ナパーム単語

ナパーム
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ナパームとは、焼夷剤の一種である。ガソリンゲル状にしたもので、に熱と一酸化炭素によって対に危を与える。

概要

通常ガソリンはさらさらした揮発性の液体で、この状態では焼夷兵器としては役に立たないが、濃化剤を加えて安定した性の大きいゲルにすると、焼夷兵器として理想的になる。安価でありふれた原料で製造でき、簡単な装置で散布することができる。[1]

名称

「ナパーム」は、元々ガソリンに加えられるとゲルを作る濃化剤を意味する言葉だった。当初ナフテンとパルミチンという二種類の脂肪酸が濃化剤の有効成分であると考えられ、それぞれの最初の音節をとってナパームと呼んでいた。実際にはラウリゲル化の重要な成分であることが分かったが、ナパームという呼び名はこの種の兵器の一般的な名称としてそのまま使われている。[2]

開発

第二次大戦がはじまった頃、アメリカ陸軍の焼夷混合剤の開発に関心を持ち、著名な有機化学者であるハーバード大学ルイス・フィーザーに協めた。当初フィーザーは生ゴムを濃化剤に使うことでガソリンゲル化する方法を提供した。これは効果があったが、日本軍が東インドに侵攻したことで天然ゴムの供給が絶たれたために合成濃化剤の開発が必要になり、ナパームが開発された。ナパームは当初のゴムを濃化剤としたゲルよりもはるかに優れていることがわかり、大戦中には日本に対する焼夷弾襲に用いられたほか、朝鮮戦争ベトナム戦争でも使用された。[3]

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *生物化学兵器みすず書房 1970 p.44
  2. *生物化学兵器」p.44
  3. *生物化学兵器pp.45-46

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナパーム

1 ななしのよっしん
2019/12/11(水) 23:49:53 ID: xpj8e5hxfh
パルシェンナパーム弾に耐えられるらしい
2 ななしのよっしん
2020/02/24(月) 01:38:08 ID: uAVdIjQRMH
化剤が入ってないのにどうして水の中でもしばらく燃えるんだかわからん
3 ななしのよっしん
2020/02/24(月) 07:05:16 ID: I1tXhDPhgz
スーパーナパーム
4 ななしのよっしん
2021/01/02(土) 00:53:38 ID: ooy4bx7OiH
ゲル酸素が溶け込んでるとか酸素空気)の気泡が含まれてるとかなのかな
爆発反応じゃないからそこまで多量の酸素は必要いはず
5 ななしのよっしん
2021/01/03(日) 17:25:12 ID: kH8UR2SWvz
ガンハザードでの役立たず武器