ナラティブガンダム単語

ナラティブガンダム
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

ナラティブガンダム(RX-9)とは、映画機動戦士ガンダムNT』に登場するMSモビルスーツ)である。

概要

NARRATIVE GUNDAM
ナラティブガンダム
RX-9(本体)RX-9/A/B/C(装備による)
頭頂高 21.0m
重量 25.1 t(本体のみ)
搭乗者 ヨナ・バシュタ
武器

ユニコーンガンダム3号機(通称フェネクス)捕獲作戦不死鳥狩り』に投入された多的試験用モビルスーツνガンダムに先んじてサイコフレームの試験に用いられた機体であり、映画開前はνガンダムプロトタイプとする設定も散見されたが、機体の形状が幾分か似ているだけであり直接の繋がりはない。

強いて言えばアナハイムエレクトロニクス社(以後AE社)が開発したガンダムタイプでかつ近しい年代の機体のため使われている部材が共通したので似通っているとも取れる。技術系統としてはサイコフレームを最初に使用したヤクト・ドーガの技術をAE社が検証するために建造され、その後試験データシナンジュ・スタインからユニコーンガンダム(フェネクス)へと採用されている(C装備のインストから引用)

ナラティブ」とは「物語」「神話」という意味を持ち、ルオ商会のミシェル・ルオによって名付けられた。小説版によると、このガンダムを投入する「不死鳥狩り作戦は、サイコフレームによって不死の命を実現し得るフェネクスを捕獲する、すなわち神の領域に足を踏み入れることになるため、そのめとして名付けられたという。

各種装備の試験機の為、武装がく各部の装甲も外されフレームが剥き出しになっているのが特徴(その為かシェザール隊からのあだ名は「やせっぽち」)胸部に内蔵されているコア・ファイターのコクピットすら隠れておらず、外から丸見えになっている。操縦機構に当時一般的だったアーム・レイカースティック式ではなく、後のガンダムタイプに採用されたコントロールシリンダーを採用。これは後述するA装備を始めとする各種装備及び複雑化した火器管制を円滑に運用するために試験的に導入された。

ルオ商会によって下記の装備が提供された。

A装備

ナラティブガンダムの高機動装備。大ラスターが付いた増設脚部ユニットを中心に94ベース・ジャパーのブースターを装備し、爆発的な高機動を獲得。フェネクス捕獲用複合特殊兵装「サイコキャプチャー」に加え、大ビームサーベル、多数の5連装ミサイルポッドを装備する。サイコキャプチャーの先端部からビームの発射・防御が可であり、中央部股間からハイメガキャノンも搭載されており、ビームを用いた射撃戦にも対応している。

前述の通り、フェネクスの驚異的な機動性に対処するため加速性はこの時代のMSとしては最高レベルであるが、当然ながらパイロットに対する負荷も相応でありノーマルスーツだけではなくその上に専用の重宇宙ともえる「サイコスーツ」を着用して運用する。ユニコーンガンダム搭乗時の専用スーツ同様、特殊対G対応・緊急機動時の物投与など様々な装備が付与されているが・・・

シェザール隊と協してフェネクスに追いつくものの、パイロットのヨナがフェネクスパイロットリタ・ベルナル」への呼びかけを優先したために取り逃がす。

B装備

ナラティブガンダムの重武装装備。背部にフィン・ファンネルに似た形状の有線式攻撃端末(インコム)2機を搭載したバックパックと、両腕にジェガンシールドを半分にしたような形状のミサイル内蔵小シールドを装備した姿。コロニーなどの閉鎖間での戦闘眼にしておりA装備にあった大出ビーム兵器は装備されていない。

操縦系に密かにNT-Dがインストールされており(サイコスーツの最大の特徴はNT-Dに対応するためでありスーツにもサイコフレームが取り付けられている)、一定以上のサイコウェーブを感知すると発動し、ヨナの意志と関係なく自動操縦に切り替わり、周囲のサイコフレーム搭載機を撃墜・捕獲しようとする。NT-Dが発動するとインコムからケーブルが外れ、ファンネルサイコキャプチャーとして機する。

ネオ・ジオングフェネクスの出現によってNT-Dが発動し暴走を始め、ネオ・ジオング合体しかけるが、フェネクスによって沈静化する。

C装備

ユニコーンガンダム用のサイコフレームを加工して、装甲代わりに理やり外装に取り付けた仕様。それまでのサイコフレーム搭載機が装甲やフレームに内装されているのに対してナラティブのは外装した剥き出しの状態なのが何処かな印を与える。サイコウェーブを感知すると、取り付けたサイコフレーム部がく発する。その状態はかつてのユニコーンガンダムデストロイモードに近しい姿になる(ガンプラ絵も同じポーズを撮っている)

「C装備」とはナラティブ本来の運用プランにない呼び名であり、便宜上の名称でしかない。小説版では「サイコパッケージ仕様」と呼ばれる。装備はジェガン用のを修したビームライフルビームサーベルサイコフレーム装備のビームキャノンシールドと、3つの装備の中で最もシンプルスタイルとなっている。これは、旧来のロボットアニメにありがちなパワーアップの度にだんだん大化する、手になる」というお約束を破ることコンセプトであるため。

ネオ・ジオングと戦って捕獲されたフェネクスを助けるために緊急出撃し仲間の助けもあり善戦するも、次第にダメージが蓄積して大破。ヨナはコア・ファイターで脱出し、フェネクス乗り換える。

関連動画

関連商品


ガンプラHGUCでA・B・C装備全てリリースされているが、B装備のみプレミアムバンダイでの受注生産になる。組み立て式食玩のGフレームでB・C装備がリリース。A装備はデフォルメサイズ(FW GUNDAM CONVERGE)でリリース予定

関連コミュニティ

ナラティブガンダムに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナラティブガンダム

111 ななしのよっしん
2020/12/01(火) 12:52:27 ID: 0xI9teu34P
サイコフレーム試験の為に開発されたらしいけど、それの開発が始められるのはサイコフレームの技術を入手してからなんだから
それより前から開発の進んでたνガンダムより先に作れるわけがないんだよなぁ
112 ななしのよっしん
2020/12/15(火) 12:20:51 ID: j7dReGeZ6v
>>105
νガンダムは元々通常のサイコミュ搭載機として開発されてて、(切羽詰まってたのは予算獲得に手間取って開発が遅れてロールアウト前にシャアが動き出したから)サイコフレームは建造中にグラナダからの技術提供で後付けされたものだから、サイコフレーム自体はヤクトやサザビーの設計が始まる前に完成してるから、特に違和感くね。
113 ななしのよっしん
2020/12/15(火) 13:05:51 ID: 2O8VZAsApJ
ナラティブサイコフレームテストをしている間にアムロサイコフレーム情報を伝える時間ぐらいはあると思うが。
114 ななしのよっしん
2020/12/15(火) 20:18:04 ID: +bjewrfNCk
アナハイムの事だからわざと教えなかったんじゃないの
115 ななしのよっしん
2020/12/15(火) 20:23:45 ID: pDwBcZQbTm
サイコフレームの技術が何処からアムロにもたらされたのかを考えれば
ほぼ間違いなくナラティブフレームネオ・ジオンMSのものでしょ
小説版ベルチルサイコ・ドーガ的なやつの。
116 ななしのよっしん
2021/04/18(日) 17:47:07 ID: K64w6oc9cz
νサイコフレーム運用が「よくわからんけどサイコミュ感受性と機体操作の追従性がよくなる、ついでに軽い」からコクピット周りにポン付けしようぜ!だった
この判明してる点だけはナラティブによる試験で分かった可性はあるな
諸々の事情で開発がギリギリになったνみたいに良機体を突貫で仕上げたというより、戦争の機運が高まった時点で準備してた試験用機体だったんじゃないか
これならアムロの設計思想とは全くの別ラインでありながらテスト自体はほぼ同時進行でも理はない
117 ななしのよっしん
2021/04/19(月) 05:23:52 ID: 2O8VZAsApJ
実はこの機体もνの性に呆れたシャアアムロのために裏で開発させた機体の一つなのでは?
118 ななしのよっしん
2021/05/06(木) 09:37:46 ID: iP+cPeD9n0
Gに耐えるために変なスーツ着なきゃいけないのは一見リアルに見えるかもしれないが
これ以上の機動性と加速性ありそうなΞガンダムやらF91やらV2やらをノーマルスーツで乗って耐えられる化け物かよってなる
119 ななしのよっしん
2021/05/06(木) 09:49:24 ID: pDwBcZQbTm
クスィーはまだしもF91V2も20年以上後の技術かつ作ってるのはアナハイムじゃなくてサナリィだし……

>>117
むしろ横流しした機体がコイツなのでは?
120 ななしのよっしん
2021/05/06(木) 10:11:12 ID: 1QnToZlpt4
>>118
クスィーはビームバリアーによるG緩和、F91以降はバイオコンピュータによる細かな制御(パイロットバイタルリアルタイムで感知)と説明されてるな。後は第二期MSマスの小ささによる緩和が大きいのだろうけど

急上昇ワード改

おすすめトレンド