ナリタブライアン単語

ナリタブライアン

94年 菊花賞
ナリタブライアン、七身差の衝撃。
群れに答えなどない。
 ―2011年菊花賞CMより 

ナリタブライアンとは、日本の元競走、元種である。日本競馬史上5頭クラシック三冠で、な勝ち皐月賞日本ダービー菊花賞有馬記念。通算成績は21戦12勝。

ブライアンズタイムシフカス。半菊花賞天皇賞(春)等を制したビワハヤヒデ、全ラジオたんぱ賞(GIII)を制したビワタケヒデ従妹に二冠ファレノプシスがいる。

称・呼称は「ブライアン」「ナリブ」「シャドーロールの怪物」

※当記事では、ナリタブライアンの活躍した時代の表記に合わせて、特に記載がい限り年齢を旧表記(現表記+1歳)で表記します。

デビューからデイリー杯3歳ステークス~ビワハヤヒデの弟として

ナリタブライアンが東・大久保厩舎に入厩した時、すでにナリタブライアンは注の3歳の一頭だった。

これはブライアンよりも半ビワハヤヒデ皐月賞日本ダービーと二着していたのが大きく、ブライアン自身は臆病だったことが災いしてデビュー戦で2着、函館3歳ステークス(GIII)6着、デイリー杯3歳ステークス(GII)3着とここまで5戦2勝に留まり、の片鱗を見せることしか出来なかった。

シャドーロールの怪物誕生

自分の影を恐れるという欠点を抱えていたナリタブライアンだが、そのための対策として営はシャドーロールを装着させることを決定。京都3歳ステークスに駒を進める。

ブライアンはこのレースを従来の3歳レコードを1.1縮める好タイム勝。さらに続く朝日杯3歳ステークスを圧勝し、名実共に3歳王者の座についた。

圧倒的な能力の差を見せ付けた春のクラシック街道

3歳王者にいたナリタブライアンは4歳初戦を一月共同通信杯4歳ステークス(GIII)に決定。ここも楽勝し、続く皐月賞トライアル・スプリングステークス(GII)も勝。の勝てなかった皐月賞日本ダービー制覇への期待が高まった。

そして迎えたクラシック第一戦・皐月賞ハイペースの中好位から追走し、直線で抜け出すとサクラスーパーオーら後続勢を一蹴し、前年の菊花賞を制したビワハヤヒデに続いて兄弟クラシック制覇を達成。

さらにクラシック第二戦・日本ダービーでは4コーナーで大外に持ち出すとエアダブリンら2着以下を突き放す圧勝。その勝ちっぷりから史上最強も出始め、シンボリルドルフ以来10年ぶりの三冠達成、ビワハヤヒデとの現役最強の座を賭けた対決への期待が高まっていった。

4歳の夏~立ち込める暗雲

ダービー後のナリタブライアンは避暑のために札幌函館競馬場へ移送(通常ならば出走しない競走競馬場滞在は許されないが、ナリタブライアンは実績が考慮されて特例で許可された)

しかし、この最中にナリタブライアンは体調を崩してしまい、一時期は営が菊花賞回避を考えるほどに体調が悪化していた。

これが原因となって調整が遅れてしまい、ナリタブライアンは緒戦の京都新聞杯(GII)でスターマンにまさかの差し切り勝ちを許してしまう。

さらに菊花賞の前週・天皇賞(秋)ビワハヤヒデライバルウイニングチケットと共に故障発生。同レースを惨敗。

ミスターシービーのように初戦で大敗した後、体調を立て直して三冠いた例もあるが、タニノムーティエのようにもはや立て直しもままならず惨敗した例もある。また前々年のミホノブルボンのように京都3000のスペシャリストライスシャワーに阻まれたという例もある。過去に何頭もの二冠が挑戦を前に挫折し、また挑んでは敗れた菊花賞三冠馬になるには絶対的なだけでなく、当日の体調、そして運も必要である。ナリタブライアンのを以ってしても三冠は厚いのか、それとも……僅かな不安を抱えたまま、1994年11月6日を迎えることになる。

菊花賞から有馬記念~弟は大丈夫だ!

しかし、そんな不安はナリタブライアンにとって杞憂にすぎなかった。

菊花賞では最後の直線で逃げるスティールキャストを捕らえると、そのまま後続に影さえ踏ませぬ勝。故障で引退したに続く菊花賞制覇、そして10年ぶり5頭クラシック三冠制覇を達成した。

さらに初の古との対戦となった有馬記念では追いすがるヒシアマゾン以下を一蹴。この年、文句しの年度代表に選ばれた。

故障発生

年が明け、5歳になったナリタブライアンは始動戦の阪神大賞典(GII)を圧勝。この年の古戦線はナリタブライアンが役だというのは疑いようのない事実であるはずだった。

しかし、天皇賞(春)へと向けた調整中に右股関節炎を発症。シーズンの全休が決定し、天皇賞(秋)標に調整されることになった。更に追い討ちをかけるように、戦を務めていた南井騎手が落負傷。そして迎えたブライアン天皇賞(秋)へ直接向かうことになるのだが……

暗黒時代

戦の南井騎手の落負傷の影で、天皇賞(秋)的場騎手に乗り替わる。1番人気に支持されるが、故障の影ブライアン独特の走法である低い重心のフォームは見られず、同期である勝ちサクラチトセオーに大きく離された12着に沈んでしまう。

さらに続くジャパンカップ武豊騎手に乗り変わるも、勝ったランドどころか有馬記念で一蹴したはずの2着ヒシアマゾンにすら迫れず、6着と敗退。5歳終戦となった有馬記念でも、同じブライアンズタイム産駒で一歳年下のマヤノトップガンの前に5着に沈んでしまう。

あの強かったナリタブライアンはもう戻ってこない。そう思わせるほどの惨敗続きで、ナリタブライアンの5歳シーズンは終わった。

復活、そして高松宮杯

6歳になり、復活を期した営が緒戦に選んだのは前年に圧勝している阪神大賞典。楽勝が予想された前年と違い、有馬記念を勝ったマヤノトップガンが出走していることもあってナリタブライアンは2番人気。

4コーナーマヤノトップガンと共に抜け出したブライアンマッチレースの末下し、1年ぶりの勝利を挙げる。

このレースして日本競馬史における名勝負の一つとするがあるものの、一方では全盛期のナリタブライアンならばマッチレースにすらならず楽勝していたとしてそれを否定する意見もある。(一方でマヤノトップガン側も「ナリタブライアンは復活勝利を期してある程度仕上げてきたはずだがこちらは調整段階。結果も気にしていないからこうなっただけの事」とこちらもその意見に負けずに吹いている。まあ仕上げたらめっちゃイレ込んだんですけどね

ともあれ、強さが全に影を潜めていた前年べればブライアンが良化していたのも事実で、次走の天皇賞(春)では一昨年の有馬記念以来のGI制覇を期待されて1番人気に推された。

しかし、同レースブライアントップガン共々折り合いを欠き、3コーナーでスパートしたこともあってかサクラローレルの差し脚についていけず2着敗退。

この後、ブライアン宝塚記念に向かう。もがそう思っていた中、発表された次走は、なんとこの年に中距離GIIからスプリンGIに変更されたばかりの高松宮杯(現・高松宮記念)だった。

過去天皇賞タケシバオースプリンターズステークス勝利した例があったものの、距離体系の確立された現代競馬において中長距離トップクラスがスプリントGIに向かうのは異例中の異例で、ファンや専門から抗議が上がるほどだった。

そして同レースでナリタブライアンは高いを生かして善戦はしたものの“本職”の短距離たちに勝てるはずもなく、勝ったフラワーパークから離された4着に終わる。(敗因は、ファンファーレ演奏が酷かったからとの摘もある)

そしてレース後、ナリタブライアンは屈健炎を発症。引退し、種となるものの1998年に胃破裂により安楽死の処置がとられる。

享年僅か8歳(現表記で7歳)のすぎる死だった。

逝の影で産駒は2世代しか残されておらず、重賞を勝ったはいない。GIでの最高戦績もダイクラフラッグ皐月賞4着だということもあって、2012年10月26日現在、現役のオルフェーヴルを除けば後継種を残せなかった一の三冠馬となっている。

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナリタブライアン

61 ななしのよっしん
2018/05/07(月) 21:53:03 ID: aY62mwom76
有馬テイエムオペラオーなんか明らかに他のに囲まれて身動きできないように封じ込まれても勝ってるからなあ、ああいう勝ち方はレコードとはまた違った強さだと思う

同世代の他を敵にしないようなでも三冠を取れなかったはいるしやっぱり強いだと思うけどな
62 ななしのよっしん
2018/05/14(月) 22:04:18 ID: Qs5rc73Urd
偶然のレコードタイムでも速さ標となるには十分なはず。
わざと遅くは走れてもわざと速くは走れない。

ライバルがいくら弱くても三冠舞台レコード2本も出すようなが相手に恵まれた三冠馬の評価なのもどうかと思う。
63 削除しました
削除しました ID: mU4evbqqIF
削除しました
64 ななしのよっしん
2018/06/06(水) 12:56:22 ID: Dq4GcGauk5
サッカーブラジルの元祖ロナウドとなんだか被るわ
全盛期は手のつけられない化物で後半は不調ながらもそれなりの活躍
65 ななしのよっしん
2019/01/31(木) 09:14:51 ID: D3OprCyuLQ
ブライアン以外も、全盛期の都合上ぶつかることがなかったサクラローレルを筆頭に重賞勝ってるが多かったこの世代が弱いわけないもんな…
66 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 19:28:32 ID: CMARgc6mLP
晩年はいい客寄せパンダだった
67 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 18:45:05 ID: LjPw8xtEz8
>>65 だからこそ「三冠の時は回りに恵まれてた」という事なんだろう 
ミスターシービーの世代なんかが顕著 
で化けるばっかりで実はすさまじい世代だけど三歳時はぱっとしなかった だからシービーも割りと同じ評価になってた
ナリブの場合は全盛期の違いというかただただ怪が惜しい
68 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 23:36:16 ID: LbFbuyv3K2
過小評価されてるよなぁ
69 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 19:50:16 ID: YY5/1NS4XB
独特のフォームについての記載がないのが悲しい
あれもブライアンの魅のはずなんだが・・・
70 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 04:40:18 ID: LjPw8xtEz8
三歳時の三冠競争までとしては過大こそすれ過小評価なんてされてないと思うが・・・
しいていうなら三冠馬としてはそもそも走ってないセントライトを除き古になってG1ひとつも取れてない事や
ナリブの種馬期間は二年だけとは言えほかの三冠馬は二年までに重賞勝ち、内四頭がG1級勝ちを排出してる(シンザンに至っては種馬時代初期は肌の質も量も酷い有様だったが結果を出した)のに対してナリブは一頭も出せずあがり3fもクソ遅いステイヤーばかり輩出してたのが評に悪影出してる気がする
く時はめちゃくちゃき、落ち込むときはどん底に落ち込む そんなって印

三冠の時の相手が弱いは正直どの三冠馬にも言える 三冠を取れる強さのがいるって事は相対的に周りが雑魚くみえる訳で ルドルフやディープの世代のほうがはるかに悲惨よな