ドズル・ザビ単語

ドズルザビ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ドズル・ザビとは、機動戦士ガンダムに登場するキャラクターである。階級は中将

長堀芳夫(現・郷里大輔 / テレビ版・劇場版I)/ 玄田哲章劇場版III・特別版)/ 辻親八SSゲーム版) / 三宅健太THE ORIGIIN

概要

デギン・ソド・ザビ息子の一人で、ザビ一の巨体(210cm)を誇る人物。一年戦争当時の年齢は28歳。
両肩にトゲが付いた軍服を着用し、強面の顔には傷が付いているなど、見たからして武人の雰囲気を漂わせている。のデギンや、ギレンたち他の兄弟べて明らか身長や体格が違う事から、いは庶子(愛人などの子供)なのではないかとも言われる。

一年戦争には、ジオン公国宇宙攻撃軍官として登場。宇宙要塞ソロモンを本拠地として各地の軍を揮した。ルウム戦役時にはムサイ級軽巡洋艦ファルメル」を乗艦としていたが、この艦をシャアへ譲り渡した後はグワジン戦艦「グワラン」を専用の艦としていた。
一年戦争開戦時にはモビルスーツを軽視していたが、ルウム戦役における大戦果をの当たりにし、その考えをめたという。

軍の官でありながら政治にも注することの多かった兄弟たちとは違い、ドズルは政治的立場には関心を示さず、常に前線とも言うべき場所に立って揮を執り続けていた。また快な統率を持ち、加えて部下の作戦の成功を自ら率先して祝うような気質の持ちでもあったことから、ドズルの周囲には常にシャア・アズナブル(左遷前)、シン・マツナガアナベル・ガトーなど実あるパイロットたちが多く姿を見せていた。更には妻であるゼナ、ミネバを膝下ソロモンに大切に住まわせるなど、戦場以外の場所でも変わらない懐の深い人物としても知られていた。

ナルスの面を残す末ガルマを溺愛しており、「いつかは自分をも使いこなす将軍になる」とその日を待望していたとされる。それだけに、後にガルマが斃れると「ガルマをむざむざ死なせたシャアの処刑を望む」と言い放ち(しかしデギンの裁量により左遷となった)、ガルマを討った連邦ホワイトベース隊を倒すためだけに戦略を視してランバ・ラル隊、コンスコン隊を派遣するなど、その死を人一倍深く惜しんでいた。
その一方、ガルマの護者的な立場にあるキシリアとの関係は、一般に不仲であると見做されていた。実際この対立によって、敵である連邦軍よりも規模の小さなジオン軍が、宇宙攻撃軍(ドズル)、突撃機動軍(キシリア)と戦分割せざるをされる状態に陥ってしまったほか、現場においては物資の融通なども含めて様々な悪が生まれていたと言われる。しかしドズルは、的な場所においてはキシリアを「上」と呼んで立てる姿勢を崩さず、またキシリアの側も、ガルマの死に際してドズルに同調する形でその死を悼むようデギンに進言するなど、互いに相手に対してある程度の尊重を示す様子は見せていた。

ソロモン攻略戦

一年戦争も終わりが近づいた宇宙世紀0079年12月、ドズルがいるソロモン連邦軍が迫る。ドズルはギレンに対し増援を要請するが、送られてきたのは部品ごとに解体されたモビルアーマービグ・ザム」1機のみであった。そのビグ・ザム1機で2、3個師団に匹敵すると言うギレンに対し、ドズルは「戦いは数だよ兄貴!」と反論した。
そして12月24日チェンバロ作戦が開始され、連邦軍によるソロモンへの攻撃が始まった。連邦軍の攻勢に対し守備隊へを飛ばすドズルであったが、パブリク突撃艇によるビーム撹乱幕によって要塞のビームがほとんど使用できなくなり、その埋めとして艦隊を前進させざるを得なくなった。そこを連邦モビルスーツ隊やボールによってしく攻撃され、さらには新兵器ソーラシステムにより要塞の一部がブロックごと消滅するほどのダメージを受け、旗下の戦は大きな打撃を受けることとなった。この戦況を見たドズルはついにソロモンの放棄を命じ、残存の戦ア・バオア・クーへと撤退するように示した。
そして自身は友軍が脱出する時間を稼ぐためビグ・ザムに乗り込み、連邦軍に殴りこんだ。

ビグ・ザム火力で、しかもその強なIフィールド戦艦ビーム兵器さえも効化するほど優れていた。連邦軍の艦艇はごく短時間のうちに次々と中破、大破へと追い込まれ、ついにはティアンム提督座乗の総旗艦タイタン」すらもが沈させられるまでに至った。この巨大な戦果を垣間見たドズルは「ビグ・ザムが量産されたには連邦軍などあっという間だ!」との台詞を残したとされる。
 しかし、ホワイトベース隊のスレッガー・ロウによる捨て身の近接攻撃を受けると、それに次いで懐に飛び込んだガンダムからも一撃を受け、ついにビグ・ザムは撃破された。

乗機が戦闘不能に追いやられてもなおドズルはを持ち出し、大破したビグ・ザムの機体から身を乗り出して「ジオンの栄!このプライドやらせはせん!やらせはせん!やらせはせんぞ!」と叫びながらガンダム撃を加えたが、その際に彼の背後にはか亡霊かというような奇妙な幻が広がり、ガンダムパイロットであるアムロ・レイ驚愕させた(TV版「機動戦士ガンダム」ではの生えた悪魔のような明確なビジュアルだったが、劇場版ではモヤのような幻として描かれている)。だがその直後、彼はビグ・ザム爆発に巻き込まれ、ついに戦場に斃れることとなった。

なお死の間際に現れたこの幻については様々な諸説があるが、ドズルは妻や愛し、部下を思いやれる人格者でありながらも、戦場に赴けばザビの軍人となって業に則り迷わず死を選ぶ、人間性をはく奪された存在となっていた。ニュータイプとして覚醒しつつあったアムロ・レイは、このようなドズルという生身の敵の姿からジオンの栄/戦争という大義に取りつかれ自己を失った者の妄執」を感じ取ってしまい、それを人間を誤らせ死に引きずり込む悪魔のように感じ、嫌悪感を催したとも言われる。

また後年富野由悠季によって随筆された小説「密会〜アムロとララァ」では、このシーンについて

アムロに、マシンガンを持った男の背後に、

宇宙々を隠すようにたちのぼる紫色の蜃気楼を見てしまった。


塊から筋となり、筋がを生やして、両腕を左右に上げた悪霊に見えた。

アムロの心風景が具現化したのかもしれない。

すくなくとも、ジオンの栄を叫ぶ男のものではない。

そのような男がたちのぼらせるものは、もっと荒々しいものだろう。

密会〜アムロとララァ 131P

という記述がある。

死後

ビグ・ザムが撃破されたことによってソロモンは最終的に陥落したが、戦火の迫る中、ドズルはする妻子をキシリアの本拠、グラナダに向けて脱出させていた。ソロモンからの救援要請に対し、キシリアマ・クベ率いる大規模な救援軍を派遣していたが、結局この救援は間に合わず、脱出してきた小艇などを救出するに止まった。
しかし妻子が事に逃れたことにより、彼のミネバ・ラオ・ザビへと引き継がれ、他の兄弟の中では一、その後長きに渡って第一次ネオジオン抗争やラプラス戦争ジオン共和の自治権放棄の切っ掛けとされる事件などへと、間接的にではあるがを及ぼした。

またジオン公国王でもあるドズルのギンは、庶子とも言われるドズルに対し、それほど深い情を持たないものと一部ではされていた。しかし戦死の一報に際しては「ドズルにしてもっともな事であるよ」と言葉を漏らし、その自らを貫いた最後に報いるだけの心情があることを示した。
このデギンの反応に対して、どう受け取ったのか、であるギレンは憤慨したとされる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドズル・ザビ

70 ななしのよっしん
2019/09/02(月) 20:02:01 ID: e5NSzTfT4t
割とドズル配下って名前ありかつ部隊はあまりいよね…
だいたい人間としてヤベーらや部隊はキリシア配下だし

ラーズガトーはドズル配下ってよりもギレン配下だし
71 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 20:44:53 ID: HKSR1ZwS0C
イラストサイトの辞典だとドズルアンチが書いてるせいか主観だらけでかなりボロクソに書かれてる。
72 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 18:18:32 ID: PavZ9ka9x7
>>70
ランバ・ラル。後MSVで良ければマツナガもドズルの配下だな
73 3543
2019/10/08(火) 22:42:13 ID: LeLiIZve53
>>71
キャラは、野自身がるように基本的には愚か者だし、「負の面がない都合のいい有能キャラ」なんて存在せんしなぁ。

もっともあの記事は、一見客観的に描いてるように見えて、太字で強調してる部分といい、推測の皮を被った邪推の決めつけ、安っぽい・稚拙と典的な主観の言葉で非難してたりと、フィルター入りすぎてるのは同意だが。
74 ななしのよっしん
2019/11/14(木) 15:57:36 ID: gfHfd9Du2P
結局、最期のシーンのあのオーラは何だったのか……
75 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 20:46:58 ID: C4b2zNPlG1
ドズルはTV版であれだけキシリア上と呼びながら本当はというのが解せない。
76 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 19:39:30 ID: 6eVOzcXiEZ
ガトーもドズルが死んだ後はデラーズの元に編入されたが元々はドズル
ランバ・ラルアナベル・ガトーシン・マツナガ
あとミネバの右腕のジンネマンも見方によっちゃドズル勢と言えなくもない。
なんか戦国武将みたいなのたいていドズル下。
77 ななしのよっしん
2020/03/31(火) 11:12:59 ID: 1O4s4uUYvY
えっ?シリアなの?
78 ななしのよっしん
2020/06/14(日) 00:23:39 ID: 200RAS1DNB
末期シーンオーラは、ドズルが溜め込んできた言い表せない念、妄念が死を前に露出した「ジオンの栄」という名の怪物だろう。それがアムロにはああ見えた。
あの場にシャアもいたら、同じものを観ただろうか。
79 ななしのよっしん
2020/06/23(火) 16:25:40 ID: PavZ9ka9x7
ドズル「の体を皆に貸すぞー!」
アムロ「何故だ、何故動かんガンダム!?
…冗談はさておき、Z以降で顕著な描写になる人の意思のが作るオーラと似たようなもんなのかなあ、とは思う
だとするとドズルにもNTの素養があったのか、あるいは単にアムロは感受性が高かったから、ただの人間が出すを持たない気迫でもオーラとして見えたのかもしれない

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック