編集  

ドンキーコング64単語

ドンキーコングロクジュウヨン

ドンキーコング64とは、NINTENDO64にて1999年12月10日に発売された3Dアクションゲームソフト

スーパードンキーコングシリーズ初の3Dアクションゲームである。

2015年4月2日よりWii Uバーチャルコンソールで配信中。

概要

スーパードンキーコング』の続編で、引き続きレア社が開発を担当している。
元々は『ウルトラドンキーコング』というタイトル64DD向けに発売予定だった。

ハイレゾパック(メモリー拡張パック)を必要とする作品の1つ。

同社が開発した『バンジョーとカズーイの大冒険』のシステムを多く受け継いでいる。
3Dアクションだが、『スーパーマリオ64』のようなアクション中心の作品というよりは、プレイヤーキャラの特徴を活かして複雑なフィールドギミックに挑戦する、解き中心の作品である。ただし、ディディーコングジェットパックなど操作に癖のあるものが多く、アクションが簡単かといわれるとそうでもなく、全体として難易度は高い。 
また、『バンジョーとカズーイの大冒険』同様、ちょっと不気味な描写も多い。 

ドンキーコングをはじめとして5人(?)のキャラクターを使用でき、既にクリアしたステージにも別のキャラクターで挑戦するなどして解きを行える。

あらすじ

スーパードンキーコング』でDKアイランドを襲撃しドンキー達にボコボコにされたキングクルールが、新高性兵器ブラストティック」を移動要塞レムリンアイランドに抱えて帰ってきた。
ところが直前で、要塞が岩に突してブラストティックが故障、要塞自体も座礁してしまう。

修理のための時間稼ぎに、キングクルールディディーを初めとしたサル達を攫い、さらにの秘宝である「ゴールデンバナナ」を盗んで、いたるところに隠してしまった。

しかし詰めの甘いクルールは、ドンキーコングを攫っていなかった。
ドンキーは、仲間バナナを取り戻すために奮闘する。そしてやがて5匹のコングがうと、彼らはキングクルールの野望を打ち砕くために協して立ち向かう。 

システム

キングクルールが襲来したDKアイランドには計8つのステージがあり、5匹のコングを使い分けながらそれらのステージに挑戦していく。

コング達はそれぞれ、移動速度や攻撃が違うほか、急な斜面を登ることができたり、を飛べたり、滑できたり、巨大な岩も壊す強パンチを放てたりという固有の特殊を持つ。またそれぞれが、専用の「」と「楽器」を持っている。これらを利用して、ステージ内の仕掛けを解いていく。例えば、ドンキーコング楽器ボンゴブラスター演奏しないと開かないドアがあったり、ランキーコングしか昇れない坂があったりする。

様々なアクションを駆使し、「ゴールデンバナナ」を集めるのが今回の的。ゴールデンバナナは、(一部を除き)各ステージごとに25本隠されている。それぞれ、各キャラクターごとに5本入手可である。つまり1つのステージの中に、それぞれのコングが固有のを利用して解ける仕掛けが5個存在することになる…と単純に考えがちだが、実際はせっけいず絡みや各々ミニゲームの存在、仕掛けアンロックに必要なの限定で入手経路はかなり入り組んでいる。

ゴールデンバナナ普通に進めると合計200個取ることができる。なお、各ステージの入り口を開ける為に必要なゴールデンバナナの本数は後に行くほど増えるため、挑戦の順番及び探索の必要性は定まっている。そして数多くの収集アイテムが行く手を阻む(!?)ので、集めるだけ集めるのがよい。

収集アイテム

収集アイテムとしては他に、バナナバナナメダルバナナコインバナナフェアリー(の写真)、せっけいずクラウンなどがある。これらは全て、ファイル画面の達成率に強く影する。

バナナは各ステージごとに落ちており、そのステージボスに挑戦するためには、5匹合計で一定数以上集めなければならない。ステージに落ちている5色のバナナは、5匹のコングそれぞれのイメージカラーに対応している。そのため、その色に対応しているコング以外は、せっかくバナナを見つけたとしても拾うことは出来ない。1つのステージにつき、各コングごとに100本落ちている。各ステージでは、1つのキャラクター75バナナを集めるごとに、バナナメダルが手に入る。このメダルをある程度集めることで、クランキーラボにてミニゲームが遊べる。

バナナコインはその名の通りバナナの描かれたコインで、バナナと同様5色に分かれてステージ内に落ちている。ファンキーキャンディー楽器の購入や強化に必要になる。

バナナフェアリーは、DKアイランドに散らばった妖精。『スーパードンキーコング3』のバナナバードにあたるものとみていい。DKアイランド近くの「バナナフェアリーアイランド」のバナナフェアリークイーンから全部で20匹のカメラ撮影、もとい回収を頼まれる。撮影した数に応じて、隠し要素が開放される。これらは違うファイルにも影するのでチートニューゲーム状態の実現も可。なお、カメラフィルムは有限で、落ちているものを拾って補給する必要がある。飛び方がトリッキーなため、簡単にはレンズに収められない。

せっけいずは、その名の通り、ブラストティックの「設計図」である。
カスラットを倒すごとに手に入る。これもコングごとに対応した色になっているため、各キャラクターカスラットを倒す必要がある。どのコングに対応したせっけいずを持っているかは、カスラットの頭の色を見れば一瞭然。
後述の通り、ゴールデンバナナと交換出来る。また、集めた数に応じて、ラストステージ難易度が低下する。

クラウンは、バトルアリーナクリアするごとにもらえる。あまり数は多くないが、対戦モードラストステージエリア開放のために必要となる。

ちなみに「N64コイン」と「レアコイン」というものもあるが、まあそのうち手に入るよ。

コングクルー

ドンキーコング

おなじみ、過去二度も攫われたらがヒーロー
タル大砲に入ったり、無敵になったり、レバーを引いたりとオーソドックスなを使ってを解く。

専用は「ココナッツ・ガン」。楽器は、「ボンゴブラスター」というボンゴ
イメージカラー黄色で、黄色バナナバナナコイン、せっけいずを拾える。

ディディーコング

甲斐なく通算2回攫われてしまったドンキー相棒

専用は「ピーナッツポップガン」。楽器は「エレキショッカー」というエレキギター
クリスタルココナッツを消費することで、「バレルジェット」を装備してを飛べる。
ピーナッツポップガンとバレルジェットは、後に『大乱闘スマッシュブラザーズX』でも披露された。 

その他、尻尾をばねにして高くジャンプしたり、強タックルを披露したりする。

イメージカラー

ランキーコング

腕がのびーる新米その1。

臆病でのんびりした性格。顔が間抜けで手が長く、クルー随一のギャグキャラクター。なぜか関西弁

カズーダッシュ逆立ちして坂を駆け上ったり、ターボシューズ自分のバレルのですばやく走れたり、風船みたいに膨らんで浮かんでみたりする。
専用は「グレープ・シューター」という吹き矢楽器は「トロンボーンクラッシュ」。

イメージカラー

タイニーコング

クルー紅一点海外のみ、ディクシーという設定がある。

クルーでも随一小柄で、クリスタルココナッツを消費することでさらに小さくなる。ラスボス戦では、小柄になって相手の靴に入り込みを攻撃するという、非常にスケールの小さい闘を繰り広げる。
ツインテールを回すことで、ディクシーを髣髴とさせる回転ホバリングが可。また、彼女だけが使えるワープパッドなどがある。

専用は、カズーイの羽羽根を飛ばして攻撃する「フェザー・ボウガン」。楽器は「サックスハリケーン」というサキソフォン

イメージカラー

チャンキーコング

最後のコングクルー海外のみ、ディンキーという設定がある。

自慢で鈍重な巨体の持ちだが、その外見に反して優しく臆病な性格を持つ。

タイニーと対照的に、巨大になったり、強パンチをかましたりといったパワフルが多く、反面鈍い。また、体だけ透明になれたりする。

専用は、クルーのなかでも最も巨大な「パイナップルランチャー」。しかし楽器は、クルーの中でも一際おとなしい「トライアングル・ウェーブ」というトライアングルディディータイニーが小柄な体でパワフル演奏をする一方、巨大でトライアングルをかわいらしく鳴らすチャンキーの姿はかなり立つ。

オープニングでは一人だけ大ボケをやらかしているが、最終決戦では一人だけっ当な戦い方をし、クルールトドメを刺すという大役をつとめる。

イメージカラー

愉快な協力者達

クランキーコング

毎度おなじみのメタ意見炸裂じじいコング。いわゆる「初代」。

今回は、DKアイランドのそこかしこにラボを構えており、コング達に、パワーアップと称して怪しいクスリを売りつけてくる。覚えるパワーアップは「ヒップドロップコングスラム系」「体格活用系」「バレル系」「パッド系」の4種。要は、上述したコングごとの特殊である。
1つ残らずパワーアップしておかないと、ステージギミックが解けないため、コンプリートどころか最終決戦に行くのも難しい。ちなみに、彼の作るクソ不味いらしく、飲んだコングは皆むせこむ。 

また終盤では、ライトユーザー泣かせの難関となる。
レア社の往年の名作JETPAC』を遊ぶ環境を何故か整えており、これで5000点以上のスコアを出さないと、ボスステージ開放に必要な「レアメダル」をプレイヤーにくれないのだ。
そのため、プレイヤーは、彼のラボで『JETPAC』に挑戦しまくることになる。

なお、若き日の彼とマリオ闘(?)を描いた初代『ドンキーコング』も劇中でプレイで、しかもこちらも、ボスステージ解放のために必要なもう1つのメダル64メダル」の開放のために必要だったりする。 

リンクリーコング

クランキーの妻。
スーパードンキーコング3』の一件の後お亡くなりになってしまった。

今作では幽霊になりながらもなお現世に留まっており、各ステージの入り口で、コングごとにステージの仕掛けのヒントを与えてくれる。出現するときのコーラスというか音が怖い。

ファンキーコング

これまでは飛行機を利用した運輸業を営んでいたが、今作では、クランキーと同様いたるところに銃器店を構え、コング達をサポートする。

コング達のは彼から買う。また、ゲームを進めると、弾薬の数や威などをパワーアップしてくれる。

銃器店内のBGMは、うるさいほどにファンキーである。

キャンディーコング

スーパードンキーコング2』以来久々メインキャラクターとしては『スーパードンキーコング』以来の登場。
コングとの恋愛模様は今作では一切描かれない。

そこかしこ楽器店を構えており、コング達に楽器を売っている。また、たまにスイカ(体ゲージ)を増やしてもらえる。

彼女の作る楽器は強で、画面内の敵を全滅させるほか、パッドの上で演奏することでギミックを解けたりする。

クランジー

キングクルール。ただし海外では兄弟という設定はない。

コング達の何倍もの巨体の持ちで、に逆らったため、檻に閉じ込められて要塞に牽引されている。あまりにも大きいため、要塞本体には収容できないようだ。
ステージボスを倒すと彼の檻の鍵が手に入る。 

正確は、とは正反対に心優しく臆病。ただし巨体ゆえやることは暴で、コング達が自分の檻の鍵を持ってきてくれた際には、次のステージの入り口が開いてしまうほどの、中にゆれがき渡る大暴れをする。また、の乗った飛行機叩き落したりする。

スナイド

ブラストティックの設計者兼ゴールデンバナナ40本持つ男
せっけいずを1枚持っていけばゴールデンバナナを1本くれる。何枚であろうと、持っていった数だけくれる。

ボス

アーミィ・ジロー

サイボーグアルマジロ。『スーパードンキーコング』に登場していたアーミィ共の親分のようだ。
背中の左右に、間抜けな音を立てて巨大化するその他兵器を装備しており、転がり攻撃とあわせてコング達を殲滅しようとする。
ドンキーコングと、1面と6面で、2度対決する。

  1. ジャングルガーデン
    鳴とどろく中で、ドンキーコングと対決。転がり攻撃と、撃で攻撃するが、TNTバレルを喰らって敗北し逃げ帰る。その後、クルールに報告した際に大目玉を喰らい、ひきつけを起こしたかのようにひっくり返っていた。
  2. クリスタルどうくつ
    薄暗い洞窟ドンキーと再び対決。左右のに加え、浮遊が可ジェット、上からの落下による衝撃波、高射砲撃、追尾ミサイルを発射可大砲を追加してコングに挑んだが、同じ方法で敗北。小さくなって消えた。
    高射砲撃や追尾ミサイル攻撃は回避が非常に困難で厄介な攻撃なのだがやられる寸前までこれらを隠し持っていたというのが大きな敗因の一つ。結果的に難易度の低いボスと化してしまった。

ドガドン

トンボのような。火を吐くを持ち、溶岩のたぎるボスステージでコング達を迎え撃った。溶岩にある程度沈んでも気などころか、短時間ではあるが泳ぎ回る耐久性を持つ。
アーミィ・ジローと同じく、コング達とは2面と5面で2度対決した。

  1. アスカンインド
    火山の火口の様に溶岩がたぎる中に、石柱のステージが立っている所でディディーと対決。
    ディディーがじゃれている内にドガドン子どもを潰してしまったことで、怒り狂って出現した。
    TNTバレルをぶつけられ、溶岩に沈んだ。 
  2. ひるよるウッド
    アスカンインドボスステージと同じ形だが、同一の場所かはわからない場所で、チャンキーと対決。おびえるチャンキーを前に溶岩の中から這い上がり、問答用で襲い掛かった。
    前回に数倍強くなっており非常に厄介
    且つ最後の最後まで文字通り死闘を繰り広げる強ボスとなっている。
    前回と違い、TNTバレルを3度ぶつけても倒れないどころかさらに怒り、ステージそのものを破壊し、一定時間後には床そのものが火口に沈んで問答用でゲームオーバーという極限状態にチャンキーを追い込む。また、ステージの端にぶら下がらないと避けられない巨大な炎の波を吐くようになる。
    チャンキーは、わずかな隙を見つけてTNTバレルをぶつけ、さらに巨大化して直接殴るという戦法をとらされる。もし1度でも攻撃のチャンスを見逃したら、ドガドンを倒す前に床が沈みきってしまう。
    急がなければ火口に沈むという緊感、スピード感と緊迫感あふれるBGM、そして直接殴りかかるという熱い展開から、今作中でも特に人気の高いボスバトルとなっている。
    上手く戦った場合、最後はチャンキーのラッシュの前にノックアウトされる。ブッ飛ばされて溶岩に落ち、しい抵抗をしながらも、断末魔を上げつつ沈んでいった。
    最後には、クルールの下に逃げ帰った。期待を膨らましていたクルールの前で、失敗の報告をつらつらと述べていた。

マッドジャック

巨大なダイスの中から、びっくりのように飛び出してくるピエロのような巨大人形。お世辞にも可愛いとは言いがたく、障りな笑いを上げる。はどう聞いてもドナルド・ダックです。
序盤のボスのくせに、ラスボスに次ぐ、最強クラス難易度を誇る。何より手が疲れる。

タイルが上についた柱が乱立したステージで、タイニーと対決する。

巨大な柱の上を、ダイスの状態で飛びまわってタイニーを潰そうとする他、飛び出して口から火炎弾を飛ばしてきたり、ダメージを受けるとから強レーザーを放ってきたりする。挙句の果てには透明化する。
ステージの性質上、常にホバリングを繰り返して逃げ続ける必要がある上、それまでのボスと違って攻撃方法が多なため、非常に手ごわい。

直接攻撃ではダメージを与えられず、しばらく逃げ回っていると特定タイミングで柱の上に現れるスイッチを押すことで、柱からジャックに攻撃が加えられるという仕組み。ただし、焦ってスイッチを間違えると自分にダメージがくる上、再びダイスの回避からやり直しとなる、というダブルパンチ

最後は、足場が引っ込み地面に落ちて粉砕、敗北する。

パフトス

強面な巨大ハリセンボン

の吹く入り江のようなステージで、小船に乗ったランキーコングと対決する。

小さいハリセンボンを放ったり、火の玉を吐いたり、大波を起こして攻撃してくる。巨大な入り江の中心に鎮座して動かない。
ランキーステージ中に出現するリングを制限時間内に連続してくぐることで、パフトスの周囲に柱がせり上がり、5本せり上がった時点で電撃攻撃が加えられる。
かしこのランキーのボートが非常に操作性が悪い。おまけに、攻撃回数を重ねるごとにリングがどんどん小さくなり、制限時間もどんどん短くなり、ボスの攻撃はどんどんしくなり、天井から火の玉が落ちてきたりと、戦いが進むにつれて難易度が飛躍的に上昇する。
結果として、マッドジャックに引き続き、中盤のボスでありながら屈の強敵となっている。

5回電撃を喰らったところで、の開いた風船のようにしぼみながら飛び回り、最期はぺらぺらの小さなのようになって沈んでいった。

キング・カットアウト 

ホゥアwwwホゥアwwwファーッハッハハォゥwwww

王様りぼて。キングクルールの描かれた巨大なりぼてのはずなのだが、何故かレーザーを放ったりしてくる。
クルール達が地に作った。

四方をに囲まれたステージで、の後ろを高速で移動しつつ「ハワーッ!と奇を上げて脅かしてくる。
ステージ中央の大砲からコング自身を弾にして発射して攻撃する。
攻撃を外して外に落ちたら即死となるがコングは5匹総出で挑むことになるので、実際には4回までミスが許される。仮に単体で挑むボスだったなら難易度は跳ね上がっていただろう。

あたるごとにボロボロになり、動きもすばやくなっていったが、9回当たったところで崩落した。

キング・クルール

染みラスボス

従来は間抜けなボスとして描かれてきたが、今作ではが怖いほか、裏切り者を容赦なく処刑したりと恐ろしい描写が立ち、反面ギャグ描写がどなく、まさにボスらしいボスの雰囲気をっている。

終盤までコング達とはど絡まない。
ラストステージをコング達がクリアすると、ブラストティックを破壊されて手立てがなくなり、小飛行機で脱出しようとする。しかし、コング達の手で脱獄に成功したクランジーによって小飛行機叩き落とされ、砂墜落。追撃してきたコング達と船内で最後の戦いを繰り広げることになる。

飛行機の中には何故か観客が多数押し寄せるアリーナが広がっており、3分12ラウンド制で、ボクシングスタイルでコング達全員に戦いを挑む。
ただし、リングにレフェリーがいないため何でもアリである。また、タイムキーパーはズルしませんと言っているが実際はクルールダウンすると10カウントになる前に時間切れのゴングを鳴らすというズルを行う。

透明化する、足のを1本ずつ伸ばす器用ななど、多問答用の巨体を駆使する。

しかし、ドンキーには大砲で体当たりを喰らい、ディディーには照明器具をに落とされ、ランキーにはバナナの皮で滑らされ、タイニーには靴の中の足のを攻撃され…と散々なに遭ったがゴングに助けられ(先述の通り)尚も戦っていたが、結局チャンキー巨大化からのパンチパンチによって気絶KOとなった。
試合に敗北した後を覚ましチャンキーを後から襲おうとしたが、キャンディーコングの色仕掛けにはまってしまい、その隙にファンキーコングの特製兵器で場外へ蹴り出された。
そのまま、クランジーの檻に突っ込んでしまい、ボッコボコにされたようだ。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B064
ページ番号: 4276224 リビジョン番号: 2486495
読み:ドンキーコングロクジュウヨン
初版作成日: 10/02/05 01:46 ◆ 最終更新日: 17/05/05 06:36
編集内容についての説明/コメント: 【新設】テンプレ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ドンキーコング64...

ドンキーコング64について語るスレ

358 : 削除しました :削除しました ID: 3Ma7vLq6w6
削除しました
359 : ななしのよっしん :2018/08/08(水) 23:58:49 ID: 9IFcalRbWy
クラールの最後の切り札ブラストティック起動してて。19年越しの夢が成就しましたね。
360 : ななしのよっしん :2018/08/09(木) 19:04:53 ID: P+/8ndsDkI
https://twitter.com/GreatGalaxyLord/status/1027429527121588225
ゲームオーバーから長かったな・・・
361 : ななしのよっしん :2018/08/09(木) 20:36:55 ID: YvsAVM2Kai
バンカズ2の時も思ったけど、グラフィック綺麗過ぎ
やっぱレア社の技術は凄かったんだな
362 : ななしのよっしん :2018/08/09(木) 20:53:03 ID: nxVhpChRVb
グラフィック綺麗だけど、めっちゃ怖いんだよな
当時のグラフィックの特徴でもあるけど、やたらリアル志向でダークな雰囲気になってて怖くて仕方がなかった
それでいて演出とかセリフコミカルだから、そのミスマッチさでもはや狂気すら感じたわ

システム自体はすごくオーソドックスで良くできた3Dアクションだから、こういう3Dドンキーをまた遊んでみたい。出来れば明るめな雰囲気で...
363 : ななしのよっしん :2018/08/13(月) 21:44:02 ID: e+QuqJV65K
ムービークルールアーミィ・ジローを脅すシーンや逃げたカスラットを処刑するシーンコミカルな所が全くないから怖さが増してるよな
364 : ななしのよっしん :2018/08/24(金) 01:19:08 ID: 6/X+n9oboh
ガリオンとうだい沈没船の人とか
ゾゾゾ~キャッスルとか
妙に生活感があるのが怖かった
365 : ななしのよっしん :2018/09/06(木) 13:40:34 ID: 2kKi84DWKI
Get outのスナイパーガリオンとうだい深海とか当時子供だった自分にはトラウマを植え付けられたものだった
最近のソフトは知らんけどレア社は恐怖を煽るのも得意だよな
366 : ななしのよっしん :2018/09/09(日) 02:14:04 ID: mmffMeHwcI
めちゃくちゃ久しぶりに64引っり出して、やったけは好きだな。
ただ、スナイドで何度も出来るミニゲームチョイス微妙すぎ。
TNTバレルとぶつからないようにトロッコでぐるぐる回るやつとか、見回りに見つからないようにゴールすやつとかの方が面いのに。
367 : ななしのよっしん :2018/11/29(木) 21:42:28 ID: ZwZwi4YVmV
あのミニゲーム集は操作コングが表示されないものだけだからなあ
個人的にバババーン・バレルで何度も遊びたかったかな

もしリメイクが発売されるなら…その辺の善しつつ
サウンドテストも追加してくれると嬉しい
マリオストーリーといいDK64といい魅的なBGMが多いものの
ゲーム中1回しか聞けないBGM多いんだよお
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス