ドワーフ単語

ドワーフ
2.2千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ドワーフ(英語:dwarf)とは、北欧神話、童話に登場する妖精の一種、あるいはそれを元とする想上の種族である。
英語ではその小ささにあやかって、小さいことを示す代名詞的な用法もある。

ドワーフの用法など

概要

ドワーフドワーフは人間よりも小な人種族であり、ヨーロッパ民間伝承や昔話に登場する妖精の一種である。日本では小人、人(わいじん)、侏儒(しゅじゅ)などと訳される。

北欧神話に出てくる地中に住む闇の妖精ヴェルグ(Dvergr)が起とされ、民間伝承では醜い姿をした小男として描かれる。山地や地中に暮らし、しばしば々のめに応じて金属を加工し魔ある武器や宝を製作するとされ、鉱物と密接に関係した存在とされている。また呪いをかけたり、代償の支払いを渋るを人質として捕まえるなど、種族としてに匹敵するを持つ。

童話の小人も英語圏ではドワーフと表記されており、グリム童話白雪姫』の七人の小人などが有名である。近年では『指輪物語』に登場したドワーフ族のイメージが広くファンタジー小説ゲームに用いられるようになった。エルフ族と仲が悪いという性質も、本作におけるレゴラスギムリに端を発している。

日本でのドワーフのイメージは、『指輪物語』→『ダンジョンズ&ドラゴンズ』→『ロードス島戦記』→その他の和製ファンタジーという経路で広がったと推測され、この過程でファンタジー世界の住人として定着している。逆に『白雪姫』などに現れる古典的なドワーフや北欧神話のドヴェルグのイメージは切り落とされ、別種の存在として認識されている。

現在の一般的な日本のドワーフのイメージは上記の過程を経て「小柄ながら屈強な体格を持ち、自慢の戦士にして鉱夫・職人だが、足が遅く頭が固い粗暴な大み」といったところに落ち着いている。重装備に身を固めたドワーフは前衛としてとても優秀であり、また作品によっては官(ヒーラー)となって回復もするという事もやってのける。

こうしたドワーフ像の祖となる『指輪物語』に登場するギムリは、たしかに自慢で頑固でこそあるもののドワーフ王族の血を引いており、頭もよく回り、後にレゴラスと和解しエルフ方に敬の念を抱く立なドワーフである。
が、近年制作された映画版『ロード・オブ・ザ・リング』では、現在の一般的なドワーフのイメージに基づく粗野な性格を与えられており、調子づいた発言を飛ばしては痛いに遭ったりから転げ落ちたりするコメディリリーフ的な扱いを受けている。

男性と女性について

そもそも童話の時点でドワーフに女は存在せず、神話では男女の区別さえなく、石をこねくりまわして新たなドワーフが作られるとされていた。
指輪物語』のドワーフでは男女の区別があるとされ、1/3の割合で女がおり、男に劣らぬがっちりとした体格を持ち、しばしばひげを生やしていた。このから、作品によっては「ひげの生えてない女など若すぎるわい」という、ある意味すごい価値観を表明するドワーフさえいた
またしばしば「美人のドワーフ女」はゲーマーである種のジョークとして扱われ、エルフよりも人間との価値観が違うことを示すネタとして使われることもあった。

しかし、この「女+寸詰まり+ひげ」というニッチなギャップ萌えに理解を示す者はそう多くなく、海外ファンタジー作品であっても流石にひげは生やさず豊かな頭髪等で代用表現する場合が多い。
さらに、ゼロ年代からのアジア圏では「背が低い」「武武器」という要素のみを採り上げた、体格を無視した巨大なハンマーをブン回すほっそりとした幼女デザインを採用しているものが出てきた(特に中国系のゲームでは大体がただの幼女であるかのような極端な描写となっている)。 『ソードワールド2.0』『リネージュII』『クイーンズブレイド』などがその例であり、「幼女+ゴツい武器ぅゎょぅι゛ょっょぃ」という新たなギャップ萌えを開拓している。
かなりの変わり種は『ととモノ。シリーズで、短獣人族という設定と絵柄のため、男女ともに全身毛むくじゃらのチビッ子である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%95
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドワーフ

88 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 13:52:42 ID: JEfeE4rBNM
そもそもドワーフ(女にも)にってイメージの設定したの全にトールキンだし

ドワーフがその悪いイメージを引き受けたゴブリン(オーク)の如く魔物として出てくる作品は北欧神話モデルの一部くらいだろ最
89 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 09:37:34 ID: 3TaSjHggKX
ロリドワーフそのものは否定する気はしないけども、
最近の和製ファンタジー(特になろう系)じゃ
正直それがホビット系の小人系種族を省略する大義名分にされてる作品が多いんで
流石にそれは違うだろと思ってる
ロリドワーフを登場させると同時にちゃんと別途ホビット系小人種族も登場させ
かつ、初見で両種族の差異を明確に識別できるような作品なら評価できるんだけどね
90 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 07:44:09 ID: XMr54P/ta9
かつての地下で悪巧みするドワーフ像から
オーク(ゴブリン)とかダークエルフというRPG種族が造られた
91 ななしのよっしん
2021/12/11(土) 14:24:51 ID: J6M5SU/ain
ロリドワーフロリホビットはほんとどうやって差別化すればいいんだろう…

ホビットハーフリング系種族はやせのことが多いので
ロリ巨乳ロリ貧乳差別化するくらいしか思いつかんな

何となくドワーフ北欧系(豊かな金髪系)、痩せハーフリングは遊牧民系(短、直毛)とかで描かれることも多い気がするけど
そういうのや文化(装束)の違いとかになると、どんな絵師でも安易にできるわけでもないし
92 ななしのよっしん
2021/12/17(金) 10:48:51 ID: XMr54P/ta9
トールキンからし

ドワーフ北欧
ホビットはもろイングランド人(近代の富農)だろ
93 ななしのよっしん
2021/12/24(金) 00:37:36 ID: J6M5SU/ain
>>92
そういうのを二次絵師が簡単に描き分けられればいいんだけどね
がとんがってりゃエルフみたいな安直さ(そういうのを肯定する意味では断じてない)
がなきゃ、なかなか定着しにくそうな気がする
94 ななしのよっしん
2021/12/26(日) 10:55:30 ID: 3TaSjHggKX
ソードワールドドワーフグラスランナー)やアリアンロッド(ネヴァーフ/フィルボル)のようなTRPG系の場合
ドワーフ系と小人系の合法ロリが併存してるケースが多いけども
ただこの場合でもキャラシなしのキャラ画像だけで初見で判別できるかと問われると
数々のリプレイ関連お書籍や動画見る限りだと厳しいと言わざるを得ない
結果として昨今の創作和製ファンタジーじゃ「この合法ロリドワーフなのか小人系種族なのか?」と混乱が生じ
余計なコストを避けるため、最悪どちらかの種族そのものを抹消するという事態にまでなってる
(だいたい小人族が消える)
個人的に両者併存で一番成功してるのグラブルドラフとハーヴィン
95 ななしのよっしん
2021/12/26(日) 11:02:20 ID: kQ+5pvyt5D
ダンジョン飯ハーフフットとドワーフノームを描き分けてるな
ドワーフ女子供でも毛量や筋肉立つ
ノームは全体的にパーツが丸い(特にとか鼻、あと
ハーフフットは一番普通子供に近いが端が効くというか気持ちつきが鋭いの多い気がする
96 ななしのよっしん
2022/01/13(木) 00:28:31 ID: J6M5SU/ain
ダンジョン飯はいわゆる二次元絵とか萌え絵じゃなくてファンタジー漫画だからね
ファンタジー世界を描き分けることに注している
すれば(つまりモンスターの描き分けみたいにすれば)できるだろうけど、狙いどころの違うソシャゲアニメやらでも幅広くそれができるわけでもない

ホビットトールキン英国だから合わせればいいだろ、という意見があるけど
太くして近代英国にあわせると、ドワーフ人間人間文化の安易に描写できる類)との描き分けがなおさら難しくなるので得策ではない
なので細くしてった感じにする(D&D3-4eまで、ダンジョン飯も)のが得策

ノームも実は細いっていうか、元々のAD&DやT&Tの造形は今よりもいわゆるレプラコーンとかレッドキャップに近かった
ただそれはプレイヤー種族として多数出すのはなおさら難しい
ダンジョン飯ノームは海外ファンタジーではドヴェルグ、ドゥエガルとかの造形に使われていたものの方に近い(地精からの発想だと思われる)
97 ななしのよっしん
2022/01/13(木) 00:32:36 ID: 9l9vZw3YdE
え、いやぁ普通萌え絵だと思うが…