編集  

トレーディングカードゲーム単語

トレーディングカードゲーム

トレーディングカードゲームとは、お互いのカードを収集交換(トレーディング)して遊ぶゲームである。略称TCG。外ではCCG(コレクタブルカードゲーム)と呼ばれる事が多い。

概要

トレーディングカードゲームはトレーディンカードで遊ぶゲームである。本来トレーディンカードとは、スポーツ選手やアイドルスターカードなどのコレクション的で発売されるカードであり、他人が持つ自分が欲しいカードと、自分が持つその人が欲しいカードを交換することによってコレクションを補するものであった。それがいつしか市場を形成し、カードが多額で取引されるようになった。

そこでカード自体にルールを印刷し、コレクションと同時にカードを使った遊びとして発展させたのがトレーディングカードゲームである。

歴史

世界初のトレーディングカードゲームは、1993年に発売されアメリカで大流行した『マジック:ザ・ギャザリング』である。そして、その流行に影を受け1996年日本初のTCG、『ポケモンカードゲーム』が発売された。

同じく1996年に連載を開始した少年ジャンプ漫画遊戯王』で、マジック:ザ・ギャザリングを元にした「マジックアンド・ウィザーズ」というオリジナルゲームが登場し、日本中にトレーディングカードゲームを認知させる。

そして版権の関係からか、マジックアンド・ウィザーズは1999年に『遊戯王OCGデュエルモンスターズ』と名前を変えて、コナミから実際のカードゲームとして販売される。遊戯王OCGは今や販売数世界一(ギネス認定)を持つまでになった。

トレーディングカードゲームの遊び方

トレーディングカードゲームはたくさんの種類があり、遊んだことのない人にとってはどれも同じに見えてしまう。しかしそれらは全く違う遊び方であり、一つのトレーディングカードゲームの遊び方を覚えても他のトレーディングカードゲームには応用ができない。トランプで例えるなら「ババ抜き」と「ポーカー」ぐらいルールが違ったりする。

共通しているのはトランプのようにプレイヤー同士でカードを共用するのでなく、プレイヤーそれぞれが自分用の山札(デッキ)を準備する点である。

どうやったら相手に勝てるかという勝利条件も全然違う。具体的には相手の山札を全てくすことであったり、決められた回数だけ敵を攻撃することだったり、モンスターカードを何回かやっつけることだったり、カード自体にポイントがあり相手のポイントより高い数字を出すことだったりとそれぞれ異なる。

しかし、世界初のトレーディングカードゲームマジック:ザ・ギャザリング」がモンスター(正確にはクリーチャー)を召喚させながら戦う遊びなため、モンスターを出しながら戦うゲームが多い。

その他、詳しくはそれぞれのトレーディングカードゲームの個別記事を参照。

あると役立つサプライ商品

主な作品

※年代は最初に発売された年と終えた年

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
ページ番号: 445502 リビジョン番号: 2446899
読み:トレーディングカードゲーム
初版作成日: 08/08/09 13:41 ◆ 最終更新日: 17/01/09 20:40
編集内容についての説明/コメント: サイファ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トレーディングカードゲームについて語るスレ

408 : ななしのよっしん :2018/10/09(火) 17:49:01 ID: 4Loy67QKrw
>>402
ポケカ推しなあたり、さては動画経由で知ったかしてるなおめー(ようこそ)
TCG評価はズレているというか情報が古いぞ(特にヴァンガ)

遊戯王:前作アニメの不調もあるが、そもそも次作のVRAINSが不調なこと(前作の影抜きにしても)、新マスタールールの負の遺産をまだ消化できてないことがあげられると思う(強化がどうしてもリンクありきなのが原因?)。そもそもマンネリ感があるのも大きいかもしれない

ヴァンガアニメが不調だったのもあるが、一番の原因はレギオン環境が致命的に酷く、ガチサービス終了の可性があった(ていうか今もひきずってる)
話題になったゼロスドラゴン商法については賛否あるが、実はGR商法にべれば良心的。初期の子供向けを切り替えてた資産ゲー商法は路線としては成功だったと言える。ちなみにアニメは大好評。環境璧とは言わないまでも無印べると調整は上手くやっていた。
ただ終盤のインフレ度合いを考えると色々限界だったので、スタン導入は苦渋の決断だったと思う(思いきれなかったのか、無印のやり直し路線に言ってしまったが……)

バトスピ:こちらはあまり詳しくないから適当なことは言えない。強いて言うなら、単純に知名度が減っていってるのでは?と思ってる。販促アニメの有はやはり大きい。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
409 : ななしのよっしん :2018/10/09(火) 18:01:26 ID: 4Loy67QKrw
うわぁ読みにくい、スレ汚しすまんな。
>>406
同じガチデッキでも「どんなデッキと多く戦うか?」を想定して組むから最適解が常に変わる。何度かやって負けパターン。いまいち有効に使えないカードとかは決まってくると思うから、それを意識したカード選びをするとやりやすい。

見る感じ勝つことが重要なプレイヤーに見えるのでコツを掴んだら長く楽しめると思う。(俗に言うクソ環境でも楽しめるタイプなので)
410 : ななしのよっしん :2018/10/10(水) 02:48:20 ID: Zy96HxVqCb
>>406
一からデッキを組めないっていうのは使いたいカードがあっても他カードとの兼ね合いがよく分からない、人に助けて貰ってやっと組めるって事かな?
なら最初は誰だってそんなもんで当然だよ、何個も何十個も作ってやっと前の経験が活きてくる

アドや相手の困るプレイングとかはぶっちゃけどれだけやってもピンと来ないなら重要視しない方がいいかも
やってるゲームにそういうのがあるか分からんけどワンショット脳筋デッキとかの方が向いてる可性もある
411 : ななしのよっしん :2018/10/12(金) 18:37:50 ID: q9cELdArCg
横だけど一からデッキが組めないってのは分かる気がする。
切り札生かそうとデッキ組んだら切り札が抜けるとか。
必要なカード配分がよー分からんとか。
どう考えても駄が多いとか
そういうデッキよくできるし自分も
412 : ななしのよっしん :2018/10/12(金) 18:43:20 ID: UYE6cFe5TW
>>410
いちばん組みやすいのはワントップ徹底介護か種族やテーマえての中軽量級ビートダウンかなゲームの種類にもよるけど
ワンショット系はよっぽどのデッキじゃない限り引けなかったらわなかったら妨されたら…で逆にきついよ
413 : ななしのよっしん :2018/10/23(火) 11:01:51 ID: p6Qy5fgflX
シャドバアレで自分の所なら上手く運営出来ると軒並みDCGに参入した所が死にまくってる…
414 : ななしのよっしん :2018/11/18(日) 00:29:46 ID: kdz2HlksR2
最近どのTCGでも高速化が起きてると言われてる気がするけどこれって実は以前から言われてることなのかな?
415 : ななしのよっしん :2018/11/21(水) 01:34:15 ID: sSeDwzXrw6
2016年辺りから特に言われてる感じがするわ
遊戯王の9期、デュエマ革命編と2大TCGインフレ期だったのが大きいかも
416 : ななしのよっしん :2018/11/21(水) 02:58:49 ID: 9ssk7e7l8c
単純に現代社会は時間ないから
一試合10分でも今は遅い部類
ターンを重ねて戦略を建てるTCGは恐らく二度と出てこない
417 : ななしのよっしん :2018/12/02(日) 21:37:47 ID: bS4Eho48iE
白猫プロジェクトTCGは楽しいぞ。一部ワンショットキルデッキがあるけれど基本高速展開のTCGだぞ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス