ドルフ・ラングレン単語

ドルフラングレン

ドルフ・ラングレンとは、スウェーデンで発見された不発弾出身のアクション映画俳優監督である。身長198cm、体重108kg。極真空手有段者かつ高学歴かつイケメン→渋いオヤジというチート人間である。

25年間の俳優業を経てスクリーン上で天誅を下した悪党(時々善良な市民)の数は632人に及ぶ。これは、ハリウッドのみならずアクション映画史上に特質する記録である(後述)。

概要

日本での称は「人間核弾頭」並んで「不発弾」。極真空手の有段者であり大山倍達をして「スウェーデンの若」と評される。全盛期には二本の氷柱を左右から振り降ろす手で同時に叩き割るなどといったデモンストレーションを見せている。

またIQ160の頭をもち学生時代は科学を専攻、マサチューセッツ工科大学入学。それに加えて英語ドイツ語フランス語日本語を話せる。(ただし、訛りはキツイ)しかし、科学は不向きと悟って大学中退俳優を志し現在に到る。

以上の人間チートぶりの割りにB級映画俳優としてストイックに活躍する姿が強なギャップをかもし出しており、「マサチューセッツ&極ハリウッドテレビ東京行き核弾頭不発弾)」とギンディ小林を中心にネタされている。

出演する映画の傾向

演する作品は、アクション映画の中でも総じてB級映画が9割以上を占める。A級映画の場合はほとんどが悪役としての出演が多く、いずれも強な印を残している。
スタローン演の『ロッキー4』で演じたドラゴは、冷酷な性格をしたソ連出身のボクサーとして、ヴァンダム演の『ユニバーサルソルジャー』では人間を収集する狂気の軍人を、キアヌ・リーブ演の『JM』ではビートたけし演じるヤクザの雇ったカルト宗教教祖殺し屋などを演じている。
しかし、本人は悪役俳優レッテルを避ける上に、B級映画でも演としての出演に拘ったことが現在B級映画界のカリスマというポジションを形成した切っ掛けとなった。

近年は演を兼ねて監督としても活躍している。自営業ともいう。

演技下手との評価がありB級資本に身を落とした要因という評価もあるが、言の訛りは彼に限った話ではなく、長年のキャリアで様々な役に意欲的に取り組んでおり、“それなり”に演じ別けている。

作品の評価(あくまで一例)

日本インターネット上では『リトルトウキョー殺人課』の評価が抜きんで高い。故ブランドン・リーとの共演、『コマンドー』のマーク・L・レスター監督による大味ながら印的なアクションジョークを交えた演出。加えて、日本に対する間違った認識が散見され、それをドルフ演じるケナー刑事真剣な表情で解説する。そのギャップは強なモノであり爆笑するしかない。劇中ラストで登場する彼の勝負日本人に似合うシロモノではなく「逆に似合ってる。」と言わしめるほど強存在感である。

海外ではカートゥーン『HE-MAN』の実写版『マスターズ:覇者』での初演のイメージも強く「ドラゴに次いでネタにされている」と本人が言している。『HE-MAN』は日本国内でこそ知名度は低いが、世界的にヒットした米国を代表するカートゥーンなのだ。

日本では『HE-MAN』での行は困難であったために演2作の『レッドスコルピオン』が初演作として開され、好評を博している。

つづく『パニッシャー』では人気アメコミの冷酷な私刑人を怪演。後の『レオン』を彷彿とさせる冒頭の手マフィア皆殺し、下水道内で全裸にて瞑想する姿は「狂気をんだパニッシャー」を最も忠実に演じている。しかし、パニッシャートレードマークである髑髏マークが排除されおり原作ファンから総スカンを受ける。これはラングレン本人が髑髏マークを拒んだと言われているが、実際は現場スタッフの意向であり映画ストーリーや脚本はパニッシャー私刑人という位置づけ以外は原作を尽く視していた。『マスターズ』では英語の訛りを除いてはHE-MANに忠実であり、本作においてはく染めを生やすなど役作りには相当こだわっており、「スタッフの用意した衣装の出来は良かったが、髑髏の衣装を着れなかった事には残念だった」と回想している。

このあたりから、B級映画俳優として地位築く事となりあの『リトルトウキョー』に出演するに到る。

ユニバーサルソルジャー』ではヴァンダムと対決、ドラゴとは全く印の異なるクレイジーな軍人のサイボーグとしてヴァンダムと死闘を演じカルト的な人気作となる。2009年製作された続編『機動戦士ヴァンダム 逆襲のドルフ』ユニバーサルソルジャーリジェネーション』では、前作で倒されたため記憶喪失状態で復活するが、記憶がくてもなお殺戮を続けてしまうどこか哀愁の漂う役柄で、劇中の中ボスとしてヴァンダムの前に立ちはだかる。

例外として『JM』では、後半から登場し、猟奇的な殺人鬼を演じる。(キアヌ・リーブスと本格的な格闘シーンが予定され出番も多い予定であった為にこの役を快諾していたとされるが、キアヌが「ドルフと戦いたくない」として格闘を拒否、大幅に出番が減ったという噂があるが情報は不明。もしこれが本当ならCGを駆使してキアヌをヒーローにし、俳優の多くをスクリーンから放逐する形となった『マトリックス』の大ヒットといい、屈辱的なエピソードである。)

90年代後半は、『JM』の行的失敗に加えて監督に恵まれなかったものの、以下の作品が難な評価を受けている。

映画監督として

映画監督として、DVDセール向きの自身演の低予算アクション映画を世に放っており、初期の3作『ディフェンダー』『レッドリベンジャー』『バトルライダー』は日本でもリリースされており「つまらなくもないが面くもない」微妙な評価であった。しかし、『レッドコマンダー』『ザ・リベンジャー』の二作では監督としてのセンスが開しており、傑作バイオレンスアクションの評が多く寄せられている。

リアリティーに拘った残酷描写も散見されるのだが、この残酷シーンをやり過ぎず、避けすぎず絶妙な加減で男の本を刺するアクション映画スパイスとして最大限に活かしており、他ドライな演出を多様、低予算市場ながらハードボイルドアクションの現役監督として再評価が高まっている。現在スティーブン・セガールとの共演企画を進行しており期待が高まっている。

ラングレンが生き残った理由

多くのアクション俳優90年代後半から低迷期に入ってしまう。スタローンヴァンダムB級映画の出演が常となりこの状況から抜け出すべく迷走する事となる。

しかし、ラングレンの場合はドラゴとHE-MANの印を払拭するための迷走からキャリアが始まっている為、B級資本でのサバイバル術を体得していたものと思われる。

また、チャック・ノリスが例にあるようにB級である事がネタにされかえって彼の個性となっており、期待の大作『エクスペンダブルズ』においてはスタローン監督・主演作にドルフ・ラングレン参加。「B級アクション祭」に!exit、「期待の超大作」exitから「B級アクション祭」に前評が変わっており、「ドルフ=B級」という彼への、最大級のジョーク賞賛と言うべき報道がなされた。

また、本人もそれを把握している開き直ったかのように自虐ネタを披露する事もあり上記の『エクスペンダブルズ』の来日時には「スタローン監督があなたを起用した理由は?」と聞かれれば「ギャラが安いから」と切り替えし、「自分の出てる作品に関しての質問は面い作品だけにしてくれ。まあ、そうなると3本しかいんだけどね」と自分の監督作数よりも少ない数字を引き出し、俳優よりも空手としての来日経験のほうが多い」等、フリーダムな事になっている。それ以前にも米国コント番組やCMにおいて出落ち要員ゲスト出演などもしている。

ただし、これらはあくまで開口一番のジョークの話であり、インタビューの本題にはに答えているは留意すべきである。

再評価:映画史上最強のアクション俳優説、浮上

以上の経歴からネタにされやすい彼であるが。25年間B級映画に出続けた結果スクリーン上で、632名の人間殺していたことが近年発覚した。この数字は、『エクスペンダブルズ』の出演俳優の中でも突出した数字であり二番に多いシルベスタ・スタローンでさえ340カメオ出演であるアーノルド・シュワルツェネッガー512人較しても100人以上の差がいている。同じくB級映画コンスタントに出演を続け最強説の根付い良いスティーブン・セガール523、逆に3度も殺されているジャン=クロード・ヴァン・ダム365である。他、有視されていた歴代のアクションスターでは、クリント・イーストウッド311名、故チャールズ・ブロンソン=350ジャッキー・チェン211日本最強補である故・勝新太郎324世界最強であるチャック・ノリス348人+大魔王(?)。かしい功績を残したアクション俳優たちでさえ、彼の記録に太刀打ちする事は今後困難である。しかし、そんな怪物ドルフを俳優が存在していた。チョウユンファである。ユンファは、現在まで658人の悪党を射殺している。しかし、ユンファ現在アクション映画の出演に苦言を呈しているとされる、一方で職人業の如くアクション映画演・監督拘り続けるラングレンがこの記録を追い抜く日が来るのは想像に難くない。

逸話

名言

ラングレンをモデルとしたキャラクター

関連動画

NostalgiaCriticはこの動画以外でもスウェーデン訛りの怪優と言う触れ込みでドルフを幾度かネタにしている。実はファンの可性もある、というか彼をネタにして笑いを取れると思っているのは彼のファンぐらいのものである。

関連商品

関連コミュニティ

ドルフ・ラングレンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドルフ・ラングレン

47 ななしのよっしん
2017/12/04(月) 15:07:18 ID: WTEcqBw5vG
処刑微妙だったけど、シャークネード5ではすごいタイミングで出てきて奮しました!
48 ななしのよっしん
2018/04/26(木) 03:16:32 ID: DBWglY+hqZ
ちょっと前Instagram北斗の拳
ファルコ写真を自アップしてて
どこかで見た事あるんだけどって
書いててワロタw
49 ななしのよっしん
2018/04/26(木) 03:18:11 ID: DBWglY+hqZ
あ…リンク貼るの忘れてた
https://www.instagram.com/p/BfoNslGg-Rv/exit
50 ななしのよっしん
2018/06/12(火) 12:22:21 ID: 22TzpXgIUr
マスターズ」と「パニッシャー」が
ようやくブルーレイ日本版で発売されるそうで感
ついでに「ピースキーパー」や「スナイパー」なんかも
ブルーレイ化してくれると有難いなぁ
51 ななしのよっしん
2018/09/27(木) 22:08:53 ID: 4htzzPyZ3t
クリード2に出るのか
そう
52 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 21:51:36 ID: ID/LFW0EPE
クリード2楽しみすぎ
53 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 21:37:31 ID: ID/LFW0EPE
ラングレンの演技実感こもりまくってたな
54 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 16:01:09 ID: Cz4CA9PL1h
エクスペンダブルズのガンナーといい
ドルフの人生をぶち込んでくれるスタローン優しい
55 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 21:50:40 ID: 3y6Y87meyJ
クリード2のドラゴ親子には涙せずにいられんかった……
56 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 18:41:19 ID: Cz4CA9PL1h
クリードの吹き替え若本でも大塚明夫でもないのね
アクアマン染みのい人だったし

急上昇ワード