ドンジャラ単語

ドンジャラ

ドンジャラとは、麻雀を簡素化した卓上(テーブル)ゲームである。 麻雀とはまったく別物、と捉える人もいる。

※「ポンジャン」という呼び名(商品)もあるが、本稿では一般的に知られている「ドンジャラ」をに説明する。

歴史

事の発端は、1960年代後半~70年代前半にまで遡る。
当時、日本では大学生社会人を中心とした「(第二次)麻雀ブーム」と呼ばれる、麻雀流行期が訪れていた。
麻雀小説麻雀専門雑誌も創刊され、多くの人が麻雀を触れる契機となった。だが一方で

ルールが複雑でわかりづらい」「賭博性が強すぎる」「子供に悪影を及ぼす」

等の理由から、麻雀が敬遠されることも少なくなかった。そこで

子供から大人まででも楽しめる、簡単な擬似麻雀ゲームを作ろう」

という流れから、まず玩具会社アノアから「ポンジャン」と呼ばれる卓上ゲームが販売される。
の構成が3種類(船・自動車飛行機)・3色()・各9枚ずつの計81枚のみであり、役も刻子(3枚1組)を中心とした、わかりやすい物をに採用した。

このポンジャンを更にアレンジしたのが、1980年玩具会社ポピー(現バンダイ)から販売された「ドンジャラ」である。
まずの図柄にアニメ(漫画)のキャラクターを採用、役もその内容や家族構成に沿ったものにすることで、子供により親しみやすい仕様へ変化。この採用が大当りし、ドンジャラは子供たちを中心に大人気となり「簡単な擬似麻雀ゲーム」として一応の完成を見た。

なお最初に採用されたキャラは『ドラえもん』である。

以後はの図柄を『ちびまる子ちゃん』『ドラゴンボール』『ポケットモンスター』『ワンピース』等、様々な漫画アニメ等の人気キャラクターに差し替え、ドンジャラは今も販売され続けている。

2000年以降は家庭用ゲーム機やPCゲーム版として販売されるようにもなり、一人でも遊べるようになった。

2010年、ドンジャラ販売30周年記念として「ドンジャラ日本一決定戦」が9-11月にかけて催される予定。

ルールetc

ここではドンジャラの基本的な部分を紹介する。なお商品や地域によって、仕様が異なる場合があるので注意。

ゲームのおおまかな流れ

流れ自体はほぼ麻雀と同じである。

  1. シャッフル・整理して、2段並びの山を4個つくり、親を決める。
  2. 親からを2枚ずつ取り、全員が8枚うまで繰り返す。
  3. 8枚ったら、次に親はを山から1枚取り、不要を捨てる。これを役がう(和了)まで親から順番に繰り返す。
  4. 役がう一歩手前になったらリーチを宣言(※1)し、チップを出す。
  5. 役がったら「ドンジャラ」(※2)宣言をして、点数を計算。点のやりとりを行う。
  6. 1~5を(かの持ち点がなくなるまで)繰り返す。
  7. 終了時に持ち点が1番高かったプレイヤーが勝ちとなる。

※1:別にしなくてもいいが、他からのロンあがりはできなくなる。
※2ロンあがりでもツモ上がりでも全て「ドンジャラ」と宣言する。

牌について

全部で9種81枚が存在する。
にはそれぞれキャラクターが描かれているが、他にも役をわかりやすくする為に背景に色がつけられていたり、点数を計算しやすいように得点が振り分けられたりしている。

またこれとは別に、麻雀には存在しない「オールマイティ」と呼ばれるも存在する。このは、どんなとしても扱えるラッキーでありこれを所持したプレイヤーは和了にぐっと近づく。

役構成

前述したとおり、ドンジャラにおける役は刻子(3枚1セット)がメインとなる。そのため七対子カンは存在しない。
以下は代表的な役である。

  • 「一種九」     → 同一を9枚集める役。集めるのが非常に難しい。
  • 九種九牌」     → 全く異なるを9枚集める役。麻雀とは異なり和了役に設定されている。
  • 「同色六-三」  → 背景色が同じを6枚・3枚セットで集める役。
  • 「他色六-三」  → 上記の6枚・3枚セット色違いで集める役。
  • 「同色三種三」 → 背景色が同じを3枚セット×3で集める役。

これらの役にプラスして、集めたの得点がプレイヤーの獲得点数となる。

※商品によっては、これ以外の独自な役も存在する。

麻雀との相違点

の簡略化
麻雀では34136枚のを使用するが、ドンジャラは9種81枚にとどまる。
(一部)鳴きの制限
ポンカンチー止、和了宣言は"全て"「ドンジャラ」、リーチしでのロン上がり禁止等。
点数計算の簡略化
ドラ止、役の削減・簡素化、点棒の代わりにチップを使用、親和了による点数増加の止等。
ルールの簡略化
フリテン止(同一が多い為)、方角による呼称の止(四い為)、流局での点数計算の止等。

ニコニコ動画におけるドンジャラ

動画としては、既存ゲームの通常プレイ、および実況プレイ動画メインである。

遊戯王ver.

実際にドンジャラを一から作ってしまうツワモノもいる。

麻雀関連の動画で、麻雀と全く関係なが混じっていたりすると「ドンジャラ」と揶揄されることがある。

哲也ロン大三元中森明菜 単騎待ち・・・役満だ」
本当にドンジャラやってる。

 

関連CM


1989年.ver 懐かしい

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドンジャラ

17 ななしのよっしん
2016/02/06(土) 19:12:27 ID: Wh8JRBH4tP
ドンジャラなら三色三種、とか、三枚組三セット(役し)での和了が認められていた。約しの場合は自体の点数を足して得点とみなすんだ。
18 ななしのよっしん
2017/01/22(日) 02:41:58 ID: J+4qvaimb9
懐かしい・・・ポケモンのやつ持ってたなぁ・・・
もうルール覚えてないけど親と兄弟でやった覚えがあるな。
19 ななしのよっしん
2017/10/26(木) 19:34:39 ID: fgeJ5oyq64
鬼太郎ドンジャラで良く三人でやってたな・・・
20 ななしのよっしん
2017/12/27(水) 17:31:11 ID: cxboJaGI5K
子供の時ルールが分らんから嫌いだったわ・・・ 今も麻雀に全く興味なし。
逆にこれが好きだった人は麻雀好きになってるのかな。
21 ななしのよっしん
2018/02/02(金) 17:59:04 ID: CPE4da1FZx
麻雀好きだけどドンジャラには食が動かなかった人がここに
雀荘やってた親戚がいた関係もあるんだろうけど
22 ななしのよっしん
2018/07/20(金) 22:26:34 ID: LEPvxPW1Bt
ドンジャラ(ポンジャン)は小さい頃ドラえもんのをやってた記憶がある
今はもっぱら麻雀だが麻雀の入りとしては結構いい気がする(オールマイティだと思い込むのは問題だが)
23 ななしのよっしん
2018/11/02(金) 22:39:24 ID: CCD33+P1iJ
パーマンドンジャラコピーロボオールマイティだった
24 ななしのよっしん
2019/02/17(日) 17:41:16 ID: fBPHN/5U1x
なんかドンジャラアカギパロディみたいなネタやった漫画なかたっけ
25 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 02:52:29 ID: uX2Hv9z7Zt
子供のころドンジャラ大好きでドラえもんポケモンの両方持ってたけど、大人になって麻雀好きにはならなかった。てか今でもルールがさっぱりわからない。
26 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 12:58:32 ID: ls0sYDh7AU
DAISUKIの○法アップロード動画で、
消去法でどう考えてもアタリがこれしかないから
振り込み不可避みたいな状況になってて

急上昇ワード