ドミネーター(PSYCHO-PASS)単語

ドミネーター
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ドミネーターとは、アニメPSYCHO-PASS サイコパス」に登場する特殊拳銃である。

CV日高のり子デザイン石渡マコト

概要

正式名称は「携帯心理診断鎮圧執行システムドミネーター」。公安局の執行官と監視官のみが携帯を許される特殊拳銃である。対サイコパス(PsychopathではなくPsycho-Pass)を読み取って犯罪係数をシビュラシステムにより算出し、その値に応じて「鎮圧・排除・そのどちらもしない」を自動的に選択し、それに応じたモードに変形する。射手にのみ聞こえる向性の音ガイダンスと、網膜投影か何かを用いた射手にのみ見える情報表示により、所持する執行官と監視官はそれら読み取った犯罪係数やステータスなどを知ることができる。

ドミネーターは個人認によって登録された執行官と監視官が持ったときしか発できず、向けた対犯罪係数が規定値に達していなくてもトリガーロックされるなど、かなり安全対策がなされたであるが、それでも現場に到着するまで専用の輸送用ドローンの中に収められたままで、執行官も監視官も常に携帯することは許されないなど、劇中での扱いはかなり厳重である。

このを操る執行官といえども、彼らの犯罪係数は潜在犯の数値であるため、逃亡を企てたなどといった理由で監視官が必要と認めた場合は、任意執行対として監視官はその権限により執行官に発することが認められている。前述したドミネーターの厳重な管理も執行官が犯罪や逃亡に使うことを防ぐためなのかもしれない。

犯罪係数の判定はドミネーター単独では不可能であり、すなわち使用するためにはシビュラシステムとの通信を確立することは必須となる。もしシビュラと繋がっていなければ、武器にもならない犯罪係数を読み取ることもできないただの文鎮 鉄屑と化してしまう。そのため、電波が通らない環境での利用のために有線ケーブルや中継器を用いている様子も劇中では描写されている。

ドミネーターの執行モード

パラライザー (麻酔銃)

「執行モード...ノンリーサル : パラライザー」

「落ち着いて照準を定め、対化して下さい…」

を気絶させて鎮圧するための非致死性武器となるモード犯罪係数にして100以上300未満の通常の執行対となる潜在犯を確保するためのモードである。非致死性武器にはよくあることであろうが、物などで奮状態だと効果が薄い場合があったり、逆に当たり所が悪いと一時的に気を失うだけでは済まない描写もある。おそらくテーザー銃のように撃たれた拍子に心臓が止まっちゃった、気を失って倒れた拍子に頭を打って死んじゃったみたいな事故もある程度は起きているかもしれない。

エリミネーター (殺人銃)

「執行モード…リーサル : エリミネーター」

「慎重に照準を定め、対を排除して下さい…」

を殺傷して文字通り社会からエリミネート(排除)するモード犯罪係数が300以上の執行対、もしくはパラライザーでは制圧することができなかった脅威度の高い対を排除するためのモードである。人体に射撃するとその部分の組織は大きく破裂し、「ひでぶっ!!」といった感じに死亡するか、運良く(運悪く?)即死を免れても失血死するような傷を負うというように、ある意味究極のストッピングパワーを持つとなる。劇中でドミネーターをこのモードにするような場合、対犯罪係数がかなり高い部類に入るため、とうの昔に潜在犯を通り越してすでに犯罪者になっているか、そうでなくとも正常な精状態を逸脱したかなり危険な人というパターンが多い。

この社会では、更生保護施設はあっても既に裁判所や刑務所止されており、すなわち執行官は犯罪者逮捕して刑を課して罪を償わせることが的ではない。対に「治癒矯正の見込みがある状態なのか・そうでないのか」に焦点があるため、シビュラシステムドミネーター経由でそれを診断し、見込みしならば執行官と執行システムたるドミネーターにより現場で文字通り社会からの排除が即時執行されてしまう。ただし、ドミネーターを向けられたらエリミネーターになるような犯罪係数の人達ばかりが集めて隔離した収容所も存在するようなので、皆が皆殺されるわけでもなく、自ら治療も受けようともしない、公安局が来たのに投降もしない者は公安局員らの安全最優先で即執行ということになっている可性もある。

デコンポーザー (分子分解銃)

「執行モード...デストロイ : デコンポーザー」

「対全排除します…ご注意下さい…」

を消滅させる、ドミネーターの執行モードの中では最強モード。縢秀"ドミネーターの本気"。エリミネーターは劇中での描写の通り生モノには効果てきめんだが、機械爆発物、瓦礫などの「物」に対する効果はない。ドローンなどに襲われるなどして射手が危険にされると、犯罪係数とは別に脅威判定が更新され(当たり前だが機械ドローン犯罪係数も何もあったものではない)、対を排除するためにこのモードになる。デコンポーザーは命中した部分の球状の範囲内の物が分子まで分解され文字通り消滅してしまう。

スローター (虐殺銃?)

「執行モード...エグゼキューション : スローター」

アニメ本編には未登場の執行モードCerevoより発売されたドミネーターの可動式レプリカの専用スマホアプリ内のドミネーター集に収録されていたモード

アニメ本編で執行官だった征陸智己の新人時代を書いたスピンオフ小説PSYCHO-PASS GENESISシリーズに登場。治安の劇的な悪化に対応するために重武装化、事実上の準軍事組織と化していた厚生省麻薬取締部(後に各都道府県警察と統合され公安局となる)所属の人鎮圧ドローンにより使用された。ドミネーターとは違い、大口径の実弾を連射して使用する仕組みになっているようで、その威は執行された対者の上半身が消し飛ぶほど。

また、実弾ではなくドミネーターと同じマイクロ波を使用し、人間携帯できるようになるまで小化された白色プロトタイプドミネーターの「スローター(Slaughter)」も存在していた。この時のプロトタイプモデルにはパラライザモードとエリミネーターモードは搭載されていたが、デコンポーザーモードは搭載されておらず、バッテリーの容量も少なかったのかエリミネーターモードは数回程度しか撃てなかった。征陸の警視庁時代の元上にして免罪体質者だと思われる八尋和爾(ヤヒロ ワニ)に引き起こされた公安局員同士の同士討ちによるサイコハザードで文字通り虐殺を引き起こす事となり、その悪名から「ドミネーター(Dominator 支配者)」へと称された。

ちなみに、英語で「エグゼキューション(execution)」は「執行」、「スローター(slaughter)」は「虐殺」を表す。

強襲型ドミネーター

続編に当たるアニメPSYCHO-PASS サイコパス 2」から登場した新ドミネーター。従来の拳銃のものとは異なり、こちらは狙撃用に造られた大のものである。携行するには適さないが、従来ドミネーターよりも更に強武器になっている。

その最も特筆すべき特徴は、隔や障物を隔てた位置からも対サイコパスを測定し、各モードによる執行が行える点である。に対が密閉された場所に立て籠もっている状況や、隠れた位置から対を攻撃したい際に効を発揮する。また、2期の最終話「WHAT COLOR?」において、精用した々井絵に対してもパラライザーが効いた事から、純な出の面でも従来より強化されていると推測される。

こうして見ると、混迷する事件現場では魅的な武装に思える。しかし実はこの強襲犯罪係数は測定できるが、身元や容姿に関するデータ特定できないという致命的な欠点がある。このため、現場の状況が見えない場所から、不特定多数の人物を対に執行する場合、今照準の先にがいるのか、判然としないまま執行せざるを得ない場合がある。作中では、これが原因で悲劇が起きてしまう……
もっとも、シビュラシステムからすれば犯罪係数こそが、想定外の事態を除けば、執行の可否を決める一絶対の基準であり、対となる人物がなのかは現場にいては二の次なのかもしれない。

余談だが、劇中ではに須郷執行官がこの強襲ドミネーターを使用している為、扱いにはそれなりの慣れや技術が必要であると考えられる。

関連動画・静画

関連商品

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%28psycho-pass%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドミネーター(PSYCHO-PASS)

71 ななしのよっしん
2016/09/09(金) 22:37:02 ID: TcwzjL2xrj
ドミネーターの一番凄いところは威よりも命中率だと思うわ
作中でが、に撃っても外してるシーンっていよな
せいぜいエリミネーターがクリティカルせずに部位破壊で済んでしまってるくらい
対して犯罪者が撃つ通常のとかは外れまくってる

ガイダンスで「慎重に照準を定め~」とかは言ってるけど、アレ実際は照準に自動補正でもかかってるんじゃないだろうか
72 ななしのよっしん
2017/04/10(月) 23:28:15 ID: ZA7gsjqMZf
エグゼキューション・スローターは、スピンオフ小説
Psychopass-Genesis 1に登場するブラストドローンの持っているモード。老人を弾丸での巣にする詳細なグロい記載あり。

ちなみに、別のことだが、
ドミネーターの試作段階=スローター と呼ばれる真っ白ドミネーターもどきが、存在していた。(Psychpass-Genesisの1~4に生々しい記述あり。)
73 ななしのよっしん
2017/05/06(土) 11:29:25 ID: Yw3IlhevfY
>>71
電磁波(ビーム)ブッパしてる以上実弾以上に回避のはないからな
それこそ「慎重に照準を定めて」あれば高確率で当たるはず
74 ななしのよっしん
2017/09/04(月) 22:19:58 ID: CeIVyIsbei
>>対犯罪係数は測定できるが、身元や容姿に関するデータ特定できないという致命的な欠点がある。

これ、欠点でも何でもなくね?
仮に姿が見えてても犯罪係数が規定値えてたらであれ撃たなきゃいけないんだし
75 ななしのよっしん
2017/09/15(金) 13:20:36 ID: 5cSa3K/7FE
>>74 更生の見込みや意思の有が分からないからでは?
76 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 17:18:29 ID: rPv0UWGsHG
>>75
シビュラシステムの下ではそれは現場で判断することじゃないよ
77 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 17:34:11 ID: Ws+5O4X5KL
2期?で新ライフルで人質ごと皆殺しした事件があっただろ越しからでもブッパできる
78 ななしのよっしん
2018/01/26(金) 02:40:28 ID: 1K2jxVLHHj
TRGがTaserRadiowaveGunとして電波放射とする
Wをジュール換算すると1J=1W/sから1J*s=1W
45MWがどのぐらいのエネルギー
TNT1トンが約4.2GJ、一照射でTNT93kgの威に匹敵
有名なFlak88(いわゆるアハトアハト)のエネルギー約3.2MJ、一の照射で14倍の威に匹敵

有効な電池容量じゃないかな、4.5MWとすれば上述は9.3kg/1.4倍になる
効率で低下する事を鑑みれば割と現実味あるな
ただ、こんな威電気をブッパしたら普通撃ってる方も事ではすまん
多分一緒に吹っ飛ぶ、0.45MWくらいなら照射時間/威共に現実的だと思う
79 ななしのよっしん
2018/02/14(水) 02:12:53 ID: NIn44XHvpH
>>74, >>76
>>77の言う通り、2期のあの事件での使われ方が大問題

あの事件では犯人側は特殊な裏技を使ってサイコパスクリアに保ち、
被害者の方が一方的サイコパスを曇らされてた
明らかにシビュラ社会常識に反する異常な状況だったし、
警察にはその状況をきちんと把握して行動することがめられてた
なのに強襲のせいでそういう状況の把握ができず、人質が全員死亡しただけでなく、
相も闇に葬られかけた

犯罪係数が規定値えてたらであれ撃たなきゃいけない」なんてのは結局マニュアル人間の言い分だよ
イレギュラーな状態には一切対応できない、でもそれは欠陥じゃない、
なんて詭弁もいいところだ
80 ななしのよっしん
2018/06/25(月) 16:42:06 ID: CeIVyIsbei
なんというか、事件の相とか、現場の判断とか
シビュラシステムからしたらクソどうでもいい話でしょ

犯罪係数を参照したシビュラの判断こそ正確な物であり
それがどれだけ人間の感覚では非人的で非効率的な物であり
どうみても失敗という判断であったとしても
それはシビュラシステムの判断という正当性を覆す物にはなりえない
シビュラにとってサイコハザードはイレギュラーな事態ではない
単に処理対が増えただけの通常の状態

事件の真実なんか本当にどうでもいい
がなんでこの事件を起こしたかなんぞこの世界人間が知る必要はない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改

2020/09/25(金)05時00分 現在

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス