トヨタ86単語

トヨタハチロク
5.0千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

トヨタ86とは、トヨタ自動車富士重工業スバル)と共同開発したスポーツカーである。
式名は「DBA-ZN6」。 

概要

トヨタ86(ハチロク)は、トヨタ自動車スバル富士重工)と共同開発し、富士重工業が生産、トヨタ自動車が販売するFRレイアウトスポーツカーである。

「86(ハチロク)」という名前になったのは、息の長い人気を誇るハチロクAE86の「自分だけの1台を楽しみながら育てる」精を継承し、「お客様とともに進化する」スポーツカーすという意味を込めて命名された。

車両コンセプトパッケージングの企画、全体デザイントヨタが、確認作業、生産を富士重工が、開発はトヨタ富士重工が共同で担当した。

デザインを決めるクレイモデル制作時には、2000GTデザイン部門の部屋に置いて作業を行い、2000GTモチーフに、ウインドラインや前後フェンダー形状、前面投影面積を減らし、空気抵抗の低減とボディ剛性を考慮した形状としてデザインされた。

エンジン系統の開発時には、富士重工業水平対向エンジン「FB20」と、トヨタの直噴技術「D-4S」を組み合わせ、開発した「FA20」を搭載し、低重心化を追求したFRとして、開発が進められた。

トヨタの提案でスバルスポーツカー流だったターボ四輪駆動ハイグリップタイヤに頼らない設計となっており、タイヤプリウスと同じエコタイヤが標準装備となっている。サスペンションもちょうどよい加減になっているので、サーキットなどでの走行が非常に楽しい設計となっている。Top Gearジェレミーは86を大絶賛し、「ノーマルで乗りたい」とるほど絶妙なバランスで仕上がっている。

そして、2012年2月トヨタ富士重工業より正式発表され、同年4月より、トヨタからは「 86 」、富士重工業からは兄弟で、フロントデザインや足回りのセッティング、ボディカラー等が異なる「 BRZ 」が「 86 」よりも少し3月末より販売開始となった。また、同年10月にTRDよりワンメイクレース用「 86 Racing 」が登場。こちらはレースに必要な設備が整っている状態となっている。

2014年6月には一部良された86が登場。塗装ボルトショックアブソーバーなどが変更。ボルト類は今まで出ていた86に対しても追加パーツとして付けられるので、オーナーは安心して手を加えることができる。また、コンセプト時代から予定されていた18インチホイールも同時に発売開始となった。

韓国マレーシアインドネシアオーストラリアでは日本と同じ「 86 」の名称で販売されるが、北市場サイオンから「 FR-S 」、ヨーロッパ市場ではトヨタから「 GT86 」と名称が異なる形で販売されている。また、86、FR-S、GT86、スバルBRZのいずれもスバル富士重工業群馬製作所本工場で生産されている。

その他、社外品やショップなどが数多くの部品、商品を展開し始めている。最初にも述べている「自分だけの1台を楽しみながら育てる」というのが浸透してきている。

コンセプトモデル

トヨタ2009年10月24日に開催された第41回東京モーターショーで、クルマ本来の運転する楽しさ、所有する歓びを提案する小FRスポーツカーコンセプトモデルとして、出展した。

それが、「 86 」の名を冠する新スポーツカー「 FT-86 Concept 」である。

トヨタからは、久々となるスポーツカー。そして、スポーツカーが衰退していく中で出展されたことに話題を呼んだ。

独立したトランクを有する3ボックス・ノッチバックスタイルでサッシュレスドアを採用しており、ED2(Toyota Europe Design Development)がデザインを担当した。

その後の2011年に少しデザインを変え、発売される実に最も近い外見となったコンセプトモデル「 FT-86Ⅱ Concept 」を発表した。

2013年3月、ジュネーブモーターショーにて、86のオープンモデル。「 FT-86 Open concept 」が出展され、かなり期待が寄せられたモデルとなった。このコンセプトカーはFT86 Concept 時代から計画があった。予め屋根に負荷がかからない設計となっており、重さも多少増えるが、バランスはしっかり考えているとのこと。同年10月オーナークラブ「 86S 」が不定期で行う道路貸切イベントにて、日本仕様である右ハンドルのFT-86 Open  concept が登場。また11月に開催された東京モーターショーにも登場している。しかし2017年現在販化はされていない。

2016年にはビッグマイナーチェンジ版のKOUKI 86が登場。モータースポーツに参戦した経験からのフィードバックを受けて、エアロや足回りに大幅な良がされた。

特別店舗・イベント

トヨタは、一般販売店舗とは一味違う、トヨタ86に手を加えて、楽しむ仲間が集う「スポーツカー好きのたまり場」をコンセプトとするショップAREA 86」を展開した。この「 AREA 86 」には、展示・試乗を設置し、専門スタッフを常駐させている。

また、2012年10月12月に、箱根にある TOYO TIRES ターンパイク で「 86 PIT HOUSEexit 」を展開。「大人のための健全な朝ドライブの提案」をコンセプトに、フレンチトースト専門店「 LONCAFE 」とコラボし、朝食、軽食を提供していた。現在は、本店にてコラボした軽食を提供している。

インターネットを通じ、トヨタ86オーナー同士で情報交換ができるように「 86 SOCIETY 」というSNSサイトも作られ、を入れている。

それらだけでは収まらない。FT-86を出展した翌年、2010年より「 Fuji 86 Style 」というイベントを開催。86が発売開始となった2012年は、多くの来場者、メーカーパーツ店などが出たり、数々の開催イベントがあり、大いに賑わった。2013年イベントでは、BRZも加わり「Fuji 86 Style with BRZ 2013」となり、更なる大イベントとなった。

また、2012年10月メーカー初となるオフシャルオーナークラブ86Sexit 」が TOYO TIRES ターンパイク にてイベントを開催。道路歩行者天国状態にし、色々なイベントを行った。また、このイベントで色々な撮が行われ、その撮された映像2013年駅伝にてCMとして放送。86初のTVCMとなった。その後もイベントを各地で開催。大変楽しいイベントとなっている。

2013年10月、「 トヨタ ガズーレーシング フェスティバル 2013 」にて86、BRZによるパレードランが行われた。2008年に行われたフェラーリのパレードラン台数、490台を越そうと企画されたこのパレードラン。インターネット申し込みでは、あまり数が集まらなかったのか、当日申し込みも可とした。その結果、集まった台数は608台となり、フェラーリの490台を大きく上回り、会場を驚かせた。

モータースポーツ

販売開始の2012年よりニュルブルクリンク24時耐久レースに初参戦。この年は、GAZOO Racingより2台参戦。トラブルもなく1台がSP3クラスでのクラス優勝を果たした。2013年は、モリゾウこと豊田社長ドライバーとして参戦し、SP3クラス2位2014年にも参戦し、3クラス制覇の立役者の一台となった。

内では2015年から導入されたマザーシャーシに外観が用いられており、2016年にはつちやエンジニアリングVivac86がGT300クラス王者にいている。またとしてのレースとしてはワンメイクレーススーパー耐久全日本ラリードリフトダートトライアルなどジャンルを問わず用いられており、コストの低さと素性の良さがえる。クラス優勝・王者もしょっちゅうである。

なおグループR規定としてGT86 CS-R3も開発され、TMGプライベーター向けに販売している。

スペック

全長 4240mm
全幅 1775mm
全高 1300mm
ホイールベース 2570mm
最小回転半径 5.4m
地上最低 130mm
車両重量 1230kg~1250kg(グレードにより異なる)
装備重量 1450kg~1470kg(グレードにより異なる)
エンジン式名 FA20
総排気量 1998cc
エンジン種類 水平対向4気筒DOHC
内径×行程 86mm×86mm
圧縮 12.5
最高出 200PS/7000rpm
最大トルク 20.9kgfm/6400-6600rpm
燃料供給装置 気筒内直噴・ポート燃料噴射装置(D-4S)
燃料タンク容量 50L(ハイオクガソリン)
燃費(JC08モード値) 12.4km/L
トランスミッション 6速AT/6速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイルプリン
後:ダブルウィッシュボーンコイルプリン
ブレーキ 前後ともベンレーテッドディスク
価格 199万円~305万円

GR86(2代目)

2021年7月29日デビューした2代目BRZに遅れること3ヶ10月28日に86の2代目モデル「GR86」が発表された。トヨタワークスレーシングブランドである「Gazoo Racing」の略号を頭に冠したモデル名となった。

先代同様、トヨタ富士重工が共同で開発し、プラットフォーム・パワートレイン・内外装の基本部分は共通となっている。ヘッドランプ内部の構成やフロントバンパーの形状などが外観上の差別ポイントである。

エンジン系統は先代の2000ccから400cc拡大した水平対向4気筒エンジン、「FA24」となっている。パワーは235PSアップし、トルクも25.5kgmとなった。先代の弱点であった中低速域のトルクを大幅に上げている。これでコーナーリング中のアクセルコントロールでの微妙な荷重移動がよりやりやすくなった。トランスミッションは6MTか6ATが組み合わせられる。(「RC」は6MTのみ)

足回りは基本メカニズムはやはり共通である。ただし、フロントのハウジング(軸受)部分が鋳製となっており、アルミ製で軽量化を優先したBRZに対し、こちらはより剛性を重視している。リアサスペンションについてもスタビライザーの取り付け位置がBRZではサポートフレームを挟んでボディにマウントされるが、GR86ではサスペンションメンバーに取り付けられることになる。これらメカ的な違いばかりか、セッティング・チューニングが先代より明らか差別化する方向に振られており、よりスタビリティ重視でオン・ザ・レールのグリップ走行を基本とするBRZに対して、GR86は積極的にクルマの姿勢を動かしてドライバーの制御テクニックに委ねる方向の味付けとなっている。

グレードのラインナップは最高級が「RZ」、標準モデルが「SZ」となっている。カーナビオーディオはがらんどうの「レス仕様が標準。そんなものは走りに必要ないと言わんばかりの思い切りのよさだ。

そして、モータースポーツベースグレードとして「RC」も用意されている。これは納車後即チューンナップされることを前提に、16インチチンホイールとグレードの低いタイヤを装備。内装の防音材も一部を省略している。ただ、先代の「RC」のように前後バンパー塗装エアコンレス仕様・内装パネルくてオーディオの後付も不可…などという極端なことはなく、普通納車後そのままドライブに乗って出かけても不都合を感じることはない。防音材がない分少々メカノイズロードノイズなどが侵入してくるが、どうせタイヤとホイールはすぐに履き替えるし、それこそ楽しく走れりゃいいって人にはこのグレードも選択肢のひとつだ。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

トヨタ86に関するニコニコミュニティ紹介してください。

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF86
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トヨタ86

73 ななしのよっしん
2019/02/16(土) 20:51:09 ID: 04Laqkck8x
Z34「NISMOでも実測300程度なんですがそれは・・・」
S2000とND1.5はほぼカタログ出てたそうな、んでこれは希なケース

まあイタリア重にべりゃかわいいもんだ
74 ななしのよっしん
2019/08/05(月) 07:39:27 ID: rejyc9IRcP
今更だがマジレスしておく、コンディション整えればカタログスペックは出る
ただカタログスペックが出る条件がキツ過ぎるだけ
75 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 07:37:47 ID: C5P2faZAlz
過給付きは大体カタログ通り出てる。
76 ななしのよっしん
2020/08/14(金) 22:00:30 ID: 0mTmSSfOOt
86の話題になると大抵ターボ搭載やエンジン拡大とかパワーアップの話が多いけど
BRZが先に生産終了したりスープラSZが2.0Lターボ搭載の現状を見てて
S-FRマツダとの資本提携とMR2復活の記事を思い出して思ったけど

86は新ロードスターNE(仮)とプラットフォームを共有化して
86はクーペでNEロードスターは2シータオープンカー住み分け
エンジンは1.5LNAにして小化し軽いグレードだと1tを切るぐらい軽量化して
かつて構想に留まったS-FR的なライトウェイスポーツ路線に行くのはどうだろうか?

スバルトヨタの関係は通称「MR2復活」と呼ばれるMRの共同開発に注して
BRZは新を出さずに止するつもりで現行86よりめに終了して
一方で86は生産開始からまだ5年しか経過してないロードスターのNDから
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
77 ななしのよっしん
2021/03/28(日) 16:31:48 ID: E/1GI1tJ9t
中古で探すなら.......
2016年より前のモデルフロントウィンカーの位置の関係で高を落とすと車検が通らなくなる!
ATトランスミッションの違いだけでなく、MTでは標準搭載のトルセンLSDがついておらず、MTなら低グレードでもオプションで付けられたハズのブレンボブレーキもオプションにも設定されていないなどの違いがあるので注意が必要らしい。
..............ATドリフトできない別なと考えたほうが良いし、2016年より前のは安く買ってもウィンカーの電装系も含めてフェイス変更とかするとむしろ高くつくから、素直に2016年以後のMTを買えってことかな?
78 ななしのよっしん
2021/05/05(水) 04:18:12 ID: eDZZgHkNGG
少し前にBRZと共に最新が発表されたけど、凹凸の減った丸みのあるボディはどことなく90年代トヨタっぽくてちょっと懐かしい気持ちになった

あの頃のトヨタも丸いボディよく見たよね
79 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 02:36:16 ID: ZaWDNgFA8e
GR86は先代86にも少しあった最近の流行りのドギツイ異形ライトフェイスからすこし時代に逆行したマイルドフェイスで好み その分エアロパーツが浮き彫りでスポーティーさは増したかな

排気量上がってライトウェイスポーツちゃうやん!ってもあるけど多分2L仕様がこの後来るよねこの感じ
80 ななしのよっしん
2021/12/14(火) 00:00:52 ID: V/OhnLQqQn
最近86にフルバケットシートを取り付けたんだけれど、運転し始めたらあからさまにアクセルの反応が悪くなった。
取り付け時にバッテリーを外したで、ECUの学習機リセットされたのかな?とかしばらく思ってたけれど、違ったわ。
アクセルダルセンサーユニットの建付けがフニャフニャなのよ。
フルバケットシートになって運転姿勢が変わり、ペダルにかかるの向きがユニットのたわみやすい方向に変わったんだと思う。
踏み始めは反応しないのに少し踏み込むと急加速するというストレスフル状態に。

がこれを設計したのだろう。がこれを評価したのだろう。
クルマは製造コストとの兼ね合いで理想通りにいかないことは大いにわかる。でも思い通り操作できないなんてスポーツカーにとって致命的では?

今はワッシャーを挟み込んでほとんどたわまなくなったけれど、安く治ったなどと少しも喜べない。
本当にがっかりした。どうしてこうなった
81 ななしのよっしん
2021/12/29(水) 12:53:34 ID: E/1GI1tJ9t
湘南事故……屋根が吹っ飛んでオープンカーみたいになっとるヒイィィィ!!(ノ)ノ
82 ななしのよっしん
2022/08/30(火) 10:59:43 ID: Nd10Wy+n1p
GR86オイルトレーナーが液体パッキンカスで詰まってオイルが回らなくなってエンジンブローするのが問題になってる。
乗り法定内速度の走行だけでも多発してて、アメリカなんかではかなり騒ぎになってる模様。

何でこれがリコールじゃないのか不思議過ぎるクソ設計。
てか、発売前に走行テスト全然やってないだろこ

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

ノルマ未達成回 アマナァ 昭和天皇の御学友 ひとくちワッカ