トリオン・I・ドラギーユ単語

トリオンアイドラギーユ

トリオン・I・ドラギーユ(Trion I d'Oraguille)とは、ファイナルファンタジーXIの登場人物(NPC)である。

概要

種族はエルヴァーン。年齢は24歳。

サンドリア王国第1王子。順当にいけば次期国王である。
また、王立騎士団を率いる立場でもある。(彼とは別に団長も存在する)

外見は、ちょっと言葉では形容しがたい独自の髪形が特徴的。
あと、ほとんどの登場シーンを着ている。

長編ストーリーサンドリアミッション」では実質的なストーリー主人公である。
他にもいくつかの長編・中編ストーリーに登場する。

性格

良く言えば「勇猛果敢」。悪く言えば「突猛進」「脳筋」。
理知的で慎重の第2王子エージェとは正反対であり、意見の相違による衝突(というか兄弟喧嘩)が絶えない。

を想う気持ちと覚悟は本物であり、次代のサンドリアを担う立場としてその点は申し分ない。

あるボス戦では彼がNPCとして参戦し冒険者(プレイヤー)と共闘するのだが、その際に彼が技を放つたびに『熱い』セリフを発してくれる。それを彼の高潔な精の表れと見るか、中二病と見るかは意見が分かれるところだろう。

Trion : が名はトリオン。胸の内から湧きあがる闘志は……
Trion : 烈火の如し!

Trion : サンドリアに生きる人々の
怒り、哀しみ、勇気
その思いのすべてをこのにこめて……
Trion : わが魂、朽ち果てるまで!

など……。

長編ストーリー「アトルガンの秘宝」

過去アトルガン皇国に留学していたことがあり、その縁か「アトルガンの秘宝」のストーリーにも関わってくる。

ライファル(Raillefal)」の偽名を名乗り、おびで調に来ているはずなのだが……、

と、皇側の人間に対してもプレイヤーに対してもぶ気ゼロなのではないかと思わせる姿を見せてくれる。

ストーリーではこのようにコメディタッチに描かれることが多いが、そんな中でも彼なりに皇の動向や自への影などを考察しており、その中には核心を突くようなものもある。

能力

王子という立場でありながら非常に武に優れた人物である。実際、戦闘では自ら兵を率いて頭に立つことも多い。

技大会では準優勝した実績も持つ。その時の決勝戦の対戦相手(=優勝者)は殿騎士団長クリルラ・V・メクリュ。

NPCとして参戦する際のジョブナイト
敵の攻撃を引き付け、高い防御アビリティで被ダメージを最小限に抑え、受けたダメージ魔法で回復するという、役のお手本のような立ち回りをしてくれる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BBi%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トリオン・I・ドラギーユ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • トリオン・I・ドラギーユについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/09/20(金)08時更新