ドロス単語

ドロス
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ドロスとは、アニメ機動戦士ガンダム」およびそのシリーズに登場する架宇宙艦艇または艦級。ここではドロス級そのものについて述べる。

概要

ジオン公国軍所属。登場自体は初代ガンダムだが、初代含めドロス級の描写は乏しい。建造数も最低でわずか三隻でしかないが、様々な意味で宇宙世紀において最大級の艦艇の一つである。

艦種・名称

艦種は空母。現時点では宇宙世紀において艦種が空母である航宙艦艇、すなわち当初からMS専用空母として建造された艦艇はドロス級しか存在しない。
一応、連邦ネルソン級も空母とされるが「軽空母」である上にネルソン級はサラミス級の改造であり、純然たる空母ではない。また、航宙艦艇に限らないのならばガウ攻撃空母が存在する。

名称の由来は不明。ただし、同艦三隻全て、名称の文字数が3文字であり「ロ」の文字が入っているという共通点がある。

建艦までの経緯

ドロス級建艦の経緯は現時点でははっきりしていない。
しかし、当時のジオン軍の艦艇構成を考慮してみた場合、ムサイ級はMS搭載艦として十分な設備を持つが、こと搭載数については4機と決して多い数字ではない。チベ級は搭載数こそ最低でも8機とムサイ級より優れている上カタパルトも装備していたものの、旧式艦に改造を施していた艦級であるため整備で言えば決して優れているわけではない。
そのような中でMSを実用化し兵器として運用していたジオンにとって、MSを効率的に集中運用する艦を建造するということは至極当たり前の結果だったといえるかもしれない。

建艦開始時期もはっきりとはしていないが、ドロワの経緯からみて少なくとも0079年4月以降あたりには建造中あるいは建造が確定していたものと思われる。

性能

全長492m。ムサイ級の234mの倍以上であり、マゼラン級の327mすらえ当時としては最大級のサイズを誇る。
また、他の艦艇は程度の差こそあれ前後に細長い形状であるが、ドロス級は正確な数値こそはっきりしないものの横幅もかなり大きい形状となっている。この辺りは全長が487mと近いラー・カイラム較してみると分かりやすい。(参考までにラー・カイラムの横幅は165m)。
横幅だけであるならばグワジン級も相当なものであるのだが、あちらは状の部分がり出しているが故の横幅であるのに対し、ドロス級は艦体そのものが横に大きいという特徴がある。

エンジンは熱核ロケット×5。前方から見るとムサイ級のようにエンジンブロックが本体と分離しているように見えるが、実際にはグワジン級のような本体埋め込み式である。

武装は連装メガ粒子砲×8、連装機関×2。連装メガ粒子砲は他の艦艇のものより大に見えるが、うち6門については艦体の左右に半ば埋め込まれる形で装備されており、それぞれの方向しか攻撃できない。残りの2門については艦体後部の左右のり出しに艦の後ろを向く形で装備されており、前方を攻撃することはできない。
そのサイズからして個々の武装の威等は他の艦の物よりも高いと思われ、一説には戦艦あるいは要塞並みの対艦とも言われるが、こと対についてはその艦体を考えれば貧弱の一言であるといる。その点については搭載しているMSにゆだねる形となっており、このあたりはムサイ級にも通じる設計思想と言える。

MSの搭載数はなんと182機。これは宇宙世紀はおろか他シリーズを持ってきたとしても最も多い部類に入る。さらにこの数字はMSだけの数字であり、これに加えてガトル宇宙戦闘機やMAなども多数収容していた。
MSの運用機についても、ムサイ級のようにMS運用を第一の考えた艦であるため整備機や冷却機は十二分に備わっており、事実ア・バオア・クー要塞戦においては前線にてMSに対し継続して整備と補給を行う拠点として非常に大きな役割を果たしていた。

この搭載機を発進させるカタパルトは縦に並べる形で計7基装備している。上から数えて2段と3段カタパルトは並列に2基配置されている。7基という数字はやはり各種艦艇全体から見ても多い。(数だけならば上に予備含め14基のカタパルトを持つドゴス・ギア級が存在する。ただしこちらの搭載機数は48機。)
驚くべきはそので、艦載機の全機発進は約8分で行えるとも言われ、その搭載機数と相まってMS展開は他の艦の追随を許さないレベルであるといえる。
なお、着艦デッキについてはその有は不明。

機動性についてはその巨体故に劣悪であるとされる。あまり機動性について触れられることの少ない航宙艦艇において明確に悪いとされていることからもその程度がうかがえる。そのためさながら移動要塞のような扱いで運用された模様である。

戦歴

現在確認できる中では、実戦投入はドロワが一番い。ドロワはキシリア艦隊の本拠地・グラナダに配備される予定であった。ところがキシリアが望む潜水艦隊の創設にドズルが反対していたためドロワをドズル配下の宇宙攻撃軍に譲渡する事で潜水艦隊創設を認めさせた。こうしてドロワはドズルの管轄下に置かれソロモンの防衛部隊に配備される事となった。

0079年12月24日地球連邦軍のチェンバロ作戦が始まりソロモンが攻撃を受けた。ドロワも今だ未完成ながら防衛部隊として発進し、搭載モビルスーツを出撃させたが連邦軍の猛攻と新兵器ソーラシステムの攻撃でソロモンの陥落は確定となってしまった。ドズルは残存の艦隊にア・バオア・クーへ撤退するよう命じたためドロワも撤退を開始した。ドロワは鈍足で、撤退する艦隊からかなり遅れていたが、逃げ遅れた友軍が鈍足のドロワに何とか追いつく事が出来たため結果的には多くの友軍を救出した。その中にはアナベル・ガトーも含まれており、彼が動きの遅いドロワに迫る連邦軍追撃部隊に大損を与えてくれた事も手伝って、ドロワ事に逃げ延びた。この後、ドロワアナベル・ガトー母艦となった。

その後ドロス級は2隻ともギレン直轄となり、宇宙要塞ア・バオア・クーにてドロスはNフィールドドロワはSフィールドに防衛線の要として配置された。
0079年12月31日連邦軍の一号作戦が開始され、ア・バオア・クーへの攻撃が始まる。ドロス隊は善戦し、ギレン総帥の采配もあって一時は連邦軍の攻勢を抑え込み、巨人の巣と恐れられる程の活躍を見せた。しかし、キシリアによるギレン、それに伴う揮系統の一時的な混乱を見逃さなかった連邦軍により猛攻を受け、9時40分に一番艦のドロスが撃沈、同日10時10分にドロワも撃沈され、宇宙の藻となった。中には修理中のモビルスーツエースパイロットが多数乗艦していたため、彼らを連れにしてしまった。ドロス級2隻の喪失によりジオン艦隊は急速に戦を失い、敗北が決定的なものとなったという。

三番艦ミドロは実戦に参加せず残存した。一説によると面基地グラナダとサイド3に残る戦、そしてこのミドロの存在により、連邦軍は2つの宇宙要塞攻略により疲弊しきった残存戦によるジオンへの攻撃を断念し、ジオン側からの停戦を受け入れざるを得なくなったとも言われている。一年戦争後におけるミドロの行方は判明していない。

余談だがガンダム戦記アバンタイトルの終盤で大破したドロス級が登場するが、ドロスなのかドロワなのかは明らかにされていない。ただ、ジオングが出撃していた戦域(Sフィールド)に漂っていたと考えられるのでドロワの可性が高い。

ドロスの登場自体はファーストガンダムで、テレビ版では撃沈シーンが描かれたが劇場版では省略されている。が、後に製作されたOVA機動戦士ガンダムMS IGLOOの第6話にてドロスの撃沈シーンめて描かれた。ドロスの撃沈に伴い、ジオン軍守備隊が崩れていく姿も描かれている。

後継艦

存在しない。
それどころか設計思想を受け継いだ艦すら存在しない。
前述のとおり、宇宙世紀において(今のところ)MS空母は後にも先にもドロス級のみである。

その後の艦艇は戦闘艦艇にMS運用を持たせるというムサイ級に近い思想の艦のみが作られていった。
この原因としてはジオン系組織については単機特化、しかもドロス級について言えば運用コスト大な艦を持つ余裕がなかったこと、連邦においては大規模艦隊戦を行うことがなくなり、デラーズ紛争での戦訓も相まって専従艦を持つ必要性がなくなったことが考えられる。

THE ORIGIN版>

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では設定が変更されており、TV版ではMSが発進する前方下部のカタパルトから艦船が発着する全長がkm単位移動要塞として登場している。

ア・バオア・クー戦闘にはキシリア揮の下で参加し、長射程・高火力を活かして連邦艦船を次々と撃破し続けるが、その後ギレン死亡やその後の混乱などの原作同様の経緯を辿って戦況は悪化する。

それでも大将を失い軍勢も損耗し尽くした連邦に対して傷のグラナダ軍団と共にキシリアが停戦のために当てにする程のを残していたとされるが、やはり原作通りに脱出しようとするキシリアのいる艦シャアバズーカで撃ち抜くと、船はコントロールを失い、ドロスの格納庫に突っ込み、そして大破、さらにそれが誘爆したらしく、ドロス自体も大破・・・という驚異的なドミノ状態でア・バオア・クー上部に落下して果てることとなった。恐るべしシャア

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドロス

56 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 13:31:07 ID: 1KR7K5HHyc
msイグルージオン兵「ドロスが沈むぞ」 ←猛攻を受けて
       ↓
太田垣「水中に沈めました。」     ←海底都市

この流れ
57 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 04:11:27 ID: EdxSxzn4Op
に不思議なんだが、教えてくれ。

何故、ガンダム世界では、MS搭載空母プラス多数の護衛艦という編成にならず、
航空巡洋艦航空戦艦みたいなのばかりで艦隊が編成されているのだろう。

単艦や少数の艦隊ならそちらのほうが良いというのもわかる、しかし、
大艦隊を編成するならば空母プラス護衛艦の編成のほうが効率がいいのでは、と思ったり。

もちろんドロスのような空母ではなくて、中高速空母メインに編成すればよいのでは、と。
58 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 07:46:40 ID: zEpI9uJNpk
>>57
素人による考察で、公式ではないと断っておくが

宇宙世紀に限った話で言えば、ネオジオンみたいなジオン系組織や、
エゥーゴなんかのお財布事情が厳しかった軍隊では、
まさに仰る通りの「単艦や少数の艦隊ならそちらのほうが良い」なんだろうね
これらの組織はMSですら極端な個体優秀義に走ってるきらいがある

で、連邦はどうなんだっていうと、こっちは一年戦争サラミスを作り過ぎて、
それを元にしたサラミスグリプス戦役や第一次ネオジオン戦争まで使い倒してた
この「巡洋艦理矢理MS母艦として改造、または設計したもの」が、
連邦では長い間普遍的なMS母艦だったわけで、「MS空母」を運用するノウハウなんて皆無
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
59 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 21:05:47 ID: 54UIfGqp2b
単純に推進剤の問題でMSの航続距離もとい機動なんかたかがしれている為、通常は船が戦闘関係でいられるほどMSと戦闘艦の距離が離れてないからじゃないかな。
60 ななしのよっしん
2019/10/18(金) 18:14:05 ID: NKmHVMkdcx
あいにくファースト劇場版のあいまいな記憶しかないからよく分からんが、ムサイ後期(0083)の内臓カタパルトリリーマルレーンの外付け式カタパルトを見るに、ジオン系列は底的に省スペース化して全ての艦艇にMS運用を標準装備する方針みたいね。
理由を想像するなら連邦べた建艦の低さやMS依存するドクトリンかもしれない。
対して、連邦0083の描写ではMSペガサス級、戦はサラミスマゼランと専従艦に任せる方針だったように見えるが、直接戦闘に従事することを想定しないMS運用艦があったのかどうかはよく分からない。オリジンゲーム等の描写もありなら、コロンブス級やアンティタム級補助空母等の空母はあったようだ。
一年戦争以降になるとアーガマ、ドゴスギア、グワダン等を見るに営問わずMS発艦装備の占める割合が大きくなっているみたいだね。

つまり、MS運用い純砲艦なり防艦はあまり必要とされず、MSキャリアーも>>59の言うように戦闘に巻き込まれる頻度が高いので自衛や支援が必要ということで
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
61 ななしのよっしん
2019/10/28(月) 02:51:02 ID: aalvNEamsg
護衛艦にあたる「敵の攻撃を高効率で迎撃できる艦艇」てのが存在できないからでしょ
結局迎撃も攻撃もMSに頼らなきゃならないからどんな船でもMS母艦にならざるを得ない。母艦ができるのは戦闘時は余剰出を転用した長距離支援くらいか

あと長期間長距離作戦にはMSを使うとしても補給整備長距離移動と遠距離通信手段が必要なので単艦や小規模艦隊でも大艦隊でもMS搭載艦がに成らざるを得ないんでない?
まぁ本格的な大艦隊ならコロンブスとかドロスみたいにMS運用専門の艦艇も多めになるのだろうけど
62 ななしのよっしん
2019/11/25(月) 08:30:46 ID: mJxceCgFIY
拠点防衛用と考えるなら確かにいろいろ腑に落ちるのよね
某所で「大阪城に対する真田丸」と言われていたけど、
これは言うなれば「どこでも真田丸」ってところかしら
63 ななしのよっしん
2020/03/25(水) 12:33:42 ID: Bbwm9wqbZ9
宇宙世紀において分担ドクトリンが発展しなかったのは0083デラーズ紛争のがデカい
揮及び対鑑戦特化の戦艦したバーミンガムは結果として全く機せず沈んだ上、沈めたのは少数のMSだったからな

ミノフスキー粒子がある以上有視界戦闘に頼らざる負えない宇宙世紀においてMSの運用は防戦の両面で必須と考えられたんだろ 同時に技術的な向上で機動兵器であるMSの保有火器がインフレしまくったMSの単一火力で船が落とされかねなくなったからルウム戦役みたいな大規模艦隊戦も想定出来なくなった
ドロスも結局は有視界戦闘に引きずり出されることになるがいくら大量のMS運用があるとは言え回避運動もできないドロスは良い的になる 拠点防衛では有用そうではあるがMS護衛艦がつけられるとは言え、自前の防が貧弱で図体もデカいドロス182機ものMSを集中的に配備するのはリスキー過ぎる

ドロスの後継艦が作られなかったのもヨルムンガンド凍結されたのもバーミンガムの後継艦がドゴスギア、ゼネラルレビルになっていったのもミノフス
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
64 ななしのよっしん
2020/04/14(火) 00:56:04 ID: 1QBK5xUPVJ
アニメ版の大きさと搭載数でみたら奴隷船波かそれ以上の状態でこれでまともに整備とか理だし最初っから帰ってこないやつを想定した片切符としか思えん
せめてこれの1.5倍はないと説得
65 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 04:48:21 ID: y2sScF4FaT
>>63
現代のアメリカ軍でも、「正規空母よりも軽空母F-35運用できる強襲揚陸艦多数の方が、コスパいい、いざという時1隻やられても航空への損減らせるんじゃない?」って考えは出てるからな。宇宙世紀の多数の艦艇に少数のmsを!って方がいいってのはおかしくはない

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック