トラヤヌス単語

トラヤヌス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

トラヤヌス / インペラトル・カエサルティウィ・ネルウァエ・フィリウスネルウァ・トラヤヌス53年~117年)とは、ローマ皇帝で、ローマ五賢の二人である。

概要

ネルウァの養子として、皇帝位を引き継いだ。スペイン騎士身分の出身という新しいタイプ皇帝であったが、ネルウァ在位中になおも続いたドミティアヌス暗殺後の混乱を収束させ、ローマ帝国平和をもたらした。

賢帝トラヤヌス

スペインのイタリカの出身の騎士身分の系にマルクスウルピウス・トラヤヌスとして生まれた。元老院議員になったのもが最初で、この父親ウェスパシアヌスに重用され、息子のトラヤヌスも順調に出世コースを歩み、上ゲルマニア属州総督の地位にまでついていた。

ドミティアヌスドミティアヌスの対立と重なるトラヤヌスとニグリヌスの対立、およびスラの暗躍によるトラヤヌス勝利があったかどうかは不明だが、先代の時点でパトリキ貴族に列せられていたトラヤヌスはネルウァの後継者に養子として名され、皇帝を継ぐ男となったのである。

ネルウァの没後、近衛隊長官のカスペリウスの処刑や、社会的に死んだとされるニグリヌスの後任としてシリアを一定期間おさめたトラヤヌスは、99年にようやくローマにもどってくる。トラヤヌスはと養ネルウァ格化させた後、自分同様次第に活躍の場を広げていったスペイン出身者ではなく、反ドミティアヌスのパトリキ貴族を重用していった。トラヤヌスはネルウァと同様伝統に配慮した政策をとったのである。

一方で、執政官に小アジア出身のソシウス・セネキオイタリア出身のコルネリウス・パルマというパトリキ貴族ではない若者を登用した。トラヤヌスは政務の初期から中堅層にこのような新を取り上げ、世代交代を柔軟に行えるようにしたのであった。

征服王トラヤヌスの死

トラヤヌスはさらに、ドミティアヌス代以来の躍進著しいダキア人の攻勢に対し、遠征を始めた。ダキア王デゲバルスの反抗はしく、苦戦したが106年についに勝利し、ドナウ地方軍事的不安定さを解消したのだ。しかしダキア属州化は防衛線の延長を招き、マルクス・アウレリウス・アントニヌスの時代に伸びた境線の負の問題が噴出することとなる。

このように征王と呼ばれたトラヤヌスの治世にローマ帝国は最大版図を築き、アルメニアメソポタミア東方に拡大。しかし次第に拡大に理が生じユダヤ人の反乱が相次ぐ。このような状況下健康し、ローマに帰還中、属州リキアで世を去った。

トラヤヌスの征活動は内政の充実を反映させたもので、帝国各地から身分的上昇によって元老院議員の拡充が生じていた。しかし、トラヤヌスが没する際、本当に養子縁組が行われたかどうかも疑わしいほど、円滑にハドリアヌス位を継承できなかったことが、次代に混乱を招くこととなった。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%8C%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トラヤヌス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • トラヤヌスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!