は、トッテナム湿地(英語版)を英国貴族パーシーが所有していたことから、同の祖先である中世イングランド騎士ヘンリーパーシーあだ名「ホットスパー」から取ったものである。チームカラーは、1888-89シーズンリーグ戦とカップ戦の2冠を達成したプレストンノースエンドのキットカラーである。1898年以降はのシャツとパンツが基本スタイルとなり、現在まで続いている。

本拠地は1899年から2017年までの長い間ホワイトハート・レーンを使用していたが、収容キャパが少なかったが長年の懸案事項となっており、2019年から専用スタジアムのトッテナム・ホットスパースタジアムに移転している。ちなみに新スタジアムが建設中だった2017-2018シーズンから2018-2019シーズンの前半戦まではウェンブリー・スタジアムを使用していた。

長年プレミアリーグ中堅クラブとして地位を確立していたが、2009-2010シーズンリーグ戦で4位へ躍進したことを機に上位に定着。2013年マウリシオポチェッティーノが監督に就任して以降は、優勝争いに顔を出すようになり、2019年にはクラブ創設以来初めてUEFAチャンピオンズリーグ決勝まで進出したが、タイトルとはなかなか縁がく、2007-08シーズンのEFLカップ優勝を最後にタイトルを獲得していない。リーグ優勝1951年1961年に2回優勝したのみである。

同じロンドン北部に本拠を置くアーセナルしいライバル関係にあり、両チームの対戦はノースロンドンダービーとして大きな盛り上がりを見せ、サポーター同士の衝突もよく発生する。2001年に当時の将だったソル・キャンベルがアーセナルに移籍した際のサポーターの怒りはしく、キャンベルに対して裏切者を意味する「ユダ」という罵を浴びせた。

NBAスティーブナッシュ水泳選手のイアンソープコールドプレイジョニーバックランドなどがスパーズのファンとして知られている。

なお過去には日本人選手としては戸田和幸が2003年に所属していたことがある。また、1991年には来日しキリンカップサッカー91で日本代表と対戦しているが、4-0で大敗している。

歴史

1882年にロンドントッテナム地区にある教会聖書研究会に所属するグラマースクール学生によって創設された。結成当初の名前はホットスパFCであり、彼らはホットスパークリケットクラブのメンバーでもあった。1884年、トッテナム・ホットスパーFCと称した。1901年にはクラブ創設初タイトルとなるFAカップ優勝を果たしている。ちなみにこの当時はまだフットボールリーグに加盟しておらず、長いFAカップ歴史でもリーグに加盟していないチーム優勝した一の事例となっている。

1908年にプロリーグであるフットボールリーグに加入し、2部からスタート。1909年に1部へと昇格している。1914-15シーズンに最下位になり2部への降格が決定するが、第一次世界大戦による中断を挟んだ1919年に1部リーグチーム数が20チームに増えたことで残留の見込みとなっていた。ところが、FAトッテナムを2部降格とし、2部リーグで5位だったアーセナルを1部昇格としてしまう。当然、トッテナム側はこれに激怒し、以降アーセナルとはの仲になったとされている。

1920年代から30年代にかけては2度FAカップ優勝を経験しているものの、1928年に再び2部に降格。5年後の1933年に1部へ復帰するが、2シーズン後の1935年に再び2部へ降格。ここから15年間2部リーグで過ごすという低迷期を迎える。

1949年アーサーロー監督に就任すると、就任1年で15年ぶりの1部昇格を果たす。すると、1部昇格1年となる1950-51シーズンにはアーサーローが考案した 「プッシュ・アンド・ラン」 (ショート・パス戦術) によって旋を起こし、クラブ史上初のリーグ優勝を果たす。「プッシュ・アンド・ラン」戦術は当時のイングランドでは新しいものであり、「スパーズ・ウェイ」もしくは「クィック・パッシングゲーム」 と称されていた。

1958年ビルニコルソン監督に就任すると、彼が在任した16年間でスパーズは強クラブへと成長していく。アルフラムゼイ、ダニーブランフラワー、ボビー・スミスジミーグリーブスといった名選手が所属していたチームは、1960-61シーズンフットボールリーグFAカップシーズンダブルを達成。1961-62シーズンにはFAカップ連覇を果たすと、1963年にはUEFAカップウィナーズカップを制し、欧州クラブ大会を制したイギリス初のクラブとなる。1960年代半ばに入ってシーズンダブルを達成したメンバーの多くがチームを去るが、テリー・ヴェナブルズやパット・ジェニングスの補強によってチーム世代交代に成功。1970年代に入るとスティーブ・ペリマンマーティン・チヴァーズが加わり、1971-72シーズンにはUEFAカップ優勝を成し遂げる。

1973-74シーズンクラブ黄金期を築いたニコルソンが退任すると衰退期に入り、1977-78シーズンには2部降格の憂きに遭う。それでも1年で1部復帰に成功すると、1980年代に入りチーム生え抜きグレン・ホドルアルゼンチン出身のオズワルドアルディレスが中心となってチームを立て直し、1981年1982年FAカップを連覇。1983-84シーズンには、UEFAカップ決勝でアンデルレヒトを破り、12年ぶり2度優勝を果たす。この頃はホドルを筆頭にユース出身の選手が多くチームを担っていた。

チーム一のスター選手だったホドルが退団した後のスター選手として1987年ポールガスコインが加入。1989年にはワールドカップ得点王のゲーリー・リネカーも加わり、1990-91シーズンには7シーズンぶりのタイトルとなるFAカップ優勝を果たす。その後もユルゲン・クリンスマンダビド・ジノラ、テディ・シェリンガムといったスター選手がチームに加わるが、1992年以降は成績は低迷してしまい、面子はいるのに中位が定位置の時代が続くことになる。

2001年イギリスの投資会社ENICグループクラブの所有権を握り、ダニエルレヴィ会長となる。さらにロビー・キーン、ルカ・モドリッチ、ディミタール・ベルバトフ、ガレス・ベイルといった若いスター補といえる選手を積極的に獲得し、彼らはチームの中で成長していった。2007-2008シーズンにEFLカップ優勝するなど90年代の万年中位からあと一歩でトップ4というところまでをつける。ハリーレドナップが監督に就任した2年2009-10シーズンには悲願のトップ4入りを果たし、ビッグ4(アーセナルチェルシーマンチェスター・ユナイテッドリヴァプール)によるUEFAチャンピオンズリーグの出場権独占を終わらせた。2010-11シーズンでは初のCL舞台チームは躍動し、インテル・ミラノACミランといったイタリアの強を次々と撃破しベスト8進出を果たす。しかし、このCLでの活躍でビッグクラブから注を浴びるようになったモドリッチベイルが次々とレアル・マドリードに引き抜かれてしまう。

2012年サウサンプトンで好成績を残したマウリシオポチェッティーノが監督に就任。ポチェッティーノはチーム世代交代を図り、ハリー・ケインソン・フンミンデレアリクリスティアン・エリクセンチームの中心として台頭。前線からのタイトハイプレッシングと縦のスピードを活かした速攻による魅的なチームを作り上げる。2015-16シーズンライバルチームが軒並み調子を落としたこともありレスター・シティ優勝争いを演じ、終盤に失速したものの3位でフィニッシュ。翌シーズンも最後まで首位のチェルシーに喰らいつくが、2位に終わりまたもリーグ優勝チャンスを逃す。それでも、ケインソン・フンミンの強2トップ爆発的な攻撃を発揮し、CLに4年連続で出場。2018-19シーズンCLでは準々決勝で下評を覆してマンチェスター・シティを下すと、準決勝ではアヤックスを相手に劇的な逆転勝利を飾り、クラブ史上初となる決勝進出を果たす。しかし、決勝ではリヴァプールFCとの同対決に敗れ、またもビッグタイトルをあと一歩のところで逃す。なお、2019年4月に新本拠地トッテナム・ホットスパースタジアムが完成

2019年11月に成績不振でポチェッティーノが解任となり、後任となったジョゼ・モウリーニョチームタイトルをもたらすことができないまま2021年4月シーズン途中に解任となる。2021年11月にはアントニオ・コンテが監督に就任。得意とする3バックチームに定着させ不振のチームを3シーズンぶりにCL舞台へと返り咲かせる。また、2021-22シーズンソン・フンミンアジア人としては初の得点を獲得。2シーズン連続でのCL出場権を獲得。しかし、2022-23シーズンはソンと新加入のリシャルリソンが不調に陥ったこともあって3月の時点で冠が確定。ついにはの場で選手や首への不満をぶちまけたコンテが解任となる。その後もチームは暫定監督が解任になるという混乱状態が続き、シーズン8位に終わりCLはおろか欧州舞台へのも閉ざされてしまう。

2023-24シーズンより、セルティック三冠に導いたアンジェ・ポステゴグルーが監督に就任。

タイトル

国内タイトル

国際タイトル

現所属選手

背番号 Pos. 選手名 生年 加入年 前所属
- 監督 アンジェ・ポステコグルー 1965.8.13 2023 セルティック
4 MF オリヴァースキップ 2000.9.16 2018 ノリッジ
5 MF ピエールエミール・ホイビュルク 1995.8.5 2020 サウサンプトン
6 DF ラドゥ・ドラシン 2002.2.3 2024 ジェノア
7 FW ソン・フンミン(C) 1992.7.8 2016 レヴァークーゼン
8 MF イヴ・ビスマ 1996.8.30 2022 ブライトン
9 FW シャルリソン 1997.5.10 2022 エヴァートン
10 MF ジェームズ・マディソン 1996.11.23 2023 レスター
11 MF ブライアンヒル 2001.2.13 2021 セビージャ
12 DF エメルソン・ロイヤル 1999.1.14 2021 バルセロナ
13 GK グリエルモ・ヴィカーリオ 1996.10.7 2023 エンポリ
16 FW ティモ・ヴェルナー 1996.3.6 2024 ライプツィヒ
17 DF クリスティアンロメロ 1998.3.5 2018 アタランタ
18 MF ジオヴァニ・ロ・チェルソ 1996.4.9 2019 ビジャレアル
19 MF ライアン・セセニョン 2000.5.18 2019 フラム
20 GK フライザー・フォースター 1988.3.17 2022 サウサンプトン
21 MF デヤン・クルゼフスキ 2000.4.25 2022 ユヴェントス
22 FW レナン・ジョンソン 2001.5.30 2023 ノッティガム・F
23 DF ペドロ・ポロ 1999.9.13 2023 ポルティング
27 MF マノル・ソロモン 1999.7.24 2023 フラム
29 MF パペ・マタル・サール 2002.9.14 2001 メス
30 MF ロドリゴ・ベンタンクール 2000.9.3 2021 ユヴェントス
33 DF ベン・デイヴィス 1993.4.24 2014 スウォンジー
35 DF アシュリーフィリップス 2005.6.26 2023 ブラックバーン
37 DF ミッキーファン・デ・フェン 2001.4.19 2023 ヴォルフスブルク
38 DF デスティニー・ウドジェ 2002.12.28 2022 ウディネーゼ
40 GK ブランドンオースティン 1999.1.8 2019 オーランド
41 GK アルフィーホワイトマン 1998.10.2 2020 デーゲルフォルシュ

過去所属した主な選手

歴代監督

関連動画

関連静画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トッテナム・ホットスパー

1 ナンプレたん
◆lNQvK9PV.. 2013/03/03(日) 22:14:49 ID: AtU61zfF/m
コンビニのホットスパーとは関係あるのかな?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2013/03/05(火) 05:30:36 ID: tEbJyxuuq0
モドリッチ パーカーのCHは世界だったと思う
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2013/03/08(金) 06:26:59 ID: vAIoPUqhxo
日本でもファンが多い印があるけどなんでだろう
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2013/03/16(土) 19:13:18 ID: /yehlywGGM
>>3
スパーズジャパンアカウントが手当たり次第フォローしまくってるからじゃないかな
ここ数年の実績から、世界的にはアーセナルべると絶望的に不人気だが、地元だと差はいとか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 10:50:33 ID: EMgA0IaKl9
下部組織が結構優秀
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2015/07/23(木) 04:00:19 ID: DCcuYxWu0y
ソルダードとアデバヨールを押しのけてケインが出てくるんだからサッカーって面いよな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 12:43:36 ID: /UKnYQKBhF
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2020/02/27(木) 10:47:54 ID: +p8zs/AZNG
>>3
おっさんファンだとゲーリー・リネカーオズワルドアルディレスとかが居たチームだしヒューレットパッカードが胸スポンサーについてた(セリエAブームだった頃)
チーム的には初めて南米選手を使ったりドカポンしないでパスサッカーをしたりと色々エポックメイキングチームとしても有名(イングランドで最初に欧州タイトルとったのもココ
チェルシーライバルアーセナルは【敵】。
👍
高評価
0
👎
低評価
0