ドラゴンボーン単語

ドラゴンボーン
曖昧さ回避

この記事はコンピュータRPGThe Elder Scrolls」のキャラについて記述しています。
他の項については以下を参照してください。

TES関連項目 帝国軍からのお知らせ】
帝国は常に「The Elder Scrolls」関係の項を探している。
その気があるなら「TESシリーズの関連項目一覧」に行け。

ネロ&ニコ

ドラゴンボーンとは、ベセスダ・ソフトワークスRPGThe Elder Scrollsシリーズに登場する特殊者の名称である。

また、シリーズ5番に当たる『The Elder Scrolls V: Skyrim』の主人公の通称でもある。

ドラゴンボーン(能力者)

大神の一柱とされている竜神アカトシュに祝福された存在。ドラゴンボーンとは人間の言葉で「の血族・の血脈 (Dragonborn)」を意味し、ドラゴンで「ドヴァキン」「ドヴァーキン」ともいう。

一般的な者たちとは違って、倒したドラゴンの魂やを吸収するを持つ。これにより、本来は不滅の魂を持つはずのドラゴン全に倒すことができる[1]。この事から、作中においては、生態系の頂点に立つドラゴンすら恐れる究極のドラゴンスレイヤーとして知られている。

また、ドラゴンと同じく「シャウト」(スゥーム)を使うことができ、更にシャウトに対する適応が非常に高く、素養のあるものですら非常に長い年をかけて会得しなければならないシャウトを、ほんの細なことで覚え、使えるようになってしまう。 [2]

帝国皇帝タイバー・セプティムの一族に代々このを持つ者がいたことから、皇帝の血族しかドラゴンボーンになれないと考えられていたが、ドラゴンボーンを代々導いてきた組織であるグレイビアードいわく、皇帝以外にも同様のを持つ者が時代の変わりにはたびたび現れていたらしい。
(ドラゴンボーンの祝福はアカトシュ特定の対を選んで与えるものであるため、つまり、ドラゴンボーンだった者の子孫だからといってドラゴンボーンになれるわけではないという事である)。

また、ドラゴンボーンとなり歴史を築いた者たち(シロディール帝国皇帝)、ドラゴンボーンを補佐する組織(ブレイズ)、ドラゴンボーンを導いてきた組織(グレイビアード)など、地域によってはドラゴンボーンが世界に対して及ぼした影を示す跡が現在も残る。

ドラゴンボーン(Skyrim)

今作の主人公にしてドラゴンボーン。

トレイラームービーイラストでドラゴンボーンの徴として描かれている「」系装備だが、序盤で登場する装備であり、後半はあまり使わなくなる装備である。 [3]

TESシリーズでは定番となっている囚人プレイからのスタートになる。プレイヤーにより種族・性別・顔・体は異なるが、いずれのドラゴンボーンもホワイトランにおいて最初にドラゴンを倒したときからグレイビアードなる者達に呼ばれてドラゴンボーンとしての人生が始まることは共通である。なお、メインクエストは存在するが義務必須の類ではなくサブクエストなどを行ってから始めても問題ない。

ドラゴンボーンの大半は、ヘルゲン → リバーウッド → ホワイトランと順当に行った後、グレイビアードからの呼びかけに応じてハイフロスガーに向かい、そこで己の存在と己の運命について向き合い、世界を滅ぼそうとたくらむドラゴンたちとの戦いに立ち向かっていく。

 

グレイビアード

「あのドラゴンボーン全然来ないわ」

……というのが基本ルートだが、中には 1周プレイしたことがあるからか 前世の記憶が残っているのか、ハイフロスガーどころかホワイトランやリバーウッドにも行かず、ひたすらスキル上げにいそしんだりサブクエストばかりこなしていて、グレイビアードの呼びかけに応じる気がない者もいる。

それどころか、デイドラ崇拝者になったり、盗賊になったり、戦争に参加したり、通り魔になったり……果ては、全裸になって歩きまわる、酔ってモンスタープロポーズするといった奇行にはしる者までいたりする。

さらにいえば「ウェアウルフの血が内に流れていて吸血鬼でもあり、盗賊団と同胞団と暗殺団のリーダーでもあり、帝国軍と反乱軍英雄でもあり、各地の従士でもあり、ヴァンパイアハンターでもあり、邪神の下でもあるドラゴンボーン(なげぇ!)」……という、選択肢しだいでどのような役職にもどのような立場にもなれるという、まさにフリーダムな存在である。

ドラゴンシャウト

ドラゴンボーンの特徴の一つがこのシャウトで、「」をキーとして発動させる魔法の一種である。

シャウト」または「スゥーム」とも呼ばれる(地域や生物種によって呼び方が違うことがある)。

こちらを参照 → スゥーム

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *この世界では相手の魂を吸収して閉じ込めるのには魂石(Soul Gem)を用いた魂縛が一般的だが、ドラゴンにはこの手法がまったく通用しない。
  2. *かが使うところを見る(ドラゴンレンド)、他人の魂から学びとる(グレイビアード)、ドラゴンでの発音を聞かせてもらう(オダハヴィーング)など本当に簡単なことで覚えられる。
  3. *鍛冶スキルプレイヤーレベルが高ければ強化して長く使うことはできるが、後から登場する上位の装備を強化した方がやはり強いため、縛りプレイ以外で使うメリットは少ない。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラゴンボーン

22 ななしのよっしん
2017/02/22(水) 03:01:14 ID: TRXTB2wy8A
ミラークが死んだときのことを考えるとドラゴンボーンが死んだら吸った魂はどこへ行くのか気になる
23 ななしのよっしん
2017/05/05(金) 02:19:20 ID: 4H5zb5ahJ5
の血脈のが体の中でグルグルしてる!
しばらくしたらノドのからスゥームドヴァーっと出た!
あぁ^~!たまらねえぜ!(爽快
24 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 07:55:25 ID: XvKk7n7F+D
( ゚∀゚)o彡°ドヴァキンドヴァキン!!
25 ななしのよっしん
2018/05/07(月) 10:10:49 ID: NE4XAtvYKI
ドヴァキンって要するに生きた魂石なのかな
普通の魂石での魂は縛れないがドヴァキンのみは自分自身に魂縛することが出来ると
26 ななしのよっしん
2018/06/18(月) 08:17:15 ID: sFi4rqNwD/
もしかしたら自分はドラゴンボーンで、まだそれに気がついていないだけかもしれないと考えることがある
27 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 22:06:25 ID: sxMzFVhu/i
クエストやってるとデイドラとズブズブな関係になる
その中でも特にハルメアス・モラとの関わりが深い(メインで一回、DLC3ではほぼハルメアス・モラの手のひらの上、の書)
28 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 14:20:25 ID: 7a4+1PxUX7
皆はどの装備が一番好き?
自分はドワーフ装備だな
自分がドワーフセンチュリオンマスター変身した気分になれる
29 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 14:45:32 ID: GxZvTn3Om6
ニルン (エルノフェイ で 『アリーナ』)では々の代闘士として各種族が活躍してるわけだが、
ドラゴンボーンは何らかの役割期待されて催者サイド大物アカトシュ)から直接特典貰ってる選手なんだよね。
やたらと闘技場に乱入したがるデイドラの皆さんにドラゴンファイアで入場制限かけたり
闘技場ぶっ壊す勢いで暴れてるドラ息子を出場停止処分にしたりと。
ただ当代のドヴァキンが最後のドラゴンボーンって予言はひっかかるが…。
常時稼働の障が出来てアルドゥインもニルンから追放されたから
アカトシュ的には定命者がドラゴンに並び立てる程の特典はもういらないよね、って事だろうか?

>>28
ドーンガード一式かなあ
系装備やmod装備とも合わせやすい
30 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 17:25:38 ID: YTxsa7Kv8g
>>27
ハルメアス・モラ信者の自分としては嬉しい限りでしたけどね(普通に従属系の選択肢ばかり選んでいた) 一説によると前作、オブリビオン主人公は今作のシェオゴラスになってしまったという説も有るみたいですし、DLCでやけに関わりが多かったハルメアス・モラと何らかの関係性がもしかしたら続編で出てくる可性も?
けど、あの方、寛大ではあるけど用済みになったら直ぐにポイっちょしちゃう所があるから…(セプティマスミラーク等 後者は裏切り、出し抜こうとしたからというのもあるだろうけど)

>>28
ナイチンゲール一式ですかね。バニラで顔グラに自信がい時はフードは有り難い+マントっぽい感じのが有ってお気に入り。
31 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 04:09:45 ID: VaY+NedC5b
>>25
なるほど、面い説だし納得出来る。
それを採用した「ドラゴンソウルクソ強付呪が出来るMOD」とか欲しくなってくるね