トリフィド時代単語

トリフィドジダイ

トリフィド時代(The day of the Triffids)とは、ジョンウィンダム作の長編SF小説である。

邦題は出版社などによって異なり、例えば「トリフィドの日」「怪奇植物トリフィドの侵略」「植物人間 地球滅亡の日」と題された本もある。

概要

1951年に発表されたいわゆる社会崩壊物のSF古典モンスターパニック社会崩壊といったテーマの作品の嚆矢的な存在として知られている。また、当時の作品らしく冷戦に強い影を受けている。

あらすじ

「トリフィド」という動く植物が食糧、油脂の原料などとして利用されるようになった近未来のある日、世界は世紀のショーに湧いていた。流星群によりに染まる様を人々は楽しんだが、トリフィド栽培農園の技師ビルは、トリフィドに襲われた負傷により一時的に視を失っていた事によりそれを見ることが出来なかった。翌、いつまでたってもも病室に現れないことを不審に思ったビルは、勇気を振り絞ってを覆っていた包帯を外す。すると、そこにあったのは混乱の極みに陥ったの有り様だった。昨流星群物語後半で、実は体現ではなく某軍事衛星放出した細菌兵器なのではという考察が明かされる)を見物した人々はみな視を失っていたのだ。

秩序が崩壊した社会の中、偶然視を保った人々の間で自治組織が結成されるが、やがて方針の違いから崩壊して行く。また、疫病の流行やトリフィドの脱走により生き残った人々もどんどん倒れて行く。

そんな中ビルは仲間たちと共に新たなコミュニティを作り社会の復していく。

映像化

幾度か映像化されており、日本でも流通している。特に1962年版(邦題『人類SOS!』)は名作と言われ、視を失った人々が群がるシーン人工衛星による世界的異変(映画版では隕石が原因)という構図、そしてタイトルロメロ監督のナイト・オブ・ザ・リビングデッドに影を与えている。

トリフィド

本作のタイトルにもなっている植物怪獣。某ソ連)が密かに開発していたものが事故により世界中にばらまかれた……らしい。全長は二メートルほどで、太い幹に三本の脚の様な器官がついていて、スピードは遅いものの自で移動する事が出来る。また、最上部には食虫植物のような消化器官があり、毒針がついたを振りまわして獲物を殺し、程良く腐敗した所で食べたりする。音に反応するが視覚は持たない。

良質の油が取れ、食用にもなった為全世界で栽培されていたが、社会混乱によって管理するものがいなくなり制限に歩き回り人類の敵となった。

ゲーム等のモンスターとして

本作が有名であるためか、ファンタジー系のゲームなどには、「トリフィド」が植物系の敵モンスターとして採用されている作品もある。しかし「トリフィド」という名前と「植物」という部分しか参考にして居ない場合が多く、上記の特徴をそのまま描いているものはあまりない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%89%E6%99%82%E4%BB%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トリフィド時代

4 ななしのよっしん
2013/08/10(土) 06:47:19 ID: Oqt8qX7huy
>>2
>>1です。こちらの読み違いにもかかわらす、丁寧に答えてくださりありがとうございます
そういうことだったのですね、納得しました。
あと大百科だと古典sfは結末まで書いてる作品もありますね。そういう所も確認すべきでした、申し訳ありません。
5 ななしのよっしん
2013/11/02(土) 02:57:40 ID: QMal53W+FE
読んだのは10年以上前なのではっきり覚えていませんが、流星群放射線か何かを放つ衛星兵器で、細菌兵器主人公が最初に所属したグループを壊滅させた伝染病の方じゃなかったでしょうか?じゃないと流星を「見た」人だけが失明したのはおかしいです。
6 ななしのよっしん
2013/11/19(火) 03:59:54 ID: GoroANJ4Yr
読んでみるとわかるがトリフィドが全然活躍しないし大した脅威でもない……。
「食人植物が歩き出したら」ではなくて「人類の大半が一夜にして盲目になったら」という「盲目時代」が正しいタイトルだよな。
7 ななしのよっしん
2015/05/10(日) 14:19:41 ID: qYJCXJ+jwe
トリフィド自体は、「泣きっ面に蜂」のみたいなもんだよな
8 ななしのよっしん
2015/05/10(日) 19:31:14 ID: vS9krEK3EG
トリフィド自体はそこまで脅威ではいからね
盲目にわりと慣れて集団化した群衆のほうがはるかに怖いし危険だった
9 ななしのよっしん
2016/06/24(金) 21:14:50 ID: Tk+GUFpUpX
ちょうど読了したわ
でさえ人類詰んでる状態でトリフィドだもんなぁ・・・。
最後が気持ちよかった(小並感
10 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 15:43:55 ID: Uo75zOaKDx
言われるまで気づかなかったが、確かにトリフィドってトラポッドだな。
11 ななしのよっしん
2017/09/22(金) 18:15:41 ID: 21iraq2TFB
個人の想像だけど、
この話は『人類が混乱し衰弱した末に、かつての餌や見世物だった物達に逆に餌食にされる』っていうのが最初の子の部分。
でも話を組む内に「ベジタリアンだけが助かる話になりそう」だとか「実際の動物人間襲う話だとジョーズみたいに現実動物達に風評被害がありそう」だとか気になり始めて(?)
諸々問題を解決する為にSF的設定を追加した結果「暴化した元食用の植物が襲い掛かる」というトリフィド誕生に繋がったんじゃないかと思う。
12 ななしのよっしん
2017/09/23(土) 02:24:38 ID: 3quFViIcLH
トリフィドトリフィド流星!トリフィズ!
13 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 22:38:17 ID: Tk+GUFpUpX
刺し針切っとけばええんだが
切ると油の品質下がるからって剪定せず
利益重視で安全性を軽視への皮が溢れてる

急上昇ワード