ドグラ・マグラ単語

ドグラマグラ

巻頭歌

 

胎児よ

胎児よ

何故躍る

母親の心がわかって

おそろしいのか

ドグラ・マグラ』とは、小説家夢野久作の書いた幻魔怪奇探偵小説である。

概要

構想・執筆に10年以上をかけ、1935年に刊行。
なお発表の翌年に夢野は溢血により急死、本作が遺作である。

タイトルの意味は不明。
一応作中では、隠れキリシタンによるバテレンの呪術を意味する長崎地方方言という事になっている。

探偵小説と銘打ちながら、その怪異な内容から小栗太郎の『黒死館殺人事件』、中井英夫の『虚無への供物』と合わせ、三大奇書のひとつに数えられる。これに竹本健治の『匣の中の失楽』を加え、四大奇書と呼ぶ向きもある。

本書を読んだものは、一度は精異常をきたすと言われている。

発行においてはケレン味ある装丁が行われるのが常で、現在でも入手可角川文庫版はレジに持って行くのをするようなきわどさとなっている。ちなみに表を手掛けたのは米倉斉加年。
現在青空文庫exitで全文を無料で読むことが可である。

意外な話だが、1988年映画化されている。
映像化は不可能と言われていた本作だが、混迷を極める作品の解釈を一つに絞り、較的解りやすくまとまっている。映像美に加えて正木博士を演じた二代桂枝雀の怪演もあり、おおむね評価が高い。
その後2012年CGアニメーション化され、OVAとして発表されたが、舞台未来宇宙になっている。何というか、心の底からお察しください。

あらすじ

物語は「私」が病室で覚めるところから始まる。
「私」には一切の記憶がなく、また自分の顔にも見覚えがない。
隣の病室には女が閉じ込められており、自分の事を「モヨ子」と呼び、越しに「私」の事を「お兄様」と呼んですすり泣き狂乱する。
「私」の失われた過去の記憶、そして過去に起こったらしい事件を巡り、二人の医師若林博士正木博士は滔々とり始めるのだった。
胎児の夢」とは?そして「狂人の解放治療」とは?

全ては狂人である主人公視点からられ、全体のあらすじを描くことは到底不可能である。
特に後半では、本当に起きた出来事なのか自分の頭がオカシイのか判別できない箇所も多い。

結局、巻頭歌がこの本の全てなのかも知れない。

関連動画

 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドグラ・マグラ

218 ななしのよっしん
2018/08/29(水) 18:16:28 ID: MZUFMdc3GX
奇書のうちもっとも衒学的な黒死館殺人事件読もうねぇ
評価軸によってはドグマグ以上の狂気かも知れない
219 ななしのよっしん
2018/10/27(土) 11:57:24 ID: ukwA6i28tR
奇書としての評価が独り歩きしているだけのただの本だしな。
駄本とまでは言わないが、大した内容じゃないぞ。
220 ななしのよっしん
2018/11/15(木) 21:49:50 ID: ksRH0WxsL2
読む前に思ったよりも狂ってはなくて、普通に面白い小説だったな
似非科学好きにはたまらない妙な説得のある言説がすこ
221 ななしのよっしん
2018/11/21(水) 23:11:51 ID: NfE8V/TLGe
本日読み終わった。
現代に言えば丸投げエンド作品かな。

ただ、ある意味退屈な上巻とべると下巻は一部除いてどんどん読み進められる作りになっているのはやっぱり作者量ゆえだな。
理解できる作品ではないってところが奇書である所以かな。
222 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 12:05:50 ID: 5qFeNr0NUk
夢野久作息子に見せたとき、「言いたいこと分かるけどチャカポコ長すぎない?」ってダメだしされた話すき
223 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 22:51:27 ID: 4hpoyCiMcW
>>222
その話は本当?
夢久作さんは割りかし若くに亡くなってる印で、そもそも結婚されてないのではなかったでしょうか。多分、子供じゃなくて、父親とじゃありませんか?
224 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 12:39:10 ID: 5qFeNr0NUk
>>223
返信遅いけど222です
夢野久作さんは普通子供いらっしゃいますぜ
Wikipediaからだけど、ちょっとコピペ
長男インド化のと言われる杉山丸、三男の杉山は童話作家となった
お孫さんの杉山満丸さんも今は福岡にいらっしゃるそうな
225 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 20:46:22 ID: 5qFeNr0NUk
>>223
肝心の逸話についての話をやっと見つけたので一応リンクを貼っときます!
p.booklog.jp/book/88307/page/2359942
以前に少し見ただけだったので時間がかかりましたが、このブログの最後に息子さんの言としてありました
恐らく引用された書籍としては、息子さんの著書「夢野久作」であると思います(別の本であるかもしれませんが)
連投申し訳ないです
226 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 20:06:16 ID: XkDJBH07cM
とっつきにくさはあるけど、それだけで奇書だと言われ続けるのは可哀そうやなぁ
もっと気軽に手にとってもらいたい
227 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 14:39:06 ID: N1gIlzqsRH
映画版の予告の「どうどうめぐりの めくらまし」ってキャッチフレーズが、
この作品を端的に表していて好きだなと思った。