トリトン(衛星)単語

トリトン
Triton(Neptune I)
発見年 1846年10月10日
発見者 ウィリアムラッセル
イギリス
転半径 354,800km(均)
直径
との較)
2706.8Km
(0.78)
質量
との較)
   2.15×1022kg
(0.29)
密度
との較)
2.05 g/cm3
(0.61
自転周期 5.877日(転と同期
転周期 5.877日(逆行)
離心率
円=0)
 0.000016
太陽系最小)
傾斜
転軸の度)
156.834度
(海王星に対して)
傾斜
(自転軸の度)
0度
表面温度 34.5K
表面重力
との較)
0.78m/s²
(0.48

トリトンとは、海王星の第1衛星である。

概要

1846年10月10日に「ウィリアムラッセル」によって発見された。

海王星最大の衛星であり、2番に大きなプロテウスよりも6倍以上大きい。
衛星としては太陽系でも7番の大きさであり、冥王星よりも大きい。

トリトンは通常の転軌とは逆に回る『逆行衛星』であり、太陽系にある他の逆行衛星よりも非常に大きい。
トリトンのような巨大な逆行衛星が作られることは考えにくいため、元はエッジワースカイパーベルト体が海王星重力に捉えられたものだと考えられている。
しかし、トリトンの軌離心率(0に近いほど円に近い軌)は太陽系最小の0.000016であり、ほぼ円に近い軌をしている。
この軌は捕獲された衛星とは思えないものであり、現在でもトリトンが巨大な逆行衛星であることと離心率が非常に小さい事が両立してる理由はのままである。
また、逆行軌のため海王星との潮によってトリトン速度ブレーキがかかって軌が低くなっており、数億年後には海王星墜落すると思われる。

なお、トリトン転軸は海王星の自転軸より156.8度傾いている。
海王星自身も自転軸が29.6度傾いているため、トリトン天王星のように太陽に対して横倒しになっている。

トリトンには液体窒素と液体メタンの溶岩を噴出する氷火山と呼ばれるものがあり、現在でも火山活動が観測されている。
この噴出物がクレーターを埋めているためトリトンの表面には衝突クレーターがほとんどいのだと思われる。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%B3%28%E8%A1%9B%E6%98%9F%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トリトン(衛星)

1 ななしのよっしん
2015/07/14(火) 23:35:59 ID: wI8IGwrTq+
NH冥王星フライバイ記念カキコ
と思ったら書き込みゼロ

トリトン冥王星、どこまで類似性があるのかな?