ドーベルマン単語

ドーベルマン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ドーベルマンとは、ドイツ原産の大である。

別名、ドーベルマン・ピンシャー、ドーベルマン・ピンシェル

歴史

ドーベルマンを生み出したのは、カールフリードリヒルイス・ドーベルマンと言う一人のブリーダーである。ドイツアポルダ(Apolda)の収税人を務め、また野保護員としても働いていた彼は、徴税の際に持ち運ぶ現を守るために優秀な警備を、ジャーマン・シェパード・ドッグロットワイラージャーマン・ピンシャーなどを掛け合わせた上で産出した。

1894年のドーベルマンの死後、この種には作出者の苗字から「ドーベルマン・ピンシャー」と名付けられた。そして第二次世界大戦後の1948年警察や軍用として活躍したため猟を意味する「ピンシャー」の名は相応しくないという理由で、正式に「ドーベルマン」に名され現在に至る。

現在では、専ら警察・軍用麻薬探知などの厳しい訓練がめられる分野で活躍している他、ペットとして一般庭で飼うものもいる。

特徴

ドーベルマンは強筋肉と、引き締まった細身の体、それを強調するような極短な体毛を持つ。毛色は、一般に想像されるようなブラック&タン()の他、ブラック部分に様々なバリエーションがある。

均的なオスの体高は6872cm、体重は4045kg。メスの体高は6368cm、体重は3235kg。

性格は、使役に用いられる種のため非常に忠心が強く、強いと警心を持つ。その分、飼い家族以外には攻撃的になりやすいため、初心者の飼育は非常に難しい。

一般的にドーベルマンのイメージとされる「鋭くった、短い尻尾」は、人為的に切断する事で得られる見たであり、近年は動物愛護の観点からこれを行わない事も多い。その時の顔立ちは同じドイツ原産のダックスフントに似ており、断・断尾するよりも大分温和に見える…と思われる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドーベルマン

1 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 03:17:58 ID: TH1OhacN9T
割と最近できた記事なのね
かっこよくて好きな種だ