ドーピング単語

ドーピング

ドーピングdoping)とは、物(ドープ)を投与する事である。に精体強化することをす場合が多い。

概要

ドーピングとは物(ドープ)を用して、精体的強化を施すことをす場合多い。
日本では、スポーツなど分野を問わずに反則行為として認知されている。

「ドープ(dope)」とは、日本語では「クスリ(麻薬)」の意味で訳される事が多い単であるが、「麻酔」及び「(競走などに投与する)奮剤」、またはそれらから転じて「マヌケ、ばか者」といった用法も存在する。
また「麻薬」「覚せい剤」「ドラッグ」とも言われるが、「ドープ」には、覚せい剤の他に合法な「クスリ」の意味もあるので微妙に使い分けがされている。(例:筋肉増強剤、奮剤など)
また、アメリカ合衆国スラングでは「コカ・コーラ」の事も「ドープ」と呼ぶ場合がある。また、海外では睡眠薬を飲むこともドーピングと呼ばれることがある。

ゲームDevil May Cry 3」では最もランクの低いコンボランクの名前に『Dope!』というランクが存在するのだが、こちらについては先述の説明通り「マヌケ、ばか者」というニュアンスで用いられている。

検査方法

ドーピングの検尿で行われるのが普通である。
官が抜き打ちでやってきて、選手は検官の前で検尿を行い、尿を提出する。 

官の前で不正をする人間はいない…と思われがちだが、こっそり人工の性器を使って他人の尿を提出する輩もいるので油断できない

近年では各種ホルモンや遺伝子ドーピングなどドーピングの手段が多様化しているのに対し、検方法が尿と血液検ぐらいしか行われず、ドーピングの多様化に対処しきれていないことが問題になっている。
特に医者や研究者などのプロが絡むと、確実に各検を突いてくるので、どのようにしてドーピングを見抜くかが課題になる。医者には患者の情報の守秘義務が法律で定められているので、守秘義務のない研究者もしくは選手自身を締め上げてドーピング情報を引き出す方法が今後は流になるかもしれない。 

世界のドーピング

ドーピング日常生活に関係いと思われがちだが、々は普通ドーピングをして生活していたりする。
例えばコーヒーを飲んでカフェインを摂取することも実はドーピングだったりする。

日本ではドーピングの習慣があまりなく、違反者がニュースなどで取り上げられることも少ない。
これは『に対する強い抵抗感』が世間にあるせいだと考えられており、世界の中では違反者が非常に少ない方である。ただし少なからず人間もいて、発覚した時に大騒ぎになることもある。 

一方で欧などではドーピングの習慣が普通にある。
日本人べてに対する抵抗が低く、気軽に奮剤や筋肉増強剤などを摂取している。
このためドーピングに対する抵抗感が低いせいで、違反者が後を絶たないことが様々なで問題になっている。

スポーツ界のドーピング

スポーツオリンピック)などの分野では正な試合を重んじるため、ドーピングは反則行為として厳しく取り締まられている。また、合法のでも用を繰り返すと副作用など心身ともに異常をきたす場合があるので医学的の以外の用は細心の注意が必要である。
ちなみにドーピングが近代になって始まったものかというとそうでもなく、元は古代ローマ時代において戦車を牽引させてレースを行う戦車競争の頃から存在したという。相手の物を投与して実を発揮できなくしたり、自身のアルコールを発酵させたものを含んだ餌を与えるなどして、ドーピングに類似する行為を行っていたという。
現代ではアナボリックステロイドを始めとする各種の筋肉増強剤のみならず、検の際にそれらを用した事実を隠蔽する(撹乱する)ために別の品を合わせて用する行為もドーピングとされている。

ドーピングの非

当たり前だが褒められた行為では全くない。
筋肉増強剤を投与しすぎた陸上選手の女性が『男性化』した上に、ホルモンバランスが崩れて禿げた上に酷く痩せる…など副作用で悲惨な末路を辿った選手もいる。ドーピング発覚時の世間からのパッシングで、今まで築き上げてきた地位が吹き飛んだ人間も多数存在していることは言うまでもないだろう。

なお、検の標的になりやすいのは『急に成績が上がった選手』である。
成績が上がったらを疑え】というのが各ドーピング機関のモットーらしく、成績が良い選手は頻繁に検を要される。当然「検多すぎでうぜぇ」とな選手達からは思われており、物議を醸している。 
ステロイドなどのドーピング副作用禿げ化があるので、急に禿げた選手も標的にされるとか。

「じゃあ成績が悪い選手が使ったらどうなのよ?」と思う人もいるだろうが、実際は以下の理由からさほど騒がれない。
ドーピングしているのに成績が悪いため、そもそもも怪しまな、【成績が悪いので当然知名度が低く、仮にドーピングが発覚してもさほど騒がれないのでひっそりと処分を下せる】という理由から成績が悪い選手のドーピングは後回しにされる、もしくは行われないことが多い。 

ニコニコ動画でのドーピング

アニメ・ゲーム作品などでも、ステータスを強化する魔法アイテムなどでプレイヤーキャラを強化する事や、それらに用いるガジェットを総称して「ドーピング」と呼ぶ事がある。ニコニコ動画で使われるドーピングはだいたいこの意味で使われる。

関連動画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドーピング

30 ななしのよっしん
2017/09/01(金) 03:30:43 ID: KbgOCq17YQ
アニキ不老不死!? 阪神金本知憲外野手(38)が21日、京都市内の京都府スポーツセンター人間ドッグならぬ「アスリートドック」を受診した。
アドバイザリー契約を結ぶファイテン社の協で設立された「同志社スポーツ科学センター」で医学的なサポートを受けていた一環。
昨年6月からべ、通常なら減っていくはずの成長ホルモンの量が3倍に増えていたことが判明した。トラアニキはいつまでも20代体を維持できる“不老不死”の状態だったことが科学的に明された。
 3時間近い検診と測定を終えた本は笑顔だった。昨年中から継続的に行っていた「アスリートドック」で驚異の体を形成する秘密が科学的に解明された。医師団から説明を受け、鉄人にまた新しいがみなぎった。
 本「検診は疲れたけどね。ホルモンが増えているといわれた。3倍になっていると。いい値が出たのはよかった。
シーズン中に減っていたのが元に戻っただけかも知れないけど、この量を維持できればいい。これを野球プレーにつなげていかないとな」。
 本本人もを丸くした、鋼の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
31 ななしのよっしん
2017/10/10(火) 19:50:11 ID: TT8JSbA0Fc
選手のその後なんてどうでもいいだろ
どのみち年喰えば使い物にならなくなるのに
まあプロ以外で蔓延されると困るしな
32 ななしのよっしん
2017/12/11(月) 20:23:24 ID: ccikYaDJz7
東側のはだいたい強制的にドーピングさせるから質が悪い
以前NHK特番でやってた東ドイツドーピングの被者は悲惨だった
そして50年後には今のロシア選手のドーピングの特番が組まれるんだろう
33 ななしのよっしん
2018/01/09(火) 19:17:27 ID: D0bkGRNFSH
調べてもイマイチわからなかったんだけど、副作用の問題は別にして「登山家」とか「スタントマン」みたいに「他者と競うことが的ではなく筋肉をつけたい人」でもドーピングって禁止なの?
こういう人って筋肉量が命にも関わって来るだろうし、医者が管理している下でスポーツ競技には参加しない、って前提ならドーピングしてもよさそうなものだけど。
34 ななしのよっしん
2018/01/28(日) 18:18:54 ID: L1EVMR/VNO
>>33
スタントマン微妙だけど、登山家についてはたぶん、ボディビルみたいなナチュラルボディビル
そうでないのと言う区別が生まれるんじゃないかな。ただでさえ、酸素ボンベ使うか使わないかで
揉めてるくらいだし。そんで、ボディビルと同じく物使ってるのにナチュラルボディビル
言いる人が出る。特に著名な登山家スポンサーを獲得しないといけないし、物使ってると
マイナスイメージになるから相当に微妙な問題になるだろうね。つーか、既に裏ではなってそう。
35 ななしのよっしん
2018/02/27(火) 00:00:02 ID: sH0MgRnYCU
実はドーピングで驚異的に記録伸ばせるのは男性よりも女性の方なんだよね。
なんでも男性ドーピングで増強しても効果は微々たるみのだが
女性ドーピング男性化すれば相当記録伸びるとか
36 ななしのよっしん
2018/03/03(土) 20:38:25 ID: jKIaD244UK
>35
ボディビルナチュラルとそれ以外を見る限り、男でも十分効果あるべさ
37 ななしのよっしん
2018/03/09(金) 00:43:35 ID: GEhP6vwxb/
ドーピングって聞こえが悪いけど、ものによっては風邪を飲んでもドーピングになってしまう
38 ななしのよっしん
2019/01/28(月) 04:36:37 ID: wCeyE72uAv
自分はスポーツ選手じゃないけど、
今のアンチドーピングの為とか言ってるけど実際はスポーツ選手に対する差別人権だと思う。

健康に関わる規制民間スポーツルールとして勝手にやるのがそもそもおかしい。
本当に危険なは各法律や条約でスポーツに関係なく一般人も含めて一規制すべきだし、
そうでない一般の飲食物や医薬品病院の治療(に入っている物質)まで規制して、「禁止物質が入っているかも知れないから気をつけろ」とか責任なこと言うのや、病院で治療を受けるのにいちいちWADAや競技団体の許可が必要なのは。飲食と医療の自由の侵だろ。
(これもとりすぎて体壊すバカがいるせいなのか?)
これもやむを得ず規制する正当な理由があるなら、法律一般人も含めて製造販売所持使用を禁止して誤飲を防ぐべきだ。当然、禁止する理由にスポーツを持ち出してはいけない。

特に薬局普通に売ってるを後出しで規制してシャラポワを処分したのは
カヌーの物混入事件もそもそもドーピング定されてなかったら違反者に仕立て上げて失格に陥れてやろうという発想自体なかったはずで、まさにアンチドーピングが引き起こした事件といえる。アンチドーピングによって、傷や殺ではなく名誉毀損的で他の選手に盛るという危険な用途をに生じさせてしまっている。
さらになのはWADAに迎合してスポーツ選手だけを対にして、特定の使用を法律で禁止してるがあること。日本も最近そうなった。スポーツルール法律にするなんて馬鹿馬鹿しいし、禁止するなら一般人も含めて製造販売所持使用を禁止しなければ不だし、誤飲の恐れもある。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
39 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 11:26:00 ID: L1EVMR/VNO
>>38
健康に関わる規制民間スポーツルールとして勝手にやるのがそもそもおかしい。
では、民間スポンサー抜きで現代スポーツをやってみなさいと言う話。ちなみに、民間スポンサー
相当酷いが、催する場合の方がドーピングや不正の方がより悪質なのは旧東欧を見ても明らか

>3と4の「野球社会がダメになる」はドーピングを最初から悪と決めつけてるが故の発想で意味不明だ。
上で言ったことの繰り返しだが、スポーツ社会少年のためにあるものであって一部のトップアスリートの
ためにあるんじゃない。なぜドーピングが悪なのかは散々議論されてるから言わないが、社会で悪だ不正だ
と決められてるものわざわざ容認する理由が少年の模範たるべきプロスポーツ選手にある訳がない。

ドーピングが不正なのは事実。でも、ランス・アームストロングのように不正さを理由にあるいは
正をついて不正をして逃れていたがいたことは忘れてはならない。