ドミティアヌス単語

ドミティアヌス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ドミティアヌス / インペラトル・カエサル・ドミティアヌス・アウグストゥス51年~96年)とは、ローマ皇帝で、フラウィウス三代目である。

概要

フラウィウスの最後の皇帝。そのためひどく悪評が立ち、彼のすぐれた治世は、元老院議員を中心とした人々の手による歴史書からは抜け落ちている。とはいえかくして、帝国ローマ五賢の時代に移っていく。

ドミティアヌスの治世

ローマで生まれたが、ティトゥスとは異なり、特に宮廷教育などは受けなかった。しかしウィテリウスとの戦いでは伯父サビヌスと共に窮地を脱し、ウェスパシアヌス軍がウェスパシアヌス不在でローマ握した際には、新政権の代表者としてふるまった。

ウェスパシアヌスローマに到着すると、以後実権はウェスパシアヌスティトゥスが握ったが、ドミティアヌスにも名誉をふんだんに与えられ、ティトゥスすぎる死の後もスムーズに即位したのである。

ドミティアヌスはひたすら実に政策を務めたが、元老院との付き合いはあまり良くなかった。しかしやや独裁的なきらいがあり、政権の中心は宮廷にあった。

そんな彼の政策として特筆すべきはドナウでのダキア人との戦いである。サルティア戦争と呼ばれる一連の軍事行動は覚ましい勝利こそ得なかったものの、の防衛には成功したのである。

しかし、ドミティアヌスは次第に暗殺におびえるようになる。さらに上ゲルマニア属州総督サトゥルヌスがドナウ方面軍の地位が向上し、ライン方面軍の地位が弱まったことで反乱を起こした。下ゲルマニア属州総督マクシムスがすぐに鎮圧したが、次第に権基盤が不安定であるとドミティアヌスは感じ取っていった。

そして、次第にこうした恐怖は、ドミティアヌスを「恐怖政治」に走らせたとされる。親族すら処罰されたこの統治手段は、ドミティアヌスの従たちに恐怖を与え、パルテニウスとステフヌスによってドミティアヌスは暗殺されたのだった。かくして元老院は議員の中から老獪なネルウァを即位させた。

こうしてローマは五賢の時代に移っていく。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドミティアヌス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ドミティアヌスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!