ナミアゲハ単語

ナミアゲハ

ナミアゲハとは、アゲハチョウ科の一種。一般的に「アゲハチョウ」もしくは単に「アゲハ」と呼ばれることも多い。

概要

北海道から沖縄まで日本に生息しており、韓国中国などにも分布している。大きさはおおよそ4060mm程度。地に黄色の鮮やかなデザインの羽を持っている。

アゲハミカン植物の葉の上にを産み付け、そこから孵化した幼は姿を変えながらに近づいていく。若齢の幼地にい模様をしており、これはの擬態をしていると言われている。その後終齢幼になると、全体が緑色のいわゆるイモムシへと変わる。これらの幼ミカン科の植物を食とするため、ミカンとしても知られている。

成長した幼となるために適当な場所を見つけると、そこに自らの身体を糸で固定しとなる。アゲハ褐色緑色をしているが、それはその周囲の環境によって決定付けられている。つまりの状態でも捕食者に対する擬態をしているというわけである。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナミアゲハ

1 ななしのよっしん
2011/05/07(土) 22:13:02 ID: tXBsBE/1z3
岩手キアゲハのほうが多いな まあ一般人にはキアゲハナミアゲハは同じにしか見えないだろうけど
2 ななしのよっしん
2011/06/28(火) 16:55:25 ID: ydZgnxEXek
東京 ここ5年くらいキアゲハが減ってきている気がする。
3 ななしのよっしん
2011/09/26(月) 23:10:35 ID: Du/fv/kniN
アゲハのことで幾つかってもよろしいかな?

急上昇ワード