ドナルド・トランプ単語

ドナルドトランプ
2.6万文字の記事
  • 57
  • 0pt
掲示板へ

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump, 1946年6月14日 - )とは、アメリカ合衆国の不動産王であり、アメリカ合衆国第45代大統領である。

日本では「ドナルド・トランプ」、あるいは「トランプ大統領」「トランプ氏」の方が通っている。

概要

ドナルド・ジョン・トランプ
Donald John Trump
基本情報
アメリカ合衆国アメリカ合衆国
生誕地 アメリカ合衆国ニューヨーク
出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク
生年 1946年6月14日
没年 --
死没地 --
別名 --
職業・肩書

実業

政治家

第45代米国大統領

備考・その他
人物テンプレートボックス

1946年ニューヨーク生まれ。ペンシルベニア大学卒業父親の流れを組み実業界へ踏み入れ、1980年代に不動産投資で成功、アメリカドリームを果たした「不動産王」として名を馳せる。

トランプは成功と失敗を繰り返し、総資産540億ドル(6兆円)、個人資産45億ドル5000億円)の資産を築いた[1]トランプは、ペンシルベニア大学卒業後、不動産会社に入社したが、アッパーサイドで1番安いアパートに住んでいた。「玄関の呼び」を押すと、「いきなりで発してくる様な人たち」が住む仕事をする事により、度胸を身に付けていった[2]。  

トランプは、自治体社「マーク」が取り組んでいた「ニューヨークの財政立て直しプログラム」に挑戦し、ニューヨーク財政再建に貢献。ニューヨーク都市開発事業に参加した。ここで築いた人脈により、自前で資調達が可となった[3]トランプは、自分で調達した資を元手に資産を増やし、38歳の時には不動産王と呼ばれる様になった[4]

トランプは、経営危機を迎える事はあったが、「ニューヨークの財政立て直しプログラム」に参加した経験を生かし、状況を打開し続けた。2007年の「サブライムローン問題」「リーマンショック」という不況においては、社員を解雇せずに乗り切る事に成功する。トランプは、厳しい状況に置かれても、従業員のクビを切らずに面倒を見た[5]

テレビ番組などにも積極的に進出し、特に自らが演とプロデューサーを兼任して企画したテレビ番組「アプレンティス」で一躍知名度を高める。「You're fired(お前はクビだ)」の決め台詞で有名。ビンス「それ台詞…」

な発言のほか、積極的なメディア露出も彼の知名度を広げる手段となった。

大統領選挙の経緯

2015年6月共和党補として、2016年アメリカ大統領選挙への参加を表明(副大統領補には元インディアナ州知事 マイクペンスを名)。と呼ばれている既存の勢とは違った姿勢で有権者にアピールして支持を集め、ついには予備選挙を勝ち抜いて共和党大統領補として名を受けるに至った。

 トランプ氏が共和党補に名され、民主党補として「ヒラリー・クリントン」が登場した際も、開票直前まで「ヒラリー優勢」を報道し続けた。

こうした逆を物ともせず、2016年11月8日に実施された大統領選挙では、民主党ヒラリー・クリントン氏を破って勝利2017年1月20日日本時間:21日)に就任宣誓式を経て、正式に第45代アメリカ合衆国大統領に就任した。大統領就任時70歳という年齢は、史上最高齢である。また政治家としての活動も、軍人経験もない人物の大統領就任も史上初である。

一期目

大統領としての給料は、全額寄付している[6]

実績

ISISを打倒

ISISを打倒した。ISISの活動が活発だったイランイラクなどからの入90日間禁止した。中国習近平アメリカを訪問し、首会談を行った。この時、トランプ大統領は、ISISの活発な地域にミサイル59発撃ち込み、滅ぼした。その事を会談の席で、習近平に伝えた[15]

チョコレートケーキを食べていた習近平は、その時、持っていたスプーンを落としたという。

アメリカによるミサイル攻撃から逃れたISIS導者アブバクル・バグダディも、2019年10月に掃討[16]

熱狂的な「低支持率」

各種世論調査では一他の補に抜かれることはありつつも、共和党内ではほぼ常時トップの支持率を維持してきた。普通ならば一発アウトであるはずのこれらの過な発言であるが、彼の支持率は落ちていない。実はこれにはトランプ大統領の支持層に理由があるのである。

トランプ大統領は就任当初から任期中、ずっと支持率は低かった。大統領就任当初の支持率は46で歴代大統領の就任当初としては低支持率で、就任2ヶ2017年3月の支持率は36と前任のオバマ大統領の任期中の最低支持率38すら下回った。(ギャラップ世論調査)その後は失業率の低下や式高騰など経済は好調になったが支持率は伸びず常に40前後で不支持率が50%前後という状態が続き、大統領選挙前でも支持は伸びず、常に民主党バイデン補より低かった。

大統領在任中は政敵に対して口汚く罵る品のさが立ち、バイデン補にはゴミ溜めから拾われてきた』、下院議長のペロシ議長には『狂っている』、自分を批判したCNNには『三流の酷い放送局』と、到底アメリカ大統領公式に言うとは思えない下品中傷を名しで行って来たのである。本来はしい批判を受けて撤回して謝罪するものであるが、トランプ大統領は一度も謝罪することはかった。

なぜならトランプ大統領は中西部から南部にかけての白人労働者層から熱狂的な支持を受けており、彼らの盤石な支持がトランプ大統領を支えているという構図が出来ているのである。彼らは白人のなかでは貧困層で、未だにアメリカ南部では黒人をはじめとする有色人種への差別がくすぶっている。トランプ大統領が黒人やヒスパニックなどの移民層を口汚く罵ることで、彼らは大喜びして支持するのである。トランプ大統領はこうした自分を支持する層を煽ることで盤石な支持が固まり、支持してくれる白人労働者層のために自分を批判する者に底的な中傷をするのである。このヘイトの共依存状態があることから、民主党や北部の白人層、黒人、ヒスパニックから忌み嫌われても数字上の支持は落ちない。そのため「あいつの支持者は貧乏人で低俗な人間」「トランプを支持する人間として恥ずかしい」と言った誹謗中傷は、かえってトランプ支持者達の団結を強めるだけの結果になってしまっている。そして南部白人層や軍人・警察官などから支持を得てトランプ大統領は自信を深めるのである。(朝日新聞2019年11月3日アメリカ大統領選2020特集より抜)

こういう方法でトランプ大統領は自身の支持層を盤石なものにした。しかし、こういう敵を作ることで反動で支持を集める方法はひとつ間違えれば敵の怒りに本格的に火をつけるか、味方の支持層の不満が爆発するという取り返しのつかない事態に発展する非常に危険な支持の集め方である。現に敵の怒りを散々に煽ったトランプ大統領は支持層以外すべてを敵に回し、2期大統領選では自分が煽った炎に巻かれて炎上し、大統領選ではバイデンに敗れて大統領の座を失った

政策

共和党に所属して大統領に就任したドナルド・トランプは数々の政策を推進している。その政策には、従来の共和党の路線から大きく離れたものと、従来の共和党の政策を引き継ぐものが存在する。
 

孤児の救済

孤児の生活環境を整える為に、予算を使う。現行の制度は、「MS-13」や「18th street gang」といったギャングに所属する様な不法移民に、数千億$税金が支払われてしまっている。だから、こうした不法移民悪用されている制度をめ、費用を捻出する[17]
 

税負担の軽減

今の制度を革し、税負担を軽減する。現在、申請さえすれば、所得税の支払い義務のい人たち(生活困窮者など)が3000万人以上いる。そこで、申請に必要な手続きを、書類一枚で了する様に、簡略化する。この政策を実現すると、1000(約10万円)が簡単に手に入る。複雑で面倒なことをする手間が省ける[18]

米軍の再建

ビル・クリントンからバラク・オバマまで続いていた米軍弱体化止めをかける為に、米軍の再建計画を発表[19]

トランプ大統領は2019年12月に2020会計年度の防予算の大を定める防権限法に署名し、宇宙軍を発足させた。陸空軍海兵隊、沿警備隊に並ぶ6番の軍となる[20]2019年2月、トランプ大統領は、中距離核戦INF)全条約について、ロシアプーチン政権が条約に違反しているとして条約の破棄を通告、6ヶ後の同年8月2日、条約が失効した[21]
  

拉致問題

  • トランプ大統領は、歴代大統領の中でも、拉致問題への取り組みは際立っている。これまで同情を示す大統領はいたが、共感を行動で示すのは、トランプ大統領が初めてだ。トランプ大統領は、拉致被害家族と2度面会し、「きっと会える」「絶対に立ち止まってはならない」と励まし、局面打開への思いを伝えた[22]
  • 拉致被害家族横田滋さんが亡くなると、トランプ大統領は、横田紀江さん宛に丁重な手紙を出し、弔意を示した。横田滋さんは生前、トランプ大統領から直接、何度も励まされた[23]

トランプ大統領は、北朝鮮経済支援している中国に対して、経済制裁を発動。トランプ大統領は、「中国の低価格な輸入品は、インフラの基礎となる鋼やアルミ製品に深刻な影を及ぼす。鋼やアルミ製品の内生産が低下すれば、安全保障上の問題が発生する」とし、通商拡大法232条に基づき、中国製品に対する関税の税率を引き上げた[24]中国はこれに反発して、報復関税をかけたが、半年もすると、報復措置が縮小。中国は「アメリカに1.2兆ドル以上の利益をもたらす協定案」を提示した。

トランプ大統領は、ファーフェイ(華為技術)への制裁を実行。イランに違法に商品を輸出していたファーフェイ副会長逮捕を、カナダに要請した。2019年9月に、中国1200億ドルの追加制裁を発表。中国は対抗措置を取ったが、経済制裁による経済ダメージは、アメリカの3倍受けている[25]

新型コロナウイルス対策

かしこういった政策を掲げつつも、トランプ大統領の新型コロナウイルス対策への評価は低い。恐らく下記の発言等が原因と思われる。

保護貿易

環太平洋戦略的経済連携協定TPP)からの離脱を就任直後に表明した。北自由貿易協定(NAFTA)についても就任直後から見直しをすることを表明し、2018年末にNAFTA見直しに成功した。

2016年選挙戦の際に「中国製品に対して関税を掛ける」と約していて、その約通りに中国からの輸入品に対して高率の関税を掛けた。

従来の共和党政権は、自由貿易と関税を旗印に掲げていた。NAFTAを導入するように交渉したのは、1990年代初頭のブッシュ共和党政権である。NAFTAが発効してから、メキシコを通じて世界中から安価な外製品が流入し、アメリカの製造業が大打撃を受け、五大周辺の工業地帯がラストベルトexit錆び付いた一帯)になってしまった。

トランプは、「ラストベルトのれた工場を見てショックを受けた」と2016年選挙戦のときにっており、自由貿易を敵視する姿勢を崩していない。

また、トヨタ自動車アップルなどといった製造業企業に対して「アメリカ合衆国に工場を建てろ」と強く要し、労働者の雇用維持に懸命である。

自由貿易を敵視して保護義と関税の維持をし、低価格の外製品を排除して、労働者の雇用を維持しようとするのは、1980年代までの民主党してきた政策といえる。トランプ大統領は、共和党のなかでは、明らか異端の存在といえる。
 

壁の建設

メキシコ沿いに総延長450マイル724km)の壁を建設するというもので(画像exit)、トランプ政権の2016年大統領選での約の玉となっている。2019年時点では、既存構造物の置き換えも含めて93マイル150km)完成したという[32]

本来なら、を建設するに当たって上院と下院の両院の決議を得て予算を付けてもらうべきなのだが、2018年11月の中間選挙民主党が下院の多数になったため、議会の支援を得るのが難しくなった。このため、トランプ大統領は、メキシコとのに不法移民が押し寄せているとして、2019年2月国家非常事態宣言を発した[33]。これにより、軍隊の予算をメキシコの壁建設に転用できるようになり、2019年8月には軍予算を転用した[34]

歴代共和党政権は、不法移民に対して厳しい態度をとる傾向があったが、沿いにを建設しようという発想を持っていなかった。を建てるのは、トランプ大統領独自の発想である。

ドナルド・トランプは、れたホテル安価で買い取って、そのホテルイベントを開いて、ホテルの集客を高めて、それで利益を出すという商売を長年続けてきた。そういう商売は、治安の悪化が最大の敵であり、治安が悪くなったら商売あがったりとなる。治安の悪化を恐れる心理は、共和党職業政治家ちよりもずっと強いといえる。
 

万国郵便連合

トランプ政権は万郵便連合(UPU)からの脱退をちらつかせることで、チャイナなどからの郵便が格安となっている現行制度の革をしていた。2019年9月に開かれた臨時総会において、チャイナを含む途上からの小郵便の値上げ、2021年から5年間各が独自に料を設定できる制度の導入で合意したため、アメリカの脱退は回避された[35]
 

WTO改革

2019年7月、トランプ大統領はUSTRに大統領を出し、チャイナ韓国メキシコシンガポールなどを名しして途上との位置づけが不正だと摘。WTOの制度革を加速させるように命した。90日後となる10月下旬までに革が進まない場合はUSTRが不適切とみなすの途上扱いを取りやめる[36]
 

中東和平

アメリカ合衆国ではシェールオイルの開発が進んでいて、石油産出量がどんどん増えている。2019年11月には、アメリカ合衆国70年振りに石油の純輸出になったと発表された。

そのおかげで、中東の石油産出に媚を売らずに済むようになり、石油産出たちが嫌がる政策をゴリ押しすることができるようになった。そういう政策の筆頭は、イスラエルへの支援である。イスラエル首都エルサレムに移転することを承認したり、イスラエルパレスチナ自治区に対して強い態度に出ることを承認した。 第二次世界大戦以降から続いてたイスラエル中東との対立関係を、和へと導いた。トランプ大統領は、イスラエルからの技術供与による利益とイランによる脅威の軽減といったメリットを提示する事で、平和協定を締結。経済関係の正常化を実現させた[37]
 

従来の共和党政権の傾向を引き継ぐ政策

米国第一主義

大統領就任演説では、アメリカ益を最優先する「米国第一義(アメリカファースト)」の政策を推進すると強調した。

もともと共和党政権は際協調を嫌って米国の単独行動を好む傾向がある。2003年ブッシュ息子)政権のイラク戦争2005年ブッシュ息子)政権の京都議定書脱退が典例である。
 

パリ協定の離脱

パリ協定は、地球温暖化阻止する為に、世界が拠出を出し合って、発展途上国支援する国連変動組条約である。しかし、この途上には、北朝鮮イランだけではく、中国も含まれている。つまり、アメリカが拠出している30億ドル中国に渡る条約である。この条約に基づき、アメリカCO2排出量を50億tまで削減した。だが、中国は、パリ協定上、途上なのでCO2排出量を94億tまで増加させている。トランプ大統領は、パリ協定をアンフェアな条約と判断した[38]

2019年11月には地球温暖化対策の組みである「パリ協定」からの離脱を正式に通告した。翌年11月に離脱が了する[39]
 

イランに対する対決姿勢を強める

民主党オバマ政権はイランとの核合意を結び、イランに対して宥和の姿勢を取っていた。それに対し、共和党トランプ政権は核合意から離脱し、イランに対する経済制裁を復活させている。

イランは、サウジアラビアの宿敵なのだが、サウジアラビアは伝統的にアメリカ合衆国と蜜の関係にある。特に、共和党政権だとサウジアラビアとの友好関係が深まる。サウジアラビアを強く支援するのは共和党伝統の外交姿勢である。

イランは、サウジアラビアの隣イエメンの反政府フーシに対して資援助をしていると見られている。そのフーシイエメン領内からサウジアラビア空港に向けてロケット攻撃したこともある。イラン経済制裁を科すことで、イエメンの反政府弱体化させることができ、サウジアラビアを助けることができる。

人種差別主義者

トランプ大統領は大統領就任前から人種差別義者という批判があり、実際に大統領就任式では20人余り民主党議員が出席を拒否し、アメリカ民の間でもトランプ大統領を人種差別義者でありファシスト、偏狭だ』といった明を発して13万人が非難署名を出すなど、異例の事態となった。

トランプ大統領は遡れば1970年代で既に黒人への人種差別で問題を起こしていた。もっともこの時代はアメリカでは公民運動によって白人黒人人種差別法律止されて法の下の等が社会的に認められて間もない時代で、実際にモハメッド・アリブルース・リーといった有色人種ヒーローたちも人種差別が根強く残る社会に苦しんでいた時代背景はある。しかし1980年代に入るとマイク・タイソンマイケル・ジャクソンなど黒人ヒーローアメリカで持てはやされて黒人をはじめとした有色人種勇気づけられ、白人は有色人種への差別を恥ずかしいことだと認識するようになり、時代は変わって行った。しかし、トランプ大統領は以下の経緯により依然として白人至上で有色人への差別を続けてきていたようである。

KKK(クー・クラックス・クラン)が絶賛

2017年8月12日バージニア州シャーロッツビルで白人至上義者の極右団体の集会が行われ、それに抗議した地元の市民団体と衝突が発生、小競り合いから乱闘騒ぎに発展し、極右団体の白人の一人が自動車市民団体に突っ込んで数人を轢き、一人の女性死亡する大惨事となった。

この事件に対してトランプ大統領は白人至上義者に対する明な非難をしようとせず極右団体と極左団体の抗争であり、双方に問題がある』として白人至上義に対する批判を避けるような明を出した。トランプタワーで行われた記者会見では白人至上義者の極右団体への批判をしない態度に記者たちが質問すると『だったら極右に向かって言った極左はどうなんだ?あいつらに罪悪感はあるのか?棍棒を持って向かって来たのはどうなんだ?!』に荒げて報道記者たちに怒鳴ったために記者会見の場は騒然となり、険悪なムードが漂う事態が起きた。

この記者会見は全をはじめ海外メディアでも放送され、アメリカでは非合法極右テロ組織と定されているKKKクークラックス・クラン)の元導者デイビット・デュークは明を発表、『トランプ大統領ありがとう。あなたの勇気ある発言でBLM黒人人権保護団体)とアンティファ(反ファシズム団体)という極左のテロを非難してくれたことに感謝します』とトランプ大統領を絶賛した。(BBCニュース日本語版 2017年8月16日

便所のような国々

2018年1月11日ホワイトハウスで行われた議会で民主党議員が移民問題について質問し、ハイチ人住民のことに触れた際、トランプ大統領は『なぜハイチ人がもっと必要なのだ?追い出せ!』と言い、続いてハイチをはじめとする中南アフリカ『屋外便所のような々だ』と表現した。

この発言は世界中に報道され、エルサルバドルボツワナの両政府外務省アメリカ大使館に出向いて抗議し、発言の意をめて追及する国際問題に発展し、AUアフリカ国連合)の報道担当者は『率直に言って驚いている。多くのアフリカ人がアメリカ奴隷として売られてやって来た歴史事実を見ても、この発言は許容されてきた振る舞いや行動っ向から対立するものだ』しく非難した。

トランプ大統領は発言が騒ぎになっていることから『私の発言はきつかったが、この言葉ではなかった』などと弁明したが、国連人権高等弁務官事務所のコルビル報道官は『申し訳ないがトランプ大統領は人種差別義者としか言いようがない。人種差別外国人嫌悪に正当性を与えてそそのかすことは、人間が抱える最悪の側面へのドアを開くものだ』と極めて強い非難を行った。(朝日新聞2018年1月13日

キング牧師記念日にゴルフ

アメリカ1月15日キング牧師記念日として祝日になっており、各地でキング牧師や公民運動イベントや集会が行われ、人種差別問題を考えるアメリカ民の大切な日になっている。この日には歴代大統領は奉仕活動を行うことがレーガン大統領時代から続けられている。

2018年1月15日キング牧師記念日はトランプ大統領はビデオ演説キング牧師のアメリカだ』明を発表したが、歴代大統領がやって来た奉仕活動を行わずにからゴルフ場に一番乗りしてゴルフを楽しんだ。この年はキング牧師が暗殺されて50年という節の年であるにもかかわらずトランプ大統領が奉仕活動をサボったことで全各地で批判が巻き起こった。先週にはトランプ大統領は便所のような々発言で全を巻き込んで人種差別義者という非難のが広がっており、トランプ大統領は前日の14日に記者会見報道『私は人種差別義者ではない!』と発言した翌日のことである。(朝日新聞2018年1月16日

元いた国に帰ってはどうか

2019年7月14日、トランプ大統領はツイッターで自身の移民政策を批判する有色人種の下院女性議員4人を念頭に『元いたに帰ってはどうか?』ツイートした。

の下院女性議員はプエルトリコ系のオカシオコルテス氏、ソマリア系のオマール氏、パレスチナ系のトレイブ氏、アフリカ系のプレスリー氏で、いずれも民主党議員であり、トランプ大統領の白人至上義と排外義を批判していた。トランプ氏はこの4人に対してツイッター『もともといたに帰り、全に壊れた犯罪まみれのを立て直すのを手伝ったらどうか』した。マール氏はアメリカに亡命した元ソマリア難民で、他3名はアメリカ生まれである。

トランプ大統領の発言はメディア民主党の猛反発を招き、民主党のペロシ下院議長はトランプ氏のアメリカを再び偉大にすると言う政策は、アメリカを再び白人にすることだ』しく非難し、共和党議員からも『発言は不適切だ』と非難が出た。

アメリカ下院ではトランプ氏の発言を人種差別発言とする非難決議が取りまとめられ、決議では

『新たなアメリカ民や有色人種に対する恐れや憎しみにお付きを与え、拡散させたトランプ大統領の人種差別的な発言を強く非難する』

暴力や圧政から合法的に避難や亡命をめる人々に対し、アメリカは開かれ続けるよう約束する』

と明記したトランプ大統領への非難決議が採択され、賛成240票、反対187票で決議は可決した。なお一部の共和党議員や独立系議員が賛成に回っている。(朝日新聞2019年7月18日

白人至上主義『素晴らしい』

2020年6月28日、トランプ大統領は白人男性ホワイトパワー!!』絶叫する動画が載っているツイートに対し、素晴らしい人たち、ありがとう!』というコメントをつけてツイッター投稿した。『ホワイトパワー』とは白人至上義の極右団体がよく掲げるスローガンである。

動画が撮影されたのはトランプ支持者が多いフロリダ州の退職者コミュニティーであるザ・ビレッジス。トランプ支持者の白人たちがゴルフカートに乗ってトランプ支持を掲げて行進しているところに市民団体が抗議に来て、人種差別義者と批判をあげたのに対し、ゴルフカートに乗った男性が拳を挙げてホワイトパワー!!』と2回叫んでいるシーン動画になっている。トランプ大統領はこの動画『ザ・ビレッジズの素晴らしい人たち、ありがとう。極左の民主党にはダメになる。』コメントをつけて投稿した。

ホワイトパワーアメリカでは有名な人種差別発言であることから投稿直後から非難が殺到する大騒ぎになり、共和党黒人上院議員ティムスコット氏はCNNの取材に答え『間違いなく投稿すべきではなかったし、削除すべきだ。弁明の余地はない』と厳しく非難した。まもなくトランプ大統領はツイート削除『あの動画は発言が聞こえなかった』ホワイトハウス報道官を通じて釈明した。もちろんこんな言い訳は通用することなく、トランプ大統領への不信をより強める結果になった(朝日新聞2020年6月29日

発言録

After Secretary Clinton`s failed intervention in Libya,Islamic terrorists in Benghazi took down our consulate and killed our ambassador and three brave Americans.

クリントン長官がリビア介入に失敗した後、アメリカ大使館をイスラムテロリストが破壊し、アメリカ大使と三人の勇敢なアメリカ人を殺した。

Then, instead of taking charge that night, Hillary Clinton decided to go home and sleep!Incredible.

しかし、(アメリカ大使テロリストに襲われている)そのヒラリー・クリントンは、(何も手を打たずに)に帰って寝ることを決定したのです! 信じられません。

she was not awake to take that call at 3 o’clock in the morning.

(アメリカ大使から救援要請の)電話が来た時、彼女(ヒラリー)は起きなかったのです。

You're fired.

お前はクビだ!

If Ivanka weren't my daughter, I'd be dating her.

もしイヴァンカが私のじゃなかったら、私は彼女と付き合っていただろう。

Donald J. Trump is calling for a total and complete shutdown of Muslims entering the United States until our country's representatives can figure out what is going on.

アメリカの当局がその事態を把握できるまで、イスラム教徒はアメリカ禁止とすべきだ。

I will build a great, great wall on our southern border, and I will have Mexico pay for that wall.

メキシコとのに「万里の長城」を築き、その費用をメキシコに負担させる。

Abe from Japan, who's a killer, he's great.

日本安倍は、やり手であり、すごい人物だ。

We cannot afford to be so politically correct anymore.

々はもうポリティカル・コレクトネスに構っている余裕はない。

I think the big problem this country has is being politically correct.

このの大きな問題は、ポリティカル・コレクトネスだと思う。

They have put political correctness above common sense above your safety and above and all else.

彼らは常識よりも、あなたの安全よりも、他の全てのことよりもポリティカル・コレクトネスを上に置いている。

I refuse to be politically correct.

私はポリティカル・コレクトネスを拒絶する。

Twitterでの政敵攻撃

ドナルド・トランプは大統領に就任した後もTwitterり付いており、連日、ツイートをしている。そうしたツイートの中には、政敵にあだ名を付けておちょくるものが多い。英語版Wikipediaexitで記事が作られている。

ヒラリー・クリントンに付けたあだ名。crookはねじ曲げるという意味。ヒラリー名字Clintonなので、それと同じ頭文字Crookedを選んだのだろう。
 

ジョー・バイデンに付けたあだ名。ジョー・バイデン女性に対してセクハラに近い感じの行動をする悪癖があり、女性たちから「セクハラだ」と非難されたことがある。それを聞きつけたトランプSleepyCreepy Joe(寝ぼけている上に身の毛がよだつほど気持ちが悪いジョー)とのあだ名を与えた。creepカタツムリナメクジが這い回る、すり寄る、という意味。
 

バーニー・サンダースに付けたあだ名。

ちなみに、アメリカの有名なマフィアクレージー・ジョー(Crazy Joe)exitというのがいて、映画音楽の題材になっている。Sleepy Joe」「Crazy Bernieトランプツイートするときに「Crazy Joe」を連想するアメリカ人は多いはずである。
 

エリザベス・ウォーレンに付けたあだ名。ウォーレンは「先祖に先住民族がいる」とったことがあり、それをトランプは「先住民族の血を引いているとして、『有色人種にも優しい自分』をアピールしている」と批判して、ポカホンタスというあだ名を付けた。ちなみにポカホンタスexitは、アメリカ合衆国において、先住民族の様のようなものとして扱われ、映画などの題材にもなっている。蔑称という感じの言葉ではない。
 

ピートブティジェッジに付けたあだ名。似ているから付けたのだろう。ピートサラッと流している(動画exit)。
 

マイケルブルーバーグ に付けたあだ名。「小集音器」という意味と、「小柄なマイクマイケル称)」の2つの意味がある。マイケルブルーバーグは身長173cmで、ドナルド・トランプは身長190cm

マイケルブルーバーグは共和党に所属したり共和党から支持されたりしつつ、2002年から2013年までニューヨーク市長を12年間務めた。ドナルド・トランプとは知り合いで、一緒にゴルフをする写真exitも多い。2020年大統領選挙民主党から立補するので、Twitterであだ名を付けられた。
 

ジェブ・ブッシュに付けたあだ名。ジェブは2016年大統領選挙共和党から立補し、ドナルドと首位を争っていた。ジェブはフロリダ州知事を務めて経験があり、政策通で知性があるのだが、顔つきexitを見てもわかるようにちょっと迫が欠けるタイプ政治家だった。そのためこう呼ばれた。ちなみに、ジェブ・ブッシュは名門ブッシュの一員で、ブッシュは石油企業エネルギー産業)との関係が深い。
 

民主党を露に支持し、トランプ政権の長所を報道しようとしない大手メディアに付けたあだ名。Fake News Mediaフェイクニュースメディアとも言う。
 

ミサイル実験を繰り返していたときの北朝鮮最高導者・金正恩に付けたあだ名。

脱税疑惑

トランプ大統領をはじめとする一家家族ぐるみでの脱税疑惑が巻き起こっている。

両親からの不正贈与

2018年10月2日ニューヨークタイムズはトランプ大統領がニューヨークで不動産業を営んでいた両親から資産を受け継ぐ際、家族ぐるみで不透明な手続きを取り、現在の価値で少なくとも4億1300万ドル日本円にして約470億円を得たとして脱税の可性を摘した。

ニューヨークタイムズトランプ一族の納税申告書や財務記録を独自調し、それによると1代にして不動産業で巨万の富を得たフレッドトランプ氏が資産息子のドナルド・トランプ氏に与え始めた結果、トランプ氏の年収は3歳で20万ドル、以後は学生時代に年収100万ドル、40代以降は年収500ドルと増えて行った。大統領選前から不動産王と呼ばれたトランプ氏は「からを少し借りて自で財を成した」としてきたが、報道事実とは異なることになる。

ニューヨークタイムズの調べではドナルド・トランプ氏は兄弟と結託してダミー会社を作ってからの贈与を誤魔化し、両親の不動産価値も低く見積もって脱税に関与。最終的に税率にして55額にして5億ドルが課税されるはずが、実際には5220万ドルしか納付しなかったといわれている。

これは既に刑事事件としては時効であるが民事制裁を科される可性があり、実際にニューヨーク税務当局が事実関係の調に乗り出した。なおトランプ氏はニューヨークタイムズの調および報道は全くの間違いで、間違いなく名誉棄損に当たる」と全面的に否定している。(朝日新聞2018年10月3日

トランプ氏の脱税スキャンダル

2020年9月27日ニューヨークタイムズはトランプ大統領の脱税スキャンダルをスクープで報じた。

報道内容は以下の通り。

  1. ドナルド・トランプ氏は過去18年間にわたり9500万ドルを納税したが、その後に企業損益を理由に7210万ドルの還付を受けた。州税、税でも同様に2100万ドルの還付を受けている。所得税還付7210万ドルについては疑わしき方策によって還付を受けた可性があるとして内歳入庁(以下IRS)の監になっており、結果次第では大な罰を科せられる可性がある。
  2. ドナルド・トランプ氏は2016年2017年の両年は連邦所得税750ドルしか納税していない。
  3. 過去15年のうち10年は損失が収益を上回ったとして所得税を全く納めなかった。
  4. 一方でドナルド・トランプ氏は爛な生活のために自旅客機、数多くの別邸、ゴルフ場を次々に購入したが、購入費や維持費を経費として税処理をしてきた。
  5. ドナルド・トランプ氏は2000年以来、複数のゴルフ場経営で3億1500万ドルの損失を計上したほか、大統領就任後に新設オープンしたばかりの首都ワシントントランプインターナショナルホテルの経営でも5500万ドルの損失を申告した。

いずれも大統領選間近の2020年10月初頭の大スキャンダル記事で、選挙に大きく影する可性がある関心事なだけにニューヨークタイムズも記事の正性には万全を期しており、ドナルド・トランプの大統領就任から4年間、大統領の納税問題に取り組んできた独自調チームによって底的に調べ上げられた。なお当記事はフィッシュレダー調報道編集長、パーディ副編集局長のもとで調、執筆されたことを表しており、編集活動の内部と責任者を表することで報道正性をアピールしている。(刊ウェッジインフィニティ2020年10月2日

納税記録の公開拒否

アメリカでは大統領大統領補は、過去の納税記録を表するのが慣例になっている(義務ではない)。しかしトランプ大統領は歴代大統領大統領補がやってきた納税記録の開をしていない。大統領就任直後にはトランプ氏は「民はもう関心がない」などとした。

アメリカ内のメディアはトランプ大統領が脱税行為や外企業との不適切な繋がりを隠そうとしている可性を摘しており、民主党大統領は法案に署名して法律にできる一の人物。アメリカ民は大統領の決定が個人の利益に関連していないか知る権利がある」として開を迫った。そして2019年4月3日アメリカ議会下院歳入委員会のニール委員長民主党)は内歳入庁(IRS)にトランプ大統領の2013年以降の6年分の納税記録の提出を要請した(朝日新聞2019年4月4日

しかし2019年5月6日、ムニューシンアメリカ財務長官は下院からめられていたトランプ大統領の過去6年分の納税記録の提出を拒否した。下院の過半数を占めている民主党はトランプ大統領の疑惑への追及を強めた。提出が拒否された理由は内歳入庁(IRS)の監中であるためという従来のトランプ大統領の拒否理由と同じであったが、トランプ大統領は監後も納税記録の開は拒否する意向を示した。民主党は法廷闘争も辞さない構えで、ニール氏は「法律顧問と相談して今後の対応を決める」としている(朝日新聞2019年5月7日

しかし2020年11月大統領選において民主党バイデン補の勝利が確定し、2021年1月にはトランプ大統領は大統領職を失職し権を失うことから、この納税記録問題にも大きな進展が予想される。

家族

祖父フレデリック

フレデリックexitドイツ西部カルシュタットexit出身で、生まれた時の名前はドイツフリードリッヒである。1885年にアメリカ東海ニューヨークに移住し、理容師として6年働く。

その後、西海シアトルに移住し、ホテルの経営でを稼いだ。その後、鉱山都市モンテクリストexitへ移ってそこで鉱山労働者向けのホテルを経営してお金を稼ぎ、そしてシアトルに戻ってレストランを経営しまたけ、そしてカナダベネットexitホワイトホースexitで鉱山労働者向けのホテルレストランを経営した。こうして、フレデリックは裕福になった。

豊かになったフレデリックドイツに戻りエリザベスという女性結婚して、またアメリカニューヨークに渡って理店とホテルレストランの経営をした。仕事は順調だったが、妻のエリザベスホームシックにかかり、仕方なくドイツに戻ったが、ドイツ政府から「兵役忌避をしており、外追放に値する人物」と扱われてしまい、またニューヨークに渡った。

ニューヨークに渡ってから、フレッドジョンという2人の息子が生まれた。

1918年に49歳の若さで他界した。当時世界的に大流行していたスペイン風邪が原因だった。
 

父フレッド

フレッドexitは、フレデリックの作った資産を受け継ぎ、ニューヨークの不動産会社の経営者として長く活躍した。低所得者向けに、手頃な値段のアパート・共同住宅を販売することを得意としていた。

フレッドは1909年生まれなのだが、1914年に第一次世界大戦が起こってアメリカドイツ戦争し、1939年第二次世界大戦が起こってアメリカドイツがまた戦争した。ニューヨークドイツを憎むユダヤ系住民が多いので、ドイツ系だとばれるとマズいと思い、「自分の系はスウェーデン出身」と偽ることが多かったという。

白人部屋を貸すが黒人には部屋を貸さない差別義者だ」と黒人に告発されたことがある。

さんのマリースコットランドからの貧乏移民で、メイドとして内労働をこなす人だった。貴族でもないし持ちでもなかった。フレッドマリーの間には3人の息子と2人のが生まれており、長女マリアンexit裁判官、次男のドナルドアメリカ合衆国大統領、次女のエリザベス銀行の重役の秘書、三男のロバートは一族の財産管理を担当している。

1999年93歳で他界した。画像検索するとexit、次男のドナルドとの写真が見つかる。
 

兄フレッド・トランプ・Jr

ドナルド・トランプのフレッド・トランプ・Jrexitという。1938年生まれで、ドナルドよりも8歳年上である。この記事の画像exitの中央に立っている(右から2番ドナルド)。

ニューヨークセントポールズ高校exitに通い、ペンシルヴェニア州の名門私立大学であるリーハイ大学exitへ進んだ。口調が優しく、冗談を好み、楽天的な性格で、装はいつもきちんとして礼儀正しく、背が高くてハンサムなので、リーハイ大学では人気者となっており、様々な友好団体から誘いを受けたほどだった。リーハイ大学時代の友人は、「フレッドジュニアが過度にを飲んでいることを見たことがない」とっている。

リーハイ大学時代は、シボレー・コルベットexitの新を毎年のように乗り回していた。要するに、典的な「お金持ちのからやってきた裕福な坊ちゃん」といった存在だった。

1960年にリーハイ大学卒業した。1962年にはリンダ・リー・クラップ(Linda Lee Clapp)という航空機の客室乗務員と結婚した。このころから航空機パイロットを志望するようになった。TWA(トランス・ワールド航空)exitパイロットになりたいと思い、1964年に、厳しい試験に合格してTWAの航空学校入学した。

しかし、フレッドジュニア長男なので、業を継ぐことを父親ドナルドから期待されていた。ドナルドは「時間の無駄だ、さっさと業に戻れ」と厳しく非難し、フレッドは「航空機パイロットなんてものは、のお抱え運転手にすぎない」とまで言って叱責した。

2人からの圧を受け続けたので、フレッドジュニアに溺れてしまい、アルコール依存症になった。航空学校の同生3人が、「航空学校時代のフレッドジュニアは、に溺れる兆を示していた」と言している。

フレッドジュニアは、TWAに入社することができたが、飲癖が身に染みついてしまっており、入社して1年で解雇されてしまった。

業の不動産業に参加したが、アルコール依存症のため健康がどんどん悪化していき、1981年9月26日に42歳でアルコール中毒の合併症で亡くなった。

ドナルドはこのことを非常に後悔していて、「自分とを追い詰めてしまった」とっている。ドナルドが決してを飲まず、コーラばかり飲むのは、このことが原因とされる[40]
 

最初の妻イヴァナ

ドナルド1946年に生まれ、1968年大学卒業し、すぐ父親の経営する不動産企業に入った。1977年、31歳の時に、チェコスロバキア出身のモデルイヴァナexit結婚した。

イヴァナはチェコスロバキアにいたときはスキーの選手だった。ドナルド結婚してからはトランプ業の不動産業に参画し、なかなかの経営手腕を発揮している。

1990年ドナルド浮気をしたので1992年離婚。巨額の慰謝料を受け取った後は、芸活動をしたり、自分の名前を冠した具や宝石を売り出したりして、またしても成功を収める。

長男ドナルド・トランプ・Jrexitイヴァンカexit、次男のエリックexit1977年1984年の間に出産した。彼ら3人は、多忙な両親にかわってイヴァナの両親が子育てをしていた。イヴァナの両親の影もあり、皆、チェコ語が上手である。

ドナルド・トランプ・Jrエリックは、トランプ業を継いで不動産経営をしている。また、2人とも結婚して子宝に恵まれている。基本的に、アメリカ政府には関わっていない。たまに父親の支持者の集会に出て演説する(動画1exit動画2exit)。

イヴァンカは、大学を優秀な成績で卒業した後に業に参画したり、それらと行してモデル業をやったり、大統領補佐官としてトランプ政権の一員に加わったりと忙しい。ユダヤ人の秀才ジャレッド・クシュナーexit結婚して、3人の子どもを産んでいる。

ジャレッド・クシュナーは、2016年11月頃の政権移行期に、ロシアの高官と会っており、ロシア疑惑を招いたことで有名である。

イヴァンカとジャレッド・クシュナーは、2人ってアメリカ政府の中枢に近いところで働き、ドナルド・トランプ大統領を支える役を果たしている。
 

2番目の妻マーラ

マーラexitアメリカまれの女優で、1993年ドナルド結婚した。1999年には離婚してしまった。

1993年ティファニーexit出産した。ティファニー父親と同じ名門ペンシルヴェニア大学に通い、卒業した。大学在学中から音楽を発表したりモデル活動をしたりしている。
 

3番目の妻メラニア

3番の妻メラニアexitは、旧ユーゴスラビア現在スロヴェニア)出身。1970年ノヴォ・メストexitの中流庭に生まれ、モデルとして活動し、1996年アメリカに渡ってモデル仕事を続けた。

2005年にドナルド・トランプと結婚したが、その結婚式賓はビル・クリントンヒラリー・クリントン夫妻だった。

2006年長男バロンexit出産した。夫は2017年1月アメリカ合衆国大統領に就任したが、メラニア夫人は息子教育のため、ワシントンD.C.ホワイトハウスに引っ越さず、そこから330km離れたニューヨークトランプタワーに住み続けていた。6月になって息子学校の学期が終わったので(欧9月~翌年6月の学期が多い)、2017年6月になってやっとホワイトハウスに引っ越した。

バロンサッカー好きで、ワシントンD.C.クラブに所属するウェイン・ルーニーと会うなどしている。
 

ドナルド・トランプのしつけ

ドナルド・トランプは子どもに対するしつけをしっかり行うことができる人物とみられている。

2016年10月大統領選挙で、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンテレビ討論会が行われた。その締めくくりで聴衆から「ドナルド・トランプの尊敬できる点を挙げてみてくれませんか」と言われたヒラリーは、「私は彼の子供たちを尊敬します 彼の子供たちは素らしく熱意にあふれ それはドナルドの人柄を映していると思います」(この動画exit_nicovideoの20分14)と答えている。

日本人ながらアメリカ投資銀行に勤めていた山口正洋exitは、1980年代の後半にドナルド・トランプと会っている。彼はドナルドのことを緻密で優秀なビジネスマンと褒めているのだが、それと同時にドナルド子供も褒めている。
 

長女のイヴァンカ・トランプ氏の評価の高さも、トランプ氏の賢さを徴しているように思われる。私は仕事柄、アメリカ大富豪と呼ばれる人たちの2世たちにもたくさん会ってきたが、そのほとんどが、甘やかされたどうしようもないワガママ息子ばかりだった。しかしトランプ氏のはそれには当てはまらず、聡明でしっかりした女性という印を受けた。父親としてのトランプ氏は、子をかなり厳しく教育しているようで、それがの性格や立ち居振る舞いに表れていたように感じていた。 ※PRESIDENT Online 2016年7月20日exit

  

某手術ゲームに関して

海外製の手術ゲームSurgeon_Simulator」のアップデートである「Anniversary Edition」において、彼そっくりのキャラクターの手術が出来るようになったが全くの別人であるゲーム内に出てくる彼は

など、手術一つにお金がかかっているが、実在するトランプ氏とはあくまでも全くの別人である

ただ、このトランプ氏に似たキャラの手術は、リリース後わずか半日ほどで2万3000件のうち1万7000件の失敗が発生した模様。本当の失敗なのか、それとも・・・ [41]

関連動画

関連静画

コラ

関連商品

グッズ

関連リンク

関連項目

アメリカ合衆国大統領

第44代 第45代 第46代
バラク・オバマ民主党
20092017
ドナルド・トランプ(共和党
2017~2021
ジョー・バイデン民主党
2021~

脚注

  1. *トランプ大統領とアメリカ真実(著者)副(出版)日本文芸社 P114〜118
  2. *トランプ大統領とアメリカ真実(著者)副(出版)日本文芸社 P124
  3. *トランプ大統領とアメリカ真実(著者)副(出版)日本文芸社 P126〜127
  4. *トランプ大統領とアメリカ真実(著者)副(出版)日本文芸社  P128
  5. *トランプ大統領とアメリカ真実(著者)副(出版)日本文芸社 P127 、P152
  6. *COURRiER Japon2020年7月20日世界を見渡すニュース・ペリスコープ】 ド手なリーダーの”裏”の顔─トランプは「大統領としての給料」を全額寄付していた!
  7. *日本人の知らないトランプアメリカ(著者)日高(出版社)海竜社 P131
  8. *トランプは再選する!日本アメリカ未来(著者)ケント・ギルバート(出版)宝島社 P31〜33
  9. *Issue&Insights 2020年9月15日 It’s Official: Trump Unleashed A Middle-Class Boom That Benefited Women, Minorities Most
  10. *Issue&Insights 2020年9月15日 It’s Official: Trump Unleashed A Middle-Class Boom That Benefited Women, Minorities Most
  11. *Issue&Insights 2020年9月15日 It’s Official: Trump Unleashed A Middle-Class Boom That Benefited Women, Minorities Most
  12. *Issue&Insights 2020年9月15日 It’s Official: Trump Unleashed A Middle-Class Boom That Benefited Women, Minorities Most
  13. *トランプは再選する!日本アメリカ未来(著者)ケント・ギルバート(出版)宝島社 P35〜37
  14. *FOXBusiness2020年10月2日 September jobs numbers best since Reagan-era, don't panic America: Andy Puzder
  15. *隠れトランプアメリカ (著者)横江美(出版)扶桑社  P107
  16. *隠れトランプアメリカ (著者)横江美(出版)扶桑社  P108
  17. *ドナルド・トランプ演説集(The Speeches of Donald Trump) P211~221
  18. *ドナルド・トランプ演説集(The Speeches of Donald Trump) P195~197
  19. *日本人の知らないトランプアメリカ (著者)日高(出版)海竜社 P76
  20. *トランプ大統領「宇宙軍」発足、陸海空軍と同格の大規模軍隊exit
  21. *INF条約が失効 トランプ政権、21世紀型の軍備管理体制確立目指すexit 2019.8.2
  22. *産経新聞2019.6.15. 際立つトランプ氏の「共感」 拉致被害家族手紙
  23. *突と日本 (著者)古義久(出版)ビジネス社 P61
  24. *隠れトランプアメリカ (著者)横江美(出版)扶桑社  P122〜123
  25. *隠れトランプアメリカ (著者)横江美(出版)扶桑社  P123〜128
  26. *隠れトランプアメリカ (著者)横江美(出版)扶桑社  P82〜84
  27. *突と日本 (著者)古義久(出版)ビジネス社 P7072 
  28. *Newsweek 2020年7月23日 トランプ氏、医療保険巡る大統領発動へ 顧問「効持つ」
  29. *Newsweek2020年10月8日トランプ大統領執務室に復帰し動画投稿コロナ治療米国民に無料提供
  30. *世界ウィルス戦争真実 中の熱い戦いが始まる(著者)日高(出版)徳間書店  P33〜35
  31. *隠れトランプアメリカ (著者)横江美(出版)扶桑社  P92
  32. *トランプ米政権、メキシコ国境の壁建設は目標未達成も=高官exit 2019.12.18
  33. *トランプ氏、非常事態を宣言へ 国境の壁建設費用の確保のためexit
  34. *米国防総省、「国境の壁」建設へ3800億円を転用 与野党から批判の声exit
  35. *米、郵便連合脱退を回避=途上国からの料金改革で合意exit 2019.9.26
  36. *中国・韓国など途上国優遇停止も WTO改革加速を 米大統領が命令exit 2019.7.27
  37. *隠れトランプアメリカ (著者)横江美(出版)扶桑社  P96102
  38. *トランプは再選する!日本アメリカ未来(著者)ケント・ギルバート(出版)宝島社 P40~49。
  39. *米、パリ協定離脱を通告=温暖化対策が骨抜きにexit 2019.11.5
  40. *ドナルド・トランプは兄に圧力をかけた事を後悔している ワシントンポストexit
  41. *手術ゲーム『Surgeon Simulator』にドナルド・トランプが登場。半日強で1万7000回以上の手術が失敗する (ファミ通.com 2016-06-06 10:54:00)exit

【スポンサーリンク】

  • 57
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドナルド・トランプ

11637 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 18:16:22 ID: siV2Cnkz+Y
>>11626
恥じるべきは今の方かと
は今もトランプ大統領を支持してるし、それが正しいことを知っている
11638 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 18:27:47 ID: fwOMW7g5DV
リアルでは孤立してそう
11639 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 18:30:19 ID: fwOMW7g5DV
実際トランプとその取り巻き共もアメリカ各地の裁判所や州知事相手に延々こんな感じで長時間捲し立ててたらしいな。そして案の定法廷闘争()にも全敗。
11640 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 20:39:13 ID: 8k94068LRL
ポスト真実やぞ
11641 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 20:50:17 ID: HiKYAa+uwd
トランプ自身が名した判事も買収されてるんやぞ(棒読み
11642 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 21:46:18 ID: FcgSzs9ov9
コロナはただの風邪言して科学視して感染拡大を助長し、白人至上義の発行為をどっちもどっちと言うくせに暴徒化してる面はあったが大半では平和デモだったBLMのみを非難して軍を差し向けて言論の自由で弾圧する共産党ムーヴに手を染め(未遂)、さしたる拠もなく不正選挙を連呼して議事堂襲撃を扇動するなど民主主義を貶めた
経済面は知らんが、少なくとも自由民主主義する技術先進国アメリカという民の誇りを自分の地位の為にボロボロにするのは売国的な人物と評価するがね
11643 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 23:48:08 ID: fwOMW7g5DV
傲慢に振る舞ってアメリカ社会の分断を更に加速させる。外交では長年の同盟・敵対関係よりも個人的なお友達感覚を持ち込んで社会アメリカトランプ個人を懐柔すればチョロいという潮を作り出す。また、独裁者と個人的に仲が良く、寧ろ同盟の方にカネカネカネで辛く当たり、西側営までも分断寸前に追い込む。
11644 ななしのよっしん
2021/09/18(土) 00:39:16 ID: 7EaMDOH7/8
バイデン大統領民主的な選挙で正当に選ばれた」
トラカスは権維持の為にそれを暴力でぶち壊そうとした」
この二つの事実を見ればこいつが「米国大統領」というが自由世界トップに相応しい人物がどうかなんてのは自ずとわかるはずなんだがねぇ。

わかんないか?「造反有理愛国無罪!」とか言って文革ムーブしてるトラカス信者Qアノンどもには。
11645 ななしのよっしん
2021/09/18(土) 00:44:14 ID: siV2Cnkz+Y
まだバイデンが正当に選ばれたと想してるのか…
11646 ななしのよっしん
2021/09/18(土) 00:45:08 ID: nEYQutaErJ
正直前文のに関してはトランプも元々民主的な選挙で選ばれた一人なのでって大義名分が生まれるだけ損なんだがな