編集  

ドプケラドプス単語

ドプケラドプス

ドプケラドプスとは、ゲームR-TYPEシリーズに登場するボスキャラクターである。

概要

R-TYPEシリーズ及び敵勢バイド徴する看ボスキャラクター役機R-9とその兵器フォース以上にインパクトのあるデザインをしており、表スクリーンショットに頻繁に用いられている。
グラディウス』のビッグコア、『ダライアス』のキングフォスルと共に有名で、それぞれのボスキャラクターがそれぞれのゲームシリーズの看キャラとなっていることで知られている。
バイドが存在しないLEOを除く全作品に登場する。

映画エイリアン』に登場するゼノモーフのような巨大な頭部を持つ。作品にもよるが、体色は茶。
部には別のバイド体が寄生しており、これが頭部の中枢神経を乗っ取っている。このバイド体はドプルゲンMAXという数珠繋ぎ状のエネルギー体を吐き出して攻撃するを有しているが、同時にドプケラドプス全体の弱点にもなっている。
胴体下部分からは長い尻尾が生えており、これを常にうねらせて自機の移動範囲を狭め、弱点への攻撃を防ぐ。手足は存在しない(イラストによっては手が生えている)。
全な生物というわけではなく、機械をも取り込んで成長しており、所々機械部分が外側から見えている。
要塞などの外に寄生しているため、移動は基本的に持たない。ただし、作品によっては浮遊して移動しているように見えるものも存在する。

名称

FINALまでドケラドプスという名称だったが、TACTICS以降ではドケラドプスにめられた。
本記事では一貫して、現在公式名称である後者で各個体を呼称する。

登場作品

R-TYPE

ドプケラドプス(初代)

電子機器とバイド体が強い融合したもの。
破壊されたスペースコロニーに開いた異層次元への入り口に立ち塞がる。

1面ボス。基地廃墟の最深部に待ち構えている。
体に4個の玉が絡みついており、これを全て破壊するとにじり寄ってきて押し潰しにかかる。
2周では尻尾先端から弾を撃つ。

雑誌などで初代R-TYPEが紹介される際、スクリーンショットには必ずと言っていいほど、このボス戦の画像が用いられている(次に多いのはグリーンインフェルノ)。
R-9ドプケラドプスが対峙するこのゲーム画面は、恐らくSTGで最も有名な部類に入る一場面と言えよう。
実際、「R-TYPE」で画像検索すると、上位には初代ドプケラドプスの画像が多くヒットする。

R-TYPEⅡ

ザブトム

前回の作戦で破壊されたボスドプケラドプスの残骸を寄せ集めて造った惑星破壊兵器

1面ボス。かつてのバイド帝国の要塞廃墟において建造された。
外装は多数のチューブで繋がれた機械で覆われているが、生物的にも見えるデザインをしている。頭部パーツを破壊すると、内部から前作のドプケラドプスの頭部が見えるようになる。
部の弱点からの大ビーム、頭部からの追尾レーザーなどがな武器。時間が経つと後方から触手が押し寄せて来るので、速に決着をつけなければならない。

実はゲーム中に遭遇するザブトム未完成状態だったらしく、設定資料集には両腕と下半身が増設され、巨大なを装備した全体『オージザブトム』の姿が描かれている。

の代表キャラクターとして扱われており、インストカード、ポスター移植作の表には、ザブトム正面から写したイラストが用いられた。
Dimensionsでは初代ドプケラドプスと共にタイトル画面を飾っている。

R-TYPEⅢ

ドプケラドプス・アルビノ

5面ボスであるファントムセルが第1形態として、ドプケラドプスに擬態する。
体に絡みつく玉がないことを除けば、外見及び攻撃パターン共に初代とほぼ同じ。2周では初代と同じく尻尾先端から弾を撃つ。

1周ドプケラドプスデザインは、TACTICS棲種のモチーフになった。
2周では体色が漆黒へ変化する。この漆黒ドプケラドプスは、パッケージ裏のスクリーンショットに用いられた。実際にゲーム画面でにするには相当な実が必要になる。

R-TYPE⊿

ドプケラドプス(⊿)

6面ボスゲーム冒頭にてプレイヤー機が発進したカタパルト施設に寄生している。体色は
第1形態では部のバイド体は膜に覆われているので、頭部が攻撃を行う。フォースで防御できないバイドを吐き出す。
第2形態では部のバイド体が覚醒し、ドプルゲンMAXを画面全体に拡散させて攻撃する。
まともに戦うとランダム要素の多さでかなり苦戦する。弱点の上部が安全地帯で、フォースを後方に装備してダメージを与え続ければほぼ確実に勝利できる。
戦闘に時間を掛けすぎると画面がスクロールして押し潰されるので注意。

通常版の説明書の表は、ドプケラドプスと対峙するR-9というお染みの構図が採用された。
第2形態移行時に頭部が血反吐を吐き、部が別のバイド体に食い破られる演出では、ローポリゴンによってグロテスクさが巧みに表現されている。

R-TYPE FINAL

ドプケラドプス・マットウシス

バイド研究のため培養されていた研究素体、学名を「ドプケラドプスマットウシス」という。過去バイド戦に登場した敵の亜種
大きさでは、今まで分かっている中では最大のものであるが、これは純度の高いバイド溶液で培養された結果であるにすぎない。
バクテリアバイドに浸食されており、すでに内部から崩壊し始めている。

4面ボスバイド溶液内で戦闘を行う。
第1形態の弱点は頭部から出される舌の先端部。バクテリア放出して攻撃する。舌を破壊すると頭部が外れ、第2形態に移行する。移動場所を間違えると頭部に押し潰される。
第2形態では、本体から分離した部のバイド体と戦う。多数の片で覆われており、ベルメイトのように片を飛ばしてくる。

R戦闘機焦点を当てた作品のため、他のドプケラドプスべると扱いがやや薄い。

R-TYPE TACTICS/TACTICSⅡ

ボス(旗艦)級ユニットとして登場する。プレイヤーは使用不可能
頭部、胸部、部(本体)に破壊部位が分かれているのが特徴。頭部と胸部からは長射程かつ高威の通常武器を発射する。部からはチャージ武器のドプルゲンMAXを発射する。
頭部、胸部の順で長射程の武器を用いて破壊し、部に総攻撃をかけるか、亜空間機で一気に部に接近して決着をつけるのが攻略法。
ターン尻尾を動かすので、尻尾の軌上にユニットがいると、次ターンに破壊される。部を攻撃する際、この尻尾が邪魔になりやすい。

この世界では「生ける悪夢」と呼ばれており、バイドと戦う者たちの間で知らぬ者はいないという。
討伐を見事成し遂げた者には「ドプケラバスター」の称号が与えられる。それほどまでに軍人たちの間で大きな存在となっている。

ドプケラドプス・ユーピテル

巨大なバイドの複合生命体。部を構成する生命体が弱点。他種と区別するために「ドプケラドプスユーピテル」と呼ばれる。

TACTICSではミッション5、TACTICSでは前編(共通)ミッション14のボス
初代のドプケラドプスアレンジしたような外見。最大の特徴は尻尾が2本に増えている点。

ドプケラドプスの屍?

異層間を彷徨うドプケラドプスの一種。他種と区別するために「ドプケラドプス・ウィアートル」と呼ばれる。

TACTICSではミッション19のボスっぽい紫色をしており、名前の通り屍のような外見である。
TACTICSでは後編ミッション7のボスミイラのようなデザインに変更された。

ドプケラドプス水棲種

ドプケラドプス棲種。他種と区別するために「ドプケラドプスドラコネム」と呼ばれる。

ミッション24のボスエラやヒレが生えているのが特徴。体色はっぽく、元にしたの個体よりも「アルビノ」らしい。

自体は他種と大差いが、バイド溶液に満たされた生体洞の最深部に潜んでいるため、地形適応による武器威低下やユニットの移動低下によって苦戦を強いられる。

ドプケラドプス試験体

人の手によって培養・育成されているドプケラドプス。他種と区別するために「ドプケラドプスグランデ」と呼ばれる。

ミッション50ボスマットウシスのように機械拘束されている。体色はオレンジ

ドプケラドプスの培養炉

人工的にドプケラドプスを複製・培養するための施設。他種と区別するために「ドプケラドプスグランデ」と呼ばれる。

番外編ミッション20ボス。前回の試験体と学名は同じだが、外見は大きく異なる。ドプケラドプスった施設(内部に生命体がいるようにも見える)で、部に巨大な球状の培養炉がある。
複数のドプケラドプス幼体を培養している。この幼体が非常に恐ろしく、戦闘機ほどの大きさしかないにも拘らず、成体並みのドプルゲンMAXを発射できる。さらにHPも高く、チャージ武器を2,3回当てないと破壊できない。
ジャミングを使用しつつ、幼体を各個撃破しながら培養炉を攻撃するのが基本的な攻略法である。しかし、敵ユニットに突撃されたり、尻尾に接触するなどして索敵されると、幼体のドプルゲンMAXを撃たれてしまうので、それだけで壊滅状態にさせられる。ジャミング解除はミッション失敗に直結する。
以上のことから、難関が多いTACTICSミッションの中でも、ミッション20及び対培養炉戦はトップクラス難易度となっている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

BYDO LABO
#10
タブロック
#11
ドプケラドプス
#12
ウパー

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%97%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%97%E3%82%B9
ページ番号: 5227420 リビジョン番号: 2050090
読み:ドプケラドプス
初版作成日: 14/05/05 00:27 ◆ 最終更新日: 14/07/07 07:12
編集内容についての説明/コメント: オージザブトムについて追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドプケラドプスについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/05/05(月) 19:09:40 ID: w+5eVbWQW0
恐れられている割には波動砲数発でしずむドプケラ・・・
ナンバリングタイトルの自機が異常だったということか
2 : ななしのよっしん :2014/06/20(金) 06:18:18 ID: DcyP+YQpol
にしてもここまで記事が出来るのが遅いとは。
3 : ななしのよっしん :2014/08/08(金) 11:18:28 ID: 26FDqAMT6e
重箱の隅的な事を言うと、TAC1のユーピテルはB-D_Jpt.、TAC2のはB-D_Org.の識別コードになってる。

…ところでこの"Org"ってのは「オリジン」って意味なんだろかね
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス