ドラゴンボール超 ブロリー単語

ドラゴンボールスーパーブロリー
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

最大の敵、サイヤ人

地球には、悟空がいる。

ドラゴンボール超 ブロリーとは、ドラゴンボールシリーズ劇場版20作2018年12月14日開された。

概要

ドラゴンボール超 ブロリー
基本情報
監督 長峯達也
脚本 鳥山明
原作 鳥山明
制作会社 東映アニメーション
音楽 住友紀人
2018年12月14日
上映時間 100
映画テンプレート

テレビシリーズドラゴンボール超』の最終章だった力の大会のその後が描かれる。
シリーズとしては初の映画化作品であり、サブタイトルが敵キャラクター名のみの映画は現時点で本作だけである。

2018年3月22日に特報と第一弾ポスター開される。ポスターには久々に如意棒を持った悟空が一人佇んでいるものが使用されていた。
その段階では悟空が氷山で何かと戦っていることと、力の大会の後のエピソードであることぐらいしか分からなかったが、7月10日に新ポスタータイトルが発表され、メインビジュアルには超サイヤ人ブルー変身した孫悟空ベジータ、そして劇場版に3度登場したあのブロリーが描かれた。
なお、前作『復活のF』ではメイン二人の衣装が新調されていたが、今回のビジュアルでは再びシリーズ染みの仙流着と人造人間編で着用していたノースリーブタイプ戦闘に戻されている(この衣装は『』の終盤でも同じだった)。

鳥山明は「当時ブロリーアニメにほぼノータッチで内容を忘れていたが、アレンジ次第ではかなり面くなりそうだからに組み込んだ。昔のイメージを保ちつつ新たな一面を取り込んでリニューアルした」とコメントした。
また、鳥山は今回の映画について「サイヤ人フリーザ軍の因縁も関わるスケールの壮大な物語」とコメントし、その言葉通り過去シリーズでは設定のみに留まっていた部分も映画化されている。
このサイヤ人過去は本作の5年前に鳥山が執筆し、この時点で彼の漫画における最新作であった『銀河トロールジャコ』の単行本に収録された「DRAGON BALL - 放たれた運命の子供」をベースにしており、同時代を28年前に先に描いていた「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父~」とは矛盾している。(そもそもドラゴンボール超は厳密には“原作漫画”の続編であるため、先の原作漫画映像化作品である無印やZ、リメイクやZの続編であるGTとは繋がらない部分が多い。宇宙戦艦ヤマト並にややこしい事態になっている。)

これは、ブロリーゴジータといった劇場版オリジナルキャラクターバーダックなどのアニメオリジナル設定を本編時系列に組み込む的もあるとされ、実質的に本作はドラゴンボールシリーズ全体のリブート作品ともいえる。

脚本は『神と神』『復活のF』に引き続いて原作鳥山明が担当し、直接メガホンを取る監督には『ONE PIECE FILM Z』やプリキュアシリーズで実績のある長峯達也を配した。
音楽ドラゴンボール改魔人ブウ編および映画第18作より本シリーズに携わっている住友紀人が担当。
画調はテレビシリーズから大幅に変更され、1990年代Zシリーズの色調に近いものになっている。

キャスティング

先に発表されていた通り、2017年に死去した鶴ひろみに代わりブルマ役に久川綾が起用された。既に花王コラボCMでも出演していたが、ちゃんとした映像作品としては今回が初の出演となる。

またパラガス役は2011年より家弓家正(2014年没)からゲームでのパラガス役を引き継いでいた宝亀克寿にそのまま交替。こちらも映像作品では初出演となる。
ギネ役にもゲームで起用済みの渡辺菜生子(今回は出ないがチチと兼役)が起用され、ゲームで決まったキャスト映像作品にそのまま登板するということが起きている。

もともと佐藤正治銀河万丈のふたりいて一定しなかったベジータ王だが、今回は銀河万丈である。

そして本作では少年期ラディッツが初めてしゃべっているのだが、その衝撃的。

本作での主な新設定

前述の通り本作はドラゴンボールのリブートでもあるため、Z等過去の作品とは繋がらない、もしくは新たに設定し直された部分が多数を占める。以下はその一例。
ブロリーについてはほぼ別キャラクターとなっているので単独記事に譲る。
なお、旧設定自体もほとんどはデザインアドバイスなどで鳥山明自身が何かしら関わっているものであり、一概に原作者が認めない非公式なもの、というわけではない。

主な登場人物(声の出演)

スタッフ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%B6%85%20%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラゴンボール超 ブロリー

1216 ななしのよっしん
2021/01/29(金) 11:20:57 ID: XYwyZ04OrC
旧ブロリーとは別のを辿ったブロリーというのも売りの一つですし
1217 ななしのよっしん
2021/01/30(土) 12:25:51 ID: twqctWDqgN
悟空ゴッドは技の戦い方で「人」らしい性質
一方でベジータゴッドでねじ伏せる「サイヤ人」らしい性質
でも悟空が戦う理由は闘いにコミュニケーションを見出すサイヤ人らしさだし、ベジータが戦う理由はするブルマのためっていう「人」らしさ
1218 ななしのよっしん
2021/01/30(土) 13:04:40 ID: VLJoh/cSTk
>>1216
旧ブロリーも「もう一人のカカロット」あるいは原典の「孫悟空(斉大聖)」という趣なのが面かった
頭の輪っかとか
新ブロリーもその点は踏襲されてると思う
前回は大暴れして退治されるまで
今回はお師匠様に見初められるまでって感じで
1219 ななしのよっしん
2021/02/03(水) 11:19:29 ID: 0mCZQrtTNI
>>1209
感想は人それぞれだけど、意見としては話にならん
親父心して〜」って、本気で言ってるの?そんな安易でベタでウェットで陳腐な展開はドラゴンボールじゃない 
王道に見えて天邪鬼論理的で湿っぽくならないところがドラゴンボールの隠れた魅だったりする
あなたはともかく、多くの人はあなたの言うような食傷気味な展開望んでないと思うが

あと"Z"と"原作"ではいろんな意味で少し違う
今回のブロリーは今まで存在しないとされていた"原作世界におけるブロリー"であって、別のキャラクターとして考えるべき。というか、あなたの言う旧原作ファンはそうしてる
1220 ななしのよっしん
2021/03/15(月) 21:45:47 ID: J3hyNyGE+y
>>1211
意見として話にならんとか断定するのもどうなのよ
ドラゴンボールはこうあるべきとかも方個人の感想では?
意見として話にならんというなら>>1211のがよっぽど当てはまると思うが
今までドラゴンボール興味なかったけど、映画の宣伝で興味持って初めて見たって人だっている可性ある
1221 ななしのよっしん
2021/05/05(水) 20:53:07 ID: gSKalXmKC4
正直超ブロパラガス虐待親父のそれに近いので復活させてもねぇって感じ。
1222 ななしのよっしん
2021/05/08(土) 11:30:54 ID: XYwyZ04OrC
CV宝亀克寿の保護者に虐待されてて暴走することがある…
ブロリー北条さとこ説
1223 ななしのよっしん
2021/05/11(火) 02:32:31 ID: qYO4JI5P3o
新作発表されたね
まぁブロリーの出番はないだろうけど、時系列としては今作の直後って形になるのかな
囚人編絡みにしちゃうと漫画読んでない層が置いてけぼりになっちゃうだろうし
1224 ななしのよっしん
2021/05/29(土) 20:59:31 ID: YkipmnR5yL
>>1223
「意外なキャラの大活躍」でチライとレモを思い出した
1225 ななしのよっしん
2021/06/04(金) 15:36:47 ID: 0mCZQrtTNI
>>1220

初めてみた人でも楽しめる面映画だったなぁ〜って思ってるけど。
とてもいい脚本だったから、その人の言ってる「パラガスブロリー に抱きついて…」みたいな善案(?)に全く同意できなくて、話にならないと言っただけだけど。