トラック野郎単語

トラックヤロウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

トラック野郎(とらっくやろう)とは、東映によって1975年から1979年までの5年間に年2回ずつ全10回制作された、菅原文太演ずる主人公次郎」と、愛川欽也演ずる“やもめジョナサン”こと「松下」がスクリーン狭しと暴れまわる、 『野郎の、野郎による、野郎のためのトラック映画 である。 監督鈴木則文。

概要

現在の若いニコニコ動画ユーザーに「東映映画といえば?」と聞けば、おそらく戦隊ヒーローものの映画だったり、プリキュアワンピースといったアニメ映画だったり、あるいは相棒など筆頭であるテレビ朝日系作品の映画イメージするだろう。

現在でこそ子供向けやファミリー層向けの映画を多く手がける映画製作会社であるが、それらは1980年台に「セーラー服と機関銃」や「時をかける少女」などの角川映画ヒットした結果を受けてメディアミックス路線に移行した影が大きく、1964年からニッチに始めていた「東映まんがまつり」(後の東映アニメフェア)などを除けば、1970年台までの東映は、時代劇スターを重用した東映時代劇勧善懲悪の分かりやすい現代劇、そして仁義なき戦いや極シリーズのような任侠・ヤクザ映画を得意とする硬映画制作会社であった。(参考: 東映任侠チャンネルexit_nicochannel

映画「トラック野郎」が生まれるきっかけとなったのは、アメリカCBSで1960年から1964年にかけて放送されたテレビドラマルート66」の吹き替え愛川欽也担当していて、日本でもこんなロードムービー制作したいと思ったのがルーツである(ちなみにルート66とは、アメリカ中部シカゴ西海サンタモニカを結んでいた全長3,755km(2,347マイル)におよぶ長大国道)。

その後しばらくして会を務める「リブ・ヤング!」という番組に菅原文太ゲスト出演してから二人は仲が良くなり、吹き替えを担当してから10年ほど構想を温めていたアイデア菅原に伝え、意気投合した二人は具体的な映画化のプロットを考え始めることになる。

しかし、この頃すでに菅原ともに40代に突入しており、「ルート66」のような、シボレー・コルベットに乗った若者がする青春ロードムービーという路線をそのまま踏襲するのは理があった。そこでをつけたのが、1969年に全線開通した東名高速道路を報じるニュースで映っていたイルミネーションを点けたド手なトラックが走っている映像である。「これなら行ける!」と直感した二人は、東映幹部に企画を持ち込み映画化を直談判した。

最初「トラック運転手映画なんてが見るんだ!」と社長に一蹴されたものの、当初予定していた別の作品が俳優の都合で作れなくなり、急遽埋めとして過密な撮影スケジュールと低予算で第一作の「トラック野郎・御意見用」制作されることになった。その為、一番号とジョナサン号はとなる車両を譲り受け制作された。しかし開してみると、同時期に放映された高倉健千葉一・井健といったスターを並べ高制作費で作られたパニック映画新幹線大爆破」の2倍の8億円の配給収入を得るという思わぬ結果で、以降全10作にわたる人気シリーズになり、「トラック野郎」や「デコトラ」という言葉がにあふれ社会化するまでになった。これがきっかけで第2作「爆走一番」の制作にあたって一番号とジョナサン号は新となり最終話まで使用された。

当初は、

という各要素を絶妙のバランスで併せ持つ 『野郎の、野郎による、野郎のためのトラック映画 であったが、作品を重ねるたびに客層が広がったためか、シリアスな要素の率が増えていった。

シリーズの終焉は、菅原文太NHK大河ドラマ「獅子の時代」(1980年)の役「平沼次」役に1年間スケジュール拘束されたことが直接的な原因である(間接的にも、大河ドラマ役を演じて以降の菅原文太が色物的な役を受けることは少なくなった)。ライバル映画松竹男はつらいよ』と肩を並べるまでの人気シリーズに育っていたために東映は同シリーズを諦めきれず、トラック野郎のメンバーを再度集め、1981年黒沢年男演に起用した「ダン渡り鳥」という映画開するも行的に惨敗し、全にピリオドが打たれた。そもそもダンカーは県をいくつもまたいで長距離運行するなんて稀だし、積み荷も土砂や砂利とかでトラックのような積み荷をめぐるロマンもないから当然の帰結である(同映画中ではダンカーなのにを運んだりしているが…)

映画開された1970年代は、大阪万博で好調に始まったものの、1970年7月にいざなぎ気が終了し、1971年8月のニクソン・ショック(変動相場制度)で高度成長が鈍化し、落ち込んだ気をテコ入れするため田中角栄日本列島改造論をぶちあげたことと1973年の第一次オイルショックにより「狂乱物価」になり、経済混乱した結果、映画第一作開の前年の1974年には実質経済成長率がマイナス1.2%になるという気のにあたる時代であり、不安定な経済状況とともに日本社会もいろいろと混乱した時代である。しかし開年の1975年山陽新幹線博多まで、東北自動車道埼玉県から仙台市まで結ばれるなど、全を繋げて再び立ち上がるんだという時代の風と、映画の設定がマッチした。この映画には、そんなカオスな時代をエネルギッシュに生き抜いた人々の情熱がそのまま凝縮している。また、いまのファミリー層向け映画のような上品にまとまった映画とは逆の、エログロナンセンスストレートに凝縮した作品でもある。現代の放送コード的に地上波で流れることはおそらく少ないだろうが、機会があればぜひ一度は見て欲しいパワフルな邦画である。

トラック野郎の時代を追体験する方法

トラック野郎の時代(1975年頃)を追体験する方法として、

というサイトを紹介する。

見たいエリアを通常のGoogle地図を見る方法でズームしていった後、右上の「写真1975」というボタンを押すと、当時の航空写真に切り替わる。まだ繋がっていない道路があったり、道路が拡幅整備されていなかったり、トンネルがなく苦労して山を走行したのだろうという当時の苦労を追体験できる。

航空写真だけでなく当時の地図を見たい場合は、

を使用すれば、(現在のところ大都市圏エリアが限定されるが)昔の地図を見ることもできる。

主な出演者

作品リスト

サブタイトル マドンナ ライバル役(ニックネーム
第1作 御意見 中島ゆたか 佐藤允 (関門のドラゴン
第2作 爆走一番 あべ静江 田中邦衛 (ボルサリーノ2)
第3作 望郷一番 島田陽子 梅宮辰夫 (カムチャッカ丸)
第4作 天下御免 由美かおる 杉浦直樹 (コリーダ丸)
第5作 度胸一番 なぎさ 千葉一 (ジョーズ
第6作 男一匹次郎 夏目 若山三郎子連れ狼
第7作 突撃一番 原田美枝子 拓三昭和の御木本幸吉 トラック乗りではない
第8作 一番北へ帰る 大谷直子 黒沢年男 (Big99)
第9作 5000キロ 小野みゆき 地井武男 (ノサップ)
第10作 故郷特急便 石川さゆり森下愛子 原田大二郎

ニコニコ生放送

トラック野郎は、2014年にブルーレイボックスが発売exitされ、それを記念したニコニコ生放送が以下の通り行われ、好評を博した。

関連動画

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E9%87%8E%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トラック野郎

1 ななしのよっしん
2014/04/21(月) 00:35:02 ID: yxJBje8saB
記事作成乙

生放送奮がまだ冷めない。
2 記事作成者
2014/04/21(月) 00:53:10 ID: tiiqktfJze
最後の故郷特急便はいい作品でしたね
明日からタイムシフト試聴でもう一周するつもりです
3 ななしのよっしん
2014/04/21(月) 01:25:13 ID: L8q1kz2Fgg
>>1
おつ
素晴らしい映画に出会えてよかった!
4 りんご直送便
2015/06/30(火) 01:24:42 ID: 9HsqK9Ckng
亡くなってからその人のことが気になりだす、というのは自分でどうかと思うのだが…  その人が若かった頃がって見える(それがよく見えるようになった)のは素晴らしいことだと。


一番消える頃、 の心に火がる…

急上昇ワード