ドワーフ単語

ドワーフ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ドワーフ(英語:dwarf)とは、北欧神話、童話に登場する妖精の一種、あるいはそれを元とする想上の種族である。
英語ではその小ささにあやかって、小さいことを示す代名詞的な用法もある。

ドワーフの用法など

概要

ドワーフドワーフは人間よりも小な人種族であり、ヨーロッパ民間伝承や昔話に登場する妖精の一種である。日本では小人、人(わいじん)、侏儒(しゅじゅ)などと訳される。

北欧神話に出てくる地中に住む闇の妖精ヴェルグ(Dvergr)が起とされ、民間伝承では醜い姿をした小男として描かれる。山地や地中に暮らし、しばしば々のめに応じて金属を加工し魔ある武器や宝を製作するとされ、鉱物と密接に関係した存在とされている。また呪いをかけたり、代償の支払いを渋るを人質として捕まえるなど、種族としてに匹敵するを持つ。

童話の小人も英語圏ではドワーフと表記されており、グリム童話白雪姫』の七人の小人などが有名である。近年では『指輪物語』に登場したドワーフ族のイメージが広くファンタジー小説ゲームに用いられるようになった。エルフ族と仲が悪いという性質も、本作におけるレゴラスギムリに端を発している。

日本でのドワーフのイメージは、『指輪物語』→『ダンジョンズ&ドラゴンズ』→『ロードス島戦記』→その他の和製ファンタジーという経路で広がったと推測され、この過程でファンタジー世界の住人として定着している。逆に『白雪姫』などに現れる古典的なドワーフや北欧神話のドヴェルグのイメージは切り落とされ、別種の存在として認識されている。

現在の一般的な日本のドワーフのイメージは上記の過程を経て「小柄ながら屈強な体格を持ち、自慢の戦士にして鉱夫・職人だが、足が遅く頭が固い粗暴な大み」といったところに落ち着いている。重装備に身を固めたドワーフは前衛としてとても優秀であり、また作品によっては官(ヒーラー)となって回復もするという事もやってのける。

こうしたドワーフ像の祖となる『指輪物語』に登場するギムリは、たしかに自慢で頑固でこそあるもののドワーフ王族の血を引いており、頭もよく回り、後にレゴラスと和解しエルフ方に敬の念を抱く立なドワーフである。
が、近年制作された映画版『ロード・オブ・ザ・リング』では、現在の一般的なドワーフのイメージに基づく粗野な性格を与えられており、調子づいた発言を飛ばしては痛いに遭ったりから転げ落ちたりするコメディリリーフ的な扱いを受けている。

男性と女性について

そもそも童話の時点でドワーフに女は存在せず、神話では男女の区別さえなく、石をこねくりまわして新たなドワーフが作られるとされていた。
指輪物語』のドワーフでは男女の区別があるとされ、1/3の割合で女がおり、男に劣らぬがっちりとした体格を持ち、しばしばひげを生やしていた。このから、作品によっては「ひげの生えてない女など若すぎるわい」という、ある意味すごい価値観を表明するドワーフさえいた
またしばしば「美人のドワーフ女」はゲーマーである種のジョークとして扱われ、エルフよりも人間との価値観が違うことを示すネタとして使われることもあった。

しかし、この「女+寸詰まり+ひげ」というニッチなギャップ萌えに理解を示す者はそう多くなく、海外ファンタジー作品であっても流石ひげは生やさず豊かな頭髪等で代用表現する場合が多い。
さらに、ゼロ年代からのアジア圏では「背が低い」「武武器」という要素のみを採り上げた、体格を視した巨大なハンマーをブン回すほっそりとした幼女デザインを採用しているものが出てきた(特に中国系のゲームでは大体がただの幼女であるかのような極端な描写となっている)。 『ソードワールド2.0』『リネージュII』『クイーンズブレイド』などがその例であり、「幼女+ゴツい武器ぅゎょぅι゛ょっょぃ」という新たなギャップ萌えを開拓している。
かなりの変わり種は『ととモノ。シリーズで、短獣人族という設定と絵柄のため、男女ともに全身毛むくじゃらのチビッ子である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドワーフ

67 ななしのよっしん
2019/10/17(木) 00:56:20 ID: Upi/Nsp1Rn
>>66には賛成

ロリキャラにしたらどっちかというとノームかハーフリング系って感じがする
68 ななしのよっしん
2019/10/23(水) 09:25:16 ID: 3TaSjHggKX
ドワーフ合法ロリになる作品には一つ大きなカラクリがあって

・他の小人系種族すなわちホビットハーフリング系種族が存在しない。もしくはプレイアブルとして選択できない。

だいたいこれによってドワーフ合法ロリが統合されてるケースがかなりある
話題になるリネ2やめい・kingあたりが最たる例
もちろん、作り込まれたTRPGあたりはちゃんと小人系種族も別に用意されてはいたりするのもある
ただその場合でも男性マッシブと合法ショタで明瞭な差別化ができてる一方で
女性側の見たはせいぜい身長差それも10cm程度くらいで明瞭な差別化がそこまでできておらず
特にリプレイキャラ紹介とかで彼女ドワーフなのか、はたまた小人系種族なのか、読者初見で即断できるほど違いを認識できてない
おそらく、今後もロリドワーフが浸透するなら小人系種族は消滅に向かうと思われる
(彼らの最たる特徴、シーフ要素も獣人系でだいたい可
てか、なろう系ファンタジー作品はほぼこの路線(ロリドワーフ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
69 名無し
2019/10/25(金) 04:32:19 ID: DboiAUnHJH
同じ元妖精種のエルフり合ってる事の多いが

妖精から種族化した原点 トールキン作品では
元々人間種族はイルヴァタールの子等と言って
エルフ(半神的 成長遅いが不老 保守的 衰退運命)先発
ヒューマン(定命だが成長サイクルい 進歩的 柔軟 )後発
の二種類しかいなかった ドワーフはアウレという工人
が勝手に造ったのを消すのも可哀想だからと採用したもの

要するに本来はいらない子 だったりする 生活圏は地下に
ホビットエルフ人間 あるいはその合の子の枝分かれ
70 名無し
2019/10/25(金) 04:34:28 ID: DboiAUnHJH
よく忘れれてるが本来は女にもヒゲが生える
剃っているとか表記されるとニヤリとする要素
ホビットが靴を基本的に履かないとか含めてね
71 ななしのよっしん
2019/12/18(水) 01:20:01 ID: RsnqoL6yHz
>>68
いつからか分からんのだが、昔の作品だとドワーフゴブリンと区別があいまいなの多いよな
『お様とゴブリン物語』(ジョージマクドナルド)のゴブリンははっきりゴブリンと言い切られているが、
原書挿絵だととんがり帽子ツルハシスコップ持っているの小人だし。
72 ななしのよっしん
2020/01/22(水) 14:10:11 ID: gQUlqCeDXF
ウィザードリィエクスのドワーフの処理は見事だった
女性ひげが生えている」「ずんぐりむっくりして筋に優れる」
ちゃんと当てはまり、納得でき、そして可らしい。
73 ななしのよっしん
2020/01/22(水) 14:18:05 ID: NR2Qb4lYPa
おい、ベーテ・有理・黒崎ィ!
74 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 23:53:23 ID: 33S1mhydNq
マーベルでは宇宙ドワーフいるな
75 ななしのよっしん
2020/05/22(金) 23:13:06 ID: RsnqoL6yHz
ドワーフ身長イメージって作品によって違うけど、まあ人間でいえば子供ぐらいの大きさが王道だろうな。

白雪姫』だとここが意外に忘れられやすい。
逃げ白雪姫が小人のに入って「小人のベット」で寝てしまう場面がある=白雪姫はまだこのベットに寝れるサイズの小さな子供なのに、挿絵で年頃のお姉さんにしちゃうw
(ちなみに原作だと7歳と少しで逃げ込んだ説明あり、ただしシーンでは時間がたってたのかもうちょっと上。)
76 ななしのよっしん
2020/07/04(土) 00:40:04 ID: Qe3YZk1s/y
ドワーフで一番衝撃的だったのはスカイリムだな。今までのイメージがひっくり返った。知や技術だけが高いサイコパスな存在として設定されている。しかもそのせいで滅亡しており姿が一切出ず、高度な技術の遺跡だけが残っているのが不気味さを際立ててた。エルフ改造して奴隷にしているのもやばかった。

おすすめトレンド