ナスルーラ単語

ナスルーラ

ナスルーラとは、20世紀最高の種なりそこねた大種である。
名の由来は偉大なるという意味とも、あるいはの援助という意味とも、実在暴君の名前からとも言われるが定かではない。 

暴れん坊、まかり通る

はフェデリコ・テシオが生み出した競走馬としては競走成績でリボーに次ぎ、種としては間違いなく最高傑作といえるNearco、
はFlying Filly(飛ぶっ子)ことMumtaz MahalのMumtaz Begum、ダービーで種としても活躍したBlenheimという血統。
そしてオーナー大富豪アガ・カーン三世という、ピッカピカの血統背景環境を持つであった。
ちなみに1940年生まれで、日本だとクリフジと同い年である。 

成長しデビューを迎える頃になった彼の体は肩から後ろ脚が発達し、立な身体を持つに育った。
デビュー戦こそ3着に敗れたが、二戦の伝統あるレース・コベンリーステークスを勝利し初勝利マークすると三戦は二頭立て、実質マッチレースになったが4身突き放し快勝。
当時8月開催のイギリスの二歳王者決定戦・ミドルパークステークスに一番人気で出走するが、追い込み届かず2着に敗れた。しかし、当年のフリーハンデでは二歳最高値を与えられた。

3歳始動戦は2000ギニーへのステップとして下級条件から始動。ここは楽に勝つ…かに思えたのだが、パドックからコースの間でじっと突っ立って動かず、レース発走を8分遅らせた。
そう、このは凄まじいスピードを受け継いでいたのだが、どこから引き継いだのか尋常じゃない気性の難しさも持っていたのである。
ダビスタをやったことがある人ならナスルーラのインブリードが発生すると、牧場長から嫌そうな顔で「ナスルーラのクロスはちょっと…」と言われたことがあるだろう。こういう事例が原因の一端である。 
とはいえレースは僅差ながら勝利2000ギニーへ。 ここでもまた反抗して出走取消もあるレベルだったがなんとか出走。レースではゴール前まで楽勝する勢いで先頭に立っていたが突然急減速して4着に敗れた。
ソラを使ったとも言われるが、そんなレベルで済まない惨敗にアガ・カーン三世は才を買いながらも失望を強めていった。
続くレースダービー…だったのだが時折しも1943年。 エプソムはロンドン近郊ということで使えず、ダービーニューマーケット12fでのニューダービーとして開催されていた。
そのニューダービーでは、ゴール前一気に突き抜け先頭に立つ…が、またも先頭に立った間にスピードを緩め3着。まともに走ってれば勝っていたのに…
その後も、下級戦は勝つがクラシック最後の一冠セントレジャー距離がキツかったか先頭にすら立てず6着、引退レースとなったチャンピオンステークスは勝ったが、クラシックでのご乱行・セントレジャーでスタミナ不足を露呈したせいで評価はそんなに高くはなかった。

大種牡馬・ナスルーラ

引退後、種入りしたが実績が突出しているわけでもなくで気性も最悪だったことからそんなに人気は出ず、二年には当時そこまでレベルの高くないアイルランドに移動となった。
それでも初年度産駒から英二冠MusidoraやダービーNathooを出し評価を高めた。が、欧州では気性の難しさを敬遠する者も多く、アガ・カーン三世も彼には呆れていて熱を入れてバックアップしなかったこともあり、そこまで評価はされていなかった。
しかし初年度産駒でアメリカに渡ったNoorの大活躍を見たアメリカアーサーハンコックは、ナスルーラのスピードに惚れ込み彼を迎え入れることを決断。 
こうして、3万7000ドルでアメリカケンタッキー州屈の大牧場クレイボーンファームに渡った彼は、アメリカの地で大暴れ。アメリカ初年度からNashua(重賞19勝)らを輩出。一躍人気へのし上がった。
このあともBold RulerやBold Eagleを輩出し、1955・56年のリーディンサイヤーを獲得した。ちなみに欧州でも残してきたからダービーが出るなどして1951年の英リーディンサイヤーを獲得していたため
史上初の大西洋またぎでのリーディンサイヤー経験となった。 今となってはノーザンダンサーら経験した種はそこそこいるが、ナスルーラが初めてである。

彼自身は19歳とかなり若くして死んでしまったが、息子たちが猛な勢いでサイヤーラインを広げていった。特にBold Rulerはアメリカの競馬の有り様すら変貌させたレベルで大活躍し、Peter Pan系やLexington系などアメリカ独自の系統を駆逐し殲滅していった。
日本でも欧州最終年度の産駒でダービーセントレジャーを勝ったNever Say DiePrincely Giftの産駒が大活躍。
セフト友、トウルソルらを駆逐したヒンドスタン、ライジングフレームらを駆逐していった。
前者はネヴァービート(代表産駒:マーチス(皐月賞)、インターグロリア桜花賞有馬記念2着など))、コントライト(代表産駒:テンポイント天皇賞(春)など)、キングスポイント中山大障害)) 、
後者はテスコボーイ(代表産駒:トウショウボーイ皐月賞など)、キタノカチドキ皐月菊二冠など)、テスコガビー二冠))、ファバージ(代表産駒:ハードバージ皐月賞))なんかが有名である。 
欧州ではNever Bend産駒のミルリーフ欧州三冠を達成、かつ産駒も大活躍し最近でもDalakhani、Daylami兄弟らを出すなど昔ながらのチャンピオンディスタンスホースを輩出する血統として息づいている。
こうして、世界中に凄まじいスピードを伝えたナスルーラなのだが、20世紀のセントサイモンと言われる程には評価されていない。約20年後に生まれたノーザンダンサーがナスルーラの倍の速度世界を塗り替えて行ったせいである。
雌伏していたアメリカ土着系統の突然変異血脈・ネイティヴダンサー系から発展したミスタープロスペクター系にも押されまくり、一部の系統は存立が厳しいところまで追い詰められたりしている。
ノーザンダンサーミスタープロスペクター較的弱い日本でもサンデーサイレンスに追い立てられており、テスコボーイの系統はもうサクラバクシンオーの産駒に賭けるくらいしかなく、
ナスルーラのGrey Sovereignの血を引くで一時サンデーと互に渡り合っていたトニービンも期待出来る後継はジャングルポケットくらいしかいない。
アメリカのBold Ruler系と欧州Never Bend系を除くと、これからが厳しそうである。
とはいえ、スピード革命を起こした偉大な種であることには変わりなく、競走馬歴史に名前を大きく刻んだことは間違いない事実である。 

関連動画

タグミルリーフトウショウボーイテンポイントサクラバクシンオーあたりを探してください。末裔が頑っています。

関連商品

ナスルーラに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ナスルーラに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナスルーラ

1 ななしのよっしん
2014/06/13(金) 01:52:05 ID: HYoon8s315
オルフェ×スイープはこのをも越えるのか
2 ななしのよっしん
2014/07/30(水) 16:02:48 ID: fHoczfX46V
このクロスはちょっと気になることで有名。
3 名無し
2016/07/28(木) 14:45:04 ID: 33eK9cQ/ah
系がゴージャス過ぎるよね、は強しとは言ったものよのう
4 ななしのよっしん
2017/12/02(土) 22:51:31 ID: QFOrppJ7kI
日本流血統であるヘイルトゥーリーズンの流である
ロイヤルチャージャー叔父に当たります
ムムタズマハルは偉大なり