ナランフレグ単語

ナランフレグ
4.1千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

ナランフレグとは、2016年生まれの日本競走馬である。栗毛
名の意味はモンゴル語で『太陽+速く飛ぶ』。馬主西村木成。

ダート戦での実績が顕著なゴールドアリュール産駒で初めて、そして現状一芝GⅠ勝利した競走馬である。

な勝
2022年高松宮記念(GⅠ)

概要

ゴールドアリュールリーズビューティブライアンズタイムという血統。

SS産駒ではしかったダートでの活躍種牡馬としてもダートの名を多数送り出した。
で3勝、血統的には曾祖母ホウヨウボーイがいるくらいで立つファミリーではない。しかし系は非常に古く、10代小岩井農場が明治40年に輸入した基礎の1頭フラストレートである。
90年代を代表する種牡馬ナリタブライアンマヤノトップガンの印が強いがとしてもとしてもダートの方が活躍が多い。
総じてダートにしか見えない血統であるし、BTに加えタマモクロスとあって中長距離っぽさもある。しかしリーズビューティ南関東ダート1200-1500mで4勝、ビューティークロスに至っては中央の芝1000-1200mで4勝した生スプリンターであった。ナランフレグの適正はこの辺りから来ていたのかもしれない。

初代オーナーの西氏は2021年5月に逝去し、相続人は馬主資格を引き継がなかった為、西氏と仕事交があった村木氏に引き継がれることになった(スポーツ記事その1exit,その2exit)。ナランフレグとアーバンイェーガーという二頭のを引き継いで馬主となった村木オーナーだが、この二頭は以前のを失ったことで奮起したのか、引継後に複勝圏内入りを連発する。ちなみにアーバンイェーガーはその流れで2022年初春ステークスを勝利し、総額1億3000万余円を稼いでいる。

太陽へ駆けろ

2018~2019年

の宗像義忠厩舎に入厩し、2018年10月、宗像師の子である「マルちゃん」こと丸田恭介騎手としてデビュー戦(ダート)を勝利。しかしその後、9か勝利に見放される。

やっと2勝を挙げたのは2019年7月、芝に転向した新潟1000mの閃光特別(1勝クラス)(戸崎圭太騎乗)。上がり最速で馬場のどん中をぶち抜く新潟千直のセオリーを外れた快走であった。続く1200mの飯豊特別(2勝クラス)も勝利し、芝短距離戦線に専念する方向性が固まる。12月上が丸田騎手に戻った浜松ステークス(3勝クラス)も2身半差の勝で制し、オープンに昇格したところで3歳を終える。

ここまで12戦4勝、丸田騎手はその内の6戦2勝を担当。浜松Sの翌週、日頃は記者の取材にいろいろとよく答えるマルちゃんはナランフレグの素質を感じ取ったのか、珍しく小声でこう語ったという。exit

先週のGⅠを勝てるかもしれません」と……。

2020~2021年

4歳初戦にして重賞初挑戦となるシルクロードステークス(GⅢ)。ナランフレグは8番人気に反し、アウィルウェイの3着と好走する。

が、正直この後の戦績に関しては特筆することがない! なにしろ2021年12月のタンザナイトステークス(OP)を勝つまで13戦、丸2年も勝ちから遠ざかってしまうのだ。馬券内に入ったのも2着が3回だけ。この間、馬主の交代があったのは前述したとおり。

ただ、着順は置いといてレース内容を見てみると、シルクロードSからタンザナイトSまでの14戦中、なんと9戦で上がり最速を計時している(他、上がり2位・3位を2戦ずつ)。基本戦法が後方からの差し・追込で、結果的に届かないという流れが多く、右回りに難があったとはいえ、と切って捨てるには惜しいものがあるのも事実であった。そしてレースを重ねるごとに右回りにも対応していったことから、党からは密かに注されるとして知られていく。

2022年

6歳初戦は2度シルクロードS。ここをメイケイエールの3着と好走すると、続くオーシャンステークス(GⅢ)も鋭い末脚でジャンダルムの2着。相手なりに走れるようになり、収得賞金も加算したことから、営は遂に念願の初GⅠ高松宮記念への出走を決める。

22年高松宮記念:日輪が輝く時

当時の短距離戦線はグランアレグリアダノンスマッシュモズスーパーフレアが一挙にターフを去り、新鋭ピクシーナイトも負傷療養中と、役が不在だった。人気G1合計2着5回の善戦ウーマンレシステンシア、初6ハロングレナディアガーズシルクロードSで本を破っているメイケイエールが集め、4番人気以下は混戦。

ナランフレグは27.8倍の8番人気に落ち着く。最近調子を上げているとはいえ実績は薄く、前2走は外差しでの好走だったのに入ったのは12番であることを考えれば妥当な人気であろう(ちなみに過去10年間の高松1着外9回、3着1回(ロードカナロア)の「死の」である)。だが、丸田騎手タンザナイトSで「群を割っての差し切り勝ち」を収めたナランフレグを信じ、「自信を持ってインコースに行こう」と心に決めていたという。

前日の大雨が残り重馬場の本番。スタートしたナランフレグはなりでインの後方に落ち着く。レースレシステンシア逃げる波乱の展開で、メイケイエールは中団、グレナディアガーズは後方の競馬となる。前半3ハロンは334と重馬場にしては流れ、群は横に広がった状態で直線に突入。外が軒並み伸びあぐねる中、ナランフレグはそのままいた最内を突いて進出。レシステンシアと2番手を追走していたジャンダルムが直線半ばで尽き、内で脚を貯めていた各馬場ん中から殺到し接戦模様となったところに、レシステンシアの外をすり抜けるようにして飛んできたナランフレグが勢いそのままに抜け出しゴール。初重賞制覇をGⅠで成し遂げた。

横に広がっている!その内から2番!ナランフレグ!広がってゴールイン
最後は内から、ナランフレグだぁっ!! ナランフレグです!丸田恭介
の間を捌いていって、最後の一突き届いています!

ラジオNIKKEI 山本直アナウンサー

2着にゴルシ許嫁ロータスランド(5番人気)、3着にキルロード(17番人気)が突っ込み、3連単2,784,560の大波乱となった。

デビュー16年丸田騎手、開業30年にして定年を3年後に控えた宗像師、馬主1年村木オーナー、生産者の坂戸牧場全員が初GⅠ制覇。馬主だけなんかあっさりとか言わない。更にゴールドアリュール産駒では初の芝GⅠ制覇であり、ついでにタマモクロスを血統内に持つ競走馬GⅠ制覇も初と、初物づくしの大金星となった。師匠である宗像厩舎のGⅠ勝利を果たしたマルちゃん上で感極まり、ファン援を受けて(「もっと喜んでいいよ」と援が飛んだらしい)ガッツポーズ必死にこらえて勝利インタビューに臨み、馬券を外して心中阿鼻叫喚だった観客達も、遅咲きながらオオカンの中で見事な大輪のを開かせた人双方に温かい拍手で迎えたのだった。

(宗像厩舎にとっても初勝利を届けることができました。それについてはいかがですか?)
そうですね……先生には、ずっとお世話になりっぱなしで……。何か、一つでもと思ってたんで、こういう大きな舞台で、恩返しできたと思うと、とても幸せです。ありがたいです……

丸田恭介


次走は安田記念を選択。1600mはデビュー2戦ダート戦・カトレア賞以来となり、芝では初となる。さらに番は前走から一転して大外18番に放り出されたこともあり、12番人気となった。
丸田騎手距離延長を考慮したのか、内を回るコース取りをするが、それが災いして他に阻まれ、最後の仕掛けが遅れてしまった。結果は9着だったが、レース内容自体は決して悪いものではなく、ある程度の距離延長にも対応できることを示した。

2022年スプリンターズステークス:負けてなお強し

は休息を取り、はスプリンGⅠの大一番・スプリンターズステークスへ直行。セントウルSを勝ち悲願のGⅠ獲りに挑むメイケイエールを迎え撃つ立場となっていたが、前走で対戦したシュネルマイスターの上りテイエムスパーダやこの年の桜花賞3着に短距離重賞で抜群の実績がある3歳の俊英ナムラクレアを前に5番人気に。レースは最後尾からの追撃で上がり最速の末脚を見せるも3着、ジャンダルムの同レース史上初の子制覇に3/4及ばなかったが鋭い脚を見せ、前人気を覆してのスプリント王の意地を見せた。

順調に行けば次走は暮れのスプリント大一番、香港スプリントへの遠征を予定。昨年2頭が予後不良になる事故が起きた同レースだが、6歳にして手に入れた勲章を引っ提げスプリントの本場に挑む。

かつて丸田騎手り、その宣言通り、そしてと自身のその名前の如く快速プリンGⅠ勝利という強くを掴み取ったナランフレグ。彼らのその先には果たしてどのような路が開かれるか。

血統表

ゴールドアリュール
1999 栗毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ニキーヤ
1993 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
special
Reluctant Guest Hostage
Vaguely Royal
リーズビューティ
2001 青毛
FNo.1-b
*ブライアンズタイム
1985 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
ビューティークロス
1991 栗毛
タマモクロス シービークロス
グリーンシャトー
コミヤマビューティー *ノーザンテースト
ホウヨウクイン

Hail to Reason 12.50% 4 x 4
Northern Dancer 9.38% 4 x 5

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナランフレグ

90 ななしのよっしん
2022/10/14(金) 15:46:56 ID: bwin4ZIg6a
ゴールドアリュールサイアーライン繋ぐのこのだったりして… 香港スプリントも取って種牡馬価値上げまくってほしい
91 ななしのよっしん
2022/10/16(日) 07:17:00 ID: zv2QD0/+km
馬主資格って相続の対なんだな……
92 ななしのよっしん
2022/10/16(日) 23:50:26 ID: jsZ+DZX2tS
正確には競走馬相続の対資格は別口
ただし競走馬相続した場合はそののみ資格なくても馬主になれる
まあって持ってるだけで50万とかかかるから相続せんのも納得の話ではある ましてやその頃は1オープンなわけだし
93 ななしのよっしん
2022/10/16(日) 23:54:38 ID: qGT4oD2lAH
ピクシーナイトが帰ってくる来年以降はノーチャンスだな
どのスプリンにも言えることだが
94 ななしのよっしん
2022/10/27(木) 13:35:05 ID: bwin4ZIg6a
>>93
復帰して元の強さじゃないってのはよくあるでしょ
というかG1になってからのナランフレグと一度もやってないし格付けまだ済んでないよ
95 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 05:47:09 ID: i0Fj9VmZFl
香港取って欲しいね。

そしたら種牡馬が開ける。 
96 ななしのよっしん
2022/11/02(水) 12:17:00 ID: 1eOYlYyVi6
のケリーズビューティ号が10月27日に亡くなった模様
97 ななしのよっしん
2022/11/02(水) 22:47:09 ID: CEvxEz6nXW
>>95
なんてこったい・・・だが、おかんにGⅠ勝利届けて世界の大舞台に向かうのを報告出来たのは幸いか
98 ななしのよっしん
2022/11/03(木) 09:57:15 ID: 7Ro5f1c7Ed
香港丸田じゃ絶対理だよ、掲示板にも載らない。いまからでも遅くないから川田やルメール土下座でも貢物でもなんでもやって乗ってもらわなきゃ
99 ななしのよっしん
2022/11/03(木) 10:00:32 ID: ge9CU6bhEJ
丸田騎手で行くと決まっている以上今更口出してもしょうがない
馬主調教師丸田騎手が乗るからこそ意義があると考えているんだろ