ドローン単語

ドローン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ドローン(drone)とは、

  1. オスのミツバチを意味する英単名詞
  2. ハチ飛行機ブーンと飛んでいることを示す英単動詞
  3. 遠隔操作される飛行機の総称
  4. メディアミックス遊戯王」に登場するキャラクター
  5. メタルの細分化されたジャンルドゥームメタルの更に細分化された音楽ジャンルの1つ(代表的なバンド:Sunn O))), Earth, Teeth of Lions Rule the Divine等)
  6. TCGMTG」のクリーチャータイプの1種

である。ここでは3について記載する。

概要

人で飛行可飛行機の総称。遠隔操作によって制御される。
2015年4月22日首相官邸ドローン墜落事故以降、小飛行機UAV)を「ドローン」と呼称する場合が多い。
この記事でも、にそういった「小飛行機」について扱う。小に限らない飛行機全般(特に軍事用途のもの)に関しては「UAV」の記事も参照されたい。

産業界での用途(軍事作戦[1]災害、工事、商品配送など)から個人的趣味空撮まで幅広く活用されている。
個人向け小ドローンによる墜落被害テロ麻薬事件などでの悪用、またそれらの防止策と称した過度な規制によるドローン産業の縮小化が懸念されている。

日本国内では高度150m以内であれば、飛行を禁止する直接的な法律はない。ただし条例で共施設内の飛行を禁止している自治体がある。

中華人民共和国広東省の深圳大疆創新科技(DJI社)が一般消費者向けドローンの世界シェアの7割を保有し[2]、その他のメーカーフランスのパロット社、アメリカ3Dロボティックス社である[3]

小型ドローンに関連する事件

ホワイトハウス首相官邸で使用された機種は、DJI社の"Phantom 2"。
善光寺墜落事案関連の少年の機種は、パロット社の"Parrot BeBop Drone"。

本来のシステムでは空港などの近辺に飛行制限が設けられ、離陸の不可と区域侵入時の強制GoHome等の処置が成されていたが、相次ぐ重要施設への墜落事故を受けて、DJI社は自社のソフトウェアに飛行不能区域を随時追加するといった対処を行なった。[4]。また日本の輸入代理店・セキドは、初心者向け操縦・マナー講座を定期的に実施している[5]

2015年

無人機がドローンと呼ばれる理由

記事冒頭で述べたように、もともと「drone(ドローン)」という英語は「オスのミツバチ」を意味する言葉である。

なぜ無人機をそのような名で呼ぶようになったのかについては、第二次世界大戦前にイギリスで開発されたラジコン式の標的航空機DH82B Queen Bee(クイーン・ビー。「女王蜂」)」が関係しているらしい。

当時、この「Queen Bee」を真似アメリカ海軍人標的機を開発し始めたのだが、その際に「Queen Bee」へのオマージュとしてそれら人標的機を「drone」と呼び始めたのだという[9]

ラジコンか、ドローンか?

「ドローン」と言う呼称が認識された現在、この呼び名を是としない者も少なくない。実際「ラジコン」「マルチコプター」など大元は一緒ながら複数の呼び名が存在するが、GPS内蔵で人の操作を必要としなくとも安定するといった事から「ラジコン」とは違うと言う意見も多く、文字数的に長く、また略した場合もイマイチ意味が通らない「マルチコプター」も通常呼称するには浸透せず、反対意見があるもののマスコミや世間での認知度では良くも悪くも「ドローン」が一般的となっている。

蛇足ながら日本国内において論争されてはいるが、当の英語圏の外において商品説明ではほぼ「ドローン」となっている。

関連動画

関連商品

関連サイト

関連項目

参考文献

脚注

  1. *米無人機で人質2人死亡 アルカイダ作戦巻き添え(沖縄タイムス・2015年4月24日)exit
  2. *世界を舞う中華ドローン ゆりかごはスマホ工場(日本経済新聞・2014年11月13日)exit
  3. *中国「XAircraft」がドローンメーカー最大手DJIに挑む(DroneBlog・2015年4月15日)exit
  4. *DJI、ホワイトハウスのドローン墜落事件で限定地域飛行禁止の措置(PRONEWS・2015年01月29日)exit
  5. *高価なドローンを墜落させないために受けたいフライト講習(週刊アスキー・2015年5月22日)exit
  6. *琉球新報の小型無人ヘリ行方不明に(沖縄タイムス・2015年1月14日)exit
  7. *ドローン射撃の動画を公開 米18歳が自主制作(産経ニュース・2015年7月22日)exit
  8. *防衛省 飛行中のドローンが行方不明(NHK・2015年7月22日)exit
  9. *The Origin of the term Drone(Defense News・2013年5月14日)exit

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドローン

150 ななしのよっしん
2019/11/26(火) 23:27:05 ID: 3Zvx9yPJag
自動運転システムでもそうだけど規制がないほうが技術革新は進むよね。日本企業が生き残るには規制の緩いところに行くしかないと思う。

ドローン先進国スイス 日本との違いは規制の考え方
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/25/news048.htmlexit
151 ななしのよっしん
2019/11/27(水) 15:49:37 ID: glwsFdgDZ3
規制はしないけど、悪用したらさらし首とかならいいんじゃないかな
152 ななしのよっしん
2019/11/30(土) 12:38:21 ID: qHLOWocRuy
ドローンAIも要らん
気持ち悪いだろ、常識的に考えて
153 ななしのよっしん
2019/11/30(土) 12:44:50 ID: DGjIrkxYBb
おじいちゃんそんなこと言ってると時代に置いていかれるわよ
154 ななしのよっしん
2020/02/14(金) 16:05:33 ID: IapS+2fAeZ
ドローンにわざわざコンピュータ積んでaiで動かさずにせっかく5Gがあるんだしそれでaiドローンは分けてラジコンみたいにai遠隔操作したほうが便利では
155 ななしのよっしん
2020/02/16(日) 02:46:08 ID: gTePBkn++B
よく分からんがつまり中央のスパコンで一括で管理して示を飛ばすイメージ
それが民間用という意味で言ってるならアリだと思うよ、軍事用ならaiドローンの利点が潰れてるからなしだけど。
156 ななしのよっしん
2020/03/11(水) 07:51:52 ID: IapS+2fAeZ
軍事ドローンってただの監視偵察からスウォーム戦術で積極的に攻勢に出たり支援したりするようになるんでしょ
157 ななしのよっしん
2020/04/01(水) 22:39:06 ID: 3Zvx9yPJag
いよいよ免許制か。視外と地区域という縛りは現状と同じようですが。保険も義務化でしょうね。

ドローン操縦に免許制度へ、政府 22年にも、学科と実技試験
https://rd.kyodo-d.info/np/2020033001001616?c=39546741839462401exit
158 ななしのよっしん
2020/04/11(土) 16:33:40 ID: 9B76vm8pm9
新型コロナ空気読んでドローンインフラとして社会に溶け込んでから来てくれればよかったのになぁ
159 ななしのよっしん
2020/10/11(日) 08:46:09 ID: 25OR1o6jQO
無人機械だとどんな機械かわかんないのに、「機」に縮めるだけで航空用の乗り物になる日本語って便利

おすすめトレンド