ドダイ単語

ドダイ

ドダイとは、アニメ機動戦士ガンダム」およびそのシリーズに登場する航空機。この記事ではドダイGA・ドダイYS・ドダイ・ドダイ改についても言及する。

概要

開発・運用はジオン公国。初登場はTV版第23話であり、意外なことにTV版ではこの回と43話のみ登場である。「機動戦士Zガンダム」では後述のサブフライトシステムSFS)と呼ばれる設定が追加されたため、連邦や反連邦ではあるが系譜上は生組織と言えるカラバにおいてもドダイ改と呼ばれる本機のが頻繁に用いられている。そのため爆撃機としてよりはMS輸送機としての印が強い。

このこともあってか、かつては要撃爆撃機と言う作品独自のカテゴライズがなされていたが、現在では用いられていない(ただし、ドダイGA・ドダイYSは重爆撃機とされる)。ただ、史実においてもJu52のように爆撃輸送機としても用いられた航空機も多く存在するため、どちらが狙いであったかは判断が難しい。

開発または用途変更前史

意外と勘違いをしている人も多いのだが、MS自体は本来単独でを飛ぶことができない。バーニアを吹かすことで一時的に浮遊状態となる演出もゲームなどでは存在するが、いずれにせよ飛行とは言い難い。MSに汎用性をめたジオン公国は飛行が可MSグフ飛行試験型)を開発していたが、宇宙国家故の大気圏内飛行についてのノウハウ不足もあり、重量増で使い物にならず一部機体に至っては爆発事故を起こしてパイロット死亡すると言う悲劇的な結末を迎えた。

そこで次善の策として、最終的に既存のMSを既存の航空機に搭載することで戦場までの展開を用意にし、場合によってはそのまま中戦を展開すると言う戦術が取られたのである。この戦術に適応したのがドダイ(GAであるがのちにYS)であった。

機体性能

爆撃機としての性は不明。武装は8連装のミサイルランチャーであり、爆弾用の弾倉は存在していないようだ。バーナーが2基、補助用と思われるものが4基、後方に確認できる。上面から空気を取り入れ、下面に噴出することでVTOLが可。他、ロケットブースターの追加装備も可である。

本来的には爆撃機であったと思われるが、余裕のある性を買われて(と言えば聞こえがいいが、悪く言えば爆撃機としては貧弱な爆弾搭載を見限られて)地上でのMS運用に駆り出された。上面にMSを一機搭載し、戦場までの輸送はもちろん、場合によってはMSには不得手な航空戦の援護を行った。熟練パイロットはドダイに搭乗しながら中戦を展開、場合によっては中で離脱し敵機を捕捉、撃滅したのち再びドダイに搭乗すると言う離れ技を行ったと言う。

一年戦争後・サブフライトシステム全盛期

一年戦争後、ジオン公国の後継国家であるジオン共和では大気圏内での戦闘ノウハウは放棄されたようで、その系譜は皮なことにサブフライトシステムSFS)として連邦が受け継ぐことになる。これは本拠地が地球にあることも理由だが、ペガサス級(ホワイトベース)強襲揚陸艦のようなミノフスキークラフト搭載艦が予算の関係上、建艦中止になったこと、その代替えとしてガルダ級と呼ばれる大航空機が配備されたが、射出後は細やかな戦闘支援を行うことが困難であったことが原因のようだ。

0087年のグリプス戦役時にはカラバにおいてドダイ改と呼ばれるドダイ系の航空機が運用されている。最初からSFSとして開発されたものらしく、専用のクリップを装備しこれを掴んで安定した戦闘を可にしている。また、非武装であったがMS搭載数は二機に向上。人での操縦も実現し、文字通り土台化したレキシブルな運用を可としている。

衰退

ティターンズ系統のベースジャバー宇宙用のゲターと並んで0105年のマフティー動乱まではSFSとして地上部隊の必須装備であったドダイであったが、同年ついに史上初のミノフスキークラフト搭載機であるペーネロペーΞガンダムが実戦に登場。両機は航空機支援なしに自で飛行を可にしており、四半世紀に渡ったSFSと関連した戦術そのものが一気に陳腐化する。

以降、急速に淘汰が進んだらしく、ドダイを含めたSFS群は連邦では存在が確認できなくなる(ただし、0153年のザンスカール戦争においてはベスパアインラッドなどのSFSを大量導入しており、全くなくなった訳ではない)。

型式

  • ドダイGA
    先行量産タイプ爆撃専門であり、ゲームなどでは最初に製造できることが多い。SFS機はあるとされる説とないと言う説がある。
  • ドダイYS
    初のSFS機を備えた機体とされるが、TV版ではルッグンにもMS搭載がある。もっとも、機体上面にそのまま搭乗するタイプは間違いなく本機が端緒である。ドダイ改と違い、立って搭乗するようだ。
  • ドダイ 
    ミサイルランチャーし、エンジンを強化した全なSFS。
  • ドダイ改
    Zガンダムに搭乗。作中で明確にSFSとされたのは本機が初である。前述のように人操縦が可で、クリップを設けるなどMS搭載に大きな配慮がなされている。

その他

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%80%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドダイ

7 ななしのよっしん
2015/07/12(日) 10:33:04 ID: fCXtcP9D4b
Vガン時代は営の方向性は違えどSFSの必要性そのものはあったんじゃないかな?
LM系MSは簡易ミノフスキークラフトを積んでるけど、ガンイージがエンジン破損した輸送機を交代で支えてたところをみると時間的制約がある模様。ベスパビームロータで飛ぶけど片腕が拘束される等の制限がある。
8 ななしのよっしん
2016/03/15(火) 13:15:21 ID: rCmg3eGs3d
MS側に余計な機を追加しないで済むから量産機向けのシステムとして考えるとSFSは非常に合理的に思えるけど
それでも後年れちゃう位にはミノフスキークラフト安価に組み込めるようになってるってことなのかな?
9 ななしのよっしん
2016/04/03(日) 19:23:28 ID: P/Fr/8A4w5
ドダイ改は劇中の活躍のわりに
カラバが開発したのかそれとも連邦でも正規に運用されていたのか
10 ななしのよっしん
2016/06/25(土) 18:43:09 ID: qYhYyVjUAw
MSV-R設定だと、ドダイGAドダイYSを元に対地攻撃を強化したものになってるね。
アクショングラフィック編の描写から、SFSとしても使えるらしい。
11 ななしのよっしん
2016/10/03(月) 09:02:26 ID: mH28mdf5By
グフが全機ブレードアンテナ付きなのはドダイとの通信連携に必須だから…のはずが
近年はゲームのみならず漫画作品でもしの普通のJザクと連携できている不思議
UCでザクキャノンを載せていたのは元々アンテナ付きだし魔改造で通信可にしたと言い訳できるが
一年戦争外伝ザクグフと遜色ない運用できるのはモヤモヤする
12 ななしのよっしん
2017/09/14(木) 01:20:12 ID: qYD2FmcnWw
SFSはクロボンやGレコでも登場してたから需要は十分あるよ
推進剤やエネルギーの節約になるだけでもMSの行動範囲を劇的に伸ばすし
ペイロードを生かせば幅広い運用が可だものれる要素が
13 ななしのよっしん
2017/09/20(水) 20:05:56 ID: qYD2FmcnWw
>悪く言えば爆撃機としては貧弱な爆弾搭載を見限られて
MS乗せれるくらいペイロードに余裕あるのにこれは???
14 ななしのよっしん
2017/09/20(水) 20:15:06 ID: rR4qR3WLtS
最大離陸重量と最大搭載重量は違うのです
や揚に余裕があっても懸架装置や投下形態の問題で限界があったりするのです
15 ななしのよっしん
2017/10/24(火) 08:13:41 ID: 2WdbuSfg44
ゲタって呼ばれてるな
16 ななしのよっしん
2018/07/14(土) 14:02:06 ID: yQ8r9BKkgv
ドダイ改デザインとかカラーリングとか大好き
はやく1/144と1/100でだせよ
1/100だと結構でかいっぽいけど薄いしいけるでしょ

急上昇ワード

2019/08/24(土)07時更新