ドラグノフ単語

ドラグノフ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ドラグノフとは、

  1. ロシアウクライナなどで使用される苗字キリル文字表記ではДрагунов、ラテンアルファベット表記ではDragunov。ロシア語では「ドラグーノフ」とやや伸ばして発音されるようだ。男性の場合の苗字であり、女性の場合はДрагунова(ドラグーノワ)となる。
  2. 旧ソ連で開発されたセミオート狙撃銃の通称。開発者の苗字に由来する。
  3. ゲーム鉄拳シリーズに登場するキャラクターセルゲイ・ドラグノフのこと (当該記事を参照)

ここでは2.について記載する。

ドラグノフ狙撃銃

諸元
全長 1220mm
身長 687mm
重量 4300g
装弾数 10+1発
使用弾薬 7.62mm×54R
ライフリング 4条右回り

エフゲニー・F・ドラグノフ氏が設計し1963年に旧ソビエト軍に制式採用された。
制式名(英表記)SVDSnayperskaya Vintovka Dragunova)は「ドラグノフ式セミオートマチックスナイパーライフル」を意味する。

作動方式は発射ガスの一部を作動に利用するガスペレーションで、閉鎖方式はオーソドックスなロータリーボルトロッキングシステムを使用している。使用弾薬は東側としては一般的な7.62mm×54Rを使用する。付属のPSO-1スコープは固定倍率4倍で、ターゲット身長から大まかな距離を測定する簡単なレンジファインダー赤外線点を検出する機が装備されている。
重量は前線で歩兵が運用することを前提としており、他の軍用狙撃銃べ非常に軽く、持ち運びに便利な設計となっている。ただしこれは欠点でもあり、軽いため射撃時の反動を吸収できず制御が難しいとされる。

現在でも良が加えられながら製造されている。

余談ではあるが、外見が非常に似ているが内部構造が異なるもの(似て非なるもの)に「ルーマニアロムテクニカFPKスナイパーライフル」というものがある。

開発・運用

アメリカをはじめとした西側諸308弾を正式採用したことを受けて、「分隊に一丁の割合で配備し、他の軽機関銃アサルトライフルの命中精度と交戦距離を補う」という思想のもと設計された。少なくとも、最初のうちは
やがて、308弾は反動がキツくアサルトライフルには向かない弾であることが判明。さらに、ドラグノフがなくても、AK47と重火器を組み合わせることで十分対応可であると分かる。
開発計画の意義は失われ、ソ連軍のドラグノフへの関心は全に消え去り、計画は中止される……はずだった。

しかし、開発計画は、コンセプト不在のまま、現場の執念と官僚義の惰性により続行される。
後付けでひねり出した開発標は「老朽化したモシン・ナガン1891/30を退役させるから、代替品という実に官僚的なもので、具体的な運用法なぞ考慮の外。そんなお役所的動機から出てきた要仕様は、とにかくモシン・ナガンを上回ること」モシン・ナガンボルトアクションだからセミオートで、モシン・ナガンが固定式5発弾倉だから着脱式10発弾倉で、モシン・ナガンより精度が良く、射程が長く、軽く、そして既存の7.62mm×54R弾を使う、というものであった。

適当極まりない要仕様のもと、射程距離を稼ぐため身を長くせざるをえず、軽量化のために身を薄くせざるをえず、リム付き弾薬に苦しめられた挙句、出来上がったのは長くて取り回しの悪い、長距離精密射撃にも連射にも向かないであった。ただ、前述のスコープのレンジファインダーだけが、要仕様どおり1,000m以上まで対応している。

採用しておきながら当局も扱いに困ったらしく、当初はごく一部の独立狙撃班や山岳部隊のみの配備とみられ、60年代70年代を通してソ連恒例「の広場の軍事パレード」に登場することも希であった。そもそも、ソ連戦闘教義では戦車で、歩兵戦車の露払いでしかない。まず戦車についていくために、狭い兵員輸送に載せることが優先される。さらに火も充実していて、AK47の射程外は重火器で埋めるのがソ連流である。兵員輸送に載せにくく、AK47の弾が使えない狙撃銃なぞ、邪魔でしかなかったのだ。

そんなイマイチ影の薄い武器だったが、アフガニスタン侵攻で脚を浴びることとなる。
アフガンは、戦車や重火器が運用しにくい山岳地帯が土の大半を占める。そんな地理的制限の中で、長距離精密射撃をとして独立運用される狙撃班ではなく、通常の歩兵部隊の中で選抜された射手に持たせる簡易的な狙撃銃マークスマン・ライフルとして運用され活躍した。 [1]
ただし、の薄い身は熱容量が少なく、容易にエロジョン(熱ダレ、焼き鈍し)を起こすため、そういった運用法でも注意が必要である。

ちなみに、長距離精密射撃用としては、ボルトアクション式のSV-98が採用されている。ドラグノフとはまったく異なる、新設計のである。

関連動画

MMDモデル

関連静画

関連立体

関連項目

脚注

  1. *翻って、戦争自体は大負けに負けた。侵攻しておいて、狙撃のような防御行動が重視される時点で負けの始めである。

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラグノフ

80 ななしのよっしん
2017/04/09(日) 19:40:30 ID: dMs9H4JTF4
>>79
最新厚のバレルを使用して問題を解決した。
81 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 16:21:44 ID: dMs9H4JTF4
SVDはここ数年イラクシリア、アフガンで依然大活躍している。
82 ななしのよっしん
2018/08/28(火) 17:30:29 ID: jRegY0wvjs
10発ってどんなペースで撃ってんだ…

セミオート狙撃銃ボルト引くために構えとかなくていいから次弾が速いってだけで、何メートルも離れた敵にゲームみたいな連射してたらまるで当たらんぞ。
83 ななしのよっしん
2018/09/29(土) 01:35:21 ID: 3EwYkhVzx6
世間で言われてる程傑作ではないけど、この記事に書かれている程カスでもない、で結論づけて良いのかな。
84 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 21:16:02 ID: S4edPe9uuN
>>82
たしか50か1分で10発
アフガンで鹵獲されたのを米軍テストしたときだったと記憶してる
そのテストのまた結論が振るってて「射撃ペースが速すぎた。もっとゆっくりじっくり狙って撃つと、かなり脅威になる」だと
いいかえりゃ、セミオートの意味ねえwボルトアクション使っとけよw設計者はお疲れさんwて
85 ななしのよっしん
2018/11/02(金) 14:09:39 ID: DnCGPKuTcE
なんでこの記事がドラグノフをここまで馬鹿にしてるのかよくわからんな
セミオート狙撃銃ってそもそもゴルゴ13みたいな一発必中みたいな用途のためじゃねえからな(そういう用途には大人しくボルトアクションを使うべき)
これはちょっと後ろから前線の敵をパシパシ撃って相手を制圧・威圧するための小隊支援火器だよ
その的ではよくできたでしょ。それこそ改造AKみたいな構造のPSLよりは(あれはあれで安いから十分だけど)
後精度を多少犠牲にしてまで頑丈さをめてるのはもうロシアからしゃーない。まんまAKといっしょ

こういう中間的なは性が中途半端だからって理論ならまずSMGセミオートライフルの中間をして作られたアサルトライフルって話になるんだが、ここの筆者はそういう思想の持ちなんか?
86 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 19:58:45 ID: S4edPe9uuN
>>85
長すぎて兵員輸送に載せられないのに、その「ちょっと後ろ」って場所に、どうやって持っていくんだ?
アフガンみたく、歩兵車両天井に乗っかるのが戦訓で一般化すれば話は別だが
87 ななしのよっしん
2019/02/26(火) 14:12:23 ID: Qxi3qwQ5cA
S4edPe9uuNの根拠であるドラグノフ狙撃銃という本があまり信用出来ないのではないか?
あまりタイトルのひねりがなくてどれだかわからないが手持ちでそこまでボロボロにこき下ろしてる資料がない
AKの苦手な中距離を埋める中距離狙撃銃としての運用自体は当然考えられているしソ連が重火器一辺倒だとしてもSKSやSVDめられる場所への置き換えには到底ならんでしょ
88 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 16:19:15 ID: T5WI5YBUYP
ロシア車両が使えない土地での運用を考慮してこういうAKより長射程、高威かつ歩兵が持ち運べる銃器の開発に熱心だそうで
12.7mm機関銃弾使うアサルトライフルを試作するレベルだからアメリカなどとは前提とする条件自体が違う
ドラグノフ自体はマークスマンライフルとして優秀と思う
89 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 01:29:51 ID: lddtybgZN8
一生に一度は撃ってみたのひとつ
猟銃としても買えるらしいが、色々めんどくさそうだから海外旅行に行くしかないかな