ナイジェル・マンセル単語

ナイジェルマンセル


ナイジェル・マンセル(Nigel Mansell英国国旗とは、愛すべき馬鹿・・・

もとい、'80~'90年代F1黄金期における屈の名ドライバーである。

概要

本名はナイジェル・アーネストジェイムズ・マンセル(Nigel Arnest James Mansell)。
1953年8月8日生、英国スターシャー州出身の英国ドライバー
1980~1995年(除1993年)にF1に参戦。名門チームを渡り歩き幾度もタイトル争いに絡んできた名ドライバー
1992年にはF1で、翌1993年にはCARTチャンピオンいている。
その快な走りと嬌のある人柄で「荒法師」「大英帝国の愛すべき息子」ライオンハート」、「マンちゃん」など数々の異名を持ち、多くのファンされた。

キャリア

下積み~F1デビューまで

幼少の頃、に乗せてもらったカートマシンが後のキャリアの原点となった。エンジニアになるための勉学に励むがドライバーになる夢を捨てられず財産の一切合財を売り払い参戦資を捻出、それでも不足した分は妻ロザンナとともにアルバイトで稼いだ。下位フォーミュラブリティッシュフォーミュラフォードイギリスF3で成績を挙げる。
チャンスのためならが身をみず、フォーミュラフォード時代にブランズ・ハッチでの予選中、事故で首を折するも医師の制止も聞かずレースに復帰しその年(1977年)のチャンピオンを獲得。
F3時代にはレース中の事故(ちなみに接触相手は破壊王チェザリスであった)で脊椎を負傷してしまったが、そこにF1ロータスチームからテストの誘いが舞い込む。「怪をしたのは別人です!」と言いり、鎮痛剤を常人の7倍注射してテストドライブを行った。

ロータス時代

上記テストでの熱意にも心打たれた名門ロータスの総帥、コーリン・チャップマンに見出され1980年第10戦オーストリアGPにて初参戦。翌'81年からフル参戦し第5戦ベルギーGPで3位初表台、だが他のレースでは多くのリタイアを重ねた。'82年、チャップマンが急逝し、チーム内での後ろを失い伸び悩むこととなった。結局ロータスでは未勝利に終わる。

ウイリアムズ・ホンダ~ジャッド時代

1985年フランクウイリアムズの招聘でウイリアムズホンダに移籍。第14戦ヨーロッパGP(英ブランズ・ハッチ)で初勝利、続く南アフリカGPも連覇する。
1986〜1987年チームメイトネルソン・ピケを迎え、強ホンダ・ターボを擁するチームは2年連続でコンストラクターズ・タイトルを連覇。一方のドライバーズ・タイトルにおいては、フランクチームオーダーを設けず、ピケとのタイトル争いは熾を極めた。
'86年には通算5勝。しかし最終戦オーストラリアGP、64に走行中左リアタイヤバーストリタイア、ノーポイントに終わりタイトルアラン・プロストの手に渡った。
翌'87年は通算6勝。しかし第15戦日本GPは鈴鹿サーキットでの予選中にS字カーブでスピンしタイアバリアに突っ込む。マシンは宙へ浮かびコース叩きつけられた衝撃で背中を負傷し、最後の2戦の欠場を余儀なくされる。この時点でタイトルはピケに決定。
2年連続で最多勝利を挙げながらも前でタイトルを逃す不運に見舞われ冠の帝王と呼ばれるようになる。

1988年チームホンダエンジンを失い、非力オーバーヒートに悩まされるジャッドエンジンを搭載。シャシーアクティヴサスペンションが開発途上のために信頼性を欠き12戦でリタイア(加えて2戦を水疱瘡で欠場)、2位台が2回のみという結果に終わる。この惨状を受けチームからの離脱を決意した。

フェラーリ時代

1989年、前年のエンツォ・フェラーリ生前最後となる加入オファーを受諾しスクーデリアフェラーリに移籍。F1マシンで初めてセミオートティック・トランスミッションを搭載した革新的な"640"をドライヴ、初戦ブラジルGPで速の勝利をもたらす。この年もギアボックストラブルに悩まされリタイアが多かったが、2勝をマークドライバーズ・ランク4位。
翌'90年はチームメイトアラン・プロストを向かえるが、政略の腕に長けたプロストチーム握したため居心地を悪くしたマンセルは第8戦イギリスGP後に引退表明を行う。第13戦ポルトガルGPでシーズン一の優勝をするもスタート時にプロストに幅寄せしたため怒りを買う結果となった。

ウイリアムズ・ルノー/タイトル獲得へ

1991年引退宣言を撤回し古巣ウイリアムズに復帰。ルノーエンジンを得てハイテク導入も進んだマシンを駆り好成績を収めることになる。通算5勝を挙げるも序盤3戦のリタイアやカナダGP、ポルトガルGPでの事件がき、ドライバーズ・ランク2位

1992年、洗練されたパッケージに熟成したアクティヴサスペンション、TCSを搭載し最強ハイクマシンと名高い"FW14B"を駆り通算9勝/14PPとシーズンを席巻、第11戦ハンガリーGPにて々に悲願のドライバーズ・チャンピオンを獲得した。

CART転向/F1復帰~引退

しかし、フランクウイリアムズは翌シーズンアラン・プロストあるいはアイルトン・セナ獲得に動いたためマンセルは不快感を示し第13戦イタリアGPの記者会見で2度引退表明。
1993年、CARTへ転向し通算5勝でドライバーズ・チャンピオンを獲得、異なるカテゴリータイトルを2年連続で獲得した一のドライバーとなった。
翌'94年もCARTに参戦するが、F1界ではウイリアムズへ移籍したアイルトン・セナが第3戦サンマリノGPで事故死。セナシートを埋めるべくカムバックし最後の3戦に出走、最終戦オーストラリアGPでF1最終勝利を果たす。

1995年マクラーレンメルセデスに移籍するもオーナーロン・デニスとそりが合わず今度こそ引退することとなった。中年太りのせいで、コックピットに座りづらかったのも原因の一つらしい。

関連動画

「Nigel Mansell Story」(1990年製作)

「愛すべき馬鹿」マンセルの珍事件集

1984年第9戦ダラスGP。チェッカー前の最終ヘアピンリアをウォールにぶつけギアボックスを壊してしまったマンセル。自マシンを押しフィニッシュラインそうとするが、灼熱に襲われ倒れこんでしまう(11:11~)
その男気には観客達も感動し、惜しみない拍手を贈った。

1987年第10戦オーストリアGP。2度スタートに失敗、ただでさえ狭いエステルライヒリンクを塞いだ結果後続集団が多重衝突を起こす大迷惑w しかもその原因たる本人は優勝してしまった。でもちゃんとF1神様から天罰が待っていた・・・(9:51~)

1990年第15戦日本GP。スタート直後の第一コーナーで悪名高い「セナプロクラッシュ」が発生、さらに翌周にはその砂を踏んだベルガーもスピンアウト。上位四強の内3人が々にリタイアし、労せずしてトップに躍り出たマンセル。このまま楽勝かと思われたが、26周タイヤ交換を終えピットアウトする際にドライヴシャフトを折ってしまい痛恨のリタイア!この間、プロストドライバータイトルに続き、フェラーリコンストラクタータイトルをも逃すことになってしまった。

1991年第6戦カナダGP。優勝を前にした最終ラップにまさかの急停止!観客に手を振る際に誤って電気系のスイッチに触れてしまったのでは・・・?と囁かれた、いわゆるキルスイッチ事件」ピットに戻ったマシンエンジンに点火するとちゃんと始動しギアも入ったそうである)。


ポルトガルエストリル)のピットはマンセルにとって

 1989年第13戦。フェラーリピットを通り過ぎてしまい禁止されているピットレーンでのリバースギアを使用。レースに戻るが失格裁定が下り旗が出るもこれを3周にって視、よりによってタイトル争いをしているセナと接触しリタイアさせてしまう(FIAから5万ドルの罰と次戦出場停止処分が下った)。

1991年第13戦。29周タイヤ交換のためピットイン。ここで右リア担当がナットを締めきらないままクルーはマンセルを送り出してしまいタイヤは当然ポロリピットレーンを塞ぎ再装着するも失格旗。

名バトル

「2台のフェラーリが来ている!2台のフェラーリが来ている!」


ここはモナコモンテカルロ絶対に抜けない!


ライオンリターン!マンセルのいる風景!マンセルのいる風景だぁ!」

TV出演

関連静画

関連商品


関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナイジェル・マンセル

13 ななしのよっしん
2012/09/29(土) 19:44:52 ID: wqUOwGgRCe
魂の走り
好き嫌い関係なく気迫の走りにはもが圧倒される
14 ななしのよっしん
2013/06/01(土) 20:06:22 ID: 8q0g8TDg4N
なんか復帰後のライコネンマンセルみたいなされというかネタなんじゃないかと思えてきた
15 ななしのよっしん
2013/10/09(水) 10:27:21 ID: T8HdUXSG9W
>>11
でもUFOを一番使いこなしてたのはその原始人という
そして原始人仕様に作られてきたマシンに乗せられたせいでプロストセナはえらい苦労したわけだが
16 ななしのよっしん
2013/10/12(土) 17:20:01 ID: /DkwaVFz2w
ピットイン示が出ていたのに視して周回するとか、セナと接触してマシンコース上で動けなくなったのにずっとコース上に留まって、一周回って来たセナに拳を振り上げて抗議するとか、マンセルは技術的な面以外でも面すぎた。
今のF1にはマンセル要素が足りないよw
17 ななしのよっしん
2013/10/25(金) 15:53:01 ID: mLReleeLGJ
マンセルエピソードは全部マンセルだから面いんだろうなぁ。
他のドライバーマンセルみたいな事やってたら多分嫌いになってる。

それだけマンセルには嬌・人気速さがあった、どれか一つでも欠けてたらこの人気はなかったんじゃないかな。
18 ななしのよっしん
2014/06/12(木) 12:58:38 ID: YWpZzi5GGr
92モナコピットイン後の怒涛の追い上げに対し
激おこプンプン丸ってコメがあって吹いた
19 ななしのよっしん
2014/06/25(水) 12:56:55 ID: SkcAfHgIQE
ネタ方面で突き抜けてるドライバーだが、92年のイギリスGPみたいに異次元の走りもする。
あのGPの予選は当時107%ルールがあったら予選通過12台になってた異常タイム出した。
20 ななしのよっしん
2016/12/14(水) 18:47:29 ID: 67LKjBblwO
1986年(プロストと2pt差の2位)
スペインGPでセナに0.014差で敗れて2位
オーストラリアGPで3位走行中の64タイヤバーストリタイア
1987年(ピケと12pt差の2位)
ハンガリーGPで1位走行中の71タイヤトラブルリタイア
日本GPの予選でクラッシュしてシーズンの残りを負傷欠場
1991年(セナと24pt差の2位)
ブラジルGPで2位走行中の60ギアボックストラブルリタイア
カナダGPで1位走行中の最終ラップエンジントラブル?(キルスイッチ事件)でリタイア
ポルトガルGPで1位ピットインするがピットミスレギュレーション違反により失格

少なくともこの3シーズンのうち2シーズンチャンピオンになれたと言われている
実際に1986年1987年は優勝回数が最も多かった
21 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 09:11:55 ID: 1+PLOUT2nE
チンギスハンじゃないか(わかる人間だけ)
22 ななしのよっしん
2019/07/02(火) 16:59:17 ID: 04DOPq2JDk
ポルトガルセナ撃墜をはじめ、普通の人なら許されない行為も何故かマンセルだったから許されたというw

急上昇ワード

2019/08/26(月)03時更新