ドクトル・ホグバック単語

ドクトルホグバック

ドクトル・ホグバックとは、漫画ONE PIECE』に登場する人物の一人である。

概要

本編ではグランドラインにて登場。ソニックシリーズエッグマンを連想させるような、状の体をしている。笑いは“フォスフォス・・・”。
深い域に浮かぶ、巨船・スリラーバークにて、登場当時の王下七武海所属者、ゲッコー・モリアに仕えている医師

かつては、世界外科医療技術の持ちと知られ、自他ともに天才と認めるほどの手腕を駆使して、患者の治療を行った。傲慢とも高飛車ともとれる言動がちらほらあるが、気さくでからかいやすい一面もあり、時折社交辞令なのか裏表のない敬意なのか判断しがたい発言を混ぜて接する、話しやすい人物。
おまけに、医学と関連性のない話題の時や、モリアと直接会話をしている時以外は、間の抜けた言動や手なリアクションが立つこともしばしば。その一方で、モリアに多大な忠心を見せ、窮地の際は同僚とともにモリア救出に奔走する姿も見られる。

もっとも、内面はの亡者に近い強欲かつ品格の乏しい人物だったようで、医療を行ったのも、あくまで的。一応、この時点では悪意の種類が少なく、人としてのを大きく踏み外すこともしていない、微妙で実のない人物だったが、ある女性患者との出会いや失恋、急死などがきっかけで心に大きなスキマがあき、そこにゲッコー・モリアが接触したことで、王下七武海下へと転落。海賊だけでなく一部の軍所属者にも間接危を加えるような者援助や、死体修繕とカゲカゲの実によるゾンビ兵結成などを行うといった問題行動をとるようになってしまった。

麦わら一味と接触して間もない頃は、裏の顔を隠しつつ麦わら一味を捕らえる時間になるまで、気さくな医師を演じていたが、裏の顔を知られてからは取り繕うともせずに内心を暴露。この落差や暴露の際に、あるゾンビに対して行った横暴な行動が、チョッパーの反感を買い、最終的に敗退。

その後、モリア敗北後に乱入したくまと、麦わら一味との競り合いに乗じて脱出。スリラーバークと離れた後、モリアを治療し、白ひげ海賊団と軍との交戦に一役買った。その後は、特に表立った動きを見せないまま本編が進行。ゾンビ化した者や敵対した海賊に対する尊大な振る舞いにが行きがちだが、犯罪行為を行っていない生者へ直接的な被害を加える描写が割と少ない点や、王下七武海の業務を大きく逸脱してるか否か怪しい言動などもあって、良くも悪くも今後の動向が読みづらい人物である。

スキル

体術や悪魔の実などの迎撃手段は特になく、個人の戦闘力はほとんどなし。毒薬副作用の強い品を他者に向けるような描写も、これといってみられない。ただ、緊急時には間抜けながらも、ある程度思慮のある揮者として、一部のゾンビ示を出すことはある他、モリア達が見てない間に不用意な行動をとって停止したゾンビの補充にも貢献している。

上記の医療技術はモリア下になった後も健在で、生者への医療行為、等身大の身長人間巨人族の死体修繕・強化、欠損した腕の縫合・再現などを行っている。その医療技術は、作中でもいまだトップクラスといわれており、遺伝子など医学に関わる研究でも卓抜な技術を持つ科学者・ベガパンクと同等、もしくはそれ以上ともとれる。
(ただ、巨人族のなかでも特別体が大きいうえ、極寒域で謀なことをしたまま命を落としたオーズ修繕を行うには体格差がありすぎたのか、モリアとの接触などによって起きた倫理観の歪み故か、敵や第三者が見ると然としかねない処置がされている。)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドクトル・ホグバック

1 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 13:57:18 ID: vCWVIcHyx3
記事できたのか、記事作成乙

性格はクソ野郎だがモリアへの忠心は認めてる