ドルニエDo 31単語

ドルニエアインウントドライスィヒ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

ドルニエDo 31とは、旧西ドイツドルニエ社で試作されたVSTOL輸送機(!)実験機である。実際に制作され飛行に成功した一のVSTOL輸送機でもある。1967年初飛行。

前史

ドルニエ社とは1920年ごろから活動を開始した航空機製造会社で、輸送機爆撃機を作っていた。第2次大戦後混乱もどうにか乗り切り、戦後輸送機や小旅客機を製造している。

さて、東西冷戦中の1960年代。西ドイツアウトバーンを使って離着陸できる輸送機を作る計画を立ち上げた。それに応じドルニエが作った機体こそDo 31だった。

最初ドルニエ社はトラスフレームに操縦席とエンジンをつけた『ヴィッペ』(Wippeシーソーのこと)という簡単な実験[1]を作り、その飛行でえられたデータを元にDo 31は作られた。

解説

機体そのものは普通の高輸送機ハリアーに採用されたペガサスエンジンを2基の下にるし、垂直上昇には推がまだ足りないのでVTOL機の垂直上昇用サブエンジンとして販されていた[2]ロールスロイスRB162端に4基ずつ(!)積む。その推合計は294.46kN、kgf換算なら30,000kgf(=推30t!)というバカ馬鹿で機体を持ち上げる。

特筆すべきはこの機体を開発するために『ハイブリッドコンピュータ』なるものをドルニエ社がわざわざ作った点。姿勢制御に複雑な計算を必要とされたDo 31だったが、それを達成するには当時のデジタルコンピュータは信頼性がたりない、信頼性にたる真空管を使ったアナログコンピュータでは計算が足りないという状況だった。そこでドルニエ社は両方を組み合わせたいいとこどりコンピュータである『Do 960』をDo 31の設計のために制作した。今で言えばコンピュータと関係ない企業が自前でスーパーコンピュータを1から作ったって感じ。

ちなみに、キモである貨物搭載量は……。

    

    

搭載量は……。

    

    

ええと……。

    

    

実際のところどうよ

貨物搭載量、たったの3.5トン

エンジンを実に10基も積んで日本の3tトラック程度しかつめないというのが問題になった。また航続距離1800km(=行動半径900km未満)というのも問題になった。どうしてこうも低性になったかと言うと、垂直上昇に使うRB162飛行中は全にお荷物になるうえ理に垂直上昇させるので燃費も悪かった(ただでさえペガサスエンジンジェットエンジンの中でも燃費が悪い)。ちなみによく似た用途の21世紀の機体であるオスプレイは4.5tの荷物を積んで航続距離は約3500kmである。

費用対効果が低いと考えられたDo 311970年、計画がキャンセルされた。試験中、奇跡的にも事故は一度も起きなかったという。ただ、VSTOL機開発の歴史から考えると左右にエンジンがあるタイプVSTOL機は片方が止まると致命的な事故になることが多く、実用化されてもいつか大事故がおきただろうと考えるのが自然である。それを考えるとドイツがDo 31の開発をやめたのは正解だったと思う。

東西冷戦のあだといっていいDo 31は3機作られ、2号機は行方不明になってしまったが残りは現存。ミュンヘン郊外ドイツ航空宇宙センタードイツ博物館分館にそれぞれ保存されている。

余談

ドルニエ社はその後破壊ネ申A-10を作ったフェアチイルド社と合併。フェアチイルド・ドルニエ社を名乗るが、2003年倒産アメリカ同時多発テロのとばっちりで飛行機が全く売れなくなったためといわれている。資産ハゲタカのごとくいろんな会社に奪い去られ、1920年代から存在した名門ドルニエ社は現在跡形もな……くなったかと思いきや、掲示板にあるドルニエ228は製造権を買い取ったドイツのRUAGエアロスペース社によって現在も製造中。ドイツカワサキもといドルニエの血脈は今も存在している。

関連動画

 

関連商品

ドルニエdo 31に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ドルニエdo 31に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *日本でも同時期、フライングテストベット試作機というよく似た形の実験機を作っている。
  2. *同じドイツVSTOL戦闘機であるVJ101フランスVSTOL戦闘機であるミラージュIII-Vにも採用されている。どっちも実験機で終わったけどな!

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A8do%2031

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドルニエDo 31

1 ななしのよっしん
2013/07/10(水) 00:43:49 ID: VBXMGIiw1k
記事作成、
こんな英国面的なドイツ機をよくもまぁwww

日本ではドルニエ228調布飛行場で見れるよ。
府中とかでたまに直上を通過していくのがまったりかわいいよ。
2 sotomichi@記事主
2013/07/10(水) 04:25:12 ID: ob9WtfYKa8
>>2
英国面言うなぁ!(
確かにメインエンジンであるペガサスエンジン英国面の最たるものですが、機体の設計自体は当時としては非常に手堅いものだったと思います。
つか、3.5tとはいえ重い荷物を運ぶ輸送機を設計専用コンピュータを新規作成してまで作り、VTOLで曲がりなりにも飛ばしてみせたドイツパネェ
日本人VTOL機テストベッド以降は模型でしか飛ばしてないって言うのに……(予算さえあれば実機作って飛ばして見せるとJAXA中の人は言ってますが)。
3 ななしのよっしん
2013/07/11(木) 23:43:32 ID: VBXMGIiw1k
レストンクス!
JAXAというか航空機だからNALかな? 個人的には飛鳥の件ではどうも意気込みが微妙だった思い出がー。
ソ連と較べるのが間違いという気もするけどw
4 sotomichi@記事主
2013/07/12(金) 11:18:59 ID: ob9WtfYKa8
>>3
レストンクスといわれてうれしくなって、思わず飛鳥の記事作っちゃったよwww飛鳥航空機
5 ななしのよっしん
2013/07/13(土) 19:42:02 ID: VBXMGIiw1k
飛鳥 (航空機)の記事ですね、わかりました。というか、ハヤスwww
6 ななしのよっしん
2013/09/11(水) 12:13:14 ID: 53RgYkuwnX
ペガサス完成するまではこんなのばっかだったんだから仕方ない
どのリフトファン搭載機も恐ろしく低性でデカイし(Yak-141はかなり後発なだけあって性はそこそこだったようだけど)
7 ななしのよっしん
2014/01/24(金) 00:04:12 ID: VBXMGIiw1k
動画…、さすが記録魔のドイツwww
ところで日本ではドルニエというと第二次世界大戦末期に登場した(変態)刺しエンジンプロペラの
Do335プフイルが有名だと思ってたり。
ジェット機なみの速度総統閣下が狂喜乱舞したという逸話が好きw
>>sm9494299exit_nicovideo

>>az4893191802exit_nicoichiba

というか世界傑作機で出てたのか、マジランカッタorz

>>6
Yak-141の魂と心臓F-35Bに引き継がれてますから素性は良かったんだろうなぁ…
8 sotomichi
2014/01/27(月) 11:33:23 ID: ob9WtfYKa8
>>7
……プフイルに記事を書けという電波が届いているのは気のせいだな、うん。
9 ななしのよっしん
2014/01/29(水) 01:05:10 ID: VBXMGIiw1k
バレバレ、サーセン\(^o^)/オワタ
10 ななしのよっしん
2015/10/05(月) 13:16:13 ID: RGsfR1WVlW
>>2
> 確かにメインエンジンであるペガサスエンジン英国面の最たるものですが、機体の設計自体は当時としては非常に手堅いものだったと思います。
いやいや、リフトエンジンRB162も中々のツワモノなんですなこれが。
コンプレッサーのタービンはプラスチック製、ガワはグラスファイバー製という・・・すごいエンジンだ。
今でこそLEAPエンジンで複合材とか使われているけど、こいつは半世紀前に設計されたエンジンということを考えれば十分過ぎるほど紳士的なエンジンwww