ドーベン・ウルフ単語

ドーベンウルフ

ドーベン・ウルフとは、何か意味ありげだが深い意味はさそうな名前のモビルスーツである。

概要

ネオジオン量産機式番号はAMX-014。武器の塊のような重武装モビルスーツで、足以外の全ての箇所に固定武装がされている。頭頂高22.0m、全高25.9mもあり、1/144プラモ化されたモビルスーツとしては最大レベルの一である。サイコガンダム等の例外を除けば…
その武器だらけの姿は人から外れ、一見してそれまでのモビルスーツの系譜には属していない。
また量産機として一般兵用のサイコミュ制御を導入した二の機体でもある。この点においてハンマ・ハンマと関連付けられる。

この機体の開発経緯については二つの設定がある。ひとつはサイコガンダムMk-IIの小版という設定で、数多くの固定武装の幾つかはサイコMk-IIの模倣にあたる。
もうひとつは「ガンダムセンチネル」に登場したガンダムMk-Vのアクシズ版という設定である。もともとドーベン・ウルフは「G-V」としてデザインされていたという経緯があり、それを復活させ設定に反映させた形となる。
どちらにしろティターンズNT研究所が開発した異端ガンダムタイプの末裔にあたり、正統なジオンモビルスーツとは言いがたく、ザクIIIを下して量産決定されているのは皮な話である。

カラーリングは明るいグリーングレミー・トトの反乱時には自軍の機体をグレー(またはシルバー)に塗装したが、ドーベン・ウルフに関してはラカン・ダカランなぜか半ギレで強硬に反対し、グレミーに直接電話で文句を言って突っぱねている。
何が彼の逆鱗に触れたのかはだが、このときのやり取りでドーベン・ウルフがグレミー側にしか存在しないことが判明しており、数も多くなかったと想像できる。

アニメではラカン・ダカランら「スペースウルフ隊」の6機しか登場しない。マシュマー・セロキャラスーン、ZZガンダムと渡り合い戦果を上げるが、ラカン機以外はどちらかというと性よりも数で押している印である。
カン機に限って言えば非常に高い戦果を上げている。

少しは量産されていたようで、その後の時代のガンダムEVOLVEガンダムUC(MSV)にも残存機が出てくる。

UC-MSV

ユニコーン時代でも通用する高性機だと思われているらしく、関連機種が漫画機動戦士ガンダムUCバンデシネ」に2種類も登場している。

最初に登場したのは連邦軍のシルヴァ・バレトという機体。連邦がドーベン修し、顔をガンダムジムに変更したもので、異様な量だった固定武装が少々削られている。
の弾丸」などと小落たネーミングウルフ打倒を意識しているらしいが、漫画では味方であるはずのユニコーンガンダムに挑むことになる。
当初はユニコーンかませ対戦相手として「既存ガンダムタイプMS」(これは量産型νガンダムだったと後にられた)を出す案だったが、カトキハジメの提案で新MSに変更されたという経緯がある。
式番号ARX-014というのは他のMSと接点のない不思議なもので、アクシズからの鹵獲機につけられるナンバーらしいが、今のところ他にARXが付く機体はない。

同じく「バンデシネ」で、パラオ配備の袖付き仕様ドーベン・ウルフが登場する。色はブルー系で、しいことにばった袖を持っている。

この2機は後にUC-MSVに分類された。ラカンが存命であったなら、ガンダムに戻されてしまったドーベンに、袖を巻かざるを得なかったドーベンに何と言ってキレたことであろう。シルヴァ・バレトは後にユニコーン本編にも登場。

また、UC外伝であるラスト・サンにもドーベン・ウルフが1機登場。方は赤色塗装されており、クイン・マンサ用のサーベルハンマ・ハンマ用のシールドを装備している。

武装

30mmバルカン砲×2
グレネードランチャー×2
ビームキャノン(出4.2MW)×2
ビームサーベル(出0.56MW)×2
12連装ミサイルランチャー×2
メガ粒子砲(出5.3MW)×2
対艦ミサイル×2
メガランチャー(出40.2MW)兼ビーム・ライフル(出12.5MW)
インコム×2
有線ハンドビーム(出2.3MW)×2(指揮官機は線式)
隠し腕×2(指揮官機のみ)

ドーベン・ウルフの最大の特徴といえば豊富な武装だろう。ジムザクなどに代表されるガンダム世界の一般量産機とは段違いの破格の武装量を誇り、代表的なメガ粒子砲やそれと接続して放つメガランチャー、OTにも扱えるオールレンジ武器インコム等、火力も申し分い。一機に最大限にやれることを詰め込む第4世代らしい性を持つ。

しかしその実、アニメ本編では半分くらいの武器は使っていない。使ったのはビームライフルメガランチャーサーベルハンドビーム、それに有線ハンドによる電撃と言った所で、これでもかなり使っているのだがアニメだけで使いきることはできなかった。恐竜進化を遂げた末期MSとして代表にされる事が多いのはこの辺が理由だろう

代表的な武器としてMk-Ⅴ譲りのインコムがよく挙がるが、これも本編では使用されないためゲーム等でお披露されたのが初となる(映像作品でインコムが披露されたのは『EVOLVE../10』のドーベン・ウルフが初)。
また、有線ハンドビームインコム同様オールレンジ攻撃が出来る設定があるものの、アニメではヘビのような電撃での攻撃のみが演出された。ビームは接続した状態でのみ発射している。
カン機の乗るタイプレーザー通信により操作を行い、敵を捕まえもう片方の腕にサーベルを装備、遠隔で切り掛かると言った戦法を取っていた。またこの時本体側にも隠し腕が仕込まれており、マニュピレ―ターとしての機が残っている。
背中ミサイルビームキャノン、頭部のバルカンも使用しなかった。ゲームでそこそこ採用される対艦ミサイルは劇中では装備すらしていない。

関連動画

武装の一部。


バルカンミサイルビームサーベルインコムメガランチャー対艦ミサイル


ミサイルビームサーベルビームライフルインコムメガランチャー


ミサイルビームライフルビームサーベル(+ハンドビーム)、インコム

ドーベン・ウルフの全ての武装を再現するゲームは今後も登場しないだろうとファンに嘆かれてるとかなんとか

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドーベン・ウルフ

53 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 09:05:59 ID: porXVaIWWK
スターリンなら「君たちはなぜMS内に百貨店を作ろうとしているのかね?」とブチ切れていただろうなw
54 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 09:20:47 ID: YfZT4+EiFJ
サイコ1が頭だしそれと勘違いじゃね
55 ななしのよっしん
2018/07/11(水) 12:26:31 ID: rYFMo1pv3R
何故か旧スパロボティターンズに良く採用されてるの機体…たしかに世代で考えるとマラサイバーザムじゃあかんけどさぁ…
56 名無し
2018/10/25(木) 23:18:24 ID: pVZV0/wARh
RE/100で発売して欲しい一機
57 名無し
2018/12/20(木) 21:48:05 ID: pVZV0/wARh
近年ではネオジオンに持ち込まれたMk-Vをベースグリプス戦役後に鹵獲したサイコガンダムMk-Ⅱの技術も参考にして開発したという説に変わりつつある...
58 ななしのよっしん
2018/12/30(日) 22:30:53 ID: Gy6lKi2Us2
シルヴァ・バレトと逆にジオンっぽく改造した機体(リーベン・ヴォルフ)が出た模様。
59 ななしのよっしん
2019/01/07(月) 11:07:10 ID: Hr9eE89t5a
シルヴァ・バレトジム顔も出てほしかった
60 ななしのよっしん
2019/01/07(月) 11:21:26 ID: Hr9eE89t5a
リーベン・ヴォルフってドーベンウルフが本来すべき仕様を実現したMSみたいな感じがする
ドーベンウルフ強化人間推奨クラスの武装数だったからリーベン・ヴォルフみたいな武装をまとめ直してシンプルにして共通部品を増やすって設定は結構好き
61 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 00:20:27 ID: om8eele9NZ
多すぎる武装を整理するって方向性はシルヴァ・バレトと共通してるけど、こっちが「ドーベンの兜にガンダムジェガンマスクを仕込んだ」のに対してヴォルフは「ドーベンマスクギラ・ドーガの兜を被せた」っていう対照的な部分もあるのね。
62 名無し
2019/01/24(木) 21:17:54 ID: pVZV0/wARh
実はドーベンは本来、グレーの配色となるだったがスタジオアニメ制作用の塗料が不足していた為に現在カラーとなったという逸話がある。
こいつやゲーマルクが単色に近い色合いになったのもラカンがグレミーに直訴したのもそれが理由。