ドラゴンクエスト単語

ドラゴンクエスト
  • 27
  • 0pt
掲示板へ

ドラゴンクエスト タイトル画面

ドラゴンクエスト(DRAGON QUEST)とは、スクウェア・エニックス(旧エニックス)が発売するRPGシリーズである。略称ドラクエDQ

本記事ではシリーズ全体について扱う。第1作の詳細は「ドラゴンクエスト(第1作)」の記事を参照。

概要

プレイヤー自身がゲーム主人公の立場となり、世界中の様々なを解き明かしながら冒険を進め、悪の親玉を討つことを的とする、いわゆる本来の意味でのRPGロールプレイングゲーム)である。

1986年発売の第1作はヒットし、それまでRPG染みが薄かった日本国内にRPGの基礎を築く。日本でのRPGはこの作品により広く認識され、後に『ファイナルファンタジー』を生み出した坂口博信も、ドラクエを見た事で日本でもRPGが売れる事に気付かされたとっている。

シリーズ化されると人気も加熱していき、3作の発売日には数日前から販売店に面した路上に長の列ができる様子が内外のマスコミにも取り上げられたほか、学校や会社をサボったり休んだりしてまで買いに行ったりプレイに夢中になる者が続出。挙句にはゲームカツアゲする輩まで発生するなど、日本国内に社会を巻き起こした(ちなみに広告キャッチコピーは「日本全土がハルマゲドン」であった。当時はノストラダムスブーム最盛期だったとはいえ言い得て妙である)。あまりの騒動だったため、4作からは発売日が休日に設定されるようになったという逸話がある(10のみ一部平日発売)。

海外市場では『DragonQuest』の名称が当時TSR社が発売していたTRPGに使用されていた関係で、権利問題を避けるため第1作~第4作(NES)と第7作(PS)は『Dragon Warrior』の名称が使われていた(第5作と第6作はエニックスSNES未参入のため未発売)が、第8作からは商標権の取得により日本国内と同じ『Dragon Quest』に名称が変更され、後にDSリメイクされた第4作~第6作も『Dragon Quest』として発売されている。ちなみに第8作以降とDS3DSリメイク版は、それまでシリーズが発売されていなかった欧州でも発売されるようになり、海外受けの悪い日本RPGにしてはそれなりに高い売り上げを記録している。

スクエニによると、シリーズ世界累計販売本数は30周年となる2016年時点で6800万本以上。

ナンバリングタイトル

タイトル 発売日 ハード
ドラゴンクエスト(第1作) 1986年5月27日 FC,MSX,MSX2,SFC,GB,Wii,3DS,PS4
ドラゴンクエストII 悪霊の神々 1987年1月26日 FC,MSX,MSX2,SFC,GB,Wii,3DS,PS4
ドラゴンクエストIII そして伝説へ… 1988年2月10日 FC,SFC,GBC,Wii,3DS,PS4
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち 1990年2月11日 FC,PS,DS
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 1992年9月27日 SFC,PS2,DS
ドラゴンクエストVI 幻の大地 1995年12月9日 SFC,DS
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち 2000年8月26日 PS,3DS
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 2004年11月27日 PS2,3DS
ドラゴンクエストIX 星空の守り人 2009年7月11日 DS
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン 2012年8月2日 Wii,WiiU,Switch,3DS,Win,And,PS4
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 2017年7月29日 PS4,3DS,Switch

ニンテンドー3DSシリーズ2DS系含む)は2018年現在全てのナンバリング作品を遊べる一の機種となっている(1~3がDL版、4~6及び9がDSソフトの互換機、7・8・11が3DSソフト、10がクラウド版)。

次点のスマートフォンiOSAndroid)は1~8までが移植リメイク、10がdocomoのdゲームAndroidスマホ・タブ)で対応している。

SFCおよびGBの1と2は「ドラクエ1・2」としてリメイクしたもので、Wiiの1~3は「ドラクエ1・2・3」として一つのソフトにまとめて収録したものである。

バーチャルコンソールなど、過去ソフトをそのまま配信するタイプサービスでは一切配信されていない(おそらく権利問題のため)。

欧州市場では、オンラインゲームの10を除くナンバリング作品がリリースされている(ただし5・6はSNES版が未発売のためDSリメイク版。また、9は任天堂が販売を担当)。前述の通り(DSリメイクの5・6を除く)7以前の作品は「Dragon Warrior」というタイトルである。また10は2016年中国でのみWindows版「勇者斗恶龙X」としてリリースされている(中国初のドラクエ作品)。

外伝作品

メディア展開

1990年頃のバブル期を中心に様々なメディアに展開された。ここでは代表的な作品を挙げる。

メインスタッフ

この3人は第1作から第11作現在まで、外伝作品を除いて一度も変わっていない。

開発会社

関連動画

タグに「ドラクエ」が使われるが、タグがついてないことも多い。以下の検索リンクも参照。

プレイ動画・生放送

近年はスクエニソフトごとに動画生放送配信ガイドラインを設定している。不適切と判断されれば最悪削除の恐れもあるため、必ず公式サイトの利用条件をよく読んでそれに従うこと

小説

2ch投稿された小説などを動画にしたもの。

MAD

他のアニメゲームなどと組み合わせた動画

音楽

歌ってみた演奏してみたなどがある。ゲームオープニング曲「序曲」は一部で国歌と呼ばれ、「君が代」の歌詞をつけて歌われる。

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 27
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88

ドラゴンクエスト

2063 ななしのよっしん
2019/10/26(土) 14:08:28 ID: L/eg95fKvK
ドラクエウォークこころガチャで心折れそう
クソ排出率の装備ガチャがかわいく見えるレベル
2064 ななしのよっしん
2019/11/23(土) 18:05:34 ID: Zsro6Rv80b
スイッチ版の123グラフィックなにこれ酷い
2065 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 07:44:11 ID: hrwqIzNgOK
主人公が勝手にしゃべっちゃうとプレイヤーが疎外されると思うんです」
って、堀井さんが主人公を喋らせないようにする方針について過去ってたけど、
みんなは主人公になりきるレベルで感情移入ってできる?

ロト3部作はストーリーキャラクター描写はさほど重視されてなかったから
それなりに没入はしやすかったけど、天空シリーズ以降はストーリー性が増えた分、
仲間NPCセリフストーリー進行が先導されるから却って疎外感感じちゃうんだよね。
ストーリー性のあるゲームだとどうしても物語を「追体験する」のでなく
「鑑賞する」というポジションでどうしても見てしまいがちなせいもあるんだと思うけど。
2066 匿名1
2019/12/08(日) 08:06:35 ID: ZzCHp5vQB+
子供の頃からゲーム主人公自己投影した事がいので言動がしっかりしてれば主人公が喋っても良い。
ヒーローズで喋っても特に何も思わなかった。

自己投影意識しすぎて姿すら録に見えいのは一番嫌いだな。
2067 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 08:29:39 ID: i7u5oJY+dc
ドラクエプレイ小学生時分から
主人公プレイヤー の図式はまったく変わってないな。

仲間に「ん?○○なのか?」とか言わせるくらいなら
主人公本人が喋った方がいいと思う。
2068 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 11:50:56 ID: HmJILTK2NK
自分は主人公=自分って印が1番あったのはXかなぁ
ストーリーが進むにつれてえげつない経歴が明らかになってきてからその印は薄くなってきたけど
2069 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 11:55:34 ID: WU3XYYlXG3
そういう別物と認識できる人が多ければFO4も荒れなかったんだろうか
2070 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 11:58:56 ID: L1OQL8a+Od
>>2065
は没入感高かったと思う
多分、主人公が「普通普通の子」で、初期仲間普通人間で、最初の的が冒険と探索という使命感じゃなく好奇心からくるものだったからだと思う
2071 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 16:37:09 ID: UQR3+uNbFV
喋らないって言っても主人公=プレイヤーの構図なのはせいぜい3までで4以降はもう全に主人公プレイヤーの構図よな
まぁどんな口調でどんな性格してるのかとか想像の余地は残ってるとは言え、描写が増えれば増えるほどどうしても違和感出ちゃう部分ではあるよね
2072 ななしのよっしん
2019/12/08(日) 20:55:50 ID: ppY4RWAgfl
>>2070
は逆に7が一番疎外感を感じたというか、没入感が低かったな。
最初の的が冒険と探索という使命感じゃなく好奇心から、っていうのはおおむね同意できるが、だからこそを続ける理由としては弱いなとずっと感じていた。
主人公が喋ればその辺の心の変化等をうまく表せたのかもしれないが。